おすすめ漫画

漫画のおすすめ!完結済み大人女性向けの恋愛や少女漫画名作100選を紹介!

漫画を読みたい気分だけど何を読めばいいかわからない!なかなかいい漫画に巡り会えない!そんな大人女子のあなた!

 

漫画はたくさん溢れかえっているからこそ、自分にぴったりな漫画ってなかなか見つからないですよね。

そこで今回は、漫画の蔵書1万冊以上!

暇さえあれば漫画を読みまくっているツキミが大人女子におすすめする、珠玉の漫画たちをご紹介しちゃいます!

 

大人女子におすすめ完結済み少女漫画たち!

まずはオトナの女子が読んでも楽しめる、完結した名作少女漫画をご案内します!

 

神様はじめました

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 父親が失踪したためにホームレスになった主人公が、ふとしたきっかけで土地神様になり、さまざまな出来事や出会いを通じて一人前になれるのかが注目ポイントです。
  •  主人公と妖怪とのラブストーリーを軸に、人間、妖怪、神様が織りなすコミカルなファンタジーで、少年誌の冒険漫画に近いノリで物語が進行します。
  • 主人公が明るく前向きなのこともありシビアな場面もさほど深刻さを感じさせません。ですから、老若男女誰にでもオススメな作品です。
  • わりとノリが軽くて早いテンポ流れで物語が進んでいきますが、時折スローに落としてジーンとさせる緩急の使い方の上手さが特徴の1つになっています。
  •  原作は「カラクリオデット」などファンタジーな作品が多い鈴木ジュリエッタ先生で、この「神様はじめした」はアニメ化もされていて代表作の1つになっています。

 

神様始めましたを読んだ感想

\\元気が欲しい時に読みたい//

「神様はじめました」は、ギャンブル好きの父と貧乏暮らしをしていた主人公で女子高生の奈々生(ななお)が、ある日父が失踪したためホームレスになるところから物語が始まります。

 

ホームレスになった奈々生は偶然知り合ったミカゲという男から家を譲ってもらいますが、その家は神社で奈々生はミカゲの力もあり突如として土地神様になります。

そして、土地神様になった奈々生の前に妖怪や他の神様が現れてさまざまな出来事に巻き込まれていきます。

 

登場する妖怪が一般的なものとは異なり、カワイイかカッコイイのであまりオドロオドロしさがありません。

それでいて、土地神様である奈々生が失踪した父さえ恨まず明るく前向きに困難に立ち向かっていくので、妖怪が出てくる話としては珍しく爽快感が味わえます

 

また、単にコミカルなだけでなく中盤に過去編を描いたことで伏線があらゆるところに張られて、物語自体に厚みがでています。

 

 

主人公の奈々生と狐の妖怪巴衛(ともえ)の緩やかなラブストーリーが軸になっていますが、そのふたりに関わっていく妖怪や人間、神様達もそれぞれが恋愛を育んでいて、主人公らと一緒に成長します。

特に終盤は、ほっこりしまくるので読んでいて幸せな気分になってきます。

主人公に引きずられるようにみんな前向きになっていくので、元気の欲しい人に読んでいただきたい作品です。

 

太陽が見ている(かもしれないから)

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 主人公たちが中学生の頃からストーリーが始まり、20歳を過ぎるあたりまでの長い年月が描かれれいる「太陽が見ている(かもしれないから)」。
  • 主人公の岬と楡(ニレ)は、中学の同級生です。
    岬も楡も、学校や友達には馴染めないタイプですが、2人でいるのは居心地が良くて友達として一緒にいる事が多くなりました。
  • 無事に同じ高校に進学した岬と楡。
    高校に進学すると、楡の幼馴染の日帆が同じクラスであることがわかり、3人は仲良くなっていきます。
  • それぞれ家庭に事情がある3人。
    岬は私生児として生れ、母親とその恋人と暮らしていました。
    楡の父親は貸金業のため、人から恨まれることも・・。
    日帆の父親は楡の父親からお金を借り、恨みから楡をスコップで殴る事件を起こした過去があります。
  • 楡は父親から、高校進学のお祝いで家をもらいます。
    楡と岬は、その家で一緒に生活をする様になり、2人の生活は最高に居心地の良いものした。
  • いつまでも居心地の良い生活ができるのか?
    それぞれのな複雑家庭環境や新しい出会いと共に、岬と楡の関係は変わっていくのか?
    男女の友情ってあるのだろうか?
    「太陽が見ている(かもしれないから)は、2人の暖かく切ない関係を感じて欲しい漫画です。

 

太陽が見ている(かもしれないから)を読んだ感想

\\セツナイ気分の時に読みたい//

「太陽が見ている(かもしれないから)」は、いくえみ綾先生らしいテンポの良いやり取りも楽しめる漫画です。

 

主人公岬と楡は、お互いに居心地の良い関係で、性別は違いますが友達として大事な存在です。

 

複雑な家庭環境な2人は、ただのクラスメイトには話さないような事も話が出来る存在となり、高校進学と共に2人で暮らし始めます。

 

なんだか、普通の高校生にはない大人っぽい関係性の2人に、読んでいて羨ましさも出てきます。

 

 

居心地の良い関係なんだろうというのは、2人のやり取りの中でも垣間見れます。

 

2人の細かい会話にも注目して読んでもらえるともっと「太陽が見ている(かもしれないから)」を楽しめると思います。

 

 

男女の友情は続くのか・・。
恋人が出来た時は、どんな風に変化していくのでしょうか?

 

 

ずっと良い関係でいて欲しい岬と楡。

年齢や様々な変化と共に変わっていく2人の関係が、暖かくも切ないストーリーになっています。

 

坂道のアポロン

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • この作品を読まれる前に、恐らく誰しも1度は耳にしたことがあるジャズの名盤「モーニン」という曲を聴いてから読まれることを強くオススメします。
  •  ジャズを通じて優等生と不良高校生との友情やそれぞれの恋愛を描いた青春漫画で、誰もが思春期に経験したり、憧れるようなエピソードが散りばめられています。
  • 凄く共感できたり、感情移入できるのでジャズに詳しくなくても万人ウケする作品です。そして、泣けます
  • 少女漫画っぽくない線が少なく飾り気のない絵柄ですが、これがジャズを演奏している場面と相性がいいようで、次第にこの絵じゃないとダメだなという気にすらなってきます。
  • 原作は小玉ユキ先生で、この「坂道のアポロン」は音楽担当に菅野よう子さんを迎えてアニメ化され、その後アニメ版でベースを弾いていた鈴木正人さんを迎えて映画化もされ、小玉先生の代表作になりました。

 

坂道のアポロンを読んだ感想

\\泣きたい時に読みたい//

「坂道のアポロン」は、育ちのいい優等生で主人公の西見薫と喧嘩とジャズが好きな不良高校生の川渕千太郎が奇妙で運命的な出会いをし、ジャズを通じて友情を確立していく物語です。

思春期の高校生にありがちな戸惑いやちょっとした言動からくる行き違い、それらを乗り越えて友情を確固たるものにしていく姿を余すことなく描いています。

 

薫も千太郎も凄くイケメンというわけでもなく、ヒロイン的役割の律子も特別かわいいというわけでもありません。

 

むしろ、サブキャラのほうがイケメンであったりかわいかったりします。

ただ、普通に存在しそうなメインキャラ達だからこそ、共感や感情移入しやすく、昭和の良き時代背景も手伝ってノスタルジックでいい雰囲気を醸し出しています。

また、バックボーンまできちんと描かれているので親近感すら湧いてきます。

 

高校生らしい辛いことや落ち込む場面もあり、ストーリー自体はやや暗めなところもありで描き方によってはどんよりしそうですが、セッションの場面だけはどんなときも音符がページから飛び出してきそうなくらい明るく楽しそうに描かれているので、作品自体は重くならずテンポもリズムもいい感じで流れていきます。

 

 

若者達の駆け引きのない感情むき出しの言葉がかなり胸に突き刺さる場面が多めになっていますので、涙もろい方はハンカチなどを用意してから読んでいただきたい名作です。

また、アニメ版も漫画の世界観を崩すことなく再現されていますのでオススメです。

特にエピソード7の文化祭でのセッションは圧巻の出来栄えになっています。

アニメ版を見た後に漫画を読み返すと更に音符が踊ります。

 

ダメな私に恋してください

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「ダメな私に恋してください」は、10巻完結の恋愛漫画です。
    主人公と元上司の主任との掛け合いのテンポややり取りが面白くて、ついつい一気に読みたくなってしまうほどです。
  • 人気漫画でドラマ化もされた「ダメな私に恋してください」。
    ドラマでは主人公の柴田役を深田恭子、主任役をディーン・フジオカが演じました。
    ドラマは見たことがないのですが、配役もピッタリハマる感じで見てみたくなります。
  • 主人公にの柴田は、タイトル通りに「ダメ」な奴です。
    アイドルにハマったり、年下の可愛い男の子に騙されて貢いだり。
    新しく付いた仕事先でも、年下の女子社員に良いように仕事を押し付けられたり・・でも、何といっても憎めない奴です。
  • 柴田にとって上司だった主任は、悪魔の様で大嫌いな存在でした。
    細かいことまで指摘され、いつもイライラしている主任は柴田にとって天敵でした。
  • けれど、主任自体もストレスに感じていたサラリーマンを辞め、大好きなおばあさんの喫茶店を再開した主任は、知らない顔を持つやさしい人でした。
  • 幾度となるピンチを救ってくれ、いつの間にか主任の傍は居心地が良い場所になっていました。
  • 年下の可愛い男の子、新しく働くことになった会社の営業部の男の人、そして主任との恋・・アラサーの柴田のダメ具合と、恋愛話が交じり合ってとにかく続きが気になってしまう漫画です!

 

ダメな私に恋してくださいを読んだ感想

\\ラブコメな気分の時に読みたい//

ドラマ化もされた「ダメな私に恋してください」。

単純に、ドラマ化までされた漫画って、こんなに面白くて魅力があるのか・・とついハマってしまいました!

 

主人公の柴田は、彼氏いない歴=実年齢の29歳

 

アイドルにハマってしまい、全国追いかけたり・・。

年下の可愛い男の子の笑顔に癒されると、プレゼントをしたり、ご馳走したり、しまいにはお金を渡すために借金をしたり・・。

 

とにかく「ダメ」なところのある柴田。

 

そんな彼女は、ひょんなことから元上司で天敵のだった主任が始めた喫茶店で、アルバイトをしたり生活をするようになります。

 

口は悪いけど、温かみのある主任。

いつの間にか男性として意識をするようになりますが、悪魔な元主任・・と芽生えた気持ちを誤魔化しながら毎日を過ごすようになっていきます。

 

 

悪魔な主任と柴田との恋の行方も、ドキドキしながら楽しめます

 

そして、何より面白いのが柴田と主任の会話のやりとり!

日常会話っぽいところまで掛け合いが面白くて、なんだかんだ相性ばっちりな2人です。

とにかくテンポの良いストーリーなので、10巻なんてあっという間に読めてしまいます!

 

マリーマリーマリー

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • CDのジャケットなどに使われそうなオシャレでPOPな絵柄と絶妙なコマ割り、ハイテンポで転がるストーリーに否応なく引きこまれます。
  • 序盤から「これぞ漫画」というくらいありえない展開に持ち込んでいることで、その後の何でもありな展開を素直に受け止められます。とにかく、いい意味でノリが軽いです。
  • POPな絵柄でありながら、車と楽器はディテールもしっかり描き切っているあたりにこだわりを感じます。
  • 初登場からして怪しい男の森田ですが、これがかなりのイケメンなのに謎めいた行動ばかりするので気になってしょうがなくなります。その他のサブキャラ達もどこか憎めない奴らばかりで愛らしく感じます。
  • 「マリーマリーマリー」は、小説のコミカライズなども手がけられている女性漫画家の勝田文(かつた ぶん)先生の原作で、昭和の雰囲気を醸し出す作品が多い先生らしくこの作品もレトロポップな感じになっています。

 

マリーマリーマリーを読んだ感想

\\オシャレポップな漫画を読みたい//

「マリーマリーマリー」は、鍼灸師として働く主人公のリタが、治療帰りに以前訪れたライブハウスで「ワンダー」と歌っているところを見かけて気になっていた怪しい男・森田を愛車のクラシック・ミニではねてしまうところから物語が動き出します。

 

そのことがきっかけとなり、リタは超自由人の森田に振り回されつつも楽しい生活を始めることになります。

通常、主人公の彼氏や夫が自由人の漫画は、読んでいてどこかしら男性にイライラさせられるものですが、この作品に出てくる森田はそんなレベルを突き抜けているのでイライラしません。

そんな超自由人な森田ですが、どことなく品と余裕があるせいか自分勝手さを感じさせないいいキャラに描かれています。

 

そして、リタもしっかりしているのか抜けているのかよくわからないですが、かっこかわいく描かれています。

通常の恋愛漫画ではありえない大人のオシャレな恋愛として描かれているため、あまり詳細な心理描写などはなく、常に場面転換を繰り返してるリズミカルな作品になっています。そのテンポの良さと独特の世界観から、読み進んでいくとPOPなBGMが流れているような感じになります。

 

常に幸せなメルヘンチックな世界観が楽しく生きることを後押しするので、疲れている方やほっこりしたい方にぜひ読んでいただきたいです。

 

正しい恋愛のススメ

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「正しい恋愛のススメ」は、ウエンツ瑛士が主演でテレビドラマ化もされた少女漫画家・巨匠一条ゆかり先生の作品です。
  • 主人公の竹田博明(たけだ ひろあき)は、成績も良くルックスも良し。可愛い彼女もいて、何不自由ない高校生活を過ごしていました。
    ただどこか物足りない、満たされない日々を送っていることに退屈さを感じてます。
  • ある日の休日、博明と同級生の護国寺洸がだいぶ年上の女性と街をデートしているところを目撃します。
    洸は学校では優等生で学級員長。
    普段の学校生活では女性の影も見えないような存在の彼。
  • そんな洸には夜の顔がありました。
    売るのは愛情。カラダはおまけ」満たされない女性たちを、満足させる出張ホストをしていたのです。
  • 博明にも女性を扱う素質があると感じた洸は、博明を出張ホストに誘います。
  • 高校生活で満たされることがなかった竹田は、その話に興味が湧きここから夜の世界へとストーリーが展開して行くのですが。。。
  • 「正しい恋愛のススメ」は、夜の世界に入っていきながら、当の愛とはなにかを知っていくお話だと思います。

 

正しい恋愛のススメを読んだ感想

\\考えさせられる漫画を読みたいなら//

「正しい恋愛のススメ」は、高校生が出張ホストをして、出張相手に本当の恋をしてしまうところから物語が進展していきます。

しかも、博明が本気で愛してしまった女性が、現在付き合っている彼女のお母さんなのです!

通常では考えられない刺激的な設定が、一条ゆかり先生の作品の魅力ですよね。

夜の世界の話でドロドロとした設定に、少し暗いイメージになってしまいがちですが、読んでみると以外にも明るく読みやすい内容になっています。

特に漫画の中に登場し鍵を握る、博明の彼女である小泉美穂と、その母親小泉玲子の存在が際立って描かれている印象を受けました。

美穂はとても前向きな性格で先に進でいく言動と、通常では考えられないポジティブさ
読んでいてそんなこと言えてしまうのかと驚きます。

玲子はまさに才色兼備で、誰もが恋をしてしまいそうな少し魔性でとても魅力的な女性です。

博明はその彼女を通じて、愛を知り大人の男に成長を遂げていきます。

また、博明と洸が色々な女性を相手に夜のホスト務める番外編のストーリーもあり、そちらも合わせてオススメですよ。

 

orange

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 映画化もされた「orange」の原作漫画で、主人公の菜穂(なほ)を土屋太鳳・翔(かける)を山﨑賢人が演じています。
  • 10年後の自分から、高校生の自分に届いた手紙がキーになっているラブストーリーです。
  • 10年後の未来と変えたい事があり、菜穂を含む5人それぞれに10年後の自分から届いた手紙。
    疑いながらも、手紙の内容が現実に起こっていく事で信じるようになり、菜穂達は協力しながら毎日を過ごしていきます。
  • orangeはラブストーリーではあるけれど、母親の死を経験したりと複雑な心の葛藤を抱いている翔。
    ただのハッピーラブストーリーではなく、影な部分ももつ翔がストーリーを動かしていきます。
  • 変えたい未来の内容は、少し衝撃的です!
    切ない気持ちになる所もありますが、いったい未来はどうなってしまうのか・・ドキドキが止まらなくなります。
  • 高校生らしい初々しいラブストーリーもありつつ、未来の場面になるとグット大人な考え方になっている菜穂や友人達も登場します。
    思いやりの詰まったストーリーでもあります!

 

orangeを読んだ感想

\\キュンとしたい時に//

10年後の自分から届く手紙。

「orange」は面白い設定からはじまりますが、気が付けば自分にも手紙が届いたらどうするだろうかと考えだしてしまう漫画です。

 

翔の未来を変えるために届いた、高校生の自分宛の手紙。

 

手紙に書かれている未来の自分か経験した事を、高校生の菜穂たちはなぞっていくような感じでストーリーが進んでいきます。

だんだんと・・未来の自分が感じた様に、菜穂が翔に惹かれていき、翔が菜穂に惹かれていく感じが可愛らしくて良いです!

そして、主人公の菜穂同様に未来の自分から手紙を受け取った須和の選択にはグッと来るものがあります。

未来の自分が歩んできた物とは違った未来になる事をわかっている須和。

それをわかりつつも、菜穂と翔の中を応援するのです。

 

もし、今の自分が10年前の自分に手紙を出すとして・・

嫌な事、困る事、怖い事は回避するようにしたくても、今ある幸せの形が変わるような事を手紙に書けるかと思うと、菜穂と翔の事がよっぽど大切なのだろうと思います。

せひ、須和にも注目して「orange」を楽しんでください!

 

潔く柔く(きよくやわく)

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 潔く柔くは、色々な主人公の短編ラブストリーが描かれているのかと思いきや、読み進めていくうちに短編同士のストーリーが繋がっていく、面白い作りになっています。
  • 幼馴染のカンナとハルタ。
    カンナが好きだったハルタと、幼馴染以上に思えなかったカンナの高校生時代の話から始まり、ハルタの事故死後の周りの変化、カンナが社会人になるまでが描かれています。
  • どの主人公も、迷いや葛藤や後悔を持っていて、単純な恋愛漫画ではないけれど、少し自分と重なる所が見つかったりして、入り込んで読める恋愛漫画です。
  • 高校生や大学生の時のストーリーが出てくるときは、こんな恋愛がしてみたかったな・・と羨ましい気持ちにもなります。
  • いくえみ綾先生の、可愛い女の子・かっこいい男の子の絵が、ラブストーリーを盛り立ててくれます。
  • 映画化された「潔く柔く」の原作になった漫画です。
    映画では、カンナを長澤まさみ・赤沢を岡田将生が演じます。

 

潔く柔くを読んだ感想

\\共感したい時に//

色々な主人公による、さまざまなラブストーリーだと思って読み進めていくうちに、それぞれの話が繋がっていく、面白い展開になっている漫画です。

 

幼馴染の死や、後から気づいた恋心、切ない面影や後悔の気持ち。

すっごく単純なハッピーエンドのラブストーリーとはいかないけれど、「潔く柔く」というタイトルの通り、優しさも滲んでいるストーリーが詰まっています。

 

今を大事にすること、前を向いて進んでいくこと・・最後は、メッセージが沢山込められているように感じます。

 

潔く柔くは、短編のストーリーが繋がっていくような感じなので、1度だけではなく、2度・3度と読んでも新しい気づきが楽しめる漫画です。

 

いくえみ綾先生の作品の特徴でもあるかと思いますが、「潔く柔く」も他の作品同様に話のテンポがとっても良いです!

可愛い女の子・かっこいい男の子がちゃんと登場してくれるけれど、気持ちがフッと抜けるような面白いコメントなども出てくるところにも注目です。

 

映画「潔く柔く」の原作でもある漫画です。

映画を観た方は、出演者に照らし合わせて漫画を読んでみるのも楽しいと思います。
漫画を読んだ後に、どんな映画になったのか観てみるのも良いかもしれないですね!

 

娚の一生

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 50代の男性と30代の女性がひょんなことから同居することになり、そこからいつの間にか恋愛に発展するというストーリーも絵もあまり見たことがない独特のラブストーリーです。
  • ふたりの時間は緩くゆっくり流れるのに展開が早い印象で、登場人物もそこそこ多いのでしっかり読んでないと何が何だかわからなくなるかもしれません。
  •  他に類を見ない舞台設定リアルに見せつつも実はファンタジーな出来事が多いラブストーリーなので、ベタなラブストーリーに飽き気味の方にオススメです。
  •  原作は大人の恋を数多く手がけられている西炯子(にしけいこ)先生で、映画化もされた「娚(おとこ)の一生」は代表作の1つになりました。
  •  物語自体は3巻で終わり、4巻はサイドストーリーみたいになっています。
  •  ある出来事をきっかけに変化する主人公の表情に注目です。そのことにより作品そのものの雰囲気も変わっていきます。

 

娚の一生を読んだ感想

\\年の差恋愛を読みたい時に//

「娚(おとこ)の一生」は、大手電機会社に勤める30代半ばの主人公の堂薗つぐみが、休暇を使って亡くなった祖母の家でしばらく暮らすことにしたものの、そこには何故か離れの鍵を持っていた祖母の教え子の海江田という男が!

 

成り行きで同居することになったことから物語が動き出します。

恋愛に対する心理描写が少なく、行間を読めという感じの珍しいラブストーリーが新鮮です。

 

海江田は50代前半という設定ですが、落ち着いた雰囲気と絵的にもう少し歳上に見えます。

イケメンとは言いがたいですが、外見と仕草がシュッとしていて年齢のわりにはかっこよく、艶っぽい独身男性として描かれています。

 

ただ、序盤での感じの悪さは否めないので、海江田の評価次第で作品の評価が変わってきそうです。

逆につぐみは考え方は歳相応に思えるものの絵的にはもう少し若く見えます。

 

ですから、リアルな50代と30代のカップルよりは年が離れている印象で、序盤から中盤にかけては大人と子供くらいの関係にしか見えません。

ただ、様々な出来事をクリアすることにより後半になるとつぐみが海江田に似合う女性へと成長を遂げていきます。

 

ある意味、つぐみの成長記でもあるのかもしれません。

普段は昭和のおっさんぽい海江田も締めるところの台詞には的を射ているものが多く、生きていくうえで参考になりそうです。ぜひ読んでいただきたい作品です。

 

脳内ポイズンベリー

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 主人公が何らかの選択を迫られたときに、あれこれ考える様子を脳内会議と称して擬人化されたポジティブ、ネガティブなどが議論します。その議論の様子が主人公のかなり痛い恋愛模様を通じて描かれる異色のラブストーリーです。
  • 脳内会議でのコミカルな議論にかなりのページを使っていますが、ラブストーリーが主軸なのでラブストーリーが好きな人にオススメです。ただ、ラブストーリーだけをピックアップするとかなりイラッとするかもしれません。
  • なかなか痛い主人公なので万人ウケは難しく、共感や感情移入できるかどうかは読者次第かもしれません。ただ、普段脳内会議をする5人のうちの誰かには共感できそうです。
  • 原作は「放課後保健室」「失恋ショコラティエ」でおなじみの水城せとな先生で、他の作品と同じようにこの作品も人の内面をうまく表現されています。

 

脳内ポイズンベリーを読んだ感想

\\コミカルな恋愛模様を読みたい時に//

「脳内ポイズンベリー」は、主人公の櫻井いちこが何らかの選択を迫られたときに、擬人化された「議長」「ポジティブ」「ネガティブ」「瞬間の感情」「記憶」の5つの感情がいちこがどうすればよいのか会議を行うという独特の設定で人の内面を描いた作品です。

 

まとまらない場合は擬人化された「本能」の黒い女がでてきて、5人を眠らせいちこをコントロールします。

 

脳内ポイズンベリーのストーリーは、合コンのときにいた早乙女を駅で偶然見かけたいちこが声をかけ、その日のうちに深い仲になりますが、双方とも感情的になりやすいなど性格に噛み合わずに付き合っているはずなのにギスギスした関係が続いていくため、脳内会議もてんやわんやしていくというお話です。

 

グダグダな付き合いが続きますが、終盤で一気にその関係に変化が訪れます。

序盤に色々と張った伏線を終盤に回収していきますが、序盤に出てくるあるアイテムが終盤に躍動して、きれいなまとめ方になっています。

脳内会議は他の作品でありそうでなかった設定で、確かに人は何かを決断するときにこういう感じになるのかもと思ってしまいそうです。

この5人の会議メンバーの関係性は恋愛の行方とも変化していきますので、5人の行方からも目が離せません。

 

変わったスタイルのラブストーリーですが、ぜひ読んでいただきたい作品です。

 

Paradise Kiss

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「Paradise Kiss」は、アニメ化・映画化もされた漫画で通称「パラキス」と呼ばれています。
    昔からの矢沢あいさんのファンからも親しまれています。
  • 矢沢あい先生の漫画「ご近所物語」の登用人物とも繋がりがあり、懐かしい人物達も登場します。
  • 作者の矢沢あいさんらしく、恋愛×ファッションが楽しめる漫画です。
  • Paradise Kissの主人公は、ファッションには無縁だった高校生の紫。
    ファッションデザイナーを目差し、矢澤芸術学院で勉強中のジョージに見染められて、紫はジョージたちの作った服のモデルを始めます。
  • 普通の高校生の恋愛・世界観とは少し違うけど、こんな大人っぽい高校性いいな・・と思いながら読めるところも楽しいです。
  • ファッションが好きな人には、よりオススメな漫画です。
    読んでいるうちに、もっとファッションが好きになっていきます。

 

Paradise Kissを読んだ感想

\\おしゃれも楽しみたい時に//

なにより絵が上手い、矢沢あい先生による漫画。

Paradise Kissは、登場人物が美人だったり・カッコ良かったり・可愛かったり・絵を見ているだけでも楽しめてしまうくらいです。

 

Paradise Kissは、高校生の年代の子たちが中心の恋愛×ファッションのストリーです。

夢があったり、夢を探していたり、親とぶつかったり、恋愛をしたりして、実際の10代の悩みもあるけれど、なにより個性があってキラキラしたキャラクターが沢山出てきます。

 

私が初めてParadise Kissを読んだ頃が10代だったので、刺激を受けました。

読んでいくうちに、自分も抱いている夢を実現しようと力も沸いてくるようなストーリーです。

 

 

そして、嬉しいのが「ご近所物語」とリンクしているところです。

主人公の紫の恋人のジョージは、ご近所物語の実果子の妹・美和子と友達。
なので、実果子たちもちょっこと出てくる場面があります。

懐かしいですね。

 

アニメ化・映画化もされているので、漫画と一緒にアニメ・映画も比べて観ることができるのも楽しみが広がりますね!

 

砂時計

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「砂時計」の主人公の杏は、12歳の時に両親の離婚をきっけで母親の里である島根で生活をする様になりました。
  • 友達もいないし、環境のまったく違う島根での生活は、戸惑いのあるスタートでした。
  • 杏の島根での生活は、友達となった大悟・藤・椎香によって居心地の良い楽しい生活へと激変します。
  • 杏の母親は「頑張らないといけない」という言葉が、心のプレッシャーとなっていました。
    そして、杏を残して母親は死んでしまいます・・。
  • 残された杏は、やはり友達に支えられます。
    寂しいときも辛いときも、いつも近くにいてくれました。
  • 中学生だった杏たちも成長し、高校生になり、大学生や社会人になり、結婚を意識する年齢になっていきます。
  • 中学生の時に島根で出会った4人は、大人になった時にどんな関係でいるのでしょうか?

 

砂時計を読んだ感想

\\青春を思い出したい時に//

「砂時計」は、ドラマや映画化もされた人気の漫画です。

 

主人公の杏は、両親の離婚をきっかけに島根で生活をする様になります。

今まで生活をしていた東京での生活とは、全く違った島根での生活・・。
戸惑いながらも、親しい友達が出来たことで、島根の生活は楽しいものへと変わっていきます。

 

今までと違った生活スタイルとなり不安がある中でも、一緒にいる人によって救われる事ってありますよね・・!?

 

中学生の杏は、これから長く長く付き合う友達たちと島根で出会う事となるのです。

 

島根に越して暫くしたころ、杏の母親は杏を残して死んでしまいます。

 

残された杏・・。

 

再び寂しい思いをすることとなってしまいます。

 

そんな杏の近くにいてくれたのも、やはり友達でした。

 

悲しい辛いときにも近くにいてくれて、楽しい事も笑顔になれる事も一緒にできる友達に、本当に支えられ救われいくのがわかります。

 

中学生だった杏たちが高校生となり、大学生や社会人となり、結婚を意識するような年齢までストーリーは続いていきます。

 

「砂時計」は、登場人物たちの成長していく姿や、心境の変化も読むことが出来ます。

共感出来る部分もありつつ、読み手としては寂しくなるような事もあります。

 

つい、辛い思いもしている杏に幸せになって欲しいと思いながら読んでしまうストーリーです。

 

清々と

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「清々と」の主人公は、高校生のさや。
    タイトルは、主人公の名前である「さや」と同じく「さやさやと」と読みます。
  • 少女漫画家の谷川史子先生による4巻完結漫画で、短編ストーリーが多い谷川先生には珍しい長編漫画となっています。
  • 主人公のさやは、憧れの鈴蘭女学院に入学したばかりの女子高生。
    鈴蘭女学院はお嬢様学校で有名で、友達同士の挨拶も「ごきげんよう」という調子です。
    ですが、さやは少しおっちょこちょいだし、朝寝坊もしてしまう様な身近な性格をしています。
  • さやの着ている鈴蘭女学院のセーラー服がとっても可愛くて、スカーフがなびいている姿の描がとっても印象的な、爽やかでほっこりする漫画になっています。

 

清々とを読んだ感想

\\青春を思い出したい時に//

主人公のサヤが、憧れていた鈴蘭女学院に入学したところからストーリーが始まります。

鈴蘭女学院はお嬢様学校と有名で、友達同士の挨拶も「ごきげんよう」と交わすような女子高です。

 

そんな学校に通っているさやですが、彼女の性格は身近な感じがして、とっても親しみが持てます!

 

ちょっと鈍くさくて、奥手。

そして・・度々、朝寝坊をして慌てて家を飛び出していきます。

 

お嬢様学校に通っていても、良い意味で普通な感じがして、身近に感じられるのです。

 

 

「清清と」は柔らかいタッチの描がとっても良いです!

 

さやの着ているセーラー服のスカーフが、ふんわりなびく感じ。
走った時に揺れる、長い三つ編み。

 

風が吹いた感じまで伝わるような、ふんわりした谷川先生のタッチがとっても魅力的です。

 

漫画の内容も、穏やかな気持ちで読めます。

 

憧れの学校に入学して、学校生活をして、恋をして・・。

毎日学校に行くのが楽しくてドキドキする主人公が、可愛らしいのです。

 

そして、さやの弟にも注目して読んで欲しいです。

ちょっとおっちょこちょいな主人公さやに比べて、しっかりしているし落ち着いている弟。

 

弟目線のストーリーもあり、また違った視点から描かれるストーリも面白いです。

 

なんだか、久しぶりに純な少女漫画を読んで、ほっこりした気持ちになります。

 

こどものおもちゃ

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「こどものおもちゃ」は、90年に集英社の少女コミックりぼんで連載されていた大人気漫画です。
  • 主人公の紗南はタレント活動もしている小学生です。
  • 紗南は、活発な性格と大人に負けないパワーの持ち主で、学校生活もタレント活動も両立して何ごとからも逃げないで立ち向かうタイプです。
  • 紗南の通う小学校のクラスは、問題が勃発しています!
    クラスメイトの羽山という男子が、担任の女性教師をイジメたり、他の男子生徒のボスの様にして悪さをしているのです。
  • そんな羽山にも紗南は立ち向かっていきます。
    そして、漫画のスタート時には考えられないような関係性になっていくのです。
  • 「こどものおもちゃ」の登場人物はユニークな人が沢山登場します。
    ます、作家でもある紗南の母親は見た目のインパクトも大きいです。
    そして、紗南のマネージャー的存在の玲も、謎の多いイケメンです。

 

こどものおもちゃを読んだ感想

\\色褪せない名作を読みたい時に//

集英社の少女コミックりぼんで大人気だった「こどものおもちゃ」。
連載当時の90年代には、沢山の人が読んでいた漫画です。

 

久しぶりに読み返すと、懐かしさと共に色あせていないストーリーに驚きます。

 

主人公の紗南は、タレント活動もしている小学生。

 

タレント活動をしている事もあってか、実際の小学生とは違った大人びたところがあります。

 

紗南は明るい性格でハッキリしているタイプ。
そして、大人に負けないパワーを持っています。

 

同じクラスの男子、羽山が悪さをしていた時も逃げないで立ち向かいます!

 

羽山がしていた悪さも、結構な悲惨な事です・・。

本当にクラスで起こっていたら、紗南の様に立ち向かうのは怖い気がします。

 

紗南はクラスの問題でもある羽山の悪行に立ち向かう以上に、羽山との距離を縮めていき、ストーリーの当初には考えられないような関係性になっていくのです。

 

「こどものおもちゃ」は、紗南の母親やマネージャーの存在も大きいです!

 

母親は、見た目もインパクトがあるのでストーリーの始まりから気になる存在です。

 

どんな母親なのか!?

マネージャーの玲はどんな人物なのか!?

 

そんなところにも注目して読んで欲しい漫画です。

 

アラフォーアラサー女性へ!しっとりみオトナの漫画たち

人生経験を積んだ大人の女性だからこそ直面する、してはいけない恋、愛してはいけない人へ愛してしまった、恋の仕方を忘れてしまった・・・。

様々な問題やそれに対するあがきを、しっとりと落ち着いた雰囲気で語ってくれる漫画たちをご紹介します。

 

恋愛アナグラム

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 夜の街で働く主人公の現在と過去を織り交ぜながら成長する姿を描いています。どういう過去を持ち、その影響でどういう恋愛をしていくのか、これらの紐解きが見どころになっています。
  • 主人公と同じ境遇の人は少ないと思われますが、恋愛観など20代以上の女性であれば共感できる部分もありそうです。ですから、大人の切ないラブストーリーが好きな人にオススメです。
  • ほんわかした絵柄にゴチャついたコマがなく、全体的にすっきりした線で描かれているので、かなり読みやすいです。
  • 原作はテレビドラマ化された「きみが心に棲みついた」の天堂きりん先生で、「恋愛アナグラム」も闇を抱えている男女の恋愛を描いている点ではよく似た作品になっています。

 

恋愛アナグラムを読んだ感想

\\成長する大人を見たい時に//

「恋愛アナグラム」は、離婚した母親に捨てられたトラウマを乗り越えられず他人と距離を置きたがる主人公の小月(さつき)のさまざまな恋愛を通してトラウマから解放されるまでを描いた作品です。

普通のラブストーリーであれば、主人公が相手をコロコロ替えて付き合うと共感しにくくなりますが、タイプが違う男性との恋愛を通して小月が成長していくというストーリーということもあってか読後感は悪くありません。

 

むしろ、全体を通すと共感できる女性は多そうです。

これは、小学生の頃の原体験が序盤と中盤に描かれており、小月がどういう人物なのか理解しやすくなっていることで自然と感情移入も共感もできるという構成の良さなのかもしれません。

もっとも、男性陣も個性的で、それぞれの何かしらの事情を抱えているという設定も良かったのかもしれません。

 

主人公の絵柄がかわいらしいのと1巻という短い話なのでポイントだけを抜き出していることもあり主人公が比較的サバサバと描かれているので、作品全体は重く感じません。

それでいて、要所要所に見ているだけで切なくなるシーンもあるので、ちょうどよい読み応えになっています。

 

何度か読むか、序盤のシーンが全ての鍵になるので、そのシーンを頭の隅に置きながら読むとより楽しめそうな作品です。ぜひ読んでみてください。

 

エマ

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 貴族とメイドの身分違いの恋愛というありきたりなテーマをゆっくり俯瞰的に描かれており、あまり読んだことないタイプの作品になっています。
  • 恋愛モノにも関わらず、登場人物の心情が描かれるシーンはほとんどなく、1コマ1コマが劇画調に描き込まれているため挿絵入りの小説を読んでいるような感覚になってきます。
  • 主人公が口数少なく、心理描写がないだけに表情や発する言葉が常に重要ポイントになっています。
  • 原作は、同人誌で腕を磨いてこの作品がデビュー作となった森薫先生です。
  • 序盤からロンドンの華やかな時代を見事に描いていましたが、終盤になるつれて更に腕に磨きがかかり絵画のようになっていく絵に注目です。
  • 特に女性陣の服装やアクセサリーの細やかな描写は他の漫画ではあまり見ないレベルです。そして、最終話ではそれらが集約されており半端ない描き込み量での圧巻の出来栄えになっています。

 

エマを読んだ感想

\\身分差の恋にトキメキたい時に//

「エマ」は、メイドの主人公エマと貿易商の長男であるウィリアムの身分違いの恋愛を描いた作品です。幼くして浮浪生活だった主人公エマ。

 

そんなエマをケリー婦人はメイドとして雇い入れ、それなりの暮らしをしていました。

そんなある日、ウィリアムが幼い頃の家庭教師だったケリー婦人宅を訪れ、そこで出会ったエマに一目惚れしてしまうところから物語が動き出します。

 

どこにでもありそうな恋愛漫画ですが、エマもウィリアムも序盤からキャラが出来上がっているところがあり、恋愛漫画特有のふたりが成長していくプロセスを楽しむような作品ではありません。

 

それに無口な主人公に感情移入しにくいところがあるため、自分の親友など大切な人の恋愛を見守るような視点で読むと楽しめる異色の恋愛漫画のようです。

 

例えば、第三者が見ると自己中心的なところが垣間見えるウィリアムよりも友人で恋敵でもあったハキムのほうがスマートでカッコイイ、でもエマにはウィリアムしか見えていないのでウィリアムを選んでしまうという流れは現実でもある話なので親友視点で読むとリアルな感じがします。

 

恋愛メインなので、ついつい登場人物の表情に目が行きますが、家具やアクセサリー、服の模様などの描き込み量が凄いので当時の雰囲気も味わえる作品です。ぜひ、ご一読いただければと思います。

 

たそがれたかこ

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 45歳のバツイチ女性が、代わり映えしない日々に寂しさを感じていたところ、偶然出会った飲み屋の男性や好きなアーティストを通じて徐々に変わっていく姿を描いた作品で、内面も外見も変化していく姿が見どころになっています。
  • 実際にありそうな会話や心理描写が特徴になっていて、他人からすれば何でもない日常をドラマチックに描いています。
  • それだけに、40代以上であれば非常に共感できるものの30代以下には共感しにくいこともあり、各年代によって感想が変わってきそうな作品です。
  • 絵はやや暗めですが喜怒哀楽が伝わりやすい表情に注目で、特に怒っているときの眼が印象的です。
  • 原作はドラマ化された「のんちゃんのり弁」の入江喜和先生で、ご実家が居酒屋ということもあり頻繁に出てくる小料理屋でのシーンは細かいところまで描かれていて雰囲気が凄く伝わるシーンになっています。

 

たそがれたかこを読んだ感想

\\トキメキを思い出したい時に//

「たそがれたかこ」は、アパートの大家をしている母と暮らしている人付き合いが苦手な45歳のバツイチ女性たかこが、社員食堂のパートで代わり映えしない日々を過ごしていたある日、夜中にこっそり外で飲んでいたところに偶然出会った小料理屋を営む男性やラジオを通じて好きになったアーティストの曲を聴いたりライブに行くことで変わっていく姿を描いています。

 

序盤こそ少し重めの展開になっていますが、中盤以降は主人公の性格が前向きになっていることもあってあまり重さは感じなくなっています。

 

10代の男の子を好きになったり、拒食症を患い不登校なった元旦那と暮らしている娘とのやり取りなど独特なエピソードはありますが、基本的にはごく普通の45歳の日常といった感じのストーリーが流れていきます。

そのため、若い人は共感しにくく、同世代以上にはリアルすぎて胸がザワザワしたり、読むの少し辛いイタさを感じるかもしれません。

また、この中盤までの流れから一変して衝撃の終盤になっているので、ラストを巡り評価が分かれそうです。

 

もっとも、このラストでなく平凡に終わってしまうと印象に残らない作品になっていたかもしれないので、これでいいのかもしれません。

なお、問題のシーンでの表情が夢にでてきそうなくらい秀逸なのでお見逃しなく。

少し暗めの絵柄で独特な世界観を作っていることもあり、序盤でハマるかハマらないか決まりそうですが、ぜひ最後まで読んでいただきたい作品です。

 

ふれなばおちん

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 優しい夫もかわいい子供達もいて幸せだけど、髪はボサボサ、化粧もしないおばちゃん化した主人公が、「妻を誘惑してくれないか」と夫がイケメン部下に冗談っぽく発した一言で運命が変わってしまう様子を描いた作品です。
  • 不倫をテーマにした作品なので、それぞれの心理描写とどういう過程でどういう結末になるのかが見どころになります。
  •  不倫をテーマにするとドロドロ感満載なイメージがありますが、主人公の絵柄がおっとりとした感じなのと感情任せで突っ走ることなく理性と感情の狭間で揺れる様子を描いているのでそれほどのドロドロ感はなく純愛っぽくも見えます。なので、比較的不倫に対する嫌悪感なく読めます。
  •  原作は、ドラマ化もされた「斉藤さん」でお馴染みの小田ゆうあ先生で、「ふればなおちん」もドラマ化されました。

 

ふればなおちんを読んだ感想

\\マンネリな毎日に刺激が欲しい時に//

「ふればなおちん」は、漢字で書くと「触れなば落ちん」となり「さわったらすぐにでも落ちそうな状態」を表現しています。

これを揺れる女心にあてはめて「誘われるとすぐ落ちる女性」という意味合いで使われるそうです。

 

タイトルほどすぐには落ちませんでしたが、主人公の夏は夫の部下である隣に引っ越してきた佐伯の甘い言葉にほだされて、佐伯に恋心を抱くようになります。

その佐伯ですが、そもそも夏の夫に冗談めかして「妻を誘惑してくれないか」ともちかけられたことから、軽く夏の気を引こうとします。

 

ところが、全くその気のない夏に本気で誘惑することになり、事態は思わぬ方向に動いていきます。

 

夫に愛想を尽かし子供を見捨てて男に走る不倫ではなく、夫も子供も大好きなまま発展する不倫なので不倫としての嫌悪感があまりなく、主人公の出す結論を温かく見守るように読み進められます。

ただ、あれだけ相手のことを考えたり、色々我慢もしてきて、さぁこれからと前向きなラストになるかと思いきや解釈に戸惑うラストになっているので、読後はかなりモヤッとするかもしれません。

ですが、全体を通すと共感できる部分が多いと思いますので、男女問わず結婚されて少し油断されている方に、ぜひ読んでいただきたい作品です。

 

君の天井は僕の床

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「君の天井は僕の床」は、マルサンビルという雑居ビルに集まる、個性豊かな人の交わりを描いているオムニバス漫画です。
  • マルサンビルには様々な会社が入っており、そこで仕事をしている人たちが各ストーリーの主人公となり展開しく、面白い設定の漫画です。
  • 「君の天井は僕の床」の始まりは、デザイン事務所を営む鳥田 まりこ「通称・トリさん」と潮田 茅子「通称・ウシちゃん」がマルサンビルに事務所を構えて2年目が経ったとある日常からスタートします。
  • 2人の事務所は、ビルの最上階の302号室。
    天井には天窓がつており、風通しも良い開放的な事務所を2人は気に入っています。
  • さらに、天窓と屋上には上下できるハシゴがあり、隣のビルからマルサンビルに飛び移って猫の「フミヤ」が遊びに来ます。
    フミヤの飼い主はマルサンビルオーナーの本間。
    彼がフミヤを302号室に迎えに来ることで、トリさん、ウシちゃんと屋上での交流が始まります。
  • 本間は、前々からトリさんい好意を持っています。
    トリちゃんの高所恐怖症を克服させようと「屋上に来れば木陰でビールが飲めたり、素敵なことが待っている」と彼女を励まします。
  • ある日、調子の悪いパソコンの修理を業者に頼むと、トリさんの元にやって来たのは元カレでした。
    元彼と嫌な思い出があるトリさんの気持ちは落ち込んでしまいます。
  • そんな時にフッと本間の言葉を思い出し、屋上に上ってビールを飲もうと思いつきました。
    高所恐怖症のトリさんが恐る恐る屋上を覗いてみると、そこにはフミヤが居て、仰向けでお腹を見せながら誘惑してきました。
  • フミヤの可愛らしさに、思わず屋上に上がれたトリさん!
    そして、丁度フミヤを探しに来た本間と屋上で会うこととなります。
    屋上で会った二人は、グッと距離が縮まり良い感じになっていきます。
  • 他にも、1階の麺屋「ごまべえ」のオーナーが毎日連れてくる猫の「スジャータ」の登場や、ごまべえで働く「星川ななみ」と不動産の社長の息子である「神田大路」と恋の話も!
  • 「君の天井は僕の床」は、マルサンビルに関わる人からなる、ほっこりするストーリーが詰まっています。

 

君の天井は僕の床を読んだ感想

\\ほっこりしたい時に//

「君の天井は僕の床」は、何気ないビルの中での日常が描かれていて、どこかありそうでない日々に、とても魅力を感じるストーリーです。

 

そして、少しファンタジーなストーリーであるところも、オムニバスの短いストーリーでも楽しく読めるポイントです!

 

 

接点のなかったマルサンビルオーナー本間と、そこに入居しているデザイン事務所のトリさんの二人が、猫を通じて天窓からの屋上で距離を縮める・・。

 

なんだか、ロマンチックですよね♪

 

 

また、登場人物には個性がきちんとあります。
細かい設定がしっかりされているところも、この漫画の魅力です!

 

登場人物に細かい設定があることで、人物像がハッキリと頭に入り込んでくる所も「君の天井は僕の床」を読んでいて楽しめる秘密だと思います。

 

 

現実に、古い雑居ビルに色々な事務所やお店が入っているところが最近増えています。

実際に行くもしかして、ここもマルサンビルのような出来事が起こっているのかもしれないと思うと、楽しい気持ちにもなります。

 

マルサンビルに関係する人同士の人間ドラマに、ワクワクしてしまうのは私だけではないと思います!!

 

姉の結婚

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 恋も結婚も諦めた未婚のアラフォー女子の前に、中学生時代の同級生が現れてから突然訪れたモテ期。そんな彼女が戸惑いや葛藤を抱えながら何を選択するのかが見どころになっています。
  • 気持ちの浮き沈みの描写が絶妙なので、感情移入しやすそうです。
  • ストーリーのシビアさとは対照的に街並みなどの背景が柔らかく描かているので、人物に目が行きがちですが背景にも注目です。また、ストーカー行為に不倫という描き方によっては嫌悪感のほうが強く出そうなところをコミカルな表現を挟むなど作品を重くならないよう工夫されています。
  • 原作は「娚の一生」の西炯子(にし けいこ)先生で、主人公に強引に迫る男性や少し現実離れした舞台設定にアラフォー女子の細かな心理描写、独特の人物画はこの「姉の結婚」でも健在です。

 

姉の結婚を読んだ感想

\\恋の仕方を忘れてしまったあなたに//

「姉の結婚」は、主人公のヨリが裏切り続きの恋愛や東京での生活に疲れてチ老後を夢見て地元に戻り、図書館司書として新たな生活を送っていたところ、超強引な同級生の真木誠と出会ったことから運命と物語が動き始めます。

 

物語のキーマンである真木誠ですが西炯子先生の描く男性らしく、イケメンかつそれなりの地位や名誉を持ち合わせつつ強引でクセの強いキャラになっています。

ですから、このキャラが受け入れられるかどうかで評価が別れそうです。

 

また、主人公のアラフォーならではの気持ちの揺れ動きであったり、少し過激な描写もあるので、大人向けの作品になっています。

見れば西炯子先生の作品だとわかる特徴的な絵柄ですが、この「姉の結婚」では風景は比較的カチッと描かれているのに人物はやや縦長にデフォルメされた感じの絵柄なので、最初に読むと背景を含むシーンそのものが印象に残らずに人物だけが印象に残るかもしれません。

ですが、風景も味わいがある絵になっているので、じっくり味わっていただきたいです。

もちろん、絵だけではなく、説得力のある台詞回しや揺れ動く気持ちのよくわかる情景描写も見逃せないところです。

 

序盤の入り込みにくさはありますが、物語が進むにつれてハマりますので、ぜひ読んでいただきたい作品です。

 

セフレの品格

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • ごく普通のバツ2主婦と、イケメン産婦人科医の長く苦しい愛憎劇。
  • タイトル「セフレの品格」からは想像できない程の深い内容と切ないラブストーリー。
  • 女の感情的な心理描写がすごく上手くて、共感できる場面が多々あります。
  • 恋愛感情とか抜きにしたドライな関係から、徐々に感情に抗えなくなって、でも“セフレ”という関係が、割り切った大人な関係をキープさせようとする感じが切ない。

 

セフレの品格を読んだ感想

\\オトナの駆け引きを楽しみたい時に//

セフレ、と言うと世間的には聞こえが良くないですよね。

しかし本人達にはそれぞれの考えや悩みがあり、周りから何を言われても貫き通す想いがあります。

軽い気持ちでセフレになる人達も確かにいますが、この「セフレの品格」の中では違います。

抄子は元夫、一樹は元妻と実父、それぞれ近しい関係のもつれで傷付き疲れ果て、そんな頃に出会って、セフレとして触れ合っていくうちにお互いに満たされて癒されていきます

 

セフレと聞くとやはり私も若いころはあまりいいイメージがなく、嫌悪すら抱いていましたが、大人になってくるとそういう関係もアリなのではないかと思うようになってきました。

体の関係だけではなく、その存在が小さな支えになる事だってあるんだと思います。

「セフレの品格」ではリアルではありえないぐらいのトラブルが起こります。

 

抄子の気持ちや行動にももどかしく、イライラする事も結構あります(笑)

一樹の周りの女性達の行動は正直恐ろしく、嫉妬や執念ってすごいなと、しみじみ思いました。

 

それでも、何があっても2人は惹かれ合い、お互いを必要としていきます。

 

漫画にはそれぞれテーマがあり、この「セフレの品格」はタイトル通り「セフレ」であることがキーです。

あれ、これどうやって解決するのかな?と読んでて思うのですが見事にセフレをからめて解決します。

 

しかし、全てのお話を読んだ後、最終的に思った感想は、「お互いもっと話をすればいいのに・・・」でした(笑)

 

「セフレの品格」はベットシーンも多く、全ての人にオススメ出来るわけではないですが、とても考えさせられる作品なので、読んでみては如何でしょうか。

 

あなたのことはそれほど

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • W不倫の描写が怖いくらいにリアル
  • とにかく絵が綺麗で、「不倫をしている」という心理描写がすごい
  • 美都だけの目線で書かれてるわけじゃなく、不倫に関わる人達の目線から描かれているので現実的
  • 2番目に好きな人と結婚したら…と考えさせられます
  • 夫(渡辺涼太)が美都のことを許しすぎて、愛しすぎていて怖い
  • 美都は妊娠してしまう
  • TBSでドラマ放送されたので見比べてみるのも面白い!

 

あなたのことはそれほどを読んだ感想

\\不倫というテーマを考えたい時に//

W不倫」というテーマにも関わらず、シリアスすぎず、かと言えばチープ過ぎず、サクサクあっという間に読んでしまいました。

作者いくえみ綾先生の絵がとっても綺麗なので、リアルな描写にゾクッとしてしまう場面もあったり…。

 

「あなたのことはそれほど」というタイトルですが、本当にこの一言が全てを表しているような気がします。

 

結婚とは好きな人とするのがもちろん理想ですが、「条件がいい」と惰性で結婚してしまう人も少なくないかも知れません。

新婚生活はうまく行ってても、何らかのネジが外れた時、主人公の美都や有島のように道を踏み外してしまうことも…。

 

不倫は誰も救われないし、もちろんいけないことだけど、「好きという気持ち」は止められない。でも、人は流動的な生き物なので、「ずっと」があるわけじゃないので。

 

だからこその、「あなたのことはそれほど」なのかも知れませんね。

 

うせもの宿

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 3巻完結の「うせもの宿」は、和風のファンタジー漫画です。
  • うせもの宿に来るのは、なくした何か・・を探している人ばかり。
    物語は、宿のお客さんからなる短編ストーリーから成っています。
  • 主な登場人物は、宿までお客さんを連れていく案内人マツウラ、おかっぱ頭の少女である女将、そして番頭。
    登場人物はそれぞれに事情があり宿で働いているのです。
  • それぞれの探しモノを見つけにくる宿。
    従業員にも、探しのモノをしてる人達なのです。
    ただ、記憶をなくして探しモノが何なのかが分からなくなった人など、事情はさまざま。
  • ストーリーが進むにつれて、お客さんだけでなく宿で働く従業員についても、どんな人物であるのか、どんな事情があるのかが分かってきます。
  • ストーリーの始まりは、模索しながら読み進んでいくようなところがありますが、そこが楽しい所です!
    読み進むにつれて、それぞれの事情が読み取れてくるところが面白さのポイントです。

 

うせもの宿を読んだ感想

\\しっとりした漫画を読みたい時に//

「うせもの宿」は、様々なお客さんが探しモノを見つけに来る宿です。

 

面白い設定で、それぞれのお客さんからなる短編ストーリーから成っている漫画ですが、お客さんの探しモノは「物」とは限らず、記憶であったりもします。

単純な探し物ではないものばかりで、幅広い様々な探しモノに、考えさせられる所もあります。

 

また、読み進めて行くうちに、気になって仕方なかった宿の従業員についても謎が解けていきます。

 

どういった事情で宿で働いているのか?

どういう過去を持っているのか?

 

「うせもの宿」は、読み進めて行くうちに分かってくる事柄があるのが、面白いところです。

 

宿の門が、あの世とこの世の境にもなっています。

そういった危うさの様な部分も、魅力の一部となっています。

 

 

ハッピーなだけの漫画ではないですがしっとりと考え深い漫画なので、落ち着いた気分で読み進めるのがオススメです。

 

読み進めて、うせもの宿で働く従業員たちの関係性や事情、なくしたモノが何なのかを見つけ下さい!

 

1/2の林檎

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 本来、男女の心は1つの林檎だった。
    だから、半分に分かれた本物の相手、ピッタリ合う運命の相手がどこかにいるはず!
    そんな半分に分かれた運命の相手を探すストーリーである「1/2の林檎」。
  • 半分に分かれた本物の相手を探すのは、主人公の「ひかる」。
    彼女は製薬会社の総務課に属して、本社の受付を担当していました。
  • ある日、京都事務所の営業部の人たちが研修で本社にやってきます。
    仕事も出来てカッコ良いと噂になっている京都自部署の新堂は、噂以上にカッコ良い人でした。
  • そんな新堂に会った途端、ひかるは新堂が高校の先輩であることに気が付きます!
    ひかるが高校1年の時に3年だったバレー部の憧れの先輩だったのです。
    思い出話がしたいことがきっかけで、新堂とひかるは飲みに出かけることとなります。
  • ひかると同じ本社の受付をしている奈津子は、色白で可愛く、気が利くタイプの女性です。
    ちょっとドジなひかるは度々助けてもらっている相手です。
  • 後に・・奈津子は、新堂と急接近したひかるに嫉妬心を燃やし、2人の間を引き裂くために様々な手を使ってひかるへの嫌がらせをしてきます。
  • ひかるの本物の相手は、一体誰なのでしょうか!?

 

1/2の林檎を読んだ感想

\\運命の恋にトキメキたい時に//

製薬会社に勤める主人公の「ひかる」。

製薬会社特有の仕事内容や、用語も出てきて、恋愛ストーリーだけでは収まらない漫画になっています!

 

ひかるは、運命の相手を探しています。
一体、自分にぴったり合う相手は誰なのだろうか・・と。

 

憧れていた高校の先輩である新堂は、高校時代と変わらずにカッコ良い人でした。

再開した当初は、ひかるを覚えていなかった新堂でしたが、高校時代に頑張っていた赤いクリップをしていた女の子がひかるだと気が付きます!

 

憧れていた2つ上の先輩が嬉しい形で覚えてくれていただなんて!!
2人の距離は一気に近づきます。

ひかるの運命の相手は新堂なのか!?

 

また、新堂と急接近したひかるに嫉妬心を燃やす人物も登場します。

 

嫉妬心を燃やす奈津子がすることは、読んでいて恐ろしくなります。

頭の回転が速く、気の回る奈津子は、さまざま手を使って新堂を自分の物にしようとしてきます。

 

いったい自分の運命の相手は誰だろうか・・?

本当の運命の相手に辿り着くまでに、さまざまな事が起こってきます。

 

穏やかに進む恋愛ストーリーではなく、情熱的な恋愛ストーリーである「1/2の林檎」。

ひかるの運命の相手や、次の展開が気になり、止まらなくなる漫画です!

 

この世界の片隅で

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 舞台は昭和9年、日本が戦時中の時代の広島・呉。戦火に燃える前の美しい広島の風景を見ることができます。
  • 主人公の「すず」の生涯を描いた作品で、辛い時代が舞台ですがすずの明るさで辛さはあまりありません。
  • 幼少期に出会った少年がすずを見初め、成長し広島市江波まではるばるすずを嫁取りに尋ねます。
  • まだ恋も知らないすずが、一度出会っただけの男性の元に嫁ぐという時代背景を感じられるストーリー。
  • 結婚してから「恋愛する」という、夫婦なのに甘酸っぱさも感じることができます。
  • まだ結婚後すずの幼馴染の男の子尋ねてきたり、夫となった周作の過去の女性の影を感じるなど目が離せないシーンも!
  • 名作のため過去に映像化もされており、読んだ後も心に残る作品です。

 

この世界の片隅でのを読んだ感想

\\ゆったりとした夫婦愛なら//

この世界の片隅で、はぜひ漫画で読んで見て欲しい作品です!

漫画で読んだ後は、アニメ映画でぜひ。

主人公すずの天真爛漫さがリアルに感じることができます。

 

この漫画の一番の注目は、結婚してから夫の周作に惹かれ恋をしていくすずの可愛さです。

周作とすずは幼少期に一度だけ会ったことがあり、周作はそのことを知りすずを嫁にしたのですがすずは気がついてません。

 

当初顔も知らなかった男性に嫁ぎ、少しずつ知っていくことで夫婦だけど、初恋のような恋をしていく・・・。

現代が舞台の漫画ではなかなかない設定で、さらにこのすずの可愛さが作品の良さを際立たせています。

 

戦時中の日本、というだけあり、幸せなことばかりではありません。

また時代ならではの、2人の過去の想い人の存在も物語に大きく関わってきます。

 

特に注目したいのが、少しずつ恋に目覚めたすずが、過去に気がつかなかった淡い恋心を自覚しその当時の想い人が現れたシーン。

その恋人が、明日をも知れない戦地へ向かうと聞いたすず。

その時すずのとった行動、そのすずを見守る周作はどうしたのか・・・。

かなり必見のシーンになっています。

 

 

のんびりゆったり、可愛らしいすずと深い物語がいつまでも心に残る漫画ですので、大人のあなたにぜひ読んで見てもらいたいです。

 

2018年に完結した恋愛漫画たち

2018年に完結した大人女子におすすめできる漫画たちを紹介します!

ラブリラン

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 長い間片思いが続いていたため男性経験のない主人公が、ある朝、目覚めたら好きでもない同僚と同棲中なうえに1ヶ月の記憶が無い状態に。果たして彼女の記憶が戻るのか、同僚との関係はどうなるのかが注目の作品です。
  • 絵柄がふわっとしていてかわいいので台詞がゆったりとしているように感じますが、テンポが軽快うえ引きこまれやすいストーリーなので、あっという間に読み終えられます。
  • ドロドロにこじれても良い展開なのですが、凄く爽やかに描き切っているので、登場人物がみんないい人に見えます。
  • 原作は天沢アキ先生で、「ラブリラン」は王道女性漫画雑誌「Kiss」のコンペ「Kiss ラブストーリー漫画大賞」を受賞し、そのまま連載になりました。ドラマ化もされましたので、代表作になるかもしれません。
  • 全部読んでこそ作品の全体像が見えてくるという構成なので、最後までイッキ読みされることをオススメします。

 

ラブリランを読んだ感想

\\びっくり展開を期待するなら//

「ラブリラン」は、30歳にして男性経験のない主人公のサヤカでしたが、10年間も片思いをしてきた鷺沢くんと念願の初デートのはずだったある朝、目覚めたら1ヶ月の記憶がないうえに同僚の町田くんと同棲中だったところから物語が動き出します。

 

30歳にして男性経験のない主人公だと家庭の事情や性格などに問題があるパターンを想定しがちですが、10年間片思いの人がいたことを除くとどこにでもいそうな普通の女性です。

 

この設定により初めての恋愛に浮かれて色々失敗するという恋愛あるあるにハマったり、突如モテ期がきてもおかしくないようになっています。

それでいて、戸惑いながらもしっかりと冷静に決断を下していくので好感がもてます。

 

一方の町田くんはツンツンしながらもサヤカの記憶を戻す作業に協力していきます。

初登場時には少し嫌なヤツ感がありましたが、ツンデレ系であったり、それまでの経緯がわかってくると愛らしくも感じ、肯定的に読むことができます。

 

むしろ、ツンデレ系らしく言うことを行動や表情が違うところは萌えポイントかもしれません。

サヤカの記憶が戻るたびに切ない展開を迎えるのですが、徐々にパズルのピースが埋まっていく感じが面白いです。

そして、全てが埋まってからのふたりが出した結論も爽やかで応援したくなります。

 

絵柄も綺麗でミステリー要素が入ったラブストーリーなので、すっとその世界観に入り込めます。ぜひ読んでいただきたい作品です。

 

マダム・プティ

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 16歳の少女がパリやインドで巻き起こす、ミステリーあり、サスペンスあり、ラブストーリーありの物語です。
  • ハラハラ、ドキドキの連続で、切りの良いところがあまりなく続きが気になってしょうがないので、イッキ読みされることをオススメします。
  • 序盤の列車でのエピソードとそれ以降では話や作品の雰囲気が変わるので、序盤で少し苦手な作品だと感じても中盤までは読んでいただきたいです。
  • 登場人物、特に主人公の感情表現が豊かなので、感情移入がしやすく気持ちごと引きこまれます。
  • 意外な展開だらけなので、予備知識無しで読んだほうがより楽しめます。
  • 「マダム・プティ」の原作は「てるてる×少年」「ゴールデンデイズ」を手がけられた女性漫画家の高尾滋先生で、先生特有の柔らかい絵柄が随所に見られます。
  • アガサ・クリスティの「オリエント急行殺人事件」をオマージュした場面があるため、原作好きには注目ポイントです。

 

マダム・プティを読んだ感想

\\身分差の恋にトキメキたいなら//

「マダム・プティ」は、主人公の青山万里子が、小さい頃から憧れていた30歳年上の青山俊と結婚をすることになり、オリエント急行を使ってパリに行くところから物語が始まります。

幸せな新婚旅行のはずですが、そこにはある陰謀が隠されていて万里子の運命を大きく変えることになります。

 

ミステリー要素満載の序盤ですが、ミステリー主体にすると作品が重くなるところを万里子と俊の友人であるニーラムとのやり取りを万里子の顔をデフォルメで表現するなどコミカルに描くことで重くならないよう工夫されています。

 

さらに、人物は柔らかいタッチなのに背景のオリエント急行やそこに飾られている模様などが細かくカチッと描かれているので、そのあたりのギャップもお見逃しなく読んでいただきたいです。

 

 

中盤以降はミステリー色が薄れて、ふたりの関係性をほんのり絡めつつサスペンス色が強くなります。

物語自体が二転三転とめまぐるしく動いていくため、目が離せない状態が続きます。

 

まさかの展開が続きますが、キャラの設定がきちんとできていて、ありがちな「あれ?こんなこと言うキャラではなかったのに」ということがないので、ストーリーに違和感を覚えることなく読み進められます。

ワクワクするような冒険活劇が好きな方に、ぜひ読んでいただきたい作品です。

 

恋は雨上がりのように

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「恋は雨上がりのように」は、ある海辺の町が題材になっている17歳の女子高生「あきら」と45歳の冴えない中年男性近藤:通称「店長」との恋物語です。
  • この漫画はTVでアニメ化され、さらに2018年5月には映画化されている超話題作でもあります。
  • 年の差が親子ほど違う!となると、一体どんな恋愛になっていくのだろうと少し不安に思ってしまういくらいの設定ですが。。。
  • どこまでも真っ直ぐなあきらと、ふとした優しさと誠実な店長の人柄が伝わるとても繊細で魅力的な漫画の内容になっています。
  • あきらは高校で陸上部に所属し、実力優秀な選手でしたが、怪我をしてしまい選手として離脱せざるを得なくなり思い悩む日々を送っています。
  • 一方でお相手の男性近藤はというと、小説家を志していた現在はファミレスの店長。
    バツイチで小さなアパートに一人で暮らし、自他共に認める冴えない中年男性です。
  • そんな歳の離れた二人が、アルバイトと店長という関係で斜情的な恋に至るところに、読み進めたくなる先行きが気になるお話になっています。

 

恋は雨上がりのようにを読んだ感想

\\年の差片思いにトキメキたいなら//

「恋は雨上がりのように」は、高校生がファミレスの店長に恋をするお話。
28歳の歳の差で中年男性と高校生が恋愛すると聞くと、なんだか引いてしまいそうなあまり良い想像ができないですが・・・。

 

以外にもこの設定が、逆に新しいの切り口に感じて面白さに繋がっています。

 

特に店長の誠実にあきらの気持ちに向き合う姿勢は、心がキュと締め付けらるようにどんどん引き込まれていきます。

またそれ以上にあきらも、まっすぐに突き進むように店長に想いを伝えようとする真の強さも、読んでいて入り込んでしまう面白さがあります。

 

また、「恋は雨上がりのように」はタイトルからもわかるように、あきらの人生分岐点に悩んだ日々を雨の日に例えた、雨宿りのつかの間の恋を描いた物語です。

そして、店長も忘れかけていた大事なことをあきらを通して思い出していきます。

 

あきらと店長がお互いの関係を育んていく中で、自分たちの本当の気持ちに気付いていくとてもポジティブなストーリーにあっという間に全巻を読んでしまう内容になっていると感じました。

 

映画化されテレビアニメ化されるのが、納得できる漫画でした。

まずは原作の漫画「恋は雨上がりのように」を読んでみてください。

読み終わった後、何か前向きな「よしやってみよう!」という気持ちになれて心が晴れると思いますよ。

 

とりかえ・ばや

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 平安時代の末期の「とりかえばや物語」を漫画化した「とりかえ・ばや」。
  • 藤原丸光(ふじわらのまるみつ)の2人の妻が、同時に子供を出産したところからストーリーが始まります。
  • 西の対屋に住む母親から生まれた「沙羅双樹(さらそうじゅ)」は、子供のころから外で遊んで育ち、活発で誠実な性格です。
  • 東の対屋に住む母から生まれた「睡蓮(すいれん)」は、内弁慶で恥ずかしがりやで、男性が苦手な子供でした。
  • 対照的な性格の睡蓮と沙羅双樹。
    けれど、2人の顔は周りの人たちが見分けられないほどに瓜二つでした。
    異母兄弟で双子ではない彼らですが、成長するにつれて益々瓜二つの容姿となっていくのです。
  • 2人がまだ幼いころ・・父親である藤原丸光は、男だけれど女らしい性格の睡蓮と、女だけれど男らしい性格の沙羅双樹を案じ、悪縁を断ち切るために鞍馬詣を行います。
    この鞍馬詣の際に襲われ、2人は攫われてしまいます。
  • この事件をきっかけに、2人はそれぞれの性を入れ替えて生きることとなるのです!

 

とりかえ・ばやを読んだ感想

\\本当の恋に気がつく瞬間をみたいなら//

「とりかえ・ばや」は、「とりかえばや物語」を元に描かれた歴史漫画なのです。

 

瓜二つの男女の異母兄弟が入れ替わり、色々な困難に立ち向かっていきます。

 

幼いころは良かったものの、どうしても体は本当の性別のままに成長をしていくので、隠しきれない問題も起きてきます。

 

年頃になると、結婚や恋をしたりもすることとなるのです。

 

結婚や恋愛をはじめ、さまざまな事が現代社会の様に自由なものではないので、望んでいなくても避けて通れない問題が次々に起こる「とりかえ・ばや」。

 

いくら瓜二つであっても、本当の性別を偽って生きていくのは大変なことです!!

 

実際に、睡蓮も沙羅双樹も本当の性を隠すことに限界を感じて悩む場面も出てきます。

 

2人は、いつまで性を偽って生きていくのか?

周りに知られてしまう事はないのだろうか?

 

2人の波乱万丈なストーリーに加えて、現代社会とは違いのある、平安時代の風習も楽しみながら読める漫画になっています。

 

突然ですが、明日結婚します

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 主人公の「あすか」は、結婚願望が強く、専業主婦になるを持っています。
  • あすかが専業主婦になりたいのは、母親の様に暖かく家族がホッとする家庭を作りたいから。
    けれど、世間の専業主婦に対する風当たりは強く、仕事を辞めて楽したいからだろうと思われてしまうことが多く、モヤモヤしてしまうこともあります。
  • あすかは友人の結婚式でブーケをゲットしたこともあり、そろそろ私も彼氏と結婚したい!と思っていた矢先、然フラれてしまいます。
  • 前触れも感じられなかった急な別れだったため、落ち込んでしまいます。
    翌日、会社の朝礼では同僚から「突然ですが、明日結婚します」という挨拶が!なんとも言えない複雑な気持ちになったあすかは、仲の良い先輩の小野と飲みに行きスッキリしようとします。
    その晩は飲み過ぎて帰れなくなり、小野がマンションへ連れて帰ってくれることに・・。
  • 翌朝、小野のマンションで目覚めたあすかは、小野と一緒に住んでいる友人がいることを知りました。
    その友人は、人気アナウンサーの「名波」。
    実は、あすかと名波は友人の結婚式で既に出会っており、面識のある相手であったため驚きます。
  • あすかと対照的に、絶対結婚なんてしたくない派の名波。
    理想とする先がまったく違う2人ですが、お互いに相手の言葉や仕事に対する考え方に惹かれていきます。
  • 結婚願望の強いあすかと、結婚なんてしたくない名波。
    そして、人気アナウンサーとの恋。
    2人の大人な恋愛は、どんな風に進展していくのか・・あすかの夢は叶うのか?
    そんな「突然ですが、明日結婚します」は、素敵なラブストーリーです。

 

突然ですが、明日結婚しますを読んだ感想

\\素敵なラブストーリーをみたいなら//

結婚願望が強く、専業主婦になることが夢である主人公。

 

主人公のあすかは大手の銀行で働いていて、同僚からの信頼も、取引先からの人望も厚く、仕事に責任をもってバリバリ働いています。

あすかが出会うのは、人気アナウンサーの名波。

描く将来が違う2人。
けれど、惹かれあっていく事となります。

この2人の考えが違うという点が、ストーリーの1番のポイントであり、面白くなっていく要になっていきます!

 

向かう先が違うだけど、お互いに惹かれ合う2人。
そんな2人に、いつか別れる時がくるのか?

それとも、あすかが望むような未来になっていくのか?

 

結婚をしたくない名波にも、今まで特定の彼女を作らなかった理由や、結婚なんてしたくないと思う訳があります。

 

仕事もバリバリしている2人の、大人の恋

そして、人気アナウンサーとの恋だからこそ、堂々とは付き合えない歯がゆさ。

 

思い描く未来が違う2人の恋の行方はどうなっていくのか、素敵な大人のラブストーリーです!

 

サクッと読み切り1巻で完結のオトナの漫画

忙しいあなたへ、なんだか漫画が読みたい時に。

サクッと1巻で完結する大人が読んでも面白い漫画を紹介します!

 

十年後、街のどこかで偶然に

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「十年後、街のどこかで偶然に」は、漫画「彼氏彼女の事情」で有名な津田雅美先生の短編作品です。
  • 主人公は、筆記用具メーカーに勤めるOL 藤堂 菫。
    たくさんの好きな物はあるけれど、特に人の手で作れたものに魅せれる彼女は、昔から美しく手仕事で作られる人や物に憧れがありました。
  • ある日、会社の近くでよく立ち寄る喫茶店が壁塗り工事の真っ最中。
    手仕事が大好きな菫は、壁を塗る職人さんをマジマジと観察してしまいます。
  • 菫が興味津々に見つめていた左官職人さんがまさかのまさか、高校時代に目の前で手仕事の凄さに目覚めさせてくれた同級生の慎でした。
  • 昔から口下手な慎は、手先がものすごく器用でした。高校時代に慎は、たまたま拾った万年筆に遊び半分で手彫りします。
    ところが、その万年筆が実は菫の物でした。手彫りされた万年筆に魅了されてしまった菫。
  • それぞれが別々の道に向かいますが10年後、記憶が蘇るように慎と菫それぞれ大人になり偶然の再会をして物語がスタートしていきます。
    二人の恋はどのように進展していくのかこの先がすごく気になる漫画です。

 

十年後、街のどこかで偶然にの感想

\\素敵な恋に落ちる瞬間をみたいなら//

「十年後、街のどこかで偶然に」は、無口で口下手な慎と、周りと合わせることが少し苦手で、昔から自分はこれとこだわりをしっかり持っていた菫が学生時代に一本の万年筆がきっかけで知り合うところから物語は始まるのですが・・・。

 

 

慎の家庭の事情で突然引っ越すことになり、気になっていた菫は慎とうまく話せないまま会えなくなってしまいます。

そんな二人が、大人になって偶然にも街で再開をする。

 

社会に出て、自分が筆記用具業界の道に進めるきっかけになった慎と再開する菫。

序盤から菫の気持ちの動きに、この恋の先行きはどうなるのか?とってもワクワクする展開に読み進めたくなります。

 

あの頃うまく話せなかったやりとりが、10年という月日の中で、お互い人間的な経験や成長をして恋愛に発展していく、まさに大人の恋愛を描いています。

 

学園が舞台の「彼氏彼女の事情」がテレビ放映されて話題にもなった、作者津田雅美先生。

本作「10年後、街のどこかで偶然に」もこんな恋愛をしたくなってしまうような、偶然ってから必然を感じてしまうような内容になっています。

 

お話は1巻で完結するストーリーで、とっても読みやすいです。

さらに主人公の菫の同級生たちがヒロインの続編もあり、全4巻あるのでその後もさらに楽しむことができます。

 

恋愛バカ上等

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「恋愛バカ上等」の主人公は、念願叶いって事務から同じ会社の営業部へ移動した、境徹子。
    今まで気が付かなかったけれど、新しく配属された営業部には知った顔が居ました。
  • 営業部の爽やかイケメンと噂になっている、赤星虎仁。
    徹子と虎仁は、ヤンチャしていた高校時代の友人でした。
  • 社会人になった今、ちょっと悪すぎるグループにいた事は、お互いに秘密にしたい過去。
    初対面なふりをしながら、バラさない様お互いに念を押します。
  • 大きな案件を抱えている虎仁のサポートをすることも兼ねて、2人は行動を共にする様になります。
    ヤンチャしていた高校時代とは違い、黒髪にスーツ姿がカッコよい虎仁を見ながら、徹子は時折昔の事を思い出します。
  • 虎仁は、狂暴で怖い存在だったっけれどカッコよくて目立つ存在でした。
    そして、情に厚くて仲間思い。
    そんな虎仁に徹子は恋をしていました。
  • ますますカッコよくなった虎仁。
    虎仁に失恋した過去から自信のない徹子ですが2人の仕事の行方、恋の行方はどうなっていくのでしょうか!?
  • 「恋バカ上等」は、仕事も恋も力いっぱい向き合うストーリーです。

 

恋愛バカ上等を読んだ感想

\\全力の恋を応援したいなら//

「恋愛バカ上等」は、1巻完結の気持ちよく読み切れる漫画です。

 

高校時代の友人と一緒に働くのって、正直やりずらそうですね・・。

しかも、異性でをしていた相手ってなるとなおさら。

 

仕事の関係で一緒にいる時間が長くなっていく2人。

昔の記憶と、目の前のカッコよくなった虎仁。

一緒にいる時間が長くなると、昔の記憶も蘇ってきます。

 

 

2人でいると、昔ヤンチャをしていた名残の様な言葉使いが出てきます。
気を許しているからこその雰囲気が、なんだか微笑ましかったりもします。

 

 

「恋愛バカ上等」というタイトルは、2人の結末を表しているのでしょうか?

恋愛バカになってしまっても良いや!
上等って入っているので、ライバルが出現!?

 

 

 

1巻完結なので、もっと読みたい気持ちが出てきて、短いストーリーにさえ感じてしまう漫画です。

 

式の前日

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「式の前日」は、新進気鋭の漫画家、積穂先生話題のデビュー作です。
    表題の漫画を含め、6作品が描かれた短篇漫画集です。
  • 「式の前日」「あずさ2号で再会」「モノクロ兄弟」「10月の箱庭」「夢見るかかし」そして式の前日の続編「式の前日の後日譚」の5話の短篇からなる漫画です。
    ストーリーには色々な設定の2人組が登場し、どれも心温まる話が展開していきます。
  • 2010年「月刊フラワーズ」掲載され、Twitterやネットの口コミでウワサとなり、かなりの人気を集めた漫画です。
    当時これが新人作品!?と、貫禄のある作風も話題になりました。
  • 絵の巧さから、あまり文字を入れずに一コマの画で見せることも出来るのも、この漫画の特徴です。
  • ページ数の少ないものでも、こんな物語なのかなぁと想像したストーリーとは違った展開を見せてくれます。
    良い意味での裏切りがあり、先が読めない感じや設定が驚きとなり、面白い話を楽しめます。
  • 短篇でここまで引き込まれる内容で描ける積穂先生。
    中編、長編漫画も気になるところです。
  • 「式の前日」は、少女漫画のセオリーや枠に囚われない普遍性を持っているところがとても魅力的な物語になっています。

 

式の前日を読んだ感想

\\大どんでん返しをみたいなら//

漫画「式の前日」は、別れをテーマにした作風のものが多いように感じました。

大切な人と。
亡くなってしまった人と。
すれ違いでの・・。

 

しかし別れが題材でも、決して悲しいものに終わるストーリーではありません。

次に明るい未来が待っているような、希望に満ちたストーリーになっているところが魅力的です。

 

読み終わった後、とても感情に響いてくるものがあります。

 

物語は普通の日常的なものを題材にしているものが多いです。

けれど、積穂先生の描くと、日常的な物語も独特な世界感により魅了的なものに変化しています。

 

そしてハマってしまう1番の魅力は、良い意味での裏切り感です!!

 

読み手が想像するストーリー展開が、当たらないのです。
想像を超えるストーリー展開には、だいぶ引き込まれてしまいます。

 

漫画のタイトルとなっている「式の前日」は、カップルのストーリーかと思い読み進めていたのですが、最後に実は兄弟のストーリーだったとか。

 

良い意味での裏切り・・。
そして、それによって合致する構成に、最後は納得までしてしまいます。

 

HER

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「HER」は、 短編ストーリーからなる漫画で、それぞれの主人公がどこかで繋がっているという面白い連鎖があります。
  • 全6篇からなる「HER」は、女性目線で書かれているものが多く、最後の1篇だけが男性からの目線で女性について考えるという視点で書かれています。
  • CASE1の主人公である井出さんは、異常に靴に執着する女性です。
    相手の靴、相手の靴に対する反応で、相手の人間性を図ります。
  • ただ普通にモテたい井出さん。
    けれど、背が高くてカッコ良い靴なんか履いていて、怖がれることも・・。
  • 普通にモテるって、なんでしょう。
    同じ美容室に来ていた男ウケの良さそうな女性を見ながら、あの靴はナシ。
    モテたいけど、普通に男ウケが良い恰好なんて、したくもありません。
  • モテたい気持ちはあるけど、自分からはいけない性格。
    そして、強すぎるこだわろを持つ彼女。
    表には出さない、女の本音が描かれています。
  • 他にも、普通だと思って毎日を過ごしている女性が登場します。
    レズビアンのキスを目撃してしまった処女の高校生、女たらしの男性客に妄想をいだく美容師、母の秘密を胸に一夜限りの関係を続ける地味な女。
    各CASEごとに、色んな女の本音が溢れてくる漫画です。

 

HERを読んだ感想

\\考えさせられるストーリーをみたいなら//

「HER」を読むと、女に種類があるのだと感じてしまいます。

 

現実の世界でも、それはそれは色々な女性がいて、自分と気の合う人もいれば合わない人もいる。

そんなの当たり前なんですが・・。

漫画を通して主人公の本音を読んでいくと、人それぞれ全然違うという事を、改めて教えられる気がします。

 

自分の世界が「普通」だと思っているけど、他の人から見れば「普通じゃない」。

だんだん、読んでいくうちに「普通でも、普通じゃなくても」いいんじゃないかと思えてもきます。

 

ただ、「HER」を読んですごく感じたことは、自分の知っている世界や、今いる場所、見てきた物や、知っている知識は狭いという事です。

すごくアクティブなストーリーではないけれど、じんわりじんわり考えさせられるストーリーが詰まっています。

 

マニマニ

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「マニマニ」は、女性の主人公からなる短編からできている漫画です。
  • マニマニの初めの短編である「キキョウ」の主人公は、生まれ育った田舎をでて東京で働いていた初音、26歳。
    仕事を辞めて、彼と別れ、故郷である田舎にも戻ってきたところからストーリーが始まります。
  • 6年ぶりに田舎に戻った初音に、近所の人は興味津々。
    結婚は?子供は?悪気のない質問は、チクリと心に響きます。
  • 幼いと思っていた近所の男の子が、意識してしまうほどの男に成長していたり、毎年楽しみに行っていた地元の花火大会など・・。
    生まれ育ったところから離れて生活している人には、共感する部分が沢山出てきます。
  • このまま田舎で過ごすのか、東京に戻ってまた1人で暮らし新しいことをするのか、この先どうやってやっていこうかと悩む26歳の揺れる気持ちが描かれています。
  • 中学3年生のとお母さんのストーリー、32歳の教師のストーリー。
    人生の話だったり、恋の話だったりと、さまざまな女性の視点から描かれている「マニマニ」の短編は、それぞれの年代特有の悩みを捉えて出来ているので、共感ポイントが沢山出てきます。

 

マニマニを読んだ感想

\\共感したい時に//

んでいて、共感する部分が多い「マニマニ」。

 

最初の短編「キキョウ」は、生まれ育った場所から離れて生活した経験のある人は、共感できるポイントが多くて特に面白いと思います!

 

久しぶりに田舎に戻った時の感覚や、近所の人の反応。

幼かった近所の子が、大人になってびっくりする感覚。

 

バスの本数が少なくて、最寄駅が遠くて不便。

一家に一台ある軽トラ。

昼間はセミの鳴き声に、夜はカエルの鳴き声・・全然静かでない田舎。

 

6年ぶりに田舎に戻った主人公の初音も、今まで仕事をしていた東京との違いにウンザリしながらも、なんだかんだ生まれ育った場所に癒されていくのがわかります。

 

出てくる方言にも「田舎」を感じる部分が満載で、わかる~という感じにほっこりします。

 

幼いと思っていた近所の男の子が、男になっていてドキドキするような場面も!

 

田舎あるあるを含めながらも、男女のストーリーも出てくるので、色々な角度から楽しむことができる漫画です。

 

「マニマニ」は、他にも女性の主人公からなる短編が掲載されています。

 

それぞれの年代で出てくる人生や恋愛の悩み。
揺れ動く気持ちに共感できる部分が多く、あっという間に読めてしまいます。

 

主人公たちと同じ女性でも、主人公と同じような経験のある男性でも、これから経験するかもしれない若い年代の人でも、幅広い方たちが読んでほっこりしたり共感したりできる漫画です!

塔子さんには秘密がある

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • アニメ化にもされた人気作「姫ちゃんのリボン」原作者、水沢めぐみ先生の大人向けに描かれた秘密をテーマとしたオムニバス形式の短編集。
  • 大人の女性の秘密、と聞けば大体ドロドロ昼ドラ系を想像するけれど、意外と可愛い秘密で、描写もとても可愛らしい。
  • いい意味でコンサバで、ヒロインは等身大でキュート。ストレスなく読むことができます。
  • 秘密を知られたくない上司と、秘密を知ってしまった部下の、曖昧だけどピュアな関係が描かれた作品。

 

塔子さんには秘密があるを読んだ感想

\\癒されたい時に//

四宮塔子、36歳、独身アラフォー。

仕事もテキパキ出来て、部下にも遠慮なく叱りつける、会社ではお局的存在の塔子。

定時になると、同僚の誘いも常に断り、退社後は何をしているか謎な存在で、会社の皆から不思議に思われていました。

 

私も、塔子にどんな秘密があるのかとドキドキしながら読み進めたら、なんとクラシックバレエを習いに行ってるではないですか(笑)

私からしたら、そんなに恥ずかしい事なのかな?なんて思っちゃう程の秘密・・・。

 

でもやはり人それぞれだし、本人にとっては、おばちゃん達と一緒になって踊ってるのを知られたくなかったんですね。

 

でもとても楽しそうで、このまま秘密に出来ればと思っていましたが、やっぱりそうはいかないですね(笑)

 

発表会当日、会社から休日出勤するようにとの電話が・・・。

上司が皆を引っ張らないとと言われ断れず、本番までに間に合わせる為に必死に仕事をこなします。

 

あともう少し、という所でしたがもう時間が・・・間に合わない!

と思った時、ちょっと気になる部下の玲音が「任せてください、ここは大丈夫ですから」と送り出してくれました。

 

そのおかげで、発表会にギリギリ間に合い、無事に終わり一安心。

 

後日、会社で玲音にお礼を言うと、「昨夜は、最高でしたよ♪」

なんと玲音は塔子の秘密を知り、更に発表会に駆けつけていたのです!

 

それから塔子は玲音の事がますます気になり、36歳だけど、年下の男の子に恋をしそうな、そんな場面でストーリーは終わります。

 

タイトルだけ見ると、なんだかイケない関係とか、とんでもない秘密を持っているんじゃないかと想像しましたが、実際読んでみたらすごくかわいくて素敵なストーリーでした。

 

「塔子さんには秘密がある」には他にも短編ストーリーが掲載されていますが、実は舞台は繋がっていて、他の短編に塔子さんと玲音のその後が知れるシーンが出てきたりするので、面白かったです♪

 

キレイで仕事の出来るアラフォー女性の秘密と恋愛模様、癒されたい人にお勧めのお話です。

 

外面が良いにも程がある

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 4つの短編漫画からなる恋愛短編集です。前半の2話と後半の2話は舞台設定が異なり、前半は付き合う前の男女を、後半は付き合った後の男女を描いています。そして、4つとも本編終了後に1ページのおまけページがあり、これがいい味を出しています。
  • どの作品も、誰もが持っている二面性を活かした展開をコミカルに描いていて、サクッと痛快モノとして読むのにちょうどいいです。特に2話目は全てをなぎ倒すので、最も爽快です。
  • 恋愛短編集ですが、ラブストーリーというよりは嫌な感じの奴に一泡吹かせるという作風なので、スカッとしたい方にオススメです。
  • 原作は、女性の内面や表裏を描いた短編漫画のスペシャリストである尾崎衣良先生で、本作品で表裏を巧みに使い分ける女性を描いています。

 

外面が良いにも程がある。を読んだ感想

\\スカッとしたい時に//

「外面が良いにも程がある。」は、1話目「外面が良いにも程がある。」2話目「業務上偽装恋愛」3話目「いたい にがい 少し甘い」4話目「優しい毒薬」の4作品からなる恋愛短編集です。

 

4つとも独立したお話になっているので関連性はありません。

ただ、1〜3話までは恋愛漫画らしくイケメンが助けてくれる流れになっていますが、4話目でそこまでの価値観をひっくり返すので「イケメンとは?」という視点で最初から読み返すと更に面白いです。

 

なお「外面が良いにも程がある。」というタイトルになっていますが、全て読むと外面が良いだけでは幸せなれないという教訓を描いているように思えます。

 

前半の2話は、付き合う前の男女を駆け引きを1話目は男性目線から、2話目は女性目線から描いています。

どちらも大人の恋愛をコミカルに描いているせいか、キュンキュンするシーンがあるものの心理ゲームをドキドキしながら見てるような感覚になります。

 

一方、後半の2話は、付き合った後の男女の物語でこちらは2話とも女性目線ですが、どちらも付き合った男性にイラッとする展開なのでスカッとはするけど少し苦味のある話になっています。

 

短編とはいえ、仕事や恋愛でのOLあるあるが一杯詰まっています。

ですから、OL経験がある方には共感しやすい作品ではないでしょうか。

 

サクッと読めて気分転換やちょっと背中を押してもらいたいときにちょうどいい仕上がりになっています。

ぜひ読んでいただきたい作品です。

 

愛すべき娘たち

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 女性の様々な生き方をテーマにした短編集
  • それぞれのストーリーが微妙に繋がっていて面白いです
  • 三世代の母と娘のお話で、ドロドロしたイメージあるかもだけど、意外とすっきりした気持ちで読めます
  • 母と娘、母として、一人の女として、娘とどう向き合うのでしょうか
  • 娘は母に対して、絶対的な存在ではなく、一人の人間として認めていけるのか見ものですね!

 

愛すべき娘たちを読んだ感想

\\成長する大人を見たい時に//

14年前のコミックですが、よしながふみ先生の作品は有名なお話も多く、この作品も長く語り継がれるべき作品です。

母と娘の関係性、それぞれの心理描写が描かれていて、読む前はドロドロの昼ドラをついイメージしていましたが、イメージとは全く違う、すっきりとした気持ちで読み終える事ができました

 

親は、子供にとっては絶対的な存在であることは揺るぎない事実ですよね。

でも親も子供と同じ人間で、悩み苦しみ、辛く当たる事もある。

 

親は絶対、というか大きくて尊敬すべき当たり前の存在だと思っていました。

そんな子供の時代をいつの間にか通り過ぎて、「自分の親は完璧じゃないんだ」と気づいた瞬間を何となく覚えています。

 

この「愛すべき娘たち」の、親であり不完全な女でもあった三世代のそれぞれの話が印象的で、そんなことをふと思い出しました。

 

若すぎる出産に対してよく言われる「子どもが子どもを育ててる」というのは、実は全ての親子に当てはまることなのかもしれないですね。

嬉しかった事も、叱られて悲しかった事も、幼いころに絶対で当たり前の存在だった母もまた、祖母の娘であり、当時は私より若い、また未熟な存在だったでしょう。

 

そして実は今も互いに未熟な存在同士が対立しあっているのでしょうね。

 

母と娘の関係だけではなく、女性達はさまざまな心模様や揺れ、悩みや怒りを抱えながら、手探りで自身の道を歩んでいる・・・今も、そしてこの先も。

 

ストーリー中の「お葬式ではうんと泣くからね」というフレーズが出てきますが、私はこのフレーズが一番心に響きました。

この一言には、今までの娘の気持ち、これからの母への気持ち、たくさんの想いを込めて贈られた一言なのだと、胸を揺さぶられました。

 

 

よみながふみ先生の「愛すべき娘たち」。

 

不器用な人たちが不器用なりに生きて、それでもだれかに愛されていたり認められたりしている、そんな世界観。

 

時代を超えてこの一冊は読み継がれていってほしい。

愛すべき娘へ、あなたも母親となる日に。

 

ゴミ屋敷とトイプードルと私

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「ゴミ屋敷とトイプードルと私」は、SNSにどっぷりハマてしまった、アラサー女子が主人公の漫画です。
  • どこか自分の身近にもいそうな気がする主人公のあすかは34歳。
    20代の頃に読モだったことが自慢の、キラキラ女子・・。
    20代の頃から心は変わっていないのです。
  • 頭の中は、SNSが中心
    投稿した時に良い反応がもらえるという事だけに、トイプードルを飼い始めます。
  • あすかは、キラキラ女子を装うことに一生懸命!
    流行りの物を身に着け、SNS映えする物を好み、背伸びをして毎日を過ごしているのです。
  • 現実が全く見えていない34歳のあすか。
    汚い部屋で生活し、背伸びして毎日を過ごしていくうちに、キラキラに見せてた自分に限界がきます。
    SNSにハマりすぎてしまった主人公は、どうなっていくのでしょうか!?

 

ゴミ屋敷とトイプードルと私を読んだ感想

\\因果応報をみたい時に//

外見を気にし過ぎていると、「ゴミ屋敷とトイプードルと私」の主人公あすかの様になってしまうのでしょうか?

SNSにハマる人が多い現代、主人公のあすかの様な人って身近にいるのではないかと思えてくる漫画です。

 

あすかは、流行りの物を身に着け、流行りの店に行き、キラキラした物に囲まれて、キラキラした毎日を送っているように見せることを生きがいに感じています。

 

けれど、あすかの現実は装っているキラキラした生活とは全く違います!!

 

SNSに投稿をすると、見ている人の反応が良いという理由でトイプードルを飼い始めますが、世話を嫌い虐待と言っても過言でないような状況で犬を飼っているのです。

そして、部屋は足の踏み場がないような状態・・。

 

 

そんな偽物のキラキラ女子は、周りにどう思われているのでしょうか!?

偽りは、いつかバレる時がやってくるのでしょうか!?

 

キラキラを装っている時のあすかと、素のあすかの絵のタッチが全然違う所にも注目です。

トイプードルと接するときのあすかは、恐ろしく、迫力のあるタッチで描かれているのでギャップに驚きます。

 

「ゴミ屋敷とトイプードルと私」は、こういう人いるな~と思いながら楽しめる漫画です。

 

Love,Hate,Love.

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「Love,Hate,Love」は、バレエダンサーを目出していた主人公の喜和子と、喜和子の住むマンションの隣に住む男性とのストーリーです。
  • 女性のバレエダンサーを言えば、髪をお団子にしたりと、髪の長さまでも意識するようなところがあるかと思いきや、ストーリーが始まってすぐに喜和子はショートカットに髪形を変えます
    そう、喜和子はバレエダンサーというものを諦めようという気持ちの中、ゆらゆらと揺らいで悩んでいました。
  • ゆらゆらした気持ちで、初めてタバコを吸うために自宅マンションのベランダに出ます。
    そこで隣の住人である男性と出会います。
  • 喜和子は28歳。
    男性は52歳。
    52歳のおじさまは、52歳の色気も、52歳の教養も、52歳の余裕もあります。
    そして、52歳だけど怖気着いたりします。
  • 今までバレエ一筋で恋愛をしてこなかった28歳と、色気のある52歳のストーリー。
    ドキドキしてしまう漫画です。

 

Love,Hate,Loveを読んだ感想

\\年の差ラブを読みたい時に//

とにかく、空気感と間に色気のある「LOVE,Hate,LOVE」。

歳の差のある男女のストーリーに、どきどきしてしまいます。

 

喜和子は、夢であったバレエダンサーを諦めようかと、心が揺らいでいました。

葛藤と決心と諦めて良いのだろうかっと、心は定まりません。

 

何かに縋りたかったのか、バレエダンサーらしくないからか、タバコを吸う場面からストーリーは動き出します。

 

喜和子の隣に住むおじさまは、52歳。

このおじさまには、すっごい色気があるのです。

 

絵のタッチも職業のせいもあるかもしれませんが、頼れる52歳であったり、怖気着く52歳であったり、完璧でないところもまた色気が漂っています。

 

また、「LOVE,Hate,LOVE」の間は、ストーリーの空気感にアダルト感を出しているように感します!

 

 

作者のヤマシタ トコモ先生は、BLの世界を描くことが多い先生です。

そんなヤマシタ先生が描く28歳の恋愛経験が少ない女性と、色気のある52歳のおじさまとのストーリー。

家で落ち着いて、ゆっくり読みたいストーリーです。

 

一気読みがおすすめの長編漫画!

ふと漫画を読みふけりたくなった時、がっつり漫画の世界に入りたい時に。

面白すぎて途中でやめられなくなっちゃう、続きが気になって読みきってしまうこと必死の大人女子におすすめ漫画をご案内します!

 

逃げるは恥だが役に立つ

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 家事代行の雇用関係を維持するために契約結婚をした主人公の女性は何とかふたりの距離を縮めようとする、男性はあくまで雇用関係の距離感をキープしようとする、そのせめぎあいが見どころになっています。
  • 契約結婚ということもあり契約にこだわった恋愛なので、お仕事漫画の延長として恋愛が描かれているとみるか、単なる恋愛漫画としてみるかで感想が変わりそうな作品です。
  • 文字数の多い漫画はテンポが悪くなりがちですが、この作品は心理描写が巧みなうえに言葉選びが秀逸なので、のめり込みやすくテンポの悪さを感じません。むしろ、文字数が多いことで状況がより鮮明になり、感情移入しやすくなっています。
  • 原作はドラマ化もされた「デイジーラック」などの作品を手がけた海野つなみ先生で、この「逃げるは恥だが役に立つ」もドラマ化され高視聴率を叩き出すとともにエンディングでの出演者のダンスが話題となり「逃げ恥」旋風を巻き起こしました。

 

逃げるは恥だが役に立つを読んだ感想

\\両片思いを読みたい時に//

「逃げるは恥だが役に立つ」は、派遣切りにあった主人公のみくりが父の知り合いでIT関連会社で働く津崎平匡(ひらまさ)の家事代行として働いたことから物語が始まります。

いい感じで働き始めたものの両親の引っ越しを機に辞めざるを得ない状況に。

 

そこで、雇用関係の維持のために就職としての契約結婚を選択します。

当初は雇用関係の維持のつもりでしたが、やがてお互いに惹かれていきます。ですが、さまざまな出来事や課題が発生して・・・

 

契約結婚からの恋愛というアイディアが斬新で、途中で単なる恋愛漫画にシフトすることなく終盤まで雇用関係や契約に固執するので最後までこの斬新な世界観を楽しめます。

キャラがみんな理屈っぽいですが、それがこの作品の独自の世界観を醸し出しているようで特徴の1つになっています。

 

また、本筋だけでも十分面白いのですが、時折出てくる妄想やパロディもかなり楽しめます。

積極的に距離縮めたいみくりとみくりに想いを寄せるものの恋愛経験が乏しく雇用主と従業員という距離を崩そうとしない平匡らのムズキュン恋愛模様も気になりますが、みくりの叔母であるゆりちゃんとふた回り近く年下の風見との恋愛だったり、津崎の同僚である沼田とその同僚との男性同士の恋愛だったり、どれもそれだけで1つの作品になりそうなエピソードも盛り込まれているのでサブキャラ達の恋愛模様も見逃せません。

 

凄く派手に盛り上がる場面はないのですが、契約というドライな設定のなかにキュンキュンが止まらない恋愛模様を混ぜ込んだギャップ萌えの展開にハマること間違いなしなので、ぜひ読んでいただきたい作品です。

 

バラ色の聖戦

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 主人公は二人の子供の子育てに追われ、全く自分を顧みる時間が無い主婦。
  • 彼女は背の高さもコンプレックスで、全く自分に自信がない。でも手を抜くことなく、子育て主婦業と全力で頑張る主人公に、思わず感情移入してしまいます。
  • 主婦として、毎日頑張っているが誰も褒めてくれないし、旦那は子育て手伝わない。ワンオペ子育ての日々。
  • そんな中、夫の浮気が発覚。それがきっかけとなり主人公が夢を叶えるため成長してい く過程が見どころとなっています。
  • 全20巻の長丁場を飽くことなく読み続けられる、平凡な主婦のサクセスストーリー、 読み終わった後の余韻もおすすめです。

 

バラ色の聖戦を読んだ感想

\\サクセスストーリーを読みたい時に//

「バラ色の革命」の主人公真琴30歳は、その辺にいる主婦と何ら変わりない女性でした。

第一巻では主人公真琴の家庭環境と真琴自身について話が進みます。あまり家庭的じゃない夫に二人の子供。

子育ても家事もワンオペでこなし、休みも一人になる時間もなくひたすら家族のために尽くしてます。

 

なのに夫からは女として見られることもなく、遂には浮気までされてしまいます

 

気が付いたら「辛いよね真琴」と感情移入がハンパなく、「そんな旦那さっさと捨ててしまえ〜」とダンナに腹立ってしまいました。

主婦になると〇〇のママとか奥さんとか呼ばれ、一人の人間として見てもらえなくなる寂しさや女性の孤独さを、家庭内のちょっとした行き違いや実家との関係で上手く表現していて、すっと物語に入り込めます。

 

おっとこれでは「バラ色の聖戦」というタイトルとは程遠い話ですが、真琴が読者モデルに応募するあたりから話が急展開、美の戦いが始まるからご安心ください。

「バラ色の聖戦」とは、「美は戦い、女ならいくつになっても薔薇をまとうのよ」と言い放ったトップモデルの茜子のセリフから。

これは、どんな女性にも当てはまる戦いなんだと、妙に納得してしまいました。

 

とにかく彼女のセリフはパンチがあり、カッコいいんです。

逆に一主婦だった真琴のセリフは主婦読者の胸に突きささって痛い痛い。

 

「ダンナは結局”自分が稼いだお金”って思ってる」「二人のお金とは思ってない」「いい主婦でいい母親が必要なだけ」などなど、専業主婦が味わう無職の肩身の狭さや、夫とのかみ合わない会話がグサグサ胸に突き刺さる刺さる。読んでいて本当に胸が痛くなる。

 

そうなのよ、夫はいい人なんだけど、家事は女の仕事と思っているから何が何でも家事は手伝わないのよ。

専業だからお前がやれって言われた事なんかないけど、態度がそう言ってるのよって。

 

留守頼んでても洗濯物一つ取り入れないし、洗い物なんてもっての外って。そんな描写が出るたび、こやまゆかりの描き方が主婦目線だよなぁと感心することしきりでした。

主婦ならだれでも感じる所を上手に描いてくれてるんです。

 

そんな旦那と暮らしながら真琴は「モデル」という夢に向かっていろんなことを体験し学んでいきます。その都度考え、態度を改め反省し少しづつ前進していきます。

今のままじゃダメなんだって。

 

もちろん意地悪のライバルも出てきて、ハラハラどきどきもあり、大人のラブロマンスもあり、女同士のせめぎあいも外せない見どころです。

子育て真っ最中のあなた、旦那に母親としか見られてないと感じてしまったら是非この「バラ色の聖戦」を手に取って読んでみてください。

勇気をもらえること間違いなしですよ。女ならいくつになっても薔薇をまとわなきゃねって。

 

僕らはみんな死んでいる

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「僕らはみんな死んでいる♪」は、死んだはずの人達が見知らぬ部屋に連れてこられ、生き返ることができるかもしれない「ラブゲーム」に挑戦するという物語で、どういう展開で誰と誰が生き返ることができるのかが物語の焦点になっています。
  • 「神」と呼ばれる主催者によってゲームのルールが突然変わったり色々介入してくるので、シリアスな心理戦を楽しむというよりはシェアハウスでの男女の恋愛を描くファンタジーとして読んだほうがハマりやすいかもしれません。
  • なるべく重くならないよう工夫はされていますが、生死観やいじめやパワハラなどの社会問題も入れ込んでいるので少し重たい作品になっています。
  • 原作は「まっすぐにいこう。」「パティスリーMON」の、きら先生で独特の縦に長めのキャラ達はここでも健在です。

 

僕らはみんな死んでいる♪を読んだ感想

\\ミステリーラブを読みたい時に//

「僕らはみんな死んでいる♪」は、同じ日に死んでしまった人達が見知らぬ部屋に連れてこられ、「ラブゲーム」という恋をして結ばれた最初のふたりだけが生き返ることができるゲームを始めることにより物語が動き出します。

 

自己紹介のようにひとりひとりに焦点を当てて、それぞれの死因と伏線となる出来事や悩みが公開されることによって物語を進めていくというスタイルなので、9人の悩みを読むことになり、なかなかハードな作品になっています。

 

ただ、そこから他人との駆け引きでドロドロすることもなく、それぞれの人生を見つめ直すきっかけになっているのでメンバーの誰かには共感できそうです。

ほとんどのキャラの性格や個性はブレないので、1度共感できれば最後まで読み込めそうです。

 

精神的に少しハードな内容ですが、描写はハードはなく絵柄的にも安心して読めるようになっています。

また、作品を重たくしないよう時折ギャグめいたものを入れ込んだり、神を動物キャラにしてみたり、さまざまな工夫が施されています。

 

この「僕らはみんな死んでいる♪」は、単なる複数の恋愛モノではなく、なぜこのようなラブゲームが行われているのかなどミステリー要素も含んでいて、終盤はミステリーを解くことに趣を置いています。

 

なので、すべてを読み終えて初めて作品の評価ができるようになっています。

全てを読み終えると前を向いて生きていこうという気になるので、元気が欲しい人にぜひ読んでいただきたい作品です。

 

フルーツバスケット

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 異性に触れると、十二支の動物に変身する呪いをかけられている一家と、一人の少女の物語。
  • タイトルからは想像出来ない複雑な関係、心の闇が多く見られます
  • でも思わず吹き出してしまうようなコメディな所もたくさんあり、実はそこが一番のおすすめポイント。
  • 呪われた十二支と少女のボケとツッコミがとても面白く、何度も読み返したくなるような、そんな漫画になっています。

 

フルーツバスケットのを読んだ感想

\\深いストーリーを読みたい時に//

長い間、十二支の呪いによって苦しんできた草摩家。

異性に触れられるとそれぞれの十二支に変身してしまうというファンタジー要素を含んだ所から始まります。

家もなく、貧乏な高校生の本田透と出会い、面白おかしく問題を解決していくかに思いました。

 

しかしこの漫画は面白い場面もかなりありますが、深刻、シリアスな場面もとても多く、すごく考えさせられました。

 

なぜ神様は十二支に呪いをかけたのか、なぜ神様は猫に最大の呪いをかけたか。

それを透が1人ずつ、少しずつ歩み寄り、一緒に解決していきます。

 

大変だったのは猫憑きの夾。

 

十二支ではない彼は特別な呪いがかけられていて、手首にはめている数珠を取ると、とある秘密が露呈します。

しかし透はちゃんと向き合い、近付き、彼の苦しみを解いてあげます。

 

他の十二支の人達も透に触れ、近付き、癒されていき、神様である慊人さえも透に少しずつ、少しずつ惹かれていくのを見て、感動しました。

 

どんな人でも、どんな状況でも、ちゃんと向き合えば分かってもらえるんだなと…大人になると難しい事だけど、少しずつでも歩み寄れば和解だってできるんですよね、きっと。

 

最終話では、まさに集大成といった感じでラストも衝撃的でしたね。

十二支の皆それぞれの未来が、ここから始まると同時に、悲しいお別れが最後に待っていました。

 

ここは是非読んで見届けてくださいね。

 

これは少女漫画ですが、大人になってから読んでほしい漫画ですね!

男性も女性も、読めばきっと何か大切な事に気付くと思います。

 

コメディ要素も高い漫画なので読みやすいしオススメですよ♪

 

恋愛カタログ

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 別冊マーガレットで1994年~2007年まで連載された「恋愛カタログ」、夢中になって読んでいたころが懐かしい方も多いのではないでしょうか?
  • 高校生の実果と高田君との初心な恋愛から始まるストーリーですが、実果たちも成長し、大学生となり社会人になるまでが描かれています。
  • 高校生・大学生・社会人それぞれの恋の悩みが描かれていて、登場人物の成長が覗けるのが「恋愛カタログ」の楽しいところです。
  • 高田君の元彼女、高田君に片思いをしていた子、実果に告白をしてくる人など、何年も一緒にいるからこそ起こるゴタゴタも、読み手としてみていると微笑ましいです。
  • 実果の妹×高田君の弟の関係にも注目です!
  • 長く連載されていた漫画なので、32巻もあります!
    恋愛漫画がこんな巻数で長く楽しめるなんて嬉しいですよね。

 

恋愛カタログを読んだ感想

\\王道の恋愛漫画を読みたい時に//

90年代から描かれ始めた「恋愛カタログ」ですが、今読み返しても楽しめる漫画です。

 

彼氏が欲しいなぁ・・なんて言っていた高校生の主人公が、一目ぼれした高田君にドキドキしながら、思わず告白してしまうところからストーリーが動き出します。

片思いのドキドキや、ハラハラも、当事者でないと一番楽しんですよね。

そんな主人公の心の動きが分かりやすいので、一緒に笑ったり泣いたりできる恋愛漫画です。

 

主人公たちの成長に合わせて、色々変化していく恋の悩みがいろいろあります。

 

高校生の時の初心な悩みや、大学生になったあたりに周りの事が気になり始め、実家を出ての生活や、社会に出ていくあたりに今までと違った生活リズムになる・・

一人の短い期間のストーリーではないところが、長く楽しめて嬉しいですね。

 

主人公カップル以外にも、個性的な登場人物が沢山います。

実果の妹×高田君の弟の関係も、なかなか面白いです!

それぞれ、お姉ちゃん・お兄ちゃんが好きすぎるので、家族の関係も「恋愛カタログ」の面白いポイントになっています。

 

それぞれの恋愛の形で、それぞれ恋愛をしていく登場人物たち。

32巻もあるので、じっくり楽しめますよ!

 

高台家の人々

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • この作品は、ひとりで読むか気心の知れた人と読むことをオススメします。特に終盤は危険なので、決して電車の中とかカフェの中で読むことないようにしてください。
  • 作品自体は、人の心が読めるお金持ちの男性と妄想好きの平凡な女性とのラブストーリーなのですが、彼女が生み出す妄想は、吹き出したり、お腹が痛くなるレベルで笑えます。
  • 身分違いの恋愛はよくあるパターンですが、身分の壁をこんな形で乗り越える漫画は他にはなく、斬新なパターンです。ですから、元気の無い人、あまり深く考えなくてすむラブストーリーを読みたい人にオススメです。
  •  原作は「ごくせん」でおなじみの森本梢子先生ですが、ごくせんの頃よりも絵が洗練されています。緩急のつけ方は、さすがの領域で単に笑えるだけでなく、考えさせられる場面や泣ける場面も随所に織り込んでいます。
  •  妄想に他の漫画や映画のパロディも取り入れているので、元ネタがわかるとより楽しめます。

 

高台家の人々を読んだ感想

\\元気になりたい時に//

「高台家の人々」は、突拍子もない妄想が好きな主人公の平野木絵とニューヨーク支社から本社勤務になった超お金持ちでイケメンの高台光正との身分違いのラブストーリーです。

 

ある日、木絵の妄想を光正が心が読める能力で覗いてしまい、くだらなくて面白いでもどこか優しい妄想に興味を抱いたことで物語が大きく動き出します。

妹や弟、祖母までもテレパスなので、光正と同様に木絵の妄想に惹かれてしまい何かと木絵をサポートしていきます。

 

 

主軸は木絵と光正とのラブストーリーですが、ふたりのエピソードはあまり多くなく、タイトルどおり「高台家の人々」のラブストーリーが散りばめられています。

 

普通であれば、これだけサイドストーリーが多いと間延びしそうですが、どのストーリーも少し切なく、でもテレパスをうまく活かしてのコントっぽくなっているので面白いです。

 

また、字数も多いのですが、絶妙の台詞回しと行数を短く切っていることから読むのが楽しいです。

さらに序盤に出てきた妄想と関連性を持つ妄想を終盤に混ぜ込んだりしているので、最終話まで読むとまた最初から読みたくなってきます

 

そして、1度目よりも更に面白いと感じるほど、2度目も面白いです。

爆笑間違いなしだけに読む場所を選ぶのが悩みですが、読まずにいるのは勿体無いくらいの作品なので、ぜひ読んでいただきたいです。

 

ピースオブケイク

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 2015年に実写版映画化もされた「ピース オブ ケイク」の原作漫画です。
  • 主人公は、24歳の志乃。
    恋愛も暮らしも、なんとなく身を任せてしまう性格です。
  • なんだかズルズルと付き合って、なんとなく二股で付き合ってしまったことも・・。
    服装にまでうるさい束縛の強い彼氏と、バイト先の彼氏の両方からチクチクと攻撃されてしまいます。
  • このままではいけないと、新しい家に引越し、新しいバイトを始め、心機一転新しい生活を始めることにした志乃。
  • 新しい生活を始めた志乃の隣の住人は、なんと新しくバイトを始めたビデオ屋の店長でした。
    このビデオ屋の店長こと、ヒゲ店長がまた、煮え切らず良くも悪くもふわ~ふら~としていて憎めない男です。
  • 「ピース オブ ケイク」は、女の子の簡単には割り切れない、頭ではわかっているけど心は別物!という、絶妙な感情が描かれている漫画です。

 

ピースオブケイクを読んだ感想

\\共感したい時に//

「ピース オブ ケイク」は、女の子の絶妙な気持ちが描かれている漫画です。

 

気持ちって簡単には割り切れない事ってあるじゃないですか!?
恋愛ならなおさら!

 

頭では分かっている気がしているけど、抑えられない心。

そんな気持ちが絶妙に描かれています。

 

 

主人公の志乃は、ふわ~っと流されてしまう所がある性格をしています。

その為に、二股をかけてしまったりもしてしまいます。

 

二股をかけてしまう事とか、そういった事柄ではなく、志乃の様に自分をコントロールしきれない感情って、恋愛において体験・経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか?

 

不安や安心や、やめた方がよいと思うけどやめられない・・そんな感情の動きが、本当に絶妙に描かれているのです。

 

 

志乃の隣の住人で、バイト先の店長であるヒゲ店長も、わからなくない魅力がある様に思います。

ヒゲ店長、付きあうのは難しいけど、なんか憎めない所が色気なんのかと思います。

 

ちょっとアダルトなシーンも登場します。

いやらしいというか・・綺麗な絵で描かれているので、ドキドキしながら読める漫画です。

 

「ピース オブ ケイク」を読んだら、一回くらいは大恋愛してみたいもんだな!と感じると思います。

 

女王の花

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「女王の花」は、広い世界観を綺麗な絵で描かれた歴史漫画です。
  • 主人公である亜姫は、亜国の女王。
    彼女と彼女の母親は、第二妃に疎まれ嫌がらせを受けていました。
    そして、亜姫の母親は第二妃によって毒殺されてしまうのです。
  • 亜姫といつも一緒にいる薄星は、美しい金髪に碧眼の持ち主。
    人と違った容姿を気味悪がられて、奴隷として亜国に連れてこられたのです。
  • 第二妃が生んだ王子の奴隷として亜国にやってきた薄星は、亜姫と出会います。
    今まで気味がられ酷い扱いをされてきた薄星を守った事がきっかけで、薄星は亜姫を慕い一緒にいる事となります。
  • 亜姫の母親の死後、王によって亜姫と薄星は他国に人質として送られてしまいます。
    母親の仇を胸に、亜姫と薄星は強く強く生きて生きていきます

 

女王の花を読んだ感想

\\深いストーリーを楽しみたい時に//

王子を生んだ第二妃のよって、主人公の亜姫と亜姫の母親は嫌がらせを受けながら生活をしていました。

 

「女王の花」は、本当にあった歴史ではないけれど、こういった風習は歴史の中にも、現代社会にも残っているものですね。

こういった社会で生きていくのは大変だ・・と思いながらも、綺麗な絵で描かれている「女王の花」は、どんどん読み進められます!

 

病気である母親は、食事もあまり与えてもらえずにどんどんと弱っていきます。
そして、ある日に第二妃により殺されてしまいます。

 

そんな中で出会った亜姫と薄星。

 

薄星は、幼ないながらに心が強く優しい亜姫を主として慕う事に決めます。

そして、あるおまじないの言葉を亜姫に教えます。

 

それは、いつかあなたの望みがかないますようにという意味をお持つ言葉です。

 

薄星の望みは、亜姫に手の中に・・。

亜姫の望みは、薄星と共に・・。

 

幼い時に出った2人が、望むものを手に入れるために強く生きていくストーリーです。

 

2人の絆や、登場人物達との繋がりや、知られざる真実・・。

 

登場人物はそれほど多くはないけれど、ストーリーが広い世界観でゆっくりと動いていくので飽きずに続きが気になっていく漫画です。

 

歴史ものが好きな方にも、ロマンスが好きな方にも、綺麗な絵で世界観が素敵なので楽しんで読める漫画です。

 

7SEEDS

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 家族と家で過ごしていた記憶から目覚めると、荒れくれた海の上にいたナツ。
    ナツも、状況がまったく掴めない所からストーリーは始まります!
  • ナツを含む男女4人は、荒れくれた海から脱出しますが、誰も状況が把握できていないまま、自分がどこにいるのかわからないままストーリーは進んでいきます。
  • 4人に共通することは、覚えている記憶と現状が繋がらないということ!!
  • 実は、彼女たちは過去に冷凍保存された人類だったのです。
    災害が起き、人類が滅びることが予測され、ある一定の条件を満たした選ばれた人物たちが、冷凍保存されて眠らされていたのです。
  • 人類が生きられる状況になった今、冷凍された人物たちが解凍されたのです。
    それが、ナツを含むメンバー「7SEEDS」だったのです。
  • ナツたちのグループは、後に他にも同じように解凍された人たちと出会っていきます。
  • 今の地球上生命体とは違った生物がいたり、環境も、自然も全く変わり果てた日本。
    サバイバル中のサバイバルをしながらナツたちは生きて進んでいくのです。

 

7SEEDSを読んだ感想

\\世界観に入り込みたい時に//

「7SEEDS」は、力強いタッチで描かれた漫画です。

漫画の時代は、今より少し先の話・・災害が起き、人類が滅びた後のストーリーです。

 

人類滅亡の予測に、ある条件を満たした人物達が選ばれて、冷凍保存され眠らされていたのです!!

主人公のナツ達は、人類は滅亡し、知っている環境や常識とはかけ離れた場所で目を覚ますのです。

 

 

もしも、ある条件に当てはまり、自分がナツのように「7SEEDS」として選ばれていたら・・。

災害が本当に起こったら・・。

 

 

恐怖を覚える場面も度々出てきます。

今も、地震や噴火、温暖化に異常気象など、恐ろしい事が沢山起きていますよね。

なんだか、絵にリアリティーがあるので、本当に実際に起るかもしれない事柄としてドキドキしながらストーリーを読んでしまいます。

 

主人公として登場するナツは、引っ込み思案で頼りない女の子でしたが、過酷な状況にもまれて逞しくなっていきます。

ぜひ、登場人物たちの変化にも注目して読んで下さい。

 

天は赤い河のほとり

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • ・「天は赤い河のほとり」は、1995年から2002年まで書かれた少女漫画で、小学館の漫画賞少女部門で受賞もしている大作です。
  • ・単行本では全28巻が出版されており、現在までで電子版も合わせると1800万部を突破するという漫画で、かなり多くの人に読まれている人気シリーズです。
  • ・作者は、40年近いキャリアを持つ少女漫画作家の篠原千絵先生
  • ・本作のストーリー主人公は、ごく普通の女子中学生である鈴木鈴木夕梨(すずき ゆうり)通称ユーリ。
  • ・そんなユーリが全く違う別の世界へと突然引き込まれ、暮らし始めることとなるファンタジーなお話になっています。
  • ・ユーリは現代に戻りたいと思いながらある男性との出会いにより、現代で生きていたら考えられないような才能を発揮し始めます
  • ・ごく普通の女子中学生だった主人公ユーリが、現代から突然タイムスリップして別の時代では伝説的な戦士の女神イシュタルとして名を馳せて行くサスペンスストーリーです。

 

天は赤い河のほとりを読んだ感想

\\サクセスストーリーを見たい時に//

「天は赤い河のほとり」は現代の普通の女子中学生がある日突然別の世界でタイムスリップし生きていくというストーリーとても面白いと思いました。

読み進めていくうちにどんどんその世界観に引き込まれていくのがわかります。

 

 

そして古くからある歴史の文脈をうまく取り入れているのも、漫画の屋台骨をしっかりと支えていて、よりストーリーにリアリティーが増しているように感じました。

これは、下調べが念入りな作者と編集者のチカラが大きいですよね!!

 

 

主人公のユーリが何と言っても正義感が強く、平等に人を見る目に登場する周りの人間がハッとさせれるようなこと言ってしまうところにこの漫画の魅力をすごく感じました。

また、彼女が意図してやったわけではないことが、結果的にすごいことを戦いの中や言動に伴っている様子などもとても主人公らしさを見られるところではないかと思います。

 

 

現代と古代関係なく一貫しているユーリの魅力がこの漫画にはある気がしました。

 

 

本作が長い間愛され今も多くの人に読まれたり、原作としてここ最近でも宝塚歌劇でも使われることにも納得できる内容でした!!

 

主に泣いてます

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「主に泣いています」は、テンポが良い漫画です!
  • 美大を目指している中学生のつねちゃんと、美人過ぎて困ったことが起こりすぎる泉さん。
    歳の差はありますが、この二人はとっても良いコンビです。
  • 困るくらい美人過ぎてしまう泉さんは、どこか儚げな女性で、美術の先生の愛人兼モデルをしています。
    性格は、しとやかな感じもしますが意外と躊躇なくコスプレをしたりするところもあったりして、美人だけれど取っつきにくいわけでもなく、天然で面白い人です。
  • つねちゃんは、中学生なのか!?と思うほどのしっかり者。
    泉さんが美人過ぎて困った時は、常に助け船を出し、アイディアを出して作戦を練っています。
  • つねちゃんと泉さんのコンビを楽しめる漫画です。
    そして、美人過ぎると苦労が多くて大変だったんだな・・と、美人が気に毒になってもきます。

 

主に泣いていますを読んだ感想

\\元気になりたい時に//

漫画の表紙にインパクトがあって、どんなストーリーなんだろうと思いながら読み始めた「主に泣いています」。

良い意味で裏切られた、面白い漫画でした!

 

まず、ある様でなかった設定が面白いです。

主人公になる泉さんは、美術の先生の愛人兼モデル。
ヌードモデルもこなす、美人な女性です。

 

けれど、ただの美人ではなく、美人過ぎてしまって困ったことが多々起こるほどの本物の美人なのです。

 

美人過ぎて困るって・・。

 

自分には起こらないことだけれど、美人過ぎると大変なのか・・と初めて美人を気の毒にさえ思えてきます。

 

そして、そんな美人過ぎて困ったことが起こってしまう泉さんをサポートしているのが、中学生のつねちゃんです。

 

つねちゃんのアイディアは奇抜なモノばかりですが、泉さんは躊躇なくつねちゃんのアイディアを受け入れます。

 

美人過ぎてすぐに惚れられてしまう泉さんに、素顔を見られないようにと、コスプレを提案する場面が出てきます。

結構ハードルが高いコスプレですが、なんなくやりこなす泉さん。

 

けれど・・コスプレをしても、出ている顔の部分が美人すぎてしまうし、スタイルも良すぎるので、なんだか、アンバランスすぎて笑ってしまいます!

 

そんなコンビがすることがテンポよく、楽しめる漫画です。

 

ドキドキの社内恋愛がメインの恋愛漫画

上司と、同僚と、後輩とオフィスで誰にも秘密の恋。

働く女性なら一度は夢見る?!「職場恋愛」がメインの恋愛漫画を紹介します!

 

さあ 秘密をはじめよう

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「さあ秘密をはじめよう」は、社内の恋愛禁止という会社に勤め始めてまだ3週間目のOL水浦真衣がヒロイン。ところが社内一のエリート加藤が、そんなことはお構いなしに、真衣に告白してくるところから物語は展開していきます。
  • もし社内恋愛していることが発覚した場合、退職処分になるという厳しい決まりがありました。
  • 真衣は何社も受けた面接で、ようやく決まった今の会社を辞めるようなことにはなりたくないと思い、加藤の告白を断ります。
    しかし加藤は自分の姿を見て判断してほしいと、さらに真衣にせまってきます。
  • 社内でも仕事ができるが故の皮肉からか、高飛車な態度だと周りからは密かに「エース」と言われからかわれていました。
  • そんな社内で噂の態度とは違い、本当の加藤の姿に真衣の気持ちは少しずつ揺れ動いていきます。
    そうして恋愛をしたら会社にいられなくなるという環境の中で、秘密の恋が始まっていのですが・・・
  • 二人を取り巻くまわりの登場人物も色々と出てきたり、遠距離の関係になってハラハラドキドキした展開になったりと、二人の恋愛はどうなっていくのかが気になる内容になっています。

 

さあ秘密をはじめようを読んだ感想

\\ヒミツの恋を楽しみたい時に//

「さあ、秘密を始めよう」は、制約された中での社内恋愛ストーリー。

恋愛は禁止されているけれど、好きなってしまったら・・・

 

秘密があることで、平凡な日常がスリルのあるものに変わります。
見ているこっちも、ハラハラドキドキな場面があり読みたくなる面白さがあります。

 

そして何と言ってもこの漫画は、主人公の二人が魅力的です。

 

ヒロインの相手役である加藤は、社内一のエリート。ストイックで周りが近寄り難い存在。

しかし実は、まわりのイメージとは違っていることがわかってきます。

 

真衣が見た加藤の本当の姿は、素直で人間ぽいところがあり、誠実で真っ直ぐに真衣に向き合ってくるところは、見ていてこちらまで魅力を感じてしまいます。

また、一見どこにでもいるようなヒロインOL真衣ですが、何気ない気遣いがとっても上手です。

 

加藤とのやり取りの中にも、何度も彼女のちょっとした優しさからくる配慮にグッときてしまいます。

またその他に登場する人物たちにも、どこか人間的暖かさのある雰囲気がとても好感を持てる漫画でした。

 

パティスリーMON

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「パティスリーMON」は、タイトルから察しがつくように、洋菓子店が舞台となるストーリーです。
  • 主人公の音乙(おとめ)は、お菓子を作ることが趣味の女性。
    友人に作ったり、ブログにアップするお菓子は、どれも凝っていて美味しそうです。
    そんな音乙がお菓子を作り始めたのには、キッカケがありました。
  • 音乙が高校生の時に家庭教師をしてくれていた先生こと「土屋幸平」は、音乙の憧れの人でした。
    その先生がお菓子好きだったため、先生を喜ばせたいと思い、お菓子作りを始めたのでした。
  • その後、先生は家庭教師のアルバイトを辞めてしまったために、思いを伝えることもなく淡い思い出となっていました。
  • ある日、そんな先生から音乙のブログにメッセージが入ります!
    ドキドキしながら先生とメッセージのやり取りをして、久しぶりに会うこととなります。
    待ち合わせ場所は「パティスリーMON」。
  • 「パティスリーMON」で先生を待っていると、パティシエが近づいてきます。
    なんと、そのパティシエが先生だったのです。
  • 先生もまた、音乙が作ってくれていたお菓子に影響を受けて、大学を中退して製菓学校に入りなおしパティシエとなっていたのです!!
  • 音乙と先生の久しぶりの再会。
    そして、音乙が洋菓子店で働き始めて出会った色々な人たちとのストーリーが、作者である「きら」先生のほっこりするタッチで描かれています。

 

パティスリーMONを読んだ感想

\\成長する大人を見たい時に//

作者である「きら」先生のほっこりするストーリーに癒される「パティスリーMON」。

主人公の音乙も、作品同様にほっこりさせてくれます。

 

奪略とか不倫とかキラキラ女子やSNS・・そういったストーリーではなく、久しぶりに心して楽しめるストーリーでした。

 

音乙の憧れの先生や、オーナーシェフなど、かっこよい男性も登場するし、音乙の心の内はドキドキハラハラします。

新しい仕事について、不安があったり上手くいかない事があったりもします。

 

ですが、激しすぎないストーリーが身近に感じられ、近い場所で起こっている様な感覚で読むことが出来ます!

 

 

作中に出てくる、美味しそうなお菓子も魅力的です。

漫画を読んでいるとモノクロのはずのケーキの絵が、なぜだかカラーに見えてくるほど美味しそうに描かれています。

夜読んでると、甘いものが食べたくなってしまいます・・

 

「パティスリーMON」は、久しぶりに心穏やかに読める漫画です!

 

蝶よ花よ

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 主人公の上司でもありかつて主人公の家の使用人でもあった男とのコメディ多めのラブコメで、ふたりの恋愛の行方と上下関係の入れ替わりが見どころになっています。
  • 序盤はややテンション控えめですが、中盤以降はシリアスな状況ですらハイテンションで乗り切ってしまうやりたい放題になってしまいます。もっとも、コメディのなかに主人公の切ない気持ちを所々入れ込んでいるのでキュンともなります。
  • ほぼ現実離れした設定とちょこちょこキャラがデフォルメされたりもするので、純粋なラブストーリーよりもラブコメで笑いたい人にオススメです。
  • オラオラ系の上司がプライベートだと違う一面を見せるギャップ萌えもこの作品の特徴になっています。
  • 原作はラブコメにアダルトな描写を混ぜ込んだ作品が多い吉原由起先生で、この「蝶よ花よ」もがっつりアダルトな描写を盛り込むなどその要素が満載になっています。

 

蝶よ花よを読んだ感想

\\複雑な恋愛模様を楽しみたい時に//

「蝶よ花よ」は、主人公の久世蝶子がある会社の面接でセクハラ質問を受けるものの、他に採用されずにその会社に入社したことから物語が動き始めます。

 

そして、入社したもののセクハラ質問をした堂本雅之が上司になりますが、その男が実は蝶子と訳ありで・・・

 

「蝶よ花よ」というタイトルから、昭和など一昔前のドロドロのシリアスな話を想像するかもしれませんが、現代が舞台となっているのラブコメです。

 

ストーリー的には元カノの出現や違う上司からの告白など恋愛漫画特有のドロドロが漂わせますが、コメディ色が強すぎて悲壮感もドロドロめいたものも感じさせません。

ですから、万人ウケしそうなのですが、コメディがメインなのにアダルトな描写やネタを要所要所に織り交ぜてくるのでやや大人向けのようです。

 

主人公のお相手となる堂本雅之からして相当クセの強いのですが、他にも女装癖があったり口調がおかしかったりクセの強い登場人物だらけです。

ですから、根っからの悪い人が登場しないので安心して読めます。

 

また、デフォルメはかわいく、その他の絵もすっきりして綺麗なのでかなり読みやすいです。

そのせいか、下ネタすら下品に感じない異色のラブコメなので、ぜひ読んでいただきたい作品です。

 

ホタルのヒカリ

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • ドラマ化、映画化もされたホタルノヒカリの原作漫画です。
    ドラマ・映画共に、主人公の蛍は綾瀬はるかが演じました。
  • ホタルノヒカリに出てくる「干し物女」という言葉は、ちょっと女性としては衝撃的な言葉ですが・・確かに!と頷いてしまう所もあります。
  • ひょんな事から会社の上司と共同生活をすることとなる蛍。
    この蛍と上司である「部長」の掛け合いがなんとも良い感じです!
    テンポがよく、部長のコメントが的確で面白いです。
  • 会社では綺麗な格好をして、仕事も頑張る蛍。
    家では、ジャージ姿にお酒片手に寝ころびながら漫画を読む生活。
    こんな主人公と部長のやりとりが面白い漫画です。
  • 憎めない蛍と、キッチリしっかり切れ者の部長。
    この2人の相性バッチリです!
    2人の関係性が徐々に変化していくので、飽きないで全巻一気に読んでしひkまいたくなる漫画です。

 

ホタルノヒカリを読んだ感想

\\恋の仕方を忘れてしまったあなたに//

ドラマ化に続き映画化もされた、人気のあるホタルノヒカリ。

 

漫画派の私も、主人公の配役は綾瀬はるかでピッタリな気がします。
ちなみに、部長役の藤木直人もしっくりくる配役だと思います。

配役に違和感がなかったので、ドラマや映画を観た後の方も、漫画も違和感なく楽しめると思います!

 

ホタルノヒカリは、なんといっても主人公の蛍と、仕事の上司でもあり同居人でもある「部長」とのやりとりが面白くてハマってしまいます。

 

テンポと言葉の投げ合いがなんとも言えません!

そして読み進めて行くにつれて、同居する二人の関係も変化していきます。

 

 

会社と家とでは、まったく別の顔をもつ蛍。

家では、ゴロゴロしながらお酒片手に漫画を読んだり。
色んな事を面倒がって、部屋もゴチャゴチャ・・

ホタルノヒカリでは、そんな蛍のような女性を「干物女」と言います。

 

この「干物女」という言葉、衝撃的でしたが上手い表現だなぁ・・と頭から離れなくなってしまいます。

実は、「ホタルノヒカリ」には続編の漫画もある様です。
これは、全巻読んだ後にも楽しみが残っているみたいで嬉しくなりますね!

 

クローバー

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 2014年に映画化もされた「クローバー」。
    主人公の沙耶を武井咲、上司の柘植を大倉忠義が演じています。
  • エリートの柘植と新人でドジなOL沙耶のラブコメディで、初詣で占い師に10年に一度あるかないかの大恋愛をすると告げられるところから物語はスタートします。
  • エリートの上司の柘植は、ドジな部下である沙耶をいつも怒鳴って叱ってばかり・・。
    ところがある日、そんなっ柘植から「僕と付き合わないか?」と突然の告白をされます!!
    思いもよらない告白に、沙耶も周りも驚きます。
  • タイトル「クローバー」にはストーリーがあります!
    よくある三つ葉ではなく、スペシャルな四つ葉のクローバーである柘植を見つけられたという意味が込められています。
  • 主人公である沙耶・沙耶が忘れられない元カレの兄であるハルキ・ホテルの社長令嬢・エリートの上司柘植との4角関係など、さまざまな恋愛模様が描かれているのが面白いポイントです。
  • 忘れられない元カレの登場や、柘植を振り向かせようとする女性の登場。
    2人の恋の間に訪れる幾度もの危機を乗り越えていく姿は、読んでいていつの間にか応援してしまいます。

 

クローバーを読んだ感想

\\エリート上司との恋を楽しみたい時に//

この漫画は、エリートの柘植と新人でドジなOL沙耶のラブコメディです。

 

どこにでもあるような設定に親近感が湧きます!

色々な恋愛関係が生まれ、ハラハラドキドキするストーリー展開が、長く続き映画にもなったヒット作になったのだと感じました。

 

クローバーの作者である稚野鳥子先生の、女性的な視点から描かれた作風が、多くの方の共感を生んでいるのではないかと思います。

また、一辺倒にダラダラと続く恋愛物語ではなく紆余曲折があるストーリーは読んでいてより張りがあり引きこまれます。

 

1997年から2011年の約14年も続いた「クローバー」。

さらに現在は、新シリーズ『クローバー trèfle』を連載中と、とっても人気の高い漫画です。

 

「クローバー」が24巻。
続編の「クローバー trèfle」は現在9巻まで出版されています。

とても読み応えがありますよね♪

 

せいせいするほど、愛してる

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「せいせいするほど、愛してる」は、2016年にテレビでドラマ化され話題になった北川みゆき先生の話題作です。
  • テレビドラマの主演には、主人公の栗原未亜(くりはら みあ)を武井咲、相手役の三好海里(みよしかいり)を滝沢英明が演じていて、こちらも合わせて魅力的です。
  • 主人公栗原未亜は、化粧品会社ロワールの広報を担当するOL。
  • 仕事に一生懸命でバリバリと働く25歳が恋や結婚と仕事を両立しながらの日常を描いた作品です。
  • 未亜と海里の社内での恋愛模様を中心に、純愛がテーマになった物語が展開していきます。
  • ただの恋愛ラブストーリーではなく、不倫?それとも純愛?の狭間で奥の深い内容になっています!

 

せいせいするほど、愛してるを読んだ感想

\\ドキドキの社内恋愛を楽しみたい時に//

「せいせいするほど、愛してる」は、未亜と海里がお互い惹かれ合いながら、オトナの事情が絡み合い、中々先に進むことができないでいる二人の関係が面白いストーリーでした。

また、マンガ全体の動きや言葉の細かい描写が、読んでいてその場所を想像させる効果を持っているなという好印象を受けました!

 

未亜と海里のお互いを思う気持ち、特に未亜の好きで一歩踏み出したい気持ちがありならがも周囲の状況や、海里の結婚相手がいることで踏み出せない葛藤。

また、未亜を追いかけるように仕事の相手先である宮沢が入ってきての三角関係はよりストーリーが面白くなる展開を中盤になり盛り上がっていきます。

また海里と未亜の不倫ということでの騒動で車内や週刊誌に追われ、更なる危機が訪れるところはこの先どうなっていくのだろうと気になる流れもありました!

 

 

そして不倫というテーマも入っていて、ドロドロとしたものなのかな?と思ってしまっていたのですが・・・

純粋に相手を思う気持ちを持つ未亜の姿や、海里の結婚相手である妻の事情を誠実に受け止めている所などが嫌な感じを持たせませんでした。

とても読み進めやすく7巻あっという間に読んでしまいました。

 

またこの漫画は、ドラマ化されていたりムービーコミックでの動画が配信されていたりと併せて更に楽しむことができますのでそちらもオススメです!!

 

&(アンド)

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「&」の主人公の薫は26歳。
    昼間は派遣で医療事務の仕事をし、夜はネイルサロンを経営しています。
  • 薫にはトラウマがあり、人に触られるのが苦手で男性と付き合ったことがありません。
    薫を思っている人はいるのに、男性を意識しないできたために鈍感にも気が付きません。
  • 薫が昼間働いている病院の医師である矢飼は影と癖の強い人物で、薫と矢飼との初めての会話も独特なものでした。
    その会話がきっかけで、他の医療事務や看護師との距離とは違った距離感が2人の間で生まれていました。
  • 薫の大学の後輩で会社を経営しているシロは、薫の経営するネイルサロンを間借りさせてくれている人物でもあります。
  • シロはずっと薫に思いを寄せていますが、口下手で薫に思いを伝えることは出来ないでいました。
  • そんな、ちょっと不器用な人たちが登場する「&」は、大人の切ない関係性が描かれています。

 

&(アンド)を読んだ感想

\\セツナイ恋愛を楽しみたい時に//

「&」は、切ない大人の人間関係が描かれている漫画です。

 

絵がとっても綺麗で、特に人間の描写が美しいです!

絵が綺麗な漫画は、読んでいるうちに感情がストーリーに乗っかりやすくて、漫画をとっても楽しめますよね。

 

主人公の薫や、薫の後輩であるシロ、薫の勤める病院の医師である矢飼は、どこか少しづつ不器用な人達です。

 

思いがうまく伝えられなかったり、思っている事と違った事を言ってしまったり、過去に大きな出来事があったり、誤解をされてしまったり・・。

 

人間関係って、そんなにうまく行く事ばかりではないですよね。

そんな人間模様を繊細に描いているストーリーです。

 

 

主人公の薫は、健気で努力もきちんとする女性です。

冒頭、なんとなくもっと癖のある嫌な性格なのかと思いましたが、読んでいくうちに幸せになって欲しいと思うようになります。

 

薫も含めて切ない思いも抱えながら恋愛をしている姿は、すっごくハッピーだらけの内容ではないけれど共感できる部分も沢山でてきます。

 

ストーリーの内容は、大人な環境下での話だけれど、登場人物たちのやりとりの中にテンポの良さもあり一気に8巻読み終えてしまう様な漫画です。

 

すべて愛のしわざ

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「すべて愛のしわざ」は全2巻、その中に9話のストーリーが入った短編オムニバスコミックです。
  • 作者は30年以上漫画を描き続けている女性作家、もんでんあきこ先生です。
  • 最近の作品では「エロスの種」や、「ナギと嵐」なども少女漫画で話題作となりました。
  • 本作はどれもセクシーで魅力的なお話ばかり、オトナの色気がある内容で読み応えがあります。
  • 漫画の絵の上手さにもとても目を引くものがあり、男女の描かれ方がとても良いです。
  • お話のタイトルは、妄想カウンセリング、ベットマネージメント、ラストチャンス、媚薬の効果、不感症の女、クズ男と嘘つき女、ダメンズメーカーの全7話のお話になります。
  • その中でも特に「妄想カウンセリング」と「不感症の女」は、2話分の話を跨ぐのもあり読み応えあってオススメです。
  • 「妄想カウンセリング」は、企業の産業カウンセラーを担当する女性エリカと、カウンセリングを受ける会社の敏腕社長とのカウンセリングを超えた関係に発展していくお話です。
  • 「不感症の女」は、十代に初めて付き合った相手との初体験がトラウマになり、自分自身が不感症だと思っている女性ナツキがある男性を気に性に目覚めてしまう物語。
  • この不感症の女はそのまま次のお話の7話でも話が続き、二人のその後も読めて面白い展開になります。
  • 短編集のそれぞれが違ったシチュエーションに設定がなっているため、色々な角度からお話が展開していき、読者を飽きさせない作りとなっています。

 

すべて愛のしわざを読んだ感想

\\アダルトな関係を楽しみたい時に//

「すべて愛のしわざ」は、短編オムニバスでなんといっても色々な場面設定がある、誰でもが想像しやすいようなものになっているのが魅力の一つですね!!

そしてそこからの夜の営みに進んでいく展開に、こんな事になったら・・・と妄想させられるような内容にも魅力があるのではないでしょうか。

 

またどれを読んでも暗くなるような話はなく、ハッピーエンドで終わるはなしばかりで読み終わった後も気持ちが良いです。

 

 

そしてなんといっても、もんでん先生の人物のイラストがうますぎるのがこの漫画の最大の見どころではないでしょうか?

かっこいい男性や可愛らしい女性の描き方はとても魅力的で、細かいところまでの描写に思わず見入ってしまいます。

 

 

ストーリーもどれもこれも話がスムーズに進んでいくので、いつの間にか漫画をどんどん読んでしまっているような感覚になります。

 

 

もっと続きが読みたくなるような話の内容があったり、2話続いて読めるような「不感症の女」などはその後の展開も読めたりと、話と話の間にアクセントがあり面白いです。

 

 

セクシー系の漫画ではありますが、ストーリー内容も一貫して良質なため読みやすいものになっていますので絶賛オススメですよ♫

 

好きだから我慢できない

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「好きだから我慢できない」は、1話づつの読みきりになっている短編集の漫画です。
    全4話収録されています。
  • 色々な関係性のシュチュエーションで始まる、大人のちょっとありそうな、ないようなエッチなストーリーが展開されています。
  • 1話のお話は、禁酒、禁煙を試みる二人の男女が、欲求違う形で補おうと誓いを立てて進んで行きます。
    会社で同期のライバル同士で共に営業部署勤務の小林早希と崎元健が主人公です。
  • 早希は密かに、崎元に思いを寄せています。
    しかし、おしゃべりを交わしたりいざ一緒になると、口ゲンカばかり。
  • お酒やタバコで痛い失敗をお互い経験していて知っている二人は、一ヶ月後の健康診断に向けて共に禁欲生活をスタートすることを誓います。
  • 一緒に同じ目標に向かって頑張るところから、二人の仲が一気に好転していきます。
    早希と崎元の恋が、禁欲の中でどのように進んでいくのか?
    「好きだから我慢できない」漫画の先が気になる設定になっています。

 

好きだから我慢できないを読んだ感想

\\色々な恋愛模様を楽しみたい時に//

「好きだから我慢できない」は、作者の川瀬あやが得意な少しエロスなストーリーがこの漫画の見どころです。

4編ともそれぞれ登場する人物共に、突然の話の展開になっていたり色々なシュチュエーションが大事な要素になっています。

 

特に1話目のストーリーがとても急展開で、短くても読んで満足できる内容になっています。

禁煙と禁酒を誓った男女の崎元と早希が、「本当は欲しい」と思うことを我慢します。

それにより、禁煙を我慢できそうもないと崎元がなった時、違う欲求をアプローチしてくるところに通常では考えられない進展しかたがあり面白いです。

 

「好きだから我慢できない」「不適切で甘い関係」「蜜愛スイートルーム」「業務は平常通りです。」の4話とも大人のシーンが多めな内容で、それでいて何処か温かみのある恋愛ストーリーが多い印象でした。

女性的視点で描かれている内容のものが多いので、会社勤めで働いている女性の方に特にオススメの漫画ですよ!

 

大人女子にこそおすすめの胸キュン漫画たち

切なくて愛しくて胸がキュンキュンしてしまう、あの頃の気持ちを思い出す漫画たち。

胸キュンポイントがたくさんある恋愛漫画をぎゅっとまとめました!

 

ライアー×ライアー

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 20歳の超潔癖女子湊(みなと)が、とひょんなことから全く別人の女子高生である「ミナ」として義理の弟の透と押しに押されて付き合うことになるというびっくり展開!
  • 何と言っても弟の透の一途さが可愛い!
  • クールなイケメン男子にデレデレに優しくされる漫画が好きな人におすすめ。
  • 単純に女子高生のミナ(コスプレした湊)に一目惚れしたのかと思いきや、透の行動には全てとある理由があります。
  • 家では何を考えているのかわからない義弟を、ミナを通して知っていくたびに湊の心にも変化が訪れます。

 

ライアー×ライアーを読んだ感想

\\複雑な恋愛模様を楽しみたい時に//

いくら化粧を変えたとしても義理の姉がコスプレした姿を見抜けないってある??というツッコミはありながらも、女子高生ミナとして、順調に交際を続けていきます笑

 

ところどころにシリアスが入りながらも、金田一蓮十郎先生特有のギャグテイストがうまく入り混じり、テンポよく物語が続いてきます。

最初女子高生ミナとして、義弟の透に出会った時からミナにグイグイ迫っていた透。

 

ご都合主義の単なる一目惚れかと思いきや、透は心の根底に「ある秘密」を抱えていて、それから逃れられずにいたのです。

透の皆への行動は全てそこに起因していたのでした・・・。

 

前半も面白いですが、後半は透の秘密、湊の心境の変化などかなり胸キュンポイントが目白押し!

なんども読み返したくなるお話となっているので、是非読んでみてください!

 

特にクール系男子が、自分の前でだけ気を許すシチュエーションが大好きな人へおすすめです♪

 

小悪魔くんの甘い囁き

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「小悪魔くんの甘い囁き」の主人公は、ローカルテレビ制作会社に勤める奈月、29歳。
    絶賛女子力低下中、リキュールより焼酎ロック派のアラサーです。
  • 恋なんてしなくても、充実した仕事ができていれば毎日満たされるものだと思い過ごしていました。
  • ある日、行きつけのカフェに新しく入ったスタッフがイケメンだと後輩が教えてくれます。
    いつもの様にカフェに通ううちに、奈月はイケメンスタッフとも顔なじみとなっていきます。
  • まったく恋愛なんて必要じゃなかったし、したいと思っていた訳でもなかったのに、恋愛関係の出来事に気持ちがどんどん揺さぶられていきます。
  • 若い後輩が出来てくるアラサーとなり、仕事にも慣れてバリバリ仕事をこなている奈月。
    充実していた毎日に恋愛も加わって、感情が良くも悪くも波が立つようになっていきます。

 

小悪魔くんの甘い囁きを読んだ感想

\\アラサーの恋愛を楽しみたい時に//

「小悪魔くんの甘い囁き」は、主人公の奈月と共通の事がある方が読むと、すっごく身近に感じられてより面白いストーリーだと思います!

 

主人公はアラサーとなった奈月。

恋愛とは縁のなかったけれど、仕事にも慣れてきたアラサー世代。
バリバリ仕事も頑張り、充実した毎日を過ごせていました。

 

なので、恋愛をしたかったわけでも、意識をしていたわけでもなかったのに、いつもの毎日に恋愛沙汰が加わる様になります。

 

いつも通っているカフェの新しいスタッフ。
仕事の先輩や後輩。

奈月を羨んでくる若い後輩・・。

 

今までになかった事情で、気持ちが揺さぶられることが増えていくのです。

 

 

実際に自分の周りにも登場してきそうな登場人物たちに、親近感を思える箇所があります。

無理して出会った登場人物達でなないので、設定的に身近に感じるのだと思います。

展開的にはなかなか起こらないようなことだけれど、ちょっと楽しそうだとドキドキしてします。

 

「小悪魔くんの甘い囁き」は、実際にお仕事をしていたり、主人公と同世代だったり、良く通っている店に気になる人がいたりする人が読むと、すっごく共感部分も多くてより楽しく読めると思います!

 

どうせもう逃げられない

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 普通のOLを夢見ていた主人公とデザイン会社のイケメン代表との恋愛を描いた作品で、序盤から両想いに近い形になりますが、彼には深くて悲しい過去がありそれを乗り越えて結ばれるかどうかが見どころになっています。
  • これぞ純愛というストーリーなので、純愛ラブストーリー好きにはたまらない作品です。
  • 普段は、気に入らなければクライアントの社員も殴るほどオレオレ系のドSキャラの代表も過去の闇のことになると急に弱々しくなるのでギャップ萌えします。
  • 原作は、映画やドラマで一世を風靡した「世界の中心で愛をさけぶ」の漫画版を手がけられた一井かずみ先生で、ハードなストーリーを柔らかく優しい絵柄で包み込む手腕はこの「どうせもう逃げられない」でも存分に発揮されています。

 

どうせもう逃げられないを読んだ感想

\\両片思いを楽しみたい時に//

OLを夢見る主人公の野田蔵なほは、就活のさなか生活費のつなぎとして短期バイトの面接に行きます。

ところが、運悪く会社のあるマンションの入口で痴話喧嘩に巻き込まれますが、これが運命の出会いとなります。

 

痴話喧嘩に巻き込こんだデザイン会社の代表である向坂に気に入られバイトは無事採用されますが、肝心の就活は就活仲間に騙され不採用になります。

幸か不幸か、この不採用のおかげでデザイン会社の短期バイトから正社員に格上げになり晴れてOLとなるのですが・・・

 

この「どうせもう逃げられない」は、なほと向坂を中心にデザイン会社に巻き起こるさまざまな出来事が描かれていきますが、1つのエピソードが長くも短くもなくちょうどよい長さとテンポで描かれているため、グイグイ引きこまれていきます。

 

また、主人公の感情表現が豊かだったり、社員がみんないい人なので、どのエピソードにもスッと感情移入できてキュンキュンしたり、泣けます

 

地位も名誉も才能もある男性と素直でふわっとした女性との格差恋愛は、恋愛漫画の鉄板中の鉄板とも言えますが、小さなデザイン会社ということもあってか向坂は比較的手の届きそうな感じであまり格差を感じず親しみがもてます。

この設定が、こういう恋愛もあるかもしれないと思わせ感情移入のしやすさを手伝っているのかもしれません。

 

タイトル的に少し古めかしいドロドロした物語かと思いきやドロドロ感はありませんが、ヤキモキする展開が続くのでじれったくはなります。

ですが、キュンキュンが止まらず、読後感もさっぱりしているので、ぜひ読んでいただきたい名作です。

 

きょうは会社やすみます

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「きょうは会社休みます。」の主人公は、会社員の花笑。
    彼氏いない歴=年齢の33歳です。
  • 英笑は会社に一番早く出社し、オフィスの整理や掃除をします。
    タイトルは「きょうは会社休みます。」ですが、花笑は入社11年間無遅刻無欠席!
    髪をキュッと縛った眼鏡の隙のない感じです。
  • 大学生の新歓コンパに参加した時、先輩といい感じになったことはあるけれど、一線を越えられずに33歳までこじらせてしまったしまった花笑。
    ここまで来たら、結婚する相手と、まじめな方と・・と考えるようになっていました。
  • 花笑の33歳の誕生日の夜は、会社の飲み会でした。
    会が二次会に移動するときに、後輩の女子社員と大学院生でアルバイトの田之倉との3人でこじんまりと飲むことなります。
  • 飲み会途中で席を立った花笑が戻ると、絡み酒になっていた後輩女子社員はタクシーで帰宅した後で、飲み会は田之倉との2人で続くこととなりました。
    会話の中で、花笑の誕生日が今日であったことを知った田之倉は花笑をお祝いしてくれます。
  • 花笑は、いつもかけている度の強い眼鏡を外しながらお酒を飲み、いつも以上に酔いが回り、気持ちも2人の雰囲気も良い感じとなっていきます。

 

きょうは会社休みますを読んだ感想

\\年下との恋愛にドキドキをしたい時に//

花笑と田之倉の最初の出会いは、ライトな感じでした。

ですが、2人ともストーリーが進むにつれてどんどん雰囲気が変化していきます!

 

 

「きょう会社やすみます。」の主人公の花笑は、きつい感じの性格なのかと思っていました。

けれど、次第に可愛らしく芯のある性格なんだと分かっていきます。

度も雰囲気もきつい眼鏡をコンタクトに変えたことで、見た目も可愛らしくなっていきます。

 

田之倉は、元彼女と別れたその日に花笑と良い雰囲気となりました。

もしかして、軽い奴なのか?と見てしまっていましたが、花笑の事を本当に大事に思っている事が節々に出てくるし、相手に気遣いの出来るやさしい人でした。

 

 

2人、お互いに出会ったことでだんだんと変化をしていくのです。

 

 

実際、身近な人から受ける影響って大きいですよね。

 

好きな人に、きちんと好きでいてもらえることは自信になるのだと2人を見ていると分かってきます。

 

 

仕事の困難や、ライバル、田之倉のストーカー、歳の差など色々な壁は出てきます。

壁が立ちはだかった時の2人の絆がどんどん強くなっていく感じも、読んでいて羨ましくなります。

 

はぴまり~Happy Marriage!?~ 

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「はぴまり」の主人公である千和は、22歳。
    22年間、ほぼ彼氏無の人生でした。
  • 昼間はOLとして働き、夜は父親が作った借金を返済するためにホステスとして働いています。
    借金の担保になっている実家には祖母の愛した庭があり、千和はこの庭を守りたいという気持ちがあり、ホステスの道を選択したのでした。
  • ある日、夜の仕事場に場違いな男性客が来て、千和を指名してきました。
    その男性はしっかりとした仕事をしていそうな恰好良い男性でした。
    けれど、言うことは失礼で、千和は男性を店から追い出します。
  • 翌日昼間の会社へ出社すると、社長から呼び出され、初めて社長室にいく事となります。
    社長室に入ると、なんとそこには昨晩の失礼な男性客が・・。
  • 失礼な男性客が社長だったことに驚くと同時に、もっと驚く展開が待っているのです!!
    会長が千和の祖母と古い知り合いだったことから、借金を肩代わりしてくれると言うのです。
    けれど借金の肩代わりには条件があります。
    それは、社長と結婚をすることというのです!
  • 借金の肩代わりの条件に社長との結婚を承諾した千和。
    そう、これは契約結婚なのです!
    会社の同僚にも秘密の、好きでもない相手との結婚。
    こうやって千和の新しい生活が始まります。

 

はぴまりを読んだ感想

\\身分差ラブを読みたい時に//

契約結婚とは!!

「はぴまり~Happy Marriag!?~」っというタイトルなので、てっきり淡い結婚生活の話かと思ってしまいましたが、冒頭から面白いストーリー展開になっていきます。

 

千和は、22年間彼氏がいなかったのですが、付き合う男性の理想はありました。

 

自分の事は最低限自分でやれる人!

けれど、契約結婚相手の社長は忙しすぎて、家は足の踏み場もないような状態。

 

結婚して一緒に住むようになってそうそう、理想とかけ離れた感じにがっかりしてしまいます。

 

借金の肩代わりの為とはいえ、契約結婚なんて!!
辛すぎますよね・・。

 

千和と社長はうまくやっていけるんでしょうか?

また、社長には千和の知らない部分が沢山あります。

 

今までまったく知らない相手だった2人が一緒に生活をする様になっていき、お互いを知っていくにつれ、気持ちの変化は生まれるのでしょうか?

 

千和の知らない社長とは、どんな人物なのか!?

 

分からないことだらけの相手との結婚。

「はぴまり~Happy Marriag!?~」はドキドキするストーリー展開です。

 

シマシマ

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「シマシマ」の主人公シオは、夫が家を出ていったことがきっかけで眠れなくなってしまった過去を持つ女性です。
  • シオが不眠になった時に救ってくれたのは、夫の弟でした。
    誰かが隣にいてくれるという、体と心の安心感。
    ただ、隣にいてくれるだけで安心して眠れるという体験をしたのです。
  • シオは、アロママッサージ店のオーナー。
    そして、夜は「添い寝屋」のオーナーです。
    添い寝屋の「ストライプ・シープ」は、シオの過去の体験から、似たように寝られない女性を救う仕事なのです。
  • ストライプ・シープには、添い寝をしてくれる男性が待機しています。
    その男性は、あくまで添い寝を通して依頼人を癒し、安眠させる事。
    社名に入っている「ストライプ」という言葉には、依頼人とは交わらないとの意味も込められています。
  • 添い寝屋は、あまり一般的な職業でないために目をつけられてしまうこともあります。
    そして、依頼者と添い寝相手の男性だち、オーナーのシオなど、人間関係もじわじわと色々な事が起こります。
  • 「シマシマ」は、全体的に刺激的なハプニングが起こるストーリーではありませんが、悩みを抱える女性と他の人たちの静かな出来事が描かれています。

 

シマシマを読んだ感想

\\色々なイケメンにときめきたいなら//

添い寝屋」というのが面白い職業だと思いました。

 

読み始めは、ずいぶん面白い職業だとおもっていたのですが、だんだんと興味深い職業だと思うようになってきます。

 

 

実際に、寝られなくて悩みを抱える女性は多いと思います。

 

私自身も経験があるし、近しい人にも悩んでいる人は沢山います。

 

目をつむると思い出してしまう事がある。
先を思っての不安な気持ちが大きくなってしまう。
今までどうやって寝ていたのだろうかと、寝方を思い出せないループに陥ってしまう。

 

 

理由は様々だと思いますが、とにかく心地よく安心して眠れるってことは、大切なことなのです。

 

 

眠れなくなってしまった事がある人は、共感できる部分があると思います。

そして、「シマシマ」を読んだことで、眠るという事を安心してできる効果もある様に感じます。

 

社会人が恋愛に仕事に!奮闘する漫画たち

大人になればなるほど、「仕事」と「恋愛」は切って離せない!

大人が直面する「仕事」に!「恋愛」に!

主人公たちが奮闘し成長していくおすすめ漫画たちを集めました!

 

おいしい関係

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「おいしい関係」の主人公・百恵の20歳の誕生日と、結婚25周年を家族3人で祝っている最中に、父親が亡くなってしまう場面からストーリーが始まります。
  • 百恵のお父さんは百恵と奥さんをとっても愛していて、3人で美味しいものを食べに行くことが楽しみでした。
    お父さんは「美味しい料理は心に効くのだ」と言い、いつも笑顔で、大きな愛情で守っていてくれました。
  • お父さんが亡くなって、お母さんと2人暮らしを始めた百恵。
    元々お嬢様育ちな上に、旦那さんにも大事に大事にされていたお母さんは世間知らずで、いつまでもお嬢様のままでした。
    お父さんが残してくれたお金はあるものの、今までの様に贅沢は出来ない状況であることに、お母さんはなかなか慣れません。
  • 自分がしっかりしないといけないと、料理をしたり働きに出てみたりと、百恵は奮闘します。
    今まで美味しいものを沢山食べてきたけれど、料理は出来ない百恵。
    けれど、たまたま入ったレストランの料理に癒されたことと、縁が重なり、レストランのコック見習いとして働くこととなります。

 

おいしい関係を読んだ感想

\\成長する大人をみたい時に//

「おいしい関係」は、ドラマ化もされ人気のある漫画です!

 

主人公の百恵のお父さんは、愛情の深い人で、百恵もお母さんも大事に大事にされていたことが分かります。

 

お母さんは本当にお嬢様だけど、百恵は甘やかされて生活していたのではないの??と思うほど、しっかりした女の子です。

お母さんに今度からは自分が美味しいものを作ってあげたいと、今までした事もなかった料理に挑戦します。

 

そして、縁があってコック見習として働くこととなったレストランでも、奮闘しながら頑張っていきます。

 

百恵は、料理をすることは出来ないけれど、美味しいものを沢山沢山食べてきたことで、良い舌を持っています。

 

コックして、どうなっていくのか・・。
クセのある、シェフとはどうやって付き合っていくのか・・。

 

百恵が自立して強く生きていく姿が描かれていきます。

 

 

そして、料理に対して素敵な言葉がいくつも出てくるところにも注目です!

 

料理って、人を救ったり、あたたかい気持ちにさせてくれたり、大事な時間を過ごさせてくれたりと、目には見えない力があるのだと改めて感じます。

 

海月姫

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「海月姫」の主人公・月海(つきみ)は、幼いころに母親と行った水族館でクラゲをみてから、クラゲに魅せられています。
    クラゲを見た水族館で母親が言った「女の子は、大きくなったらみんな美しいお姫様になれるんだよ」という言葉を今でも覚えていました。
  • けれど、月海は自らを腐女子というように、お洒落やメイクとはかけ離れたオタクな女子となっていました。
  • 月海が暮らすシェアハウスは、月海にとって居心地のよい場所です。
    同居人はみんな女性で、独身で彼氏なし
    みんな揃って、各ジャンルの筋金入りのオタクです。
    そんな月海たちは、自分たちを「尼~ず」と呼んでいます。
  • ある夜、近所の熱帯魚屋の水槽にいるタコクラゲの「クララ」に会いに行きます。
    しかし、会いに行ったクララはミズクラゲと同じ水槽に入れられていました。
    クラゲの飼育は思ったよりも難しく、タコクラゲとミズクラゲは一緒の水槽で飼育をしてはいけません!
    このままでは、クララは死んでしまいます!!
  • 思わず熱帯魚屋の店員にクララが危険であることを伝えようとしまうが、店員は尼~ずが苦手とするお洒落男子でした。
  • 月海が店員相手にしどろもどろしている時に、髪の長い綺麗な女性が店の前を通り、月海とクララを助けてくれました。
  • 後に、この綺麗な女性は、近所に住む政治家一家の次男だと分かります。
    そう、綺麗な女性だと思っていた人物は、綺麗な女性に変身できる男性だったのです!

 

海月姫読んだ感想

\\成長する大人をみたい時に//

主人公の月海は、幼い頃に水族館で見たクラゲに魅せられてから、クラゲにハマってしまった女性。

 

クラゲはレースをひらひらとさせて泳いでいる様に見え、幼かった月海はクラゲを見て「お姫様みたい」だと感じました。

確かに!有意義に泳ぐクラゲの姿は綺麗なドレスを着た姿にも重なる雰囲気がありますね。
なんだか、表現が綺麗で関心してしまいました。

 

この、月海の思ったクラゲの姿から「海月姫」というタイトルに結びつくんですね!

 

月海は、勝手にクララと名付けていた熱帯魚屋のタコクラゲがきっかけで、髪の長い美しい女性と出会います。

 

美しい髪に大きな目。
手足の長くて良いスタイルの女性です!

 

後に、その人物は近所に住む政治家の次男だとわかります。

そう・・実は、女装している男性だったのです!

 

月海とその男性は、今まで男性が苦手だった月海には信じられないほど近しい人物となっていきます。

 

自らを腐女子というオタクな月海は、女装が得意な男性によってどんどん変化していきます。

 

 

「海月姫」は、月海とシェアハウスで一緒に暮らている人物達「尼~ず」のメンバーに注目です!

各ジャンルのオタクである尼~ずのメンバーたちは、キラキラ女子や男子が苦手で、大人しい人たちばかり。

 

ですが、尼~ず内でのやりとりは、テンポがよくてとっても面白いです!

 

東京アリス

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「東京アリス」の主人公は、恋愛よりも何よりも、買い物が生きがいの会社員「ふう」
    自分でお金を貯めて、いつかシャネルのカンボンラインを購入するのが目標です。
  • シャネル貯金をしているものの、SALEの文字を見ればそちらに心を奪われてしまう彼女。
    毎月、カードの支払い金額を見ては愕然としてしまいます。
  • ある日、仕事が長引いて終電を逃してしまいます。
    カードの請求額は高額だし、シャネル貯金もしないといけないし・・とにかく節約したい時に、タクシーでの帰宅やホテルに泊まるのは痛い出費!
    そんな時に同じ電車のホームに上司を発見して、上司の家に泊めてもらうこととなります。
  • ふうの上司である、奥薗はアイスマンと呼ばれるような冷酷上司
    そんな上司の家に泊めてもらった事がきっかけとなり、ふうと奥薗は仕事上の付き合いしかなかった上司と部下の関係から変化をしていきます。
  • ふうの学生時代の女友達たちの恋愛話も登場します。
    女友達は、それぞれタイプが全然違い、恋愛もさまざま!
    危なっかしい恋愛や、情熱的な恋愛や、条件のある恋愛や、恋愛の形って色々あるのだと痛感します。
  • そして、ふうの恋愛に対する鈍感さといったらありません!
    普通、察するだろう・・という言葉や態度では、まったく気が付かないので、読んでいてヤキモキしてしまいます。
    けれど、このヤキモキさせられちゃう所が「東京アリス」の1番の見どころです。

 

東京アリスを読んだ感想

\\オトナの恋愛をみたい時に//

「東京アリス」の主人公ふうは、面白いほど恋愛に鈍感です。

この鈍感さは、私的には1番の見どころではないかと思ってしまうほど、男性のアピールが通用しません!

買い物が好きで、いつも可愛らしい感じだし、流行にも敏感なのに、恋愛には超鈍感!

相手の気持ちをちゃんと知った時の反応が可愛らしくて、なんだか憎めないタイプです。

 

 

ふうの上司である奥薗は、かっこいい大人の男性です。

仕事も出来るし、女の人にも慣れた感じがします。

会社ではアイスマンと言われるくらい冷徹ですが、ストーリーが進むにつれて、意外と可愛らしいい男性だと分かってきます。

 

仕事出来るけど、可愛いところある男性っていうのも良いですね!

 

終電を逃し、上司である奥薗の家に泊めてもらった事でストーリーがぐ―っと動き出します。

確かに、仕事の場面しか知らない人のプライベートな部分を見ることは関係性の距離感が縮まりますよね!

 

 

ふうの買い物好きは、モテたいとか誰かと比較したりとかいう気持ちからではなく、ただ単純に好きで仕方ないという気持ちからです。

しかも、欲しいものは自分で買って手に入れたいというこだわりには共感しました。

 

恋愛に超鈍感な主人公の恋愛ストーリーである「東京アリス」、他の女友達の恋愛ストーリーも絡んできます。
恋愛漫画、堪能できるストーリーです!

 

イマジン

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 自由奔放で恋愛に慣れた母とよく気が利いて優等生タイプだけど恋愛に不慣れな娘のそれぞれの恋愛と親子関係を描いた作品で、一山も二山もある恋愛をふたりとも乗り越えられるのかが見どころになっています。
  • 序盤は面倒見の良い娘に自由奔放な母が甘えるという親子関係ですが、その関係の変化にも注目です。
  • なお、主人公が「有羽」と少し変わった名前ですが、終盤にこれが伏線でもあり、これが描きたかったのかと思わせる場面があるのでお見逃しなく。
  • やや重めの台詞が多いですが、娘がひたむきで頑張り屋、それでいて時折コミカルに描かれているので比較的軽快に読み進められます。
  • 原作は、さまざまな働く女性達を描くことに定評がある槇村さとる先生で、この「イマジン」でも女性社長やまじめなOL、噂好きのおばちゃん系OLなどさまざまな働く女性の特徴を捉えながら描かれています。

 

イマジンを読んだ感想

\\成長する大人をみたい時に//

「イマジン」は、不動産会社に勤務する平凡なOLで主人公の飯島有羽(いいじま ゆう)と表向きはキリッとしたやり手の建築会社社長でも家に帰ると有羽に甘えてだらしなくなる母の美津子の物語で、あまりに対照的な恋愛観の母と娘のそれぞれの恋愛と独特な親子関係を描いた作品です。

 

一見、破天荒ぶりに母のほうが乱れた恋愛のように見え、娘のほうが純愛という感じがしますが、実は母のほうが一途を貫く純愛で、娘のほうが乱れた関係のようにも感じます。

 

いずれにせよ、どちらもすんなりとはいかない恋愛で特に娘のほうはドロドロというよりイライラする関係になります。

そんな中でも友達のような親子関係はイライラした展開にはならず安定した関係を保ちます。

ですから、親子関係に注目して読むと爽やかに感じるかもしれません。

 

どの登場人物も終盤にかけて成長していくので、序盤とは別人のようになっていきます。

特に、美津子のお相手になる本能寺は序盤に見せるフラフラ感もかっこ悪さもなくなり、凄くカッコいい男になっています

 

台詞のなかにグサッと突き刺さるものがあったり、後押しになりそうなものがあったりと心に響くものが散りばめられているので、ぜひ読んでいただきたい作品です。

 

情熱のアレ

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • ひょんなことからアダルトショップで働くことになった主人公の奮闘記ですが、主人公の成長する姿と性に対するまじめなやり取りが見どころになっています。
  • いろんな角度の考え方が出てくるので共感したり、参考になります。
  • 下ネタやアダルトな表現が多い作品ですが、線の少ないふわっとした絵柄が多いので生々しさがなく苦手な人でもサラッと読めそうです。また、色々なアダルトグッズが登場しますが、下品な描写はあまりありません。
  • 序盤は少し重くるしさが漂い、読み手としてもどんよりした気持ちになる場面もありますが、中盤からはすっきりした展開になっていきます。
  • 原作はドラマ化された「CAとお呼びっ!」の花津ハナヨ先生です。あまり続編は作らないようですが「情熱のアレ」は、世界観を引き継ぎつつ主人公が交代しての「情熱のアレ 夫婦編」を描かれています。

 

情熱のアレを読んだ感想

\\仕事に立ち向かう女性を応戦したい時に//

「情熱のアレ」は、主人公の藤崎マキの母親から実家のおもちゃの通販を手伝って欲しいと言われ会社に赴くと、おもちゃはおもちゃでも「大人のおもちゃ」であったことから物語が動き始めます。

ちょうどその頃に同棲している彼氏がいましたが「夜の生活」を巡って試行錯誤するもギクシャクしていきます。

 

アダルトグッズ業界を描いた珍しい作品ですが、作者がかなり取材もされたのだろうなぁと感じるエピソードもあり消費者には見えない一面が見れて面白い内容になっています。

主人公が否定していた仕事と向き合い本腰を入れるあたりから、ストーリー的にも読みやすくなることもあり、アダルトグッズに対する嫌悪感を抱くことなく業界エピソードを読み進められます。

 

恋愛や性についての悩みについても描かれていますが、こうでないといけないなどと決めつけることも考え方を押し付けることもなく描いているので、同じ悩みを持つ方には後押しになりそうです。

絵柄的にもふんわりしているので、抵抗なく読めると思います。

 

ちなみに、その後が気になる終わり方になっていますが、その答えは「情熱のアレ 夫婦編」に少しだけ描かれています。

もっとも、この作品では主人公が別の人になっていて近所の人という設定になっています。

性事情やアダルトグッズに対する考え方が少し変わってきそうなので、ぜひ読んでいただきたい作品です。

 

Real Clothes

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「Real Clothes」は、百貨店で働く女性が主人公の、恋に仕事に一生懸命な姿が描かれているストーリーです。
  • 主人公の「天野絹恵」は、百貨店の布団売り場で働いていました。
    知識も広く持っていてお客様からの信用も高く、自信をもって仕事に向き合っていました。
  • ある日、百貨店内で移動がありました。
    絹恵が新しく配属されることになったのは、婦人服売り場!
    絹恵は、自信を持って働いていた職場からの移動に不安になります。
  • 新しく配属された婦人服売り場のスタッフは、外見・内面共に自分磨きを怠らない人が集まっている場所でした。
    ファッションにはあまり気を使ってこなかった絹恵は、戸惑いながらも前向きに努力をしていきます。

 

Real Clothesを読んだ感想

\\仕事に立ち向かう女性を応戦したい時に//

「Real Clothes」の主人公・絹恵は、まじめな努力家だと思いました。

 

元働いていた布団売り場でも、自信をもって仕事に向き合っていました。

それが、全然経験のない婦人服売り場への移動・・

 

同じ百貨店内での移動だと言っても、階も違うだろうし、客層も販売内容もまったく違う!

これは、不安の塊ですよね・・。

 

そんな中、婦人服売り場の統括部長に鋭い言葉を言われます。

統括部相は、お洒落でオーラのある仕事の出来るタイプ・・鋭くて怖いイメージもありますが、言った言葉には重みがありました。

 

統括部長の言葉によりモチベーションがあがり、布団売り場にいたころと比べ、見た目も内面も変化をしていくようになります。

 

ファッション関係の様々な職種の人や同僚に刺激を受けながら、婦人服売り場での仕事にも、やりがいを感じるようになっていくのです。

 

 

元々まじめな努力家なので、婦人服売り場でも、どんどん仕事が出来るようになり、幅広く婦人服に関わる人物となっていきます。

 

買い物客としてしか百貨店へ行ったことがない立場で「Real Clothes」を読むと、知らない世界が広がっていて、百貨店の内側を覗くことが出来た気がします。

 

 

たまに、婦人服売り場で、キラキラしている販売員さんがいるのも、「Real Clothes」に出てくるような努力をしている人なんだろうかと、今まではちょっと違った見方で見るようになりそうです。

 

一生懸命、目の前のものに向き合う主人公には共感する部分も多く、自分自信も努力が必要だ!と影響を受けてしまいます

 

きみはペット

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「きみはペット」は、かなり斬新な設定です!
    主人公のスミレは、新聞社に勤める才色兼備な人物
    けれど、そんな才色兼備も時にはコンプレックスとなります。
  • スミレは、高身長・高学歴・高収入。
    スミレは気にしなくても、相手の男性は自分と比較して卑屈になったりしてしまいます。
    会社でも、疎んでいる人もいたり・・強い女に見られがちですが、スミレも落ち込みます。
  • ある日、マンションの前に大きな段ボールが。
    イライラして蹴飛ばすと、なんと中に人が入っているのが見えてしまいます!!
  • 段ボールに入っていたのは、合田武志。
    彼はダンサーですが、訳があって家無しなうえ、段ボールの中に・・。
    スミレと武志は、お互いの合意のうえ、ペットと飼い主の関係となります。
  • スミレは子供の時に飼っていた犬のモモに似ているからと、武志の事を「モモ」と呼ぶようになります。
    スミレにとって子供時代を一緒に過ごした犬のモモは、何の話も出来る大事な存在でした。
  • 次第に武志こと「モモ」も、スミレにとって大事な存在となっていきます。
    才色兼備で強い女と思わがちなスミレも、モモの前では泣いたり落ち込んだり、自分をさらけ出すことが出来ます。
  • スミレに新しい恋人が出来たとき、モモの存在は不都合ではありましたが、どうしてもモモが居なくなると思うと心に穴が開くような気持になる様に・・。
  • 「きみはペット」というタイトルですが、気が付けばスミレとモモの関係は、飼い主とペットの関係を超えていくようになります。

 

きみはペットを読んだ感想

\\年下とのラブを読みたい時に//

「きみはペット」は、主人公のスミレとスミレのペットであるモモとのストーリーです。

 

周りにはイヌやネコを飼っていると思われていますが、モモは人間の男性。

スミレは、人間の男性を飼っているのです!!

 

ちょっと斬新すぎる設定・・と思いながら読んでいたのですが、ヤラシイ関係って訳でもなく、次第に大事な関係となっていくのが面白かったです。

 

 

イヌやネコが家で待っていると、仕事などで嫌な事があったり疲れて帰った時でも、待っているって事だけで癒してくれますよね。

存在自体が癒しであり、自分がしっかり面倒を見なくてはいけないという責任感とで、気持ちをしゃんとさせてもくれたりします。

 

スミレとモモも次第にそんな関係となっていき、心の支えとなっていきます。

けれど、スミレはモモの事を男としては見ませんでした。

 

スミレの恋人への条件は、自分よりも背が高く・学歴と収入がある事。
過去に嫌な思いをしたことがあるため、こういった相手が似合うと思っているのです。

 

 

恋人が出来、別れ、また新しい恋人が出来ても、モモとの関係は変わりませんでした。

 

そして、いつの間にか、モモを通して本当に大事なモノは何なのかに気が付くのです。

 

 

スミレと小学校以来の親友ユリとの関係にも注目です!

ユリは、スミレとモモとの関係を知る人物であるため、やり取りも面白いです。

 

プライド

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • オペラ歌手を目指す何不自由なく育ってきたお嬢様と同じくオペラ歌手を目指す貧しい環境で育ってきた苦学生のふたりを中心とした成長記で、それぞれが運命に翻弄されながらも懸命に生きていく姿を描いています。
  • かなりドロドロの濃厚なストーリーですが、主人公が前向きなのとサブキャラ達が明るいので嫌悪感を抱くまでには至らず、いい感じのドロドロ感で進んでいきます。しかも、意外な展開続くうえに話のテンポがちょうど良く、グイグイ引きこまれます。
  • 原作は昼ドラにもなった「砂の城」「有閑倶楽部」の一条ゆかり先生で、この「プライド」も映画化や舞台化されたうえに第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞しています。怒涛のストーリー展開と、あっと驚くラストはさすが一条ゆかり先生としか言いようがないものになっています。

 

プライドの見どころ

\\サクセスストーリーを読みたい時に//

「プライド」は、オペラ歌手を目指して音大に通う育った環境も性格も対照的なふたりの学生、お嬢様の麻見史緒と苦学生の緑川萌の生き様を描いた作品です。

 

このふたりを中心に、オペラ会場で出会ったレコード会社の副社長である神野隆、ふたりの同級生で母親が銀座の高級クラブのママの池之端蘭丸を巻き込んでの複雑に絡んだストーリーになっています。

 

なお、史緒と萌のどちらが主人公なのかわかりにくい感じなっており、史緒目線で読んでみたり、萌目線で読んでみたりするとこの作品の深みがわかるのかもしれません。

 

普通の漫画であれば、何かしら共感するところがないと入り込みにくいものですが、蘭丸くん以外はクセが強すぎて全く共感できないかもしれません。

ですが、この「プライド」は先が読めないしっかりとしたストーリーなっていて共感できなくてもページをめくる手が止められません。

 

しかも、展開の早い作品ではありますが、終盤のやや強引な怒涛の展開は圧巻です。まさかのラストに戸惑うかもしれませんが、ラストまで目が離せません。

登場人物の表情などもわかりやすく描いていますが、背景画も魅力的で普通の場面でもかなりきっちり描いていますが、時折写真のように物凄く細かく描写している場面もあり、それが物語の流れを少し変えるアクセントになっていて、ストーリーに華を添えています。

 

細かな伏線を張っては比較的早く回収するなど、恐らく1回読んだだけでは気付きにくい点も多々あります。ですから、何回も読んでいただきたい作品です。

 

きみが心に棲みついた

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 漫画「きみが心に棲みついた」は2018年1月にはドラマ化もされた人気漫画です。
    ドラマでは、吉岡里帆さんが演じ、桐谷健太さんや向井理さんも出演しました。
  • 主人公の「小川今日子」は、明るく器用な妹と比較され育ち、学校生活でも家庭でも居場所が見つけられずイジメにあっていました。
    挙動不審な今日子は「キョドコ」というあだ名もつけられます。
  • 大学に進学した今日子は、新歓コンパでも相変わらず吃りながらの自己紹介。
    周りは誰も聞いて居ない中、大学の先輩「聖名」が唯一話しかけて来ます。
    聖名は、ふさぎこんでいる今日子に優しく接してくれました。
  • 「きみは、そのままでいいんだよ」と言葉を掛けられ、生まれて初めて認められた今日子。
    肯定してくれる聖名は、満たされない心を埋めてくれる特別な存在となっていきます。
    しかし、彼女が好きになった聖名の本性は、悪魔でした。
  • 聖名とは離れ、大学卒業し仕事にのめり込む日々を送っていた今日子。
    けれど、聖名が今日子の心に棲みついていて、彼女は新しい恋には踏み出せずにいました。
  • そんなある日、同じ会社のデザイナーが合コンに誘ってくれます。
    緊張した今日子は思った様に言葉が出てこなくなり、誤解を招くような事を言ってしまいます。
  • そんな今日子に合コン相手の漫画編集者の吉崎が説教をします。
    「そんな奴は本気で人を愛する事なんかできねーよ」
    ストレートに意志を伝えてくる吉崎に好意を寄せ、店を出ていってしまった吉崎を追いかけ思い切って告白します。
    しかし、同然ながら突然すぎる告白にきみ悪がれ振られてしまいます。
  • あくる日、突然仕事場に聖名が現れ、上司としてこの会社に入ってくることを知ります。
    恐怖に感じた今日子は、あの時の悪夢が次々と蘇ります。
    そんな時、再び聖名は「キョドコのくせに逃げれると思うなよ」と今日子を脅します。
  • 今日子と吉崎は、少しずつメールなどのやりとりで連絡を取り合えるようになっていきます。
    次第に吉崎は、彼女の仕事に対する熱心な姿勢を見て、彼女の良さに気付き始めるのと同時に、破天荒な彼女の言動に少しずつ心が動いていきます。
  • 今日子、聖名、吉崎の三角関係が今後どのような展開を見せていくのか。
    彼女自身が自らを受け入れ前に進むことができるのか。
  • 今日子支える先輩デザイナー堀田の存在や、吉崎が担当する漫画家でお互いを信頼しあってる鈴木など、周りの登場人物の人間関係でのやりとりもとても面白く、見どころの一つです。

 

きみが心に棲みついたを読んだ感想

\\成長する女性を応援したい時に//

「きみが心に棲みついた」は漫画を通して、人間は誰しも辛い過去を持っていて、それを自身で乗り越え受け入れられた時先に、進むことができる教えてくれるストーリーだと思います。

 

良くないものだとわかっていても、美味しくてつい口にしてしまうような中毒性がある聖名。

今日子はそんな聖名に依存してしまっては、離れ、また心が戻るを繰り返します。

 

ネガティブなサイクルに飲み込まれそうになりながら、周囲の友人のフォローや吉崎の優しさに助けられ、少しずつ進んでいく彼女。

日子の姿は、つい応援したくなってしまいます。

 

職場の先輩デザイナー堀田、八木が、今日子を支える姿や言葉にも心が動かされるます。

 

また聖名の人格の裏側の背景が、物語の後半で明らかに!

聖名はどのようにして、人的非道な人間になっていったのか。
徐々に聖名という人間が明らかになっていくところも見どころの一つです!

 

実写化したドラマと合わせて見ると、とても面白いと思うのでオススメです。

 

特に漫画家鈴木と、その編集者を担当する吉崎のリズム良いやりとりが見ていてテンポが良く、この場面だけ他の漫画を見ているような錯覚を起こします。

仕事のパートナーとして、一つの良い形が描かれているように感じます。

 

今日子、吉崎、聖名の周りに登場する人物が、ストーリーを盛り立てているので、とても面白い作品になっています。

 

「きみが心に棲みついた」は、聖名の卑劣な攻撃に遭いながらも、相手ではなく自分自身を変えていこうとする行動に力強さを感じました。

 

吉崎との恋や、家族との関係、聖名の呪縛から今日子がどのように変化していくのか。
つい先が気になって次が読みたくなる漫画です。

 

働きマン

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「働きマン」は、安野モヨコ先生によるく女性が主人公のストーリーです。
  • 主人公は雑誌編集部の女性編集者、松方弘子、28歳。
    怖いものなし、仕事人、かっこよい女です!
  • 雑誌編集者の仕事は大変ハードな仕事で、次々と新しい題材を考えだし、アポを取り取材をして、資料を集めて、記事を書いていきます。
    一つの仕事をしながらも、広い視野と良いアンテナを持っていないといけない業種で、雑誌編集の内側を知らないで読んでいると仕事量にもびっくりしてしまいます。
  • 主人公の弘子は、強気な女編集。
    バリっバリの仕事マンだけど、イライラすることもうまく行かないこともそれなりになります。
    ハードな仕事故、恋人とはすれ違うことが多く、約束も守れないことがしばし・・
    けれど、こんなハードな仕事なのに恋人までいるとは!こっちの方に関心してしまいます。
  • 雑誌出版社には、色々な担当の仕事があります。
    張り込みをしてスクープ写真を撮る人や、グルメ・グラビア担当、新人の編集者、印象に残る記事を書いていた上司・・
    ストーリーは、主人公の弘子を絡めながら、他の働きマンについても書かれています。

 

働きマンを読んだ感想

\\仕事に立ち向かう女性を応戦したい時に//

主人の松方弘子は、雑誌編集部の女編集者。

まず、編集者の仕事ってすっごく大変!
視野は広くないといけないし、アンテナもはっていないといけない。

けれど、なにより仕事量が多くて時間がなく、いつも戦っているような感じで仕事をしています。

読んでいて、感心してしまうほど忙しい仕事です。

 

人間関係や、仕事の悩みはあっても、ぐちゃぐちゃ長くクヨクヨしない弘子。

 

逆境に燃えるタイプで、仕事スイッチがはいるとメラメラと仕事に没頭します。

食事も寝る間も惜しんで向き合い、洋服もそのまま。
とにかく、仕事しごとシゴト!

 

なんだか、読んでいて自分も頑張ってやっていかないといけないと思うのと同時に、こんなにも夢中になって仕事をすることって格好が良いなと憧れる気持ちすら湧いてきます。

 

臆さない心、揺るがない心、強い気持ち。
「働きマン」の主人公、松方弘子はカッコよい女です!

 

BELIEVE

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 人を魅了する才能があるものの、身元のよくわからない子持ちのキャバクラ嬢を芸能界で輝かせるために奮闘する女性マネージャーのお話で、売り出すための戦略、戦術、実戦、そして、ときに挫折に近いトラブルや苦悩をまるでその場にいるように描かれています。
  • 絵柄は少し暗めですが、シビアな世界観にマッチしていて入り込みやすくなっています。ただ、シビアな世界観だけにファンタジー要素はあまりなく、ドキュメンタリーに近い感じになっています。それでいて、作品に重苦しさは感じないので読後感は悪くありません。
  •  原作は、愛知淑徳大学の非常勤講師でもあり「イマジン」「おいしい関係」などテレビドラマ化された作品も手がけられた槇村さとる先生で、働く女性の魅力を上手に伝える印象がありますが、今回もその手腕を存分に発揮されています。

 

BELIEVEを読んだ感想

\\仕事に立ち向かう女性を応戦したい時に//

「BELIEVE」は、主人公で敏腕マネージャーの山口が接待中のキャバクラでキャバ嬢のルカに出会い、ルカを芸能界で輝かせるために奮闘するという物語になっています。

 

ルカは人を魅了する力があるものの、母親は物心がついた時にはすでにおらず、父親は12歳の頃に亡くし、そのうえ1歳の子供もいるという芸能界で生きるには致命傷になりかねない爆弾を抱えています。

折角手に入れた爆弾付きのダイヤの原石をどうするのか、山口の苦悩や奮闘ぶりが楽しめる作品です。

 

華やかな芸能界の裏側を描いた作品とはいえ、ドロドロにはしておらず、主人公周辺の人達もみんな個性的でもいい人達ばかりなので不快に感じることなく安心して読み進められます。

大切にゆっくり育てようとする山口に対して、山口のことを信用しつつも自由奔放なルカの対比が面白く、山口視点で読むのとルカ視点で読むとでは印象や感想が変わってくる作品になっているので、2度以上は読まれることをオススメしたいです。

 

芸能界の裏側を描いただけあってファンタジー要素はあまりなく、全体的にリアルは厳しいけど前向きに頑張ろうというメッセージのような作品なので、働くことに疲れたりして少し元気が欲しい人にぜひ読んでいただきたい作品です。

 

午前3時の無法地帯

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • ブラックな職場での奮闘記彼氏との別れや新たな出会いを描いているので、青春ラブストーリーが好きな人にオススメ。ブラックな職場でなくても、大なり小なり主人公と似たような想いをする方は多いと思われますので、社会人経験者であれば男女問わず共感率がかなり高そうです。
  • 仕事の場面と恋愛の場面がほどよく入れ替わるため、間延びすることなく読み進められます。
  • 原作はこの作品がデビュー作となったねむようこ先生で、自身が作品の舞台となったパチンコ専門デザイン会社の勤務経験があるため、その勤務実態がリアルに反映されています。また、デビュー作とは思えないPOPでキュートな絵が魅力の1つになっています。

 

午前3時の無法地帯を読んだ感想

\\仕事に立ち向かう女性を応戦したい時に//

「午前3時の無法地帯」ですが、ストーリーはもちろんのことPOPな絵にも注目していただきたい作品です。

 

主人公がひたむきに頑張っている雰囲気が伝わるキラキラ具合であったり、落ち込んだときなどは表情だけで主人公の気持ちを共感しやすいようわかりやすく描かれています。

しかも、1コマごとのアングルにこだわりが散りばめられていて、サラッと読むのではなく1コマ1コマ背景まで丁寧に読まないと勿体無い感じさえします。

 

ストーリーは、イラストレーターを夢見る主人公の七瀬ももこが、それとは知らずパチンコ専門デザイン事務所に入社するところからお話が始まります。

奇妙な同僚たちや過酷な勤務実態から退職することを図りながら毎日を過ごします。

 

ところが、ふとしたきっかけで同じ階の事務所の多賀谷と出会ったこと、職場環境にも慣れてやりがいを見つけたことで、ももこの中で少しずつ変化が出てきます。

そして、次第に多賀谷との距離感を縮めていくのですが・・・

 

OLモノとしてはありがちなストーリーともいえますが、徹夜も当たり前というブラックな職場環境にもかかわらず主人公が仕事が中心になっていること、社内恋愛でないだけでなく、社内のイケメンが告白してきてややこしい感じになることもないのは珍しいパターンではないでしょうか。

 

細身の凄いイケメンではなく、少しゴツめのおっさんが恋愛対象なのも珍しいです。もっとも、珍しいだけなく、展開が早いうえに想像の斜め上を行くので既視感なく読めます。

主人公が頑張る姿に元気をもらえるので、仕事や恋愛に少し迷いや疲れている方にぜひ読んでいただきたい作品です。

 

鴨の水かき

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • デザイン事務所でバリバリ働く女性が主人公の「鴨の水かき」。
    主人公の前原さんが働くデザインプラスは、社長・前原さん・入社一年目の沖君の3人だけの小さな事務所です。
  • デザインプラスに限らず、社会にでて働くって多方面で大変な思いをしますよね・・。
    社会人経験者であれば、共感できる「仕事」の裏側が出てくる漫画です。
  • 絵はリアリティのある細かいタッチで描かれていて、あんまり夢心地な絵でないところも、ストーリーと似合っていて違和感なく読み進められるポイントです。
  • 主人公の前原さんは32歳。
    仕事も場数を踏んで慣れてきているアラサーです。
    どうしても忙しい時期に起こる人手不足に、クライアントの要望に対してのデザイン案の練り直し・・仕事が出来るからこそ、本当に忙しそうに仕事をしています。
  • 忙しそうだけれど、彼女は仕事が好きなんだろうと思えるのも、読んでいて気持ちが悪くない所だと感じます。
  • そして、3人のキャラクターのバランスがとっても良いです!
    社長がちょっとヌケているので、程よくカッコ悪くいてくれて、ストーリーにメリハリがでてスイスイ読めてしまいます。

 

鴨の水かきを読んだ感想

\\仕事に立ち向かう女性を応戦したい時に//

ぜひ、社会で働く人に読んでもらいたい「鴨の水かき」。

主人公の前原さんはじめデザインプラスで働く3人は、ことわざの「鴨の水掻き」のごとく、常に動き考えています。

 

そうそう、仕事ってこういうもんだよね・・。
うわぁ、こんなになったら大変だわ・・。
こんな事が発生したら、心臓に悪い・・。

前原さんの様には仕事をこなせない現実はさておき、自分に置き換えて読んでしまうストーリーです。

 

 

けれど、このストーリーの面白いところは、ただただ忙しい仕事の漫画ではないところです!

 

デザインプラスの3人のキャラクターバランスがとっても良くて、主人公のやりとりにメリハリがあり、だらだらした内容ではないのです。

特に社長は良いキャラをしています。

 

クライアントとの打ち合わせの帰りの電車の中、部下のやる気を引き出しつつ、子供を抱いたお母さんに席を譲り、降りる駅を1つ間違えて電車を颯爽と降りていく・・。

憎めない人物です!!

 

大人になった今だから共感できる漫画たち

痛いほど気持ちがわかる・・・!ついつい共感してしまう悩みやモヤモヤを抱え生きていく主人公たちを描いた漫画をご紹介します!

 

プリンセスメゾン

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 主人公を中心に女性がマンションを購入し、そこで暮らすまでの過程をオムニバス形式で描いた作品です。
  • 主人公に好感を抱いてしまうと序盤から中盤にかけて数話に1回はじーんとくるものがあり、油断していると号泣レベルで泣けるので電車など人前で読まれる場合はかなり注意が必要です。
  •  漫画というよりは絵本のような絵柄や台詞のないシーンやコマとコマの間隔が離れていたりする独特のコマ割りが特徴になっています。しかも、その独特の「間」がノスタルジックな味わいを出していてほっこりさせてくれます。
  • 心に染みる台詞や共感できる台詞、いざというときに助けになりそうな台詞がたくさん詰まっているので、何度も読み返したくなる作品です。
  • そんな「プリンセスメゾン」は現実的な女性を描くことに定評がある池辺葵(いけべ あおい)先生の原作で、ドラマ化もされましたので代表作になりそうです。

 

プリンセスメゾンを読んだ感想

\\共感したい時に//

「プリンセスメゾン」は、女性がマンションを購入、引っ越し、実際に暮らす過程をオムニバス形式で描いた作品です。

 

ただ、主人公の沼越幸(ぬまちゃん)と不動産会社の人達の交流がメインなので、他の女性は息抜き程度の頻度なうえに1話程度で完結します。

絵が特徴的な作品で、特に風景が絶品。

丘から見える夜景、ビルとビルの間から見える夜の街など写実的ではなく絵本に出てくるような柔らかいタッチ風景画ですが、実際の風景を連想させます。

 

しかも、独特のコマ割りと台詞の余韻を引き立てる絶妙な「間」が、読む人の想像力を広げていくので作品から見える風景は十人十色かもしれませんが、何か懐かしいものを感じさせてキュンとなるものがあります。

 

登場人物も素敵な人ばかりですが、なかでも「持井不動産」の社員である伊達さんがカッコイイです。

いかなるときでも「沼越さま」と呼び、社員とお客の関係性を崩そうとはしないところがプロという感じで憧れます。

 

このあたり、通常の漫画であれば身近なところで恋愛に発展させてしまいがちですが、そうさせない池辺先生の手腕もお見事です。

しかも、多くの漫画には多少なりとも敵となる悪人や嫌なヤツが出てくるものですが、この作品には悪人どころか嫌なヤツすら全く出てきません。

ぬまちゃんに関わる人が全て優しい人達ばかりなのでかなり安心して読めます。

 

敵も出ない、主人公の恋愛話もない、ただマンション購入を中心とした主人公の日常をを描いているだけなのに感動する場面が多々ある異色作なので、ぜひ読んでいただきたいです。特に、人生に少し迷いを感じ始めた人には何かしらいいヒントになる台詞が見つかると思います。

 

春夏秋冬Days

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「春夏秋冬デイズ」の主人公・吉乃は、旦那さんと子供との3人暮し
    大学を卒業してすぐ授かり婚をし、現在は家庭と仕事とを両立しながら毎日充実して過ごしています。
  • 旦那さんとの仲も良好。
    ドジもしてしまう吉乃ですが、優しい旦那さんはドジな所を笑ってくれます。
    家族との時間も、自分の時間も大切にしながら、普通の事を幸せだと感じていました。
  • ある日、高校時代の友人と久しぶりに集まることとなります。
    小説家となった「瑠璃」と、離婚をして地元に戻ってきた「なべさん」。
    それぞれ違った生活をしているので、会うのは吉乃の結婚式依頼でした。
  • それぞれの近況報告をしながらお酒を飲んでいる途中、同じ居酒屋で同級生の宇田川くんと再会します。
    この同級生同士の再開が「春夏秋冬デイズ」のストーリーを動かしていきます。
  • 宇田川君と再会した時に出会った玉城と吉乃は、メールのやりとりをする中に・・。
    そして玉城は、既婚者・子持ちだとしりながらも、吉乃に惹かれていくようになります。
  • 幸せな家庭を持つ主人公の吉乃と、吉野に惹かれていく玉城。
    いけないとわかっていつつも、次第に玉城が気になってしまう吉野。
    二人は、不倫関係になってしまうのか!?
  • 吉野の友人・なべさんと玉城は、兄弟のような関係になっていきます。
    けれど、なべさんの本当の気持ちは玉城に惹かれています。
    友達同士の関係もどうなっていくのか!?
  • それぞれのキャラクターの恋愛模様や友人関係の変化。
    また、吉乃の家庭は不倫の末に壊れてしまうのか?
    各関係が、どうなってしまうのか続きが気になる漫画です!

 

春夏秋冬Daysを読んだ感想

\\トキメキたいあなたに//

「女同士の関係は複雑で、仕事をしているかしていないか・キャリア志向か違うか・結婚しているかしていないか・子供がいるかいないかで、世界がかわってしまう。」

 

ストーリーの中に、こんな言葉が出てきます。

主人公と同じ年代の30代は、リアルにこんなことがある様に感じてしまいます。

 

自分が悩んでいる状況などなおさら・・。
自分と他の人を比べては、複雑な気落ちになるモノです。

 

「春夏秋冬デイズ」の主人公たちも、数年ぶりに再会したものの、恋愛関係でぎくしゃくしていきます。

 

そして、なんといっても吉乃と玉城はどういう関係になっていくのか・・。

 

幸せな家庭を持つ吉乃は、不倫の道に進んでしまうのか!?

 

ストーリー自体は不倫の話であるけれど、主人公のキャラクターのせいかドロドロし過ぎていなくて、意外と読み心地が悪くならないストーリーです。

 

普通にどこにでもいそうな気がする主人公。
だからこそ、ちょっとリアルに起こりそうでドキドキしながら読み進められます!

 

リメイク

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「リメイク」の主人公は、派遣社員でOL事務の「奥村かのこ」
    そんな彼女が、OLから転職し、ビューティーアドバイザー(以下BAに略す)を志す漫画です。
  • 派遣社員になって3年も経つのに、ずっと彼氏もいないし、気が付けば手元のマニュキアはボロボロ
    周りは結婚ラッシュが始まったけれど、鏡に映った自分は・・自分って、そろそろヤバイんじゃないだろうかと焦り出すところから物語はスタートします。
  • ある日の友人との買い物の途中、可愛いなぁと惹かれたマニュキュアを手に取ります。
    BAに「そのお色とてもよくお似合いですよ」声をかけられたことでストーリーが動き出します。
  • 声をかけてきたBAに化粧をしてもらう事となった主人公。
    BAの手の動きや喋り方、そしてBAのとっても良い印象・・。
    なにより、いつもとは違う自分に仕上げてもらった事に感動し、BAに憧れるようになります。
  • 派遣社員の契約期間更新の面談の時、もやもやとした自分を変えたいと契約更新をしないことを決めます。
    そして、綺麗な自分を目指してビューティーアドバイザーになる道を志すことにしました。
  • BAになってからの心の動き、人間的な成長や思い悩みながら前ヘ進もうとする「かのこ」の誠実に向き合う姿勢には読んでいるこちらまで心が動かされます。
  • 作者の前職は、なんとBA!!
    漫画の間や、最後に描かれる実際のコスメの使い方など、実用性が高くて参考にしたい情報も満載です。
  • なりたい自分になるため奮闘するストーリー以外のラブストーリーにも注目です!
    主人公の「かのこ」が思いを寄せる、四十崎(あいさき)。
    「かのこ」の、まっすぐで純粋な思いは、見ていて応援したくなります。
  • 仕事の中で共通して何が大事なのか、教えてくれる「リメイク」。
    彼女の職場にいる仲間との支え合う姿や、特にチーフの嶋田の存在がとてもこの漫画の鍵になっています。
  • かのこの素直さや、時としてハッとさせられるストレートな発言は、見ていてスッキリさせてくれ元気をもらえます。

 

リメイクを読んだ感想

\\人生に悩んでいるあなたに//

今の自分に満足できない。
もっと自分らしく綺麗になりたい。
そんな風に思っている女性は多いのではないでしょうか。

 

派遣社員からビューティーアドバイザーとして転職することを決めた、主人公のかのこ。

「リメイク」は、自身の可能性・新しく出来る事を仕事から見出していく、主人公かのこの誠実さ・自身と向き合う姿勢に共感できます。

読んでいて刺激や元気をもらえます!

 

誰しもが悩む仕事の人間関係や、他者との比較。
主人公も同じように悩み壁に当たっていきますが、自分なりに答えを出していきます。

仕事も暮らしも徐々に変化していく前向きな姿は、見ていて次の巻が気になっていくようになります。

 

また、「リメイク」は、主人公「かのこ」と上司「四十崎」の恋の行く末もこの漫画の見どころです!!

四十崎に対する思いが、少しづつ大きくなっていく場面や、彼女の感情や思いの揺らぎが、なんとも言えません!

 

果たして、2人の結末はどうなるのか・・この部分にも注目して読むと、より楽しいです。

 

にこたま

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 交際9年、同棲5年のカップルが男性のやらかしたある“出来事”をきっかけに、思いがけない方向に右往左往するふたり。そのふたりの右往左往ぶりに注目です。
  • ふたりを中心に描かれますが、他にもさまざまな女性が登場するため、誰かに共感できるような仕組みになっています。
  • 序盤がコミカルに描かれているうえに、絵柄が柔らかくかわいいので、見た目の雰囲気は軽い感じに思えますが、序盤を過ぎるとストーリーはかなり重苦しくコミカルな要素も激減するため、物語に入り込んでしまうと読後感はあまり良くないかもしれません。もっとも、漠然と恋愛している人には考えさせられる作品になっています。
  • 原作は、映画化もされた「蛇にピアス」のコミック化も手がけられた渡辺ペコ先生で、リアルな男女間を描くことに定評があります。この「にこたま」も、その実力を十分発揮されています。

 

にこたまを読んだ感想

\\パートナーとのマンネリを感じた時に//

「にこたま」は、弁護士であるはずのコーヘーが酔った勢いでやらかしてしまったある出来事により、交際9年、同棲5年と長年築いてきたふたりの関係が大きく揺らぎ始めます。

 

さらに、そのショックから立ち直ろうとしていた矢先、主人公のあっちゃんに更なる追い打ちがあり、ふたりの関係に変化が訪れます。

 

弁護士の設定なので時折理屈っぽい会話もありますが、基本的に頼りない描写の多いコーヘー。

同棲の漫画は、男性が優しいけど優柔不断であったり頼りないというパターンが多いです

が、コーヘーは優しいというよりは負い目からそうせざるを得ない感じなので、あまり好感は抱けないかもしれません。

 

ただ、それだけに実際の男性はそういう対応になるかもしれないと考えるとリアルに感じられます。

一方、あっちゃんはヒステリックになりそうな場面も意外と冷静に対応していきます。

普通ではありえないかもしれませんが、これは序盤に伏線を張っているので、すんなり受け入れられそうです。

 

「にこたま」の評価は、ちょっと自分には縁がないかもとファンタジーで読んでしまうか、もしかしたら自分もそうなるかもしれないとリアルに感じてしまうかで分かれてきそうです。

 

ファンタジーで読むと重いテーマだけど軽く感じられるでしょうし、リアルで読んでしまうとずっしり重たい作品に感じられそうです。

あっちゃんが出した結論の評価も分かれそうですが。ぜひ読んでいただきたい作品です。

 

なお、主人公らの名前が浅尾温子(あっちゃん)と岩城晃平(コーヘー)というドラマ「抱きしめたい!」の浅野温子と岩城滉一をもじった名前にしていますが、あっちゃんもコーヘーも2人に似ておらず、ストーリーもドラマとは全く異なります。

ただ、ひょっとするとオマージュされた場面があるのかもしれませんので、探されてみてはいかがでしょうか。

 

女の友情と筋肉

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • マッスルなアラサー女子3人の恋と友情を全て手書きの台詞とギャグ仕立てで描いた異色の4コマの漫画です。3人を中心に日常を描いていますが、4コマ漫画特有の全くストーリーがない世界ではなく、結婚や出産などのイベントも発生し、ゆるやかですがストーリーが流れています。
  • キャラも絵も独特なのでハマるのに少し時間が必要かもしれませんが、慣れると夢に出てくるほどハマります。
  • ギャグのなかにアラサー女子のリアルな気持ちが混ざっているので、注意して読まないと見落とすかもしれません。
  •  舞空術で空が飛べるなど少年誌で人気連載された格闘モノのパロディが多いので、元ネタがわかるとより楽しめます。
  • 「女の友情と筋肉」の原作はKANA先生で、本作品がデビュー作になります。日本人ですが現在ドイツ在住という異色の作家です。

 

女の友情と筋肉を読んだ感想

\\元気になりたい時に//

メーカー勤務の村上イオリ、商社OLの神田ユイ、アパレル販売員の小西マユの3人は少年誌の格闘漫画に出てくるキャラ並みのムキムキボディの筋肉女子で空も飛べるし、人の目には見えない速度で動けたり、エネルギー弾も出せます。

 

「女の友情と筋肉」は、そんな彼女達の日常を描いた4コマギャグ漫画です。特に序盤はかなり好き放題に暴れていることもあり、とにかく凄い勢いで筋肉が迫ってきます。

 

絶えず筋肉ネタ中心というわけではなく、アラサー女子ならではの恋愛模様であったり、女性らしい会話のなかにアクセントとして筋肉ネタを盛り込んでくるようになります。

そして、彼女たちだけでなく、3人の彼氏達が中心になるエピソードを交えるなど少しずつスタイルが変化していきます。

 

さらに、序盤こそ見づらいかなり濃い絵と手書きの台詞も徐々に見やすくなっているように、デビュー作らしく徐々にKANA先生が成長していくのを感じ取るのもこの作品の面白さかもしれません。

3人だけでなく個性的なサブキャラ達もみんな悩みながらも前向きに成長していくので、読むと頑張ろうという前向きな気分にさせられます。

ぜひ読んでいただきたい作品ですが、その前に悩みや辛いことがあれば、とりあえず限界まで腹筋です!

 

カズン

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「カズン」の主人公は、パッとしない高校生活を送った、ちょっとポッチャリな、つぼみ。
    つぼみは、高校を卒業してビデオショップでバイトを始めます。
  • バイト先の先輩であるシロは、つぼみにとって初めての男友達。
    シロ×高校の同級生の律子、つぼみ×片思いの相手の茄子川。
    それぞれのラブストーリーも描かれています。
  • なんとなく過ごして、パッとしない毎日だったつぼみですが、好きな人を思って努力を始めます。
    メイクをしたり、ダイエットをしたりと健気な姿は、つい応援したくなってしまいます。
  • ラブストーリーの漫画だけど、過剰にキラキラした世界にいる主人公でない現実的な主人公であることも、読みやすさのポイントです!
  • なぜ、「カズン」というタイトルなのかも、最後にハッキリします!
  • 「カズン」は、いくえみ綾先生の漫画らしく、現実味のあるラブストーリーや、人間模様が面白い漫画です。

 

カズンを読んだ感想

\\人生に悩んでいる時に//

いくえみ綾先生によるラブストーリーは、どこか自分と重なる部分のある登場人物が出てくるところが、ハマってしまうポイントです!

 

パッとしない学生生活が終わり、恋愛をして、自分を変えたいと努力を始める主人公のつぼみ。

ダイエットをしたり、メイクを始めたりして、なんだか健気で可愛らしいです。

 

恋愛漫画って、キラキラし過ぎていて読んでいて恥ずかしくなってくることないですか?

「カズン」は、過剰にキラキラしているわけではない主人公や登場人物が、人間ぽくって、ラブストーリーもあるのに恥ずかしさがないところも読みやすさのポイントだと思いす!

 

そして、漫画のストーリーなのに・・全部綺麗にハッピーエンドといかないところが「カズン」の良いところではないでしょうか。

 

挫折をして、失恋をして、苦い思いをして、漫画の中に共感できる箇所があるので、漫画の世界と現実の世界が近く感じます。

 

パッとしなかった高校生活。
キラキラした芸能界にいるイトコと、ビデオ屋さんでバイトをする自分。

誰かと自分を比べてみたり、思いもよらない人から告白されたり・・

理想と現実の狭間で揺れ動く、繊細な感情が描かれている漫画です!

 

トラップホール

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • どん底だと思っていたら次の穴へと、人生の落とし穴に次から次へとハマっていく主人公が落ちた穴から這い上がろうとするお話です。
  • 主人公が意外とたくましいのと、助け舟を出す人達が明るいキャラでなので、読者が作品に引っ張られて暗い気持ちになるようなことはありません。特に中盤以降は登場人物のノリがいいので気楽に読めます。
  • 人生の落とし穴にはハマったときに役立ちそうな言葉が散りばめられているので、手書きの台詞の部分まで一言一句しっかり味わって欲しい作品です。
  • 終盤までのストーリーは、全てこの終盤のための布石なのかと思うくらい終盤は怒涛の展開になるため、ワクワク感なしでは読めません。
  • 原作は「午前3時」シリーズや「ふつつかなヨメですが」の、ねむようこ先生。先生独特POPでキュートな絵はこの作品でも健在です。表紙は線が多くて暗い感じもしますが、中身はすっきりした線で明るめの絵になっています。

 

トラップホールを読んだ感想

\\頑張る女性を応援したい時に//

「トラップホール」は、これまで順調に人生を歩んできた主人公のハル子が、婚約者から「後輩と恋に落ちた」と告げられて婚約破棄という人生の落とし穴にハマるところから物語が動き出します。

周囲に励まされるもどこか居心地が悪く、同級生の浅野に誘われて上京しますが、そこにも大きな穴が待ち構えていて・・・。

 

ラブストーリーというよりはヒューマンドラマなので、ラブストーリーとして見ると主人公も主人公の相手も純愛とは程遠く、節操なくユラユラしています。

なので、序盤はどのキャラにも感情移入しにくいどころか軽い嫌悪感を抱くかもしれません。

 

ただ、中盤以降はドロドロしてもおかしくないくらい重たい穴ですらアクセント程度にしか感じないくらいコミカルチックな軽い流れになるので、悲壮感なく読み進められます。

もっとも、30代以上であれば「そういうこと考えてる時期もあったなぁ」と共感できるエピソードがあるかもしれませんので、序盤から楽しめそうです。

 

的を射ている台詞が多く、トラップホールに落ちた人には救いとなりそうです。

ですから、ち込んでいたり疲れている方にぜひ読んでいただきたい作品です。

なお、終盤に怒涛の伏線回収をしてくるので、最初から最後まで読んでこその作品になっています。そのため、イッキ読みされることをオススメします。

 

地獄のガールフレンド

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 年齢も歩んできた人生も価値観もほぼ何もかも違う3人の独身女性がひょんなことから同居することになり、それぞれの愚痴や意見を言い合いながらお互いを認め合って意気投合していく過程を描いた作品です。
  • 3人とも価値観が違い、それぞれの価値観に基づく生々しい台詞が並ぶため、20代以上の女性であれば3人のうちの誰かに共感も感情移入もできそうです。
  • 家でのガールズトークも気になりますが、それぞれの仕事や恋愛の行方も気になるような展開になっています。
  • 原作は「先生の白い嘘」「おんなのいえ」の鳥飼茜先生で、この作品もリアルな感情を吐き出すキャラ達が躍動しまくります。ただ、他の作品のように破滅に向かう悲壮感的なものはなく、わりと前向きかつコミカルに描かれているので読みやすくなっています。そのせいか、絵に暗さがなく、かわいく明るい感じです。

 

地獄のガールフレンドを読んだ感想

\\共感したい時に//

まじめOLで28歳の悠里(ゆうり)、バツイチ子持ちで31歳の加南(かな)、モテるけど自分大好きな36歳の奈央(なお)が、ひょんなことから同居生活を始めるところから物語が動き出します。

 

普通なら出会うことがなさそうな3人がすんなり同居を始めるなど舞台設定はフィクションなのに、生々しいキツイ台詞が飛び交うというフィクションのなかにリアルを描きこむ鳥飼ワールド全開な作品です。

 

女性だからこその様々な問題を提起しては話し合っていくというスタイルで進んでいきますが、友達同士が一緒に住むという設定ではないので友達ゆえの変な気遣いがなく、かなりがっつり言いたことを言い合います。

それでいて、ヒステリックにならずにそれぞれできちんと受けとめるので、イラッとする展開にはなりません。

 

ガールズトークなので当然字数は多いのですが、絶妙のセリフ回しとノリの良さからさほど気になりません。

それより、さばさばした関係を保ちつつお互いの距離感を縮めていく不思議な関係に思わず次のページをめくってしまいます。

 

ちょっと辛いことがあったとき読むと、何かしら共感できてもう少し頑張ろうという気にさせるフレーズが見つけられると思います。

ぜひ読んで前向きになっていただきたい作品です。女性の心理が惜しげもなく出ているので、男性が読んでも参考になりそうです。

 

女なのでしょうがない

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 3人の女性が仕事や恋愛で悩んだり落ち込んだりしながらも頑張っていく姿を描いたOLあるある漫画です。ただ、とことんリアルを追求しているわけではなくファンタジーな要素もあるので、あまり重たく感じずに読めます。特に中学生の男子とアラサー女子とのやり取りは、他の恋愛漫画ではなかなか見られないので注目です。
  • 話のテンポもよく、意外な展開もいくつか用意されているので最後までしっかり楽しめます。
  • プロレス好きの近由子(こん よしこ)先生の原作で、この「女なのでしょうがない」がデビュー作になります。
  • デビュー作だけあって徐々に絵柄も構成なども読みやすくなるので、3人のOLが成長する姿だけでなく近先生の成長具合にも注目です。

 

女なのでしょうがないを読んだ感想

\\頑張る女性を応援したい時に//

「女なのでしょうがない」は、性格も考え方も異なるOL3人のそれぞれ仕事、恋愛ぶりを描いた物語です。

世の中のOLあるある話を3人に詰め込んだ感じなので、女性であれば誰かの何かのエピソードには共感できるのではないでしょうか。

 

ただ、盛り込まれているエピソードが多く展開が早いので感情移入は少し難しいかもしれません。

ですが、感情移入が難しいことが幸いして、あまり暗い気分にならずに読み進められます。

 

彼女たちはよく泣くし、よくヒステリックにもなります。

ですから、そういうシーンが多いのは苦手という方には不向きかもしれませんが、弱い女性ということはなく芯が強くたくましささえ感じますので、そのあたりを読み取っていただきたいです。

 

また、序盤の男性陣は言うことがハードでかなり嫌なヤツだらけで、それでよく出世できたなレベルの台詞や態度が出てくるのでイラッとするかもしれませんが、そのあたりも回を追うごとにソフトになっていくのと登場回数が減るので気にせず読み進めていただきたいです。

 

 

漫画なので少し誇張された部分はあるものの、どのエピソードも探していけばどこかの会社やOLがやっていそうなものばかりだと思います。

ただ、読者によっては自分の経験的にこんな会社は今時ない、などと思ってしまうと読む意欲がなくなりそうです。

ですから、世の中にはこんな会社もあるんだろうなぁ、こんな人もいるのだろうなぁと思いながら読まれることをオススメします。

 

ちょっと仕事に疲れているけど共感してくれる人が周囲にあまりいない女性や社会人男性に、ぜひ読んでいただきたい作品です。

 

おんなのいえ

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 主人公が不安や葛藤を乗り越える姿やラブストーリーに主軸をおきつつ、そこに姉妹関係、親子関係という家族の形を描き入れた異色作です。
  • しかも、不倫やバイセクシュアルとの恋愛など、テーマがかなり重たいフィクションなのが特徴になっています。さらに、登場人物がイライラさせるようなくせ者揃いなところがあり万人ウケする作品ではないかもしれません。
  • この作品の評価は、主人公らに感情移入や共感できるかどうかによって分かれてきそうです。もっとも、台詞選びが巧みかつリアルなため、同世代以上の女性であればかなり共感できそうです。
  • 原作は「先生の白い嘘」「地獄のガールフレンド」の鳥飼茜先生で、リアルな感情むき出しで動くキャラ達はまさに鳥飼ワールドの真骨頂。フィクションのなかにリアルを描く独特の世界観を存分に楽しめる作品に仕上がっています。

 

おんなのいえの感想

\\オトナ女子のリアルな心境をみたい時に//

「おんなのいえ」は、29歳の主人公の有香(ありか)が3年付き合ってきた彼氏にフラれたところから物語が始まります。

ショックが冷めやらぬなか、妹と同居することになり、そのことにより予期せぬ出会いや出来事が巻き起こります。

 

鳥飼茜先生らしく、ファンタジー要素がなく生々しい描写が大きな特徴になっています。特に家族間の会話は、遠慮なく言い合うためにキツイ文言が飛び交います。

 

そして、生々しさゆえ主人公がかっこよくもかわいくもなく、フラれてからふわふわしている29歳の女性の等身大を描いています。

それだけに主人公も結構ひどい事をしていたり、理解に苦しむ行動を起こす場面もあります。

 

主人公がふわふわしているだけにストーリーもふわふわして、どこに向かっているのかよくわかりません。

伏線もほとんどなく先読みしにくい作品であり、そこが面白いところでもあります。

 

女性の心理が惜しげもなく出ているので、男性が読んでも参考になりそうです。

ただ、どんなに内面が優れていてもイケメンには敵わないこともあることを思い知らされるので覚悟は必要と思われます。

 

娯楽性はあまりないうえに字数が多いので読むのに少し体力が必要ですが、ぜひ読んでいただきたい作品です。

 

30

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「30婚」は、漫画からエッセイなど幅広く活躍する漫画家米沢りか先生の少女漫画です。
    2008年から2012年の約4年間で15巻発行されたラブコメディ作品です。
  • 主人公は、フードコンサルタントを仕事にするOL野呂笑(ノロエミ)
    30歳を目前にして、結婚をしようと考えていたお相手にフラれてしまい、落ち込んでいるところから物語がはじまります。
  • 結婚の相手への理想は高く、直感でこの人!といったような運命の人を待ちこがれているノロエミ。
    周りから通称:待受女と呼ばれる、恋愛に妥協せずひたすら良い出会いを待ち続けて思いが叶うと信じている女性です。
  • しかし30歳直近を迎え、幸せな結婚ができるのか不安になるノロエミ。
    そんな彼女が、仕事をしながら自分なりに考え理想の男性を求めて、結婚相談所へいってみたり、お見合いしてみたりと婚活に奮闘する日常が描かれています。
  • 漫画「30婚」は、そんな出会いを求める女性たちが思うリアルな現状や、女性に対しての男性の本音も盛り込まれた内容となっていて読み応え満点です

 

30婚を読んだ感想

\\元気になりたい時に//

「30婚」は結婚を本気でしたいと思っている主人公ノロエミが、幸せになるためにひたすらアクティブに動きながら、自分の幸せとはなんなのか突き進んで行く痛快ラブコメディです。
誰もが思い悩み考えてしまうような男女の心理を表現しています。

 

現実が垣間見えるような結婚相談所の内情や、お見合いでの出来事などはありそうだなぁと読んでいて想像が膨らみます。

また、ノロエミの回りの女子たちも色々なシュチュエーションでの結婚探求体験が描かれているので、そちらも一緒に楽しめます。

 

三角関係になったり、計算高いライバル女性が出没し色んな仕掛けで恋の邪魔が入ったり、次々と人間関係が交錯していく展開も見逃せません。

 

急展開する中での漫画ストーリーの節目に出てくる4コマも、エピソードがほんわかしていて良い雰囲気です。

仕事にも邁進するノロエミは、充実した仕事と自分にとっての最高のパートナーを見つけゴールインは果たしてできるのか?

漫画の最終巻まで気になって読んでしまいます。

 

東京タラレバ娘

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「東京タラレバ娘」は、「~だったら」なんていつまでも言っている、33歳の同級生女子3人が中心となるストーリーです。
  • 結婚の予定もなし、彼氏もいない。
    そんな仲良し3人は何かあるごとに集まり、飲んで・喋って・励ましあい、時には叱ったりもしながら33歳らしく、しっかり仕事をこなしていました。
  • この3人は学生時代からの付きあいて、若いころの恋愛も良い事も悪い事も知っている仲。
    特に仲の良さが伺えるのが連絡の取り方で、消防用語を使ってLINEをしています。
    第一出勤は、なんとなく飲みたいとき。
    第二出勤は、仕事の愚痴を聞いてほしいとき。
    第三出勤は、誰かの悪口をブチかましたいとき。
    そして第四出勤は、緊急に男がらみの相談があるとき。
  • 第四出勤は、ここ数年発令されなかった緊急要請。
    ですが、ストーリーが進むにつれて頻繁に第四出勤は発令されます。
  • 仕事の悩みも、人間関係も20代の頃とはなんとなく変化してくるお年頃。
    「東京タラレバ娘」の主人公で脚本家である倫子も、自分の事務所で働いてくれている若い子の脚本の方が、先方の希望に近いから・・と仕事がうまく行かなくなる時期が出てきます。
  • 3人揃ってご無沙汰だった恋は、次々と状況が変化するようになっていきます。
    倫子は、居酒屋でであったモデルのKYE、10年前に告白されたが付きあうことがなかった早坂、そしてBARで意気投合した奥田。
    紆余曲折あり、誰とどうなっていくのか注目です!
  • 冒頭に、「たられば」言っていたらこんな歳になってしまったという言葉がでてきます。
    いくつであっても「たられば」いっていても事は進まないよなぁ・・と、そんな所も考えさせられる漫画です。

 

東京タラレバ娘を読んだ感想

\\共感したい時に//

「東京タラレバ娘」は、ドラマ化もされた人気漫画です。

話がドンドン進んでいくので、中だるみもなく続きが気になっていきます。

 

やはり、主人公である倫子と友人を含めた3人娘は、最強です!!

 

お酒を飲んで、励ましあい・愚痴りあい・ストレスも悩みも全部話ができる友人。

こういう友人て、自分の周りにいて欲しいけど、なかなか出会う事が出来ない存在ではないかと、羨ましくなります。

 

 

「東京タラレバ娘」の面白いところは、やはり恋愛関係!

恋はご無沙汰・・の割りに、次々と色々なタイプの男性が現れます。

それぞれへの思い。
きっと幸せな家庭を築くならこの人が良いんだろう、本当に好きなんだろうか、どうしても気になってしまう存在。

恋愛って難しいもんだな・・と思うものの、自分事でないと見ていてすごく楽しいのも恋愛ストーリーですね!

 

30代の恋、見ていて面白いです。

 

サプリ

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 広告代理店で働く主人公が仕事を優先しつつ恋愛に揺れ動く姿を描いた作品で、彼に何かを言われた時や何かを選択する時の心理描写が見どころになっています。
  • 原作は映画化もされた「渋谷区円山町」のおかざき真里先生で、この「サプリ」で描かれている細かな情景描写や業界の世界観は、おかざき先生の広告代理店での勤務経験からきているのでリアリティがあります。それだけに、働く女性には共感できる部分が多そうです。
  • もし、主人公に共感できなくても、サブキャラや時折でてくる女子会トークは、さまざまな意見や感情が入り乱れるので共感できるものがありそうです。
  • 余計なものは出来るだけ省いた感じのテンポの良さがあり、少し読み飛ばしただけでもストーリーがつながらなくなります。しかも、良くも悪くも次々と予想を裏切られる展開になっているので、じっくり読まれることをオススメします。

 

サプリを読んだ感想

\\共感したい時に//

「サプリ」は、広告代理店で働く主人公の藤井ミナミに7年間付き合った彼がましたが、激務続きから気持ちがすれ違うようになりフラれてしまうところから物語が動き始め、そこからの仕事、友情、恋愛など主人公に巻き起こる出来事を描いた作品です。

 

仕事の描写がリアル過ぎることもあり、仕事中心の主人公の生き方をどう評価するのかによって作品の評価も変わってきそうです。

また、恋愛面においても、共感はできるけど主人公を応援したくなるような恋愛ではないと感じる人もいそうで、ハマる人には凄くハマるタイプの作品と言えそうです。

 

リアルなだけに、仕事において大事なことや心構え、周囲の目などが細かく描かれているので、単なる恋愛漫画として読みだけでなく自己啓発の入門書的な側面もあります。

それでいて、リアル過ぎて重たい話をコミカルな絵を挟むなど、重くなり過ぎないような工夫が施されているので、わりとサラッと読み進められます。

 

もし主人公に共感できなくても女子会トークは文字数が多めでごちゃごちゃ感はありますが、他に類を見ないくらい圧巻の再現性。

特に働いている女性であればきっと共感できますのでお見逃しなく。

仕事や恋に悩んでいる女性であれば何かしら共感できたりヒントになる言葉がありそうなので、ぜひ読んでいただきたい作品です。

 

ナビガトリア

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 島根の田舎ならではの良い所も悪い所、抱えている問題などその世界観をホームドラマなような軽いノリで実感できるような作品です。
  • 田舎が舞台ということもあって、作品自体が素朴な雰囲気ですが、キャラ設定がしっかりしているのと伏線らしいものが出ても回収せずに終わってしまう意外性が楽しめます。それでいて、いい人しか出てこなのでゆったりと安心して読めます。
  • ラブストーリーが主軸になっていますが比較的あっさりとしか描写されておらず、ホームドラマ色が強めなのでほんわかした家族を描いた漫画が好きな人にオススメです。
  • 主人公の恋の行方も気になりますが、田舎にどう溶け込んでいくのかも気になるポイントになっています。
  • 原作は非日常の恋愛をテンポよく濃厚に描くアサダニッキ先生で、今回のそのテイストが存分に発揮されています。

 

ナビガトリアを読んだ感想

\\ほっこりしたい時に//

「ナビガトリア」は、東京での生活に少し疲れた主人公のこよりさんがネット知り合った女性を頼りに島根に遊びに行きますが、そこに待っていたのは女性になりすましていた中学生の男の子とその家族である野々村家の兄弟だったことから物語が始まります。

 

成り行きから野々村家にあがりこんだこよりさんでしたが、酔った勢いで発した一言で思わぬ方向へと導かれることになります。

 

主人公が、都会暮らしだったわりに田舎生活もすんなり受け入れる素直でいい女性なので、共感したり、応援したくなるのが、この作品の魅力になっています。

物語の鍵となる酒癖の悪さもかわいく描かれています。

 

更に、野々村家の人々もにぎやかしにくる近所の老人たちのリズムもこよりさんと合ってるようで、作品がゆったりといい流れで進んでいきます。

 

日常にありそうな無理のないストーリーが展開されることもあり、ドキドキ、ハラハラといった心拍数が上がるような場面はあまりありませんが、こういう出会いや恋愛もいいかもと思わせる、とにかく「ほんわか」という表現がぴったりな作品です。

 

もっとも、ただほんわかとするだけでなく、 過疎化問題、高齢者対策など社会的な問題が混ぜ込んであります。

ですが、説教っぽくなく、こういう問題があることを知ってほしいレベルでとどめていて作品の邪魔になっていません。

 

日々の生活に疲れて少しほっこりしたい人にオススメですがそうでない人にも、ぜひ読んでいただきたい作品です。

 

大人の男性が主人公!おすすめできる恋愛漫画たち

彼氏に、旦那に、友人に!ぜひおすすめしてもらいたい、もしもあなたが男性ならば是非読んでもらいたい!

大人の男性が主人公の恋愛漫画たちを紹介します!

 

ニコイチ

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 小学五年生の男の子と、お母さんとの2人暮らしの母子家庭。
    「ニコイチ」は、母子家庭の話と思いきや、面白い設定のストーリーなんです!!
  • 主人公の真琴は、男の子のお母さんでもあり、家から出たら化粧を落として本来の男性の姿に戻ってサラリーマンとして働いています。
  • 息子にはカミングアウトをしていませんが、実は真琴は女装をしてお母さんとして生活をしているのです!
  • お母さんの真琴は、息子にとって大好きな存在で自慢のお母さんです。
    綺麗なネイルをして、スタイル抜群の美人なのです。
  • 息子にも、女性にも男性にもモテる真琴は、ややこしいことに巻き込まれます!
  • 本来の男性姿の真琴と同僚の菜摘に、女装をしている真琴が告白をされます。
    菜摘は、女性の真琴に恋をしてしまったのです。
  • 菜摘は、レズビアンではないので女性を好きになってしまったことに戸惑ってしまっています。
  • 「ニコイチ」とは、男性の真琴と、女装をしている真琴は、同一人物であるという意味なのです。

 

ニコイチを読んだ感想

\\可愛い女の子(?)をみたい時に//

面白い設定の「ニコイチ」。

主人公の真琴は、息子にも、男性にも女性にも絶賛される美女に変身します。

仕草や諸々で、気が付かれそうですが、息子は全く気が付きません!

 

息子には、本当はお母さんでない事はカミングアウトしていません・・。

 

大好きなお母さんが、本当は男性!だなんて聞いたら、どう心の整理をしたら良いのでしょうか!?

どんな反応になるのか、気になりますよね。

 

そして、女装の真琴が女性に好意を持たれて告白をされます

もちろん、その女性も真琴が男性だなんて知りません。

 

純粋に好意を抱いてくれる彼女を、真琴は気づ付けたくないと思い、言葉を選びながら接していきます。

けれど、やはり好意を描く彼女相手には、美人である女性の真琴でも誤魔化しきれない場面が生まれています。

 

訳があって、女装をしてお母さんとして生活を送る真琴。

どんな訳があるのか!?女装は、本当にバレないのか?

 

「ニコイチ」は、設定がすごく面白いので、ストーリーの続きがすごく気になってしまう漫画です。

 

夏雪ランデブー

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 単行本4冊、番外編1冊からなる「夏雪ランデブー」。
    花屋さんが舞台のストリーなので、表紙をはじめ、各ページにお花が沢山出てきてとっても綺麗な絵の漫画です。
  • 主人公は、花屋さんの女性店主である「六花」に一目ぼれし、常連客から六花の花屋で働くこととなった「葉月」です。
  • ある日、花屋のスタッフの送別会をすることとなり、前日準備をするために店の2階にある六花の自宅に行った葉月。
    出迎えてくれた六花の横には、パンツ姿の男性が・・!
    付き合っている人はいないはずの六花ですが、パンツ姿の男性とは、親密な関係に違いないと気持ちがかき乱されます。
  • 送別会当日、ベランダでタバコを吸っていた葉月の隣に昨日の男性が現れます。
    男性の話を聞くうち、信じがたいことに他界した六花の旦那さんであることが分かります。
    また、他界したはずの六花の旦那さんも、自分の姿を見ることが出来る葉月に驚きます。
  • 旦那さんの姿は六花には見えません。
    亡くなってしまった後も、六花は旦那さんの事を大事にしていましたが、好意を寄せてくれている葉月に惹かれていくようになります。
  • 触れたいけど触れられない、話したいけど話せない、見ているけど見てもらえない・・旦那さんは、徐々に葉月に対して嫉妬心を持つようになっていきます。

 

夏雪ランデブーを読んだ感想

\\セツナイ愛をみたい時に//

どの巻の表紙も植物の絵が沢山書いてあり、色合いもとっても綺麗な漫画です!

ストーリーは激しい内容ではなく、ちょっとファンタジーな要素もあり面白い設定になっています。

 

主人公の葉月は、一目ぼれした六花がオーナーを務める花屋さんに、植物を買いに行く常連客でした。

ある日、六花の花屋さんでスタッフを募集していた事を運命だと思い、花屋さんで働くこととなります。

この、六花への距離の縮め方が、良い意味で普通っぽくて良いなと感じました。

 

いきなり一目ぼれした相手に声をかけるでもなく、とんとん拍子でもなくて、漫画だけど現実的でなんだか安心できます。

 

葉月にだけ見える、亡くなったはずの六花の旦那さんは、六花をとっても好きだったのだと伝わってきます。

 

けれど、六花には旦那さんが見えません。
その分、切ない思いをする場面が出てきます。

 

切ない分、生きている葉月に嫉妬心を持つようになり、ストーリーは思いもよらない展開となります。

 

少しファンタジーな設定ですが、自分が葉月の様に死んでしまってる人が見えて会話ができたらどうだろうかと考えてしまいます。

葉月が取った行動は、自分には出来ないことかもしれません。
葉月は、なかなかすごい決断をします!

 

失恋ショコラティエ

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「失恋ショコラティエ」は、同タイトルでドラマ化もされた漫画で、講談社の漫画大賞やananの漫画大賞も受賞している、人気のある少女漫画です。
  • 主人公の爽太は高校の1年先輩サエコに憧れ、高校卒業後はサエコが好きなショコラを作ろうと製菓学校に進学します。
  • 製菓学校を卒業する年のクリスマス・イブにサエコに告白をする爽太。
    サエコの答えは「いいよ」。
    爽太は、憧れのサエコと数年越しに付きあうことができ、嬉しくて嬉しくて舞い上がります。
  • バレンタインにサエコが喜ぶ特別なショコラをプレゼントしたいと、サエコ好みのショコラを作ります。
    バレンタイン当日は会えないと言われた爽太は、バレンタインの前日に作ったショコラをサエコにプレゼントしました。
  • けれど、サエコの反応はイマイチ・・。
    心のこもった本気のショコラをもらったサエコは、「実は、元カレとヨリが戻った」「爽太くんとは、付き合ってない」と言い出します。
    彼氏とうまく行かなくなり、寂しさを紛らわすために爽太は利用されていたのです。
  • 傷心した爽太は、ショコラの本場フランスに渡り6年修行した後、日本に帰国します。
    腕を磨いた爽太は、ショコラティエとなり店を持つようになります。
  • ショコラ好きのサエコが来店したことで再開をした爽太とサエコ。
    ここから「失恋ショコラティエ」のストーリーは、複雑な恋愛模様と甘くて濃厚なショコラが絡まっていきます。

 

失恋ショコラティエを読んだ感想

\\セツナイ愛をみたい時に//

無意識なのか計算なのか、小悪魔すぎるサエコ。

でも、容姿もしぐさもズルいくらい可愛いのです!

 

こういう可愛い子は、良い思いも沢山しただろうとも思いますが、結婚をした旦那さんとケンカをしたりとうまく行かなくなってしまいます。

 

主人公の爽太は、そんなサエコに憧れて夢中になってきたので、小悪魔と分かっていつつも何かと振り回されてしまいます。

製菓学校に通っていた時もそう。
サエコが旦那さんとうまく行かなくなった時もそう。

 

サエコへの思いは、なかなか実らない爽太ですが、こんなに夢中になれる相手に出会うのは凄い事だと羨ましくも思えます。

爽太にとってサエコは、ショコラ作りに対しての最大のモチベーションなのです。

 

高校時代から始まったサエコへの恋心。

そして幾度となくサエコに失恋していく爽太は、まさに「失恋ショコラティエ」です。

 

高校時代から、海外で修業をして成長して大人な男となり帰国した爽太。

サエコ以外の女性も現れたり、周りの人の恋愛模様も含めて、大人になった恋愛の方が複雑で、甘い事も苦い事も濃い事がわかります。

 

「失恋ショコラティエ」は、美味しそうなショコラが沢山出てくるので、漫画を読みながら本当にショコラを食べたい気持ちにもなってしまう漫画です!

 

関根くんの恋

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 「関根くんの恋」の主人公・関根くんは、サラリーマンの三十路
    仕事も出来て、本人は気がついているのかいないのか・・整った顔立ちのイケメンで、ちょっと目立つ存在です。
  • 整いすぎた顔立ちとクールな性格が相まって、笑った所を見た事ないかもしれないという部下もいたり・・ちょっと近寄りがたい雰囲気すらある主人公です。
  • 関根くんは、受け身のうえに鈍感。
    そして、とっても器用貧乏です。
    特に器用貧乏は度を越していて、物を作ればプロ並みな仕上がりになる程です。
  • そんな関根くんは、ひょんなことから手芸を始めます。
    器用貧乏すぎる関根くんが作るものは、柄・形をとっても雑貨屋さんで高く売っているようなハイスペックな物ばかりです。
  • 手芸店の孫娘・サラは、関根くんのつくるモノをみて、本当に手芸が好きな人なのだと感じます。
    ですが、等の関根くんは手芸を好きなわけでもなく、物を作りつつも自分の趣味は何だろうかと考えてしまいます。
  • 「関根くんの恋」はタイトル通り、受け身・鈍感・器用貧乏な彼が、恋をするストーリーです。
    関根くんは、サラに恋をします。
  • 久しぶりな上に、損な彼の恋を見守るのはソワソワします。
    でも、ラブストーリーにソワソワ感は良いスパイスですよね!

 

関根くんの恋を読んだ感想

\\恋路を応援したい時に//

「関根くんの恋」は器用貧乏な彼らしい恋で、読んでいてソワソワしてしまいます。

でも、ラブストーリーにソワソワ感って必要不可欠だぁ・・と感じるほど、見守る読み手は応援したくなってしまう恋です。

 

仕事や、悪天候、携帯の充電がなかったりと不運が重なり、恋の相手であるサラとの待ち合わせのレストランに遅刻をしてしまう関根くん。

 

やっとの思いで辿り着いたレストランですが、サラは席を立った後でした。

 

仕方がないと思いつつも落ち込んだ関根くん。
レストランを飛び出した路上の直ぐそばには、ほんの少し前に席を立ったサラの姿が・・

でも、関根くんとサラはお互いに気が付かないのです。

 

漫画だと、外からの視点でストーリーを見ることができる分、すれ違いの2人は読んでいて、ソワソワしてしまいます。

 

 

主人公である関根くんは、本人は気が付いていないさそうですが、イケメンです。

そして、とっても器用!

 

器用貧乏なところはもったいないですが、本人が気が付いていないだけで羨ましい人材ですよね。

 

恋に不器用な「関根くんの恋」、見守るような気持ちで読めてほっこりもします。

 

舟を編む

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 辞書を制作するという地味なテーマでありながら、その過程でポイントになるところを余すこと無く描いています。
  • 序盤は変人だった主人公がいつの間にか普通の人になっているパターンはよくありますが、この作品ではその過程が成長という形で描かれているので違和感なく読めます。
  • どの会社でもありそうな平凡な日常を描いているのですが、続きが気になりページをめくりたくなるストーリー展開はお見事としか言いようがありません。
  • 原作は三浦しをん先生の大ヒット小説ですが、アニメ版「舟を編む」に「昭和元禄落語心中」の雲田はるこ先生が関わっていたこともあり、はるこ先生によりコミカライズ(漫画化)されています。先生独特の世界観を出しつつも原作を忠実に再現されています。さらに、綺麗な言葉でのセリフ回し、恋愛パートをさらっと描くところなど先生らしい作品に仕上がっています。

 

舟を編むを読んだ感想

\\しっとりとした漫画をみたい時に//

「舟を編む」は、玄武書房の少し変わった営業部員で主人公の馬締(まじめ)が、辞書編集部の荒木に勧誘されて一緒に辞書作りをすることになり、仕事や友情や恋愛を通じて成長していくストーリーになっています。

 

馬締が成長していく姿を描いているのですが、職人肌で口数が少なく何を考えているのかわかりにくいうえにご都合主義に物事が進んでいくため感情移入しにくいところがあります。

 

むしろ、同学年でチャラ男として描かれている西岡のほうが馬締への嫉妬や自分の境遇に悩んだりと人間臭さを全面に出しているため共感しやすくなっています。

特に西岡の恋愛模様は漫画ではあまりないパターンなので凄く好感がもてます。

 

辞書作りにかける情熱は、多少の温度差はあるにしても部署のみんな熱いです。そ

んな熱いメンバーで辞書を作るのですが、わざとらしいドラマチックな展開はなく、ごくありふれた日常を素直に描いているだけに、辞書作りの過程を俯瞰しているような気分になるのがこの作品の醍醐味です。

さらに主人公の年の重ね方も雲田はるこ先生がうまく表現されているところも注目です。

 

読んでほっこりする作品です。ぜひ、ご一読いただければと思います。

 

喰う寝るふたり住むふたり

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 同棲8年目カップルの日常を男性目線と女性目線の両サイドからザッピングストーリーで描いた作品です。男性漫画にありがちな際どい表現も暴力的シーンもなければ、女性漫画にありがちなキラキラした表現もなく淡々と描かれているので、男性、女性のどちらにも読みやすい作品になっています。
  • 長い同棲期間から巻き起こる浮気や不倫など劇的な展開が盛り込まれるということもなく、料理のことだったり、晩酌のことだったり、ごくありふれた日常のみをエピソードにしているうえ、ふたりとも特別イケメンだったり美女ではなくごく普通にいそうな男女として描かれているので読者の共感値はかなり高そうです。
  • 原作は日暮キノコ先生で、ドラマ化されたこの「喰う寝るふたり 住むふたり」が代表作になりそうです。

 

喰う寝るふたり 住むふたりを読んだ感想

\\カップルの日常をみたい時に//

「喰う寝るふたり 住むふたり」は、同棲8年目の町田りつ子(リツコ)と野々山修一(のんちゃん)のありふれた日常を描いた作品です。

 

各エピソードごとにリツコ編、のんちゃん編として別目線で描かれています。読者が女性であればリツコ編に共感できて、のんちゃん編は「あぁ、そういうことね。そう捉えるわけね」などと男が何を考えているのか参考になるかと思います。

 

相手がどんな事で怒っているのか、どういう背景でそういう考えに至っているのか、かなりリアルなところを突いているので色々と考えさせられます。

ただ、怒っていても相手への温かな想いは忘れていないので、怒っている場面でもほっこりします。

 

何気ない日常だけに登場人物に凄いイケメンも女優みたいなキラキラしたOLも出てきませんし、元カレ、元カノがよりを戻しに来ません。

基本的に小さないざこざをピックアップしているだけですが、それが感情移入をしやすくさせているのかも。

物語に入り込みやすいせいか、どのエピソードもドラマチックに読めるのが本作品の魅力です。

 

もっとも、伊達に長続きしてなくて、ケンカ後の仲直りのサインを決めておくなど、恋愛や結婚が長続きするポイントをしっかりおさえているので要チェックです。

最初から最後まで幸せな話なので、疲れている方やほっこりしたい方にぜひ読んでいただきたいです。

 

昭和元禄落語心中

漫画 おすすめ 完結大人の女性向け
  • 落語とミステリーが絡み合いながら物語が進んでいくので、落語好きもミステリー好きにもオススメです。
  • 絵もストーリーも全体的に暗めですが、そのことが昭和や落語が持っている独特の雰囲気を伝わりやすくしていて、この作品が持つ『粋』な世界観を堪能できます。
  • どの登場人物もひと癖もふた癖もありますが、そうなった背景を若い頃から丁寧に描かれているため共感しやすくなっています。
  • 原作はBL系の作品が多かった雲田はるこ先生で、この作品もそのテイストをのぞかせつつ複数の不器用な恋愛模様を描いています。
  • 伏線や感情の動きが1度読んだだけではわかりにくいですが、読み込んでいくたびに作品の厚みを感じられます。なお、落語のパートは字数が多いので読むのが大変かもしれませんが、伏線になっていたりするので読み飛ばすのはもったいないです。

 

昭和元禄落語心中を読んだ感想

\\仕事に立ち向かう男性を応戦したい時に//

「昭和元禄落語心中」は、主人公で元ヤクザの強次が刑務所から出所してすぐ八代目有楽亭八雲の弟子入りし、「与太郎」という名前をもらうところから物語が始まります。

 

念願叶って弟子となった与太郎は八雲師匠の家で暮らすことになりますが、そこには師匠の養女で小夏もおり、少しややこしい関係の同居になります。

しかも、小夏の亡くなった両親と八雲師匠には深い秘密があり、この秘密を巡って話が進むことになります。

 

大きく3部構成になっていて、八雲師匠が主人公なのでは?と思うくらい八雲師匠の生涯が描かれているのですが、それがしっかりと与太郎と物語に絡んで骨太な作品へと昇華させています。

 

それぞれのキャラの凄く大きなストーリーの必要な部分だけ切り出して研ぎ澄ましたような作品なので、雑さや粗さがなくそれこそ完成度の高い落語のようです。

 

そのため、さまざまな恋愛模様も描かれますが、男性中心に描いていることもあるのか比較的さらっとしか描かれていません。

もっとも、そのことが大人の色気みたいな感じを醸し出していて、この作品の魅力の1つになっています。

 

読めば読むほど、練りに練られた作品であることがわかるので、難しいところは一旦飛ばしても最後まで読んでいただきたい作品です。

そうすると、あれは伏線だったのでは?と自然に何回も読むことになると思います。

 

何回か読むうちに八雲師匠の妖艶な落語も与太郎の元気な落語もまるでその場で見ているような感覚になること間違いなしです。

それでは、おあとがよろしいようで。

 

漫画を無料で読む方法をご案内!

漫画を無料で読むならU-NEXTがおすすめです!

U-NEXTとは動画や漫画がみられる配信サービス!

初めて利用の場合は新規加入で月額1990円が31日無料で使えます♪

 

しかもU-NEXTは登録するだけで1pt=1円(税込)のポイントが600円分もらえちゃうんです。

もらったポイントは即日使えます!

税込600円までならポイントを使って、漫画を無料で読めるんですね♪

 

さらにU-NEXTはアニメやドラマ+映画見放題作品90,000本

見放題作品ならポイント消費もなく、定額で見放題なので他の動画サービスを使っている人は一本化すると大幅なコストダウンができちゃいます!

 

また無料期間をすぎた場合の継続特典も!

無料期間を過ぎても継続している場合は、毎月1200円分のポイントをもらうことがでるので、実質800円くらいで様々なサービスがお得に使えちゃうんです!

 

漫画比較おすすめ

毎月もらえる1200ポイントで最新映画をレンタルで見たり・・・。

 

漫画 無料で読む方法

好きな漫画もポイントで読めちゃいます!

 

漫画 無料で読む方法

しかもU-NEXTで漫画を購入すると、ポイントチャージをした分から最大40%のポイント還元がつきます!(無料付与ポイント使用は対象外・32日後還元)

3冊買うと1冊タダになる計算。めっちゃお得です。

 

また追加料金なしで雑誌まで読み放題

 

UNEXT 雑誌読み放題

実質800円くらいで漫画や映画も見れて、雑誌も読み放題にできちゃうのはかなりお得です!

 

まとめると
  • 初めての利用なら31日間無料!
  • 無料お試しで税込600円まで漫画がポイントで無料になる!
  • 無料期間中でも対象のアニメやドラマが見放題!
  • 継続なら毎月税込1200円まで漫画がポイントで無料になる!

最新コミックスも対象なので、かなりお得です♪

まだ無料お試し期間を使ったことがない人はぜひこれでお得に漫画を読んじゃってくださいね!

 

31日間無料+600ポイントで好きな漫画を読んでみる↓

※本ページの情報は2019年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

漫画おすすめ100選!完結済み大人女性向けの恋愛や少女漫画の名作を紹介!まとめ

実際に読んだ漫画の中から、完結済みでと大人の女性に読んでもらいたい漫画たち100作品をおすすめ種別ごとにご案内しました!

どれも自信を持っておすすめできるものばかりですので、是非読んでみてくださいね♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!