Perfect Crime(パーフェクトクライム)

パーフェクトクライムネタバレ9巻の感想と解説!東雲と再会した香織!

いよいよ香織は東雲に会いに香港へ!

パーフェクトクライムもいよいよクライマックス?!

 

「香織と東雲はどうなっちゃうの?!」

「8巻の続きが気になる!」

「早く続きを知りたい!」

 

そんなお悩みをもつ皆様のために!

今回はパーフェクトクライム9巻のあらすじをネタバレ解説いたします!

 

これを読めばパーフェクトクライム9巻が、より楽しめちゃうかもしれません♪

 

↓無料チャンスを最大活用しよう!↓

パーフェクトクライムを無料で読む方法

 

9巻はここが見どころ!

パーフェクトクライム ネタバレ  9巻「パーフェクトクライム PerfectCrime」第9巻は、この作品にしては珍しくドロドロした話ではなく箸休め的な幸せ感で満ち溢れたストーリーになっています。

そして、ここがクライマックスなのか、これまでのエピソードをまとめていくような流れになっています。

 

見どころは、ようやく結ばれたふたりの『大人の時間』を楽しむ描写ではないでしょうか。

大人の時間が上品かつ綺麗に描かれています。

 

ただ、視覚に訴えるシーンなのでネタバレでは表現できないのが残念です。

ですから、このあたりはぜひ実際に読んで確認いただければと思います。

 

スポンサーリンク

パーフェクトクライム(PerfectCrime)9巻ネタバレあらすじ解説

パーフェクトクライム9巻のあらすじをネタバレ解説いたします!

 

東雲との再会

パーフェクトクライム 9巻「パーフェクトクライム PerfectCrime」第9巻は、香織が東雲に会いに飛び乗った香港行きの飛行機の中から始まります。

 

飛行機の窓から香港の街の灯が見えて、いよいよ東雲に逢えることからどういう段取りで彼のもとに行こうかなどあれこれ考えを張り巡らせます。

それは飛行機を降りてからも続き、もう頭の中がぐちゃぐちゃになったところで空港ロビーに到着。

 

そこで香織はふと見慣れた顔を見つけたようで、その歩みを止めます。

 

「香織」

 

そこに立っていたのは、本来いるはずのない東雲。

「な・・・んで」かろうじて言葉になるくらいの声でつぶやき、すぐ東雲の胸に飛び込みます。

そして、お互いの気持ちを確かめ合うふたり。

 

感動の再会から少し落ち着いたところで、ふたりは空港をあとにしようとします。

そこで、東雲がちょっとした疑問を香織に投げかけます。

 

「今日のホテル取ってある?」

 

「宿泊先なんて考える余裕なかったから・・・」と答える香織に対して

「それだけ必死で俺に逢いに来たってことか」とカッコ良くいう東雲。

 

という流れですから、当然のごとく東雲の家に泊まることで話がまとまります。

 

ようやく結ばれたふたり

パーフェクトクライム 9巻東雲の家に行く前に、本格的な広東料理を楽しむふたり。

かなり美味しいようで「いつもこんな美味しいものばかり食べてるの?」と問う香織。

 

「普段はちゃんと自炊してるよ」という返事に、東京の家ではなかった生活感を感じて香港こそ東雲が生きていく場所だと理解します。

 

さらに、きっと彼はこれから自分達の未来のために、この街を気に入ってもらうように素晴らしい所を教えてくれるだろうとも感じます。

 

食事も終わり、いよいよ彼の家へ。

 

スポンサーリンク

着いた所は、かなり背の高いタワーマンション。

エレベーターでボタンを押す東雲の指が38階を指した時、その高さに驚く香織。

 

そんな香織を見て「まさか高所恐怖症とか?」とニヤニヤ顔の東雲。

しばらくこのネタでじゃれあいます。

 

そして東雲の家に到着。

「多分また突っ込まれるんだろうけど」と東雲が言いながら玄関を開けるとそこは東京にいた時と同じようにリビングテーブルのない部屋

香港でも既製品のテーブルで納得できるものが見つからなかったからだと。

 

ここから、先程までのおふざけから一転、これを機に話はシリアスな方向へ。

色々気付かせてくれたのが小野さんだったと、小野さんとの話を香織に語ります。

踏み出せない自分の背中を押してくれたとか、香織が香港に向かっていることを教えてくれたとか・・・

 

それを聞いた香織は、東雲と小野の間に強い絆を感じ、温かい気持ちになります。

 

そして・・・大人の時間へ。

 

その最中に、香織が気になっていた「日本と香港で暮らす私たちがこの先どう向き合っていくべきなのか」という課題に対して

 

「33歳にもなって遠距離恋愛とか笑えるよな、だけどそれも悪くないだろう?」

 

とちゃんと用意していた答えをさらっと伝えます。

そこから、さらに深く結ばれていくふたり。

 

香港支社へ行こう

パーフェクトクライム 9巻幸せに包まれた翌朝、香織は東雲に遠距離恋愛も悪くないと笑い飛ばしたことに感謝してると伝えると、

 

「お互いの感性に惹かれあって認めあってるからこそ・・・俺達の関係を仕事抜き考えるなんて今はできない」

 

と柔らかな優しい表情で東雲は語ります。

 

そして・・・朝だというのに・・・始めてしまいます

 

何やらしていたせいで少し遅くなった朝ごはんを食べに行くふたり。

 

「他に行きたいところは?」という東雲の問いに「おまかせします!」と返す香織。
そんな香織に東雲が提案したのは、香港支社。

 

56階にある香港支社に辿り着くと、やってきたのは東雲の仕事仲間らしい新キャラの黄さん。

 

黄さんは、香織をすぐに認識できたようで「本社の前島香織!?」と驚きます。

どうやら、社内報で知っていたようで「ぜひ、お知り合いになりたかった」と笑顔で握手を求めます。

 

しかし、東雲は「彼女は触らせない」と拒否するも何だかにこやか雰囲気。

「何それ、独占欲の強い男は嫌われるよっ」とどこまでもコミカルな黄さん。

 

楽しいひとときも束の間、別れの時間が近づき、ふたりは空港へ。

スポンサーリンク

空港に着いたふたりはお互いのこれからについて色々約束しながら別れを惜しみます。

ただ、離れてても心はいつでも隣にいるからという絆ができたようでお互い前向きな感じ。

 

そして、東京に戻る香織・・・

 

東京と日常に戻る香織

パーフェクトクライム 9巻予想だにしなかった香織の早い帰還に驚く礼子。

 

ありえないを連発し「33歳にもなってまだ恋より仕事なんですか!?」とプンプン。
苦笑いでごまかす香織に、やってきた拓馬が会議室に来るよう命じます。

 

 

会議室の席に座ろうとしたところで「東雲ときちんと話しあってきた?」と切り出す拓馬。

 

お互いに今の仕事を続けていくと香織が伝えると拓馬は女性社員の香港転勤ができないのか、東雲を本社勤務できないかと上に掛け合ってみたけど色よい返事はもらえなかったと伝えます。

 

それでも、香織が晴れやかな顔で遠距離恋愛を納得しているようなので、それ以上は心配しないことした拓馬。

 

香織の様子を見て安心したのか、女性プランナー指名の新規案件を打診します。

 

 

その夜、小野とお互いの近況報告を兼ねて飲みに行く香織。

 

そこで小野は加藤千夏の件について語ります。

千夏の気持ちは受け止められないと話をして、彼女も解ってくれたと。

 

その話を聞き、千夏のこれからのことを想う香織。

近況報告が終わると、あまり遅くなると東雲に嫉妬されるからと、比較的早い時間なのにサクッと帰ります。

 

帰宅後、時間を確認して東雲も仕事が終わっているかもとスカイプで連絡する香織。

彼の仕事は終わっていましたが会社ということで短めの会話。

そんな短めの会話でも、香織には思うことがあったようで色んな想いを巡らせます。

 

翌朝、千夏と打合せに出る香織。

 

「小野さん、お父さんみたい、千夏が心配ですか?」

千夏と香織を心配そうに見つめる小野をからかう礼子。

 

そんな千夏は、新規の案件に同行するのは初めてでなんだか緊張する、と不安そう。

今回のクライアントがBetrayという今すごく売れているユニットのプロデューサーということも緊張に拍車をかけているよう。

 

そして、そのプロデューサーと初対面!

やってきたのは、朝比奈恭一という紳士的なイケメン。

 

しかし、その顔に香織も千夏も驚きます。

波乱の展開を予感させる一コマで第9巻が終わります。

 

気になる終わりですね汗

一体東雲似の男の正体とは?!

 

続く10巻のあらすじネタバレ解説はこちら→10巻あらすじネタバレ

 

↓無料チャンスを最大活用しよう!↓

パーフェクトクライムを無料で読む方法

 

波乱の予感のパーフェクトクライム9巻の感想

パーフェクトクライム 感想  9巻この作品もいよいよクライマックスで、色々あった過去の描写を挟みながら綺麗にまとまったなぁと思う「パーフェクトクライム PerfectCrime」第9巻。

 

・・・これで最終回かぁと思いながら読みましたが、

これからさらに一波乱ありそうなラストに驚きです。まだまだ続くようですね。

 

もっとも、この流れで今さら香織に揺れ動かれても困るのですが、どういう展開になるのか楽しみです。ただ、終盤の加藤千夏との会話。

 

「有名人のお部屋をコーディネート出来るなんて、ちょっとテンション上がりません?」

「上がらないわよ」

「さすがチーフ、東雲さん以外は興味なし!なんですね♪」

 

これがこれから香織が朝比奈恭一によって揺れ動く伏線でないといいのですが。

拓馬や小野との関係が9巻までに全て精算されてましたので、第9巻で第1部完といった感じに思えます。

 

ですから、第10巻からは第2部スタートといった感じになりそうですが、香織に全く別の罠が仕掛けられていくのか、小野が心配そうに千夏を見つめるシーンが伏線となり罠は香織ではなく千夏に仕掛けられていくのか、ますます目が離せない展開になりそうです。

 

↓無料チャンスを最大活用しよう!↓

パーフェクトクライムを無料で読む方法

 

パーフェクトクライムネタバレ9巻の感想と解説!まとめ

パーフェクトクライム9巻のあらすじをネタバレ解説いたしました!

 

東雲に似ている男の正体とは一体?!

まだまだ盛り上がりを見せるパーフェクトクライム!

 

続く10巻が楽しみですね♪

スポンサーリンク