TV番組・ドラマ化

大人女子に超おすすめ!サクッと読み切り1巻で完結の大人気マンガ一覧

忙しいあなたへ、なんだか漫画が読みたい時に。

サクッと1巻で完結する大人が読んでも面白い漫画を紹介します!

十年後、街のどこかで偶然に

  • 「十年後、街のどこかで偶然に」は、漫画「彼氏彼女の事情」で有名な津田雅美先生の短編作品です。
  • 主人公は、筆記用具メーカーに勤めるOL 藤堂 菫。
    たくさんの好きな物はあるけれど、特に人の手で作れたものに魅せれる彼女は、昔から美しく手仕事で作られる人や物に憧れがありました。
  • ある日、会社の近くでよく立ち寄る喫茶店が壁塗り工事の真っ最中。
    手仕事が大好きな菫は、壁を塗る職人さんをマジマジと観察してしまいます。
  • 菫が興味津々に見つめていた左官職人さんがまさかのまさか、高校時代に目の前で手仕事の凄さに目覚めさせてくれた同級生の慎でした。
  • 昔から口下手な慎は、手先がものすごく器用でした。高校時代に慎は、たまたま拾った万年筆に遊び半分で手彫りします。
    ところが、その万年筆が実は菫の物でした。手彫りされた万年筆に魅了されてしまった菫。
  • それぞれが別々の道に向かいますが10年後、記憶が蘇るように慎と菫それぞれ大人になり偶然の再会をして物語がスタートしていきます。
    二人の恋はどのように進展していくのかこの先がすごく気になる漫画です。

十年後、街のどこかで偶然にの感想

\\素敵な恋に落ちる瞬間をみたいなら//

「十年後、街のどこかで偶然に」は、無口で口下手な慎と、周りと合わせることが少し苦手で、昔から自分はこれとこだわりをしっかり持っていた菫が学生時代に一本の万年筆がきっかけで知り合うところから物語は始まるのですが・・・。

慎の家庭の事情で突然引っ越すことになり、気になっていた菫は慎とうまく話せないまま会えなくなってしまいます。

そんな二人が、大人になって偶然にも街で再開をする。

社会に出て、自分が筆記用具業界の道に進めるきっかけになった慎と再開する菫。

序盤から菫の気持ちの動きに、この恋の先行きはどうなるのか?とってもワクワクする展開に読み進めたくなります。

あの頃うまく話せなかったやりとりが、10年という月日の中で、お互い人間的な経験や成長をして恋愛に発展していく、まさに大人の恋愛を描いています。

学園が舞台の「彼氏彼女の事情」がテレビ放映されて話題にもなった、作者津田雅美先生。

本作「10年後、街のどこかで偶然に」もこんな恋愛をしたくなってしまうような、偶然ってから必然を感じてしまうような内容になっています。

お話は1巻で完結するストーリーで、とっても読みやすいです。

さらに主人公の菫の同級生たちがヒロインの続編もあり、全4巻あるのでその後もさらに楽しむことができます。

恋愛バカ上等

  • 「恋愛バカ上等」の主人公は、念願叶いって事務から同じ会社の営業部へ移動した、境徹子。
    今まで気が付かなかったけれど、新しく配属された営業部には知った顔が居ました。
  • 営業部の爽やかイケメンと噂になっている、赤星虎仁。
    徹子と虎仁は、ヤンチャしていた高校時代の友人でした。
  • 社会人になった今、ちょっと悪すぎるグループにいた事は、お互いに秘密にしたい過去。
    初対面なふりをしながら、バラさない様お互いに念を押します。
  • 大きな案件を抱えている虎仁のサポートをすることも兼ねて、2人は行動を共にする様になります。
    ヤンチャしていた高校時代とは違い、黒髪にスーツ姿がカッコよい虎仁を見ながら、徹子は時折昔の事を思い出します。
  • 虎仁は、狂暴で怖い存在だったっけれどカッコよくて目立つ存在でした。
    そして、情に厚くて仲間思い。
    そんな虎仁に徹子は恋をしていました。
  • ますますカッコよくなった虎仁。
    虎仁に失恋した過去から自信のない徹子ですが2人の仕事の行方、恋の行方はどうなっていくのでしょうか!?
  • 「恋バカ上等」は、仕事も恋も力いっぱい向き合うストーリーです。

恋愛バカ上等を読んだ感想

\\全力の恋を応援したいなら//

「恋愛バカ上等」は、1巻完結の気持ちよく読み切れる漫画です。

高校時代の友人と一緒に働くのって、正直やりずらそうですね・・。

しかも、異性でをしていた相手ってなるとなおさら。

仕事の関係で一緒にいる時間が長くなっていく2人。

昔の記憶と、目の前のカッコよくなった虎仁。

一緒にいる時間が長くなると、昔の記憶も蘇ってきます。

2人でいると、昔ヤンチャをしていた名残の様な言葉使いが出てきます。
気を許しているからこその雰囲気が、なんだか微笑ましかったりもします。

「恋愛バカ上等」というタイトルは、2人の結末を表しているのでしょうか?

恋愛バカになってしまっても良いや!
上等って入っているので、ライバルが出現!?

1巻完結なので、もっと読みたい気持ちが出てきて、短いストーリーにさえ感じてしまう漫画です。

式の前日

  • 「式の前日」は、新進気鋭の漫画家、積穂先生話題のデビュー作です。
    表題の漫画を含め、6作品が描かれた短篇漫画集です。
  • 「式の前日」「あずさ2号で再会」「モノクロ兄弟」「10月の箱庭」「夢見るかかし」そして式の前日の続編「式の前日の後日譚」の5話の短篇からなる漫画です。
    ストーリーには色々な設定の2人組が登場し、どれも心温まる話が展開していきます。
  • 2010年「月刊フラワーズ」掲載され、Twitterやネットの口コミでウワサとなり、かなりの人気を集めた漫画です。
    当時これが新人作品!?と、貫禄のある作風も話題になりました。
  • 絵の巧さから、あまり文字を入れずに一コマの画で見せることも出来るのも、この漫画の特徴です。
  • ページ数の少ないものでも、こんな物語なのかなぁと想像したストーリーとは違った展開を見せてくれます。
    良い意味での裏切りがあり、先が読めない感じや設定が驚きとなり、面白い話を楽しめます。
  • 短篇でここまで引き込まれる内容で描ける積穂先生。
    中編、長編漫画も気になるところです。
  • 「式の前日」は、少女漫画のセオリーや枠に囚われない普遍性を持っているところがとても魅力的な物語になっています。

式の前日を読んだ感想

\\大どんでん返しをみたいなら//

漫画「式の前日」は、別れをテーマにした作風のものが多いように感じました。

大切な人と。
亡くなってしまった人と。
すれ違いでの・・。

しかし別れが題材でも、決して悲しいものに終わるストーリーではありません。

次に明るい未来が待っているような、希望に満ちたストーリーになっているところが魅力的です。

読み終わった後、とても感情に響いてくるものがあります。

物語は普通の日常的なものを題材にしているものが多いです。

けれど、積穂先生の描くと、日常的な物語も独特な世界感により魅了的なものに変化しています。

そしてハマってしまう1番の魅力は、良い意味での裏切り感です!!

読み手が想像するストーリー展開が、当たらないのです。
想像を超えるストーリー展開には、だいぶ引き込まれてしまいます。

漫画のタイトルとなっている「式の前日」は、カップルのストーリーかと思い読み進めていたのですが、最後に実は兄弟のストーリーだったとか。

良い意味での裏切り・・。
そして、それによって合致する構成に、最後は納得までしてしまいます。

HER

  • 「HER」は、 短編ストーリーからなる漫画で、それぞれの主人公がどこかで繋がっているという面白い連鎖があります。
  • 全6篇からなる「HER」は、女性目線で書かれているものが多く、最後の1篇だけが男性からの目線で女性について考えるという視点で書かれています。
  • CASE1の主人公である井出さんは、異常に靴に執着する女性です。
    相手の靴、相手の靴に対する反応で、相手の人間性を図ります。
  • ただ普通にモテたい井出さん。
    けれど、背が高くてカッコ良い靴なんか履いていて、怖がれることも・・。
  • 普通にモテるって、なんでしょう。
    同じ美容室に来ていた男ウケの良さそうな女性を見ながら、あの靴はナシ。
    モテたいけど、普通に男ウケが良い恰好なんて、したくもありません。
  • モテたい気持ちはあるけど、自分からはいけない性格。
    そして、強すぎるこだわろを持つ彼女。
    表には出さない、女の本音が描かれています。
  • 他にも、普通だと思って毎日を過ごしている女性が登場します。
    レズビアンのキスを目撃してしまった処女の高校生、女たらしの男性客に妄想をいだく美容師、母の秘密を胸に一夜限りの関係を続ける地味な女。
    各CASEごとに、色んな女の本音が溢れてくる漫画です。

HERを読んだ感想

\\考えさせられるストーリーをみたいなら//

「HER」を読むと、女に種類があるのだと感じてしまいます。

現実の世界でも、それはそれは色々な女性がいて、自分と気の合う人もいれば合わない人もいる。

そんなの当たり前なんですが・・。

漫画を通して主人公の本音を読んでいくと、人それぞれ全然違うという事を、改めて教えられる気がします。

自分の世界が「普通」だと思っているけど、他の人から見れば「普通じゃない」。

だんだん、読んでいくうちに「普通でも、普通じゃなくても」いいんじゃないかと思えてもきます。

ただ、「HER」を読んですごく感じたことは、自分の知っている世界や、今いる場所、見てきた物や、知っている知識は狭いという事です。

すごくアクティブなストーリーではないけれど、じんわりじんわり考えさせられるストーリーが詰まっています。

マニマニ

  • 「マニマニ」は、女性の主人公からなる短編からできている漫画です。
  • マニマニの初めの短編である「キキョウ」の主人公は、生まれ育った田舎をでて東京で働いていた初音、26歳。
    仕事を辞めて、彼と別れ、故郷である田舎にも戻ってきたところからストーリーが始まります。
  • 6年ぶりに田舎に戻った初音に、近所の人は興味津々。
    結婚は?子供は?悪気のない質問は、チクリと心に響きます。
  • 幼いと思っていた近所の男の子が、意識してしまうほどの男に成長していたり、毎年楽しみに行っていた地元の花火大会など・・。
    生まれ育ったところから離れて生活している人には、共感する部分が沢山出てきます。
  • このまま田舎で過ごすのか、東京に戻ってまた1人で暮らし新しいことをするのか、この先どうやってやっていこうかと悩む26歳の揺れる気持ちが描かれています。
  • 中学3年生のとお母さんのストーリー、32歳の教師のストーリー。
    人生の話だったり、恋の話だったりと、さまざまな女性の視点から描かれている「マニマニ」の短編は、それぞれの年代特有の悩みを捉えて出来ているので、共感ポイントが沢山出てきます。

マニマニを読んだ感想

\\共感したい時に//

んでいて、共感する部分が多い「マニマニ」。

最初の短編「キキョウ」は、生まれ育った場所から離れて生活した経験のある人は、共感できるポイントが多くて特に面白いと思います!

久しぶりに田舎に戻った時の感覚や、近所の人の反応。

幼かった近所の子が、大人になってびっくりする感覚。

バスの本数が少なくて、最寄駅が遠くて不便。

一家に一台ある軽トラ。

昼間はセミの鳴き声に、夜はカエルの鳴き声・・全然静かでない田舎。

6年ぶりに田舎に戻った主人公の初音も、今まで仕事をしていた東京との違いにウンザリしながらも、なんだかんだ生まれ育った場所に癒されていくのがわかります。

出てくる方言にも「田舎」を感じる部分が満載で、わかる~という感じにほっこりします。

幼いと思っていた近所の男の子が、男になっていてドキドキするような場面も!

田舎あるあるを含めながらも、男女のストーリーも出てくるので、色々な角度から楽しむことができる漫画です。

「マニマニ」は、他にも女性の主人公からなる短編が掲載されています。

それぞれの年代で出てくる人生や恋愛の悩み。
揺れ動く気持ちに共感できる部分が多く、あっという間に読めてしまいます。

主人公たちと同じ女性でも、主人公と同じような経験のある男性でも、これから経験するかもしれない若い年代の人でも、幅広い方たちが読んでほっこりしたり共感したりできる漫画です!

塔子さんには秘密がある

  • アニメ化にもされた人気作「姫ちゃんのリボン」原作者、水沢めぐみ先生の大人向けに描かれた秘密をテーマとしたオムニバス形式の短編集。
  • 大人の女性の秘密、と聞けば大体ドロドロ昼ドラ系を想像するけれど、意外と可愛い秘密で、描写もとても可愛らしい。
  • いい意味でコンサバで、ヒロインは等身大でキュート。ストレスなく読むことができます。
  • 秘密を知られたくない上司と、秘密を知ってしまった部下の、曖昧だけどピュアな関係が描かれた作品。

塔子さんには秘密があるを読んだ感想

\\癒されたい時に//

四宮塔子、36歳、独身アラフォー。

仕事もテキパキ出来て、部下にも遠慮なく叱りつける、会社ではお局的存在の塔子。

定時になると、同僚の誘いも常に断り、退社後は何をしているか謎な存在で、会社の皆から不思議に思われていました。

私も、塔子にどんな秘密があるのかとドキドキしながら読み進めたら、なんとクラシックバレエを習いに行ってるではないですか(笑)

私からしたら、そんなに恥ずかしい事なのかな?なんて思っちゃう程の秘密・・・。

でもやはり人それぞれだし、本人にとっては、おばちゃん達と一緒になって踊ってるのを知られたくなかったんですね。

でもとても楽しそうで、このまま秘密に出来ればと思っていましたが、やっぱりそうはいかないですね(笑)

発表会当日、会社から休日出勤するようにとの電話が・・・。

上司が皆を引っ張らないとと言われ断れず、本番までに間に合わせる為に必死に仕事をこなします。

あともう少し、という所でしたがもう時間が・・・間に合わない!

と思った時、ちょっと気になる部下の玲音が「任せてください、ここは大丈夫ですから」と送り出してくれました。

そのおかげで、発表会にギリギリ間に合い、無事に終わり一安心。

後日、会社で玲音にお礼を言うと、「昨夜は、最高でしたよ♪」

なんと玲音は塔子の秘密を知り、更に発表会に駆けつけていたのです!

それから塔子は玲音の事がますます気になり、36歳だけど、年下の男の子に恋をしそうな、そんな場面でストーリーは終わります。

タイトルだけ見ると、なんだかイケない関係とか、とんでもない秘密を持っているんじゃないかと想像しましたが、実際読んでみたらすごくかわいくて素敵なストーリーでした。

「塔子さんには秘密がある」には他にも短編ストーリーが掲載されていますが、実は舞台は繋がっていて、他の短編に塔子さんと玲音のその後が知れるシーンが出てきたりするので、面白かったです♪

キレイで仕事の出来るアラフォー女性の秘密と恋愛模様、癒されたい人にお勧めのお話です。

外面が良いにも程がある

  • 4つの短編漫画からなる恋愛短編集です。前半の2話と後半の2話は舞台設定が異なり、前半は付き合う前の男女を、後半は付き合った後の男女を描いています。そして、4つとも本編終了後に1ページのおまけページがあり、これがいい味を出しています。
  • どの作品も、誰もが持っている二面性を活かした展開をコミカルに描いていて、サクッと痛快モノとして読むのにちょうどいいです。特に2話目は全てをなぎ倒すので、最も爽快です。
  • 恋愛短編集ですが、ラブストーリーというよりは嫌な感じの奴に一泡吹かせるという作風なので、スカッとしたい方にオススメです。
  • 原作は、女性の内面や表裏を描いた短編漫画のスペシャリストである尾崎衣良先生で、本作品で表裏を巧みに使い分ける女性を描いています。

外面が良いにも程がある。を読んだ感想

\\スカッとしたい時に//

「外面が良いにも程がある。」は、1話目「外面が良いにも程がある。」2話目「業務上偽装恋愛」3話目「いたい にがい 少し甘い」4話目「優しい毒薬」の4作品からなる恋愛短編集です。

4つとも独立したお話になっているので関連性はありません。

ただ、1〜3話までは恋愛漫画らしくイケメンが助けてくれる流れになっていますが、4話目でそこまでの価値観をひっくり返すので「イケメンとは?」という視点で最初から読み返すと更に面白いです。

なお「外面が良いにも程がある。」というタイトルになっていますが、全て読むと外面が良いだけでは幸せなれないという教訓を描いているように思えます。

前半の2話は、付き合う前の男女を駆け引きを1話目は男性目線から、2話目は女性目線から描いています。

どちらも大人の恋愛をコミカルに描いているせいか、キュンキュンするシーンがあるものの心理ゲームをドキドキしながら見てるような感覚になります。

一方、後半の2話は、付き合った後の男女の物語でこちらは2話とも女性目線ですが、どちらも付き合った男性にイラッとする展開なのでスカッとはするけど少し苦味のある話になっています。

短編とはいえ、仕事や恋愛でのOLあるあるが一杯詰まっています。

ですから、OL経験がある方には共感しやすい作品ではないでしょうか。

サクッと読めて気分転換やちょっと背中を押してもらいたいときにちょうどいい仕上がりになっています。

ぜひ読んでいただきたい作品です。

愛すべき娘たち

  • 女性の様々な生き方をテーマにした短編集
  • それぞれのストーリーが微妙に繋がっていて面白いです
  • 三世代の母と娘のお話で、ドロドロしたイメージあるかもだけど、意外とすっきりした気持ちで読めます
  • 母と娘、母として、一人の女として、娘とどう向き合うのでしょうか
  • 娘は母に対して、絶対的な存在ではなく、一人の人間として認めていけるのか見ものですね!

愛すべき娘たちを読んだ感想

\\成長する大人を見たい時に//

14年前のコミックですが、よしながふみ先生の作品は有名なお話も多く、この作品も長く語り継がれるべき作品です。

母と娘の関係性、それぞれの心理描写が描かれていて、読む前はドロドロの昼ドラをついイメージしていましたが、イメージとは全く違う、すっきりとした気持ちで読み終える事ができました

親は、子供にとっては絶対的な存在であることは揺るぎない事実ですよね。

でも親も子供と同じ人間で、悩み苦しみ、辛く当たる事もある。

親は絶対、というか大きくて尊敬すべき当たり前の存在だと思っていました。

そんな子供の時代をいつの間にか通り過ぎて、「自分の親は完璧じゃないんだ」と気づいた瞬間を何となく覚えています。

この「愛すべき娘たち」の、親であり不完全な女でもあった三世代のそれぞれの話が印象的で、そんなことをふと思い出しました。

若すぎる出産に対してよく言われる「子どもが子どもを育ててる」というのは、実は全ての親子に当てはまることなのかもしれないですね。

嬉しかった事も、叱られて悲しかった事も、幼いころに絶対で当たり前の存在だった母もまた、祖母の娘であり、当時は私より若い、また未熟な存在だったでしょう。

そして実は今も互いに未熟な存在同士が対立しあっているのでしょうね。

母と娘の関係だけではなく、女性達はさまざまな心模様や揺れ、悩みや怒りを抱えながら、手探りで自身の道を歩んでいる・・・今も、そしてこの先も。

ストーリー中の「お葬式ではうんと泣くからね」というフレーズが出てきますが、私はこのフレーズが一番心に響きました。

この一言には、今までの娘の気持ち、これからの母への気持ち、たくさんの想いを込めて贈られた一言なのだと、胸を揺さぶられました。

よみながふみ先生の「愛すべき娘たち」。

不器用な人たちが不器用なりに生きて、それでもだれかに愛されていたり認められたりしている、そんな世界観。

時代を超えてこの一冊は読み継がれていってほしい。

愛すべき娘へ、あなたも母親となる日に。

ゴミ屋敷とトイプードルと私

  • 「ゴミ屋敷とトイプードルと私」は、SNSにどっぷりハマてしまった、アラサー女子が主人公の漫画です。
  • どこか自分の身近にもいそうな気がする主人公のあすかは34歳。
    20代の頃に読モだったことが自慢の、キラキラ女子・・。
    20代の頃から心は変わっていないのです。
  • 頭の中は、SNSが中心
    投稿した時に良い反応がもらえるという事だけに、トイプードルを飼い始めます。
  • あすかは、キラキラ女子を装うことに一生懸命!
    流行りの物を身に着け、SNS映えする物を好み、背伸びをして毎日を過ごしているのです。
  • 現実が全く見えていない34歳のあすか。
    汚い部屋で生活し、背伸びして毎日を過ごしていくうちに、キラキラに見せてた自分に限界がきます。
    SNSにハマりすぎてしまった主人公は、どうなっていくのでしょうか!?

ゴミ屋敷とトイプードルと私を読んだ感想

\\因果応報をみたい時に//

外見を気にし過ぎていると、「ゴミ屋敷とトイプードルと私」の主人公あすかの様になってしまうのでしょうか?

SNSにハマる人が多い現代、主人公のあすかの様な人って身近にいるのではないかと思えてくる漫画です。

あすかは、流行りの物を身に着け、流行りの店に行き、キラキラした物に囲まれて、キラキラした毎日を送っているように見せることを生きがいに感じています。

けれど、あすかの現実は装っているキラキラした生活とは全く違います!!

SNSに投稿をすると、見ている人の反応が良いという理由でトイプードルを飼い始めますが、世話を嫌い虐待と言っても過言でないような状況で犬を飼っているのです。

そして、部屋は足の踏み場がないような状態・・。

そんな偽物のキラキラ女子は、周りにどう思われているのでしょうか!?

偽りは、いつかバレる時がやってくるのでしょうか!?

キラキラを装っている時のあすかと、素のあすかの絵のタッチが全然違う所にも注目です。

トイプードルと接するときのあすかは、恐ろしく、迫力のあるタッチで描かれているのでギャップに驚きます。

「ゴミ屋敷とトイプードルと私」は、こういう人いるな~と思いながら楽しめる漫画です。

Love,Hate,Love.

  • 「Love,Hate,Love」は、バレエダンサーを目出していた主人公の喜和子と、喜和子の住むマンションの隣に住む男性とのストーリーです。
  • 女性のバレエダンサーを言えば、髪をお団子にしたりと、髪の長さまでも意識するようなところがあるかと思いきや、ストーリーが始まってすぐに喜和子はショートカットに髪形を変えます
    そう、喜和子はバレエダンサーというものを諦めようという気持ちの中、ゆらゆらと揺らいで悩んでいました。
  • ゆらゆらした気持ちで、初めてタバコを吸うために自宅マンションのベランダに出ます。
    そこで隣の住人である男性と出会います。
  • 喜和子は28歳。
    男性は52歳。
    52歳のおじさまは、52歳の色気も、52歳の教養も、52歳の余裕もあります。
    そして、52歳だけど怖気着いたりします。
  • 今までバレエ一筋で恋愛をしてこなかった28歳と、色気のある52歳のストーリー。
    ドキドキしてしまう漫画です。

Love,Hate,Loveを読んだ感想

\\年の差ラブを読みたい時に//

とにかく、空気感と間に色気のある「LOVE,Hate,LOVE」。

歳の差のある男女のストーリーに、どきどきしてしまいます。

喜和子は、夢であったバレエダンサーを諦めようかと、心が揺らいでいました。

葛藤と決心と諦めて良いのだろうかっと、心は定まりません。

何かに縋りたかったのか、バレエダンサーらしくないからか、タバコを吸う場面からストーリーは動き出します。

喜和子の隣に住むおじさまは、52歳。

このおじさまには、すっごい色気があるのです。

絵のタッチも職業のせいもあるかもしれませんが、頼れる52歳であったり、怖気着く52歳であったり、完璧でないところもまた色気が漂っています。

また、「LOVE,Hate,LOVE」の間は、ストーリーの空気感にアダルト感を出しているように感します!

作者のヤマシタ トコモ先生は、BLの世界を描くことが多い先生です。

そんなヤマシタ先生が描く28歳の恋愛経験が少ない女性と、色気のある52歳のおじさまとのストーリー。

家で落ち着いて、ゆっくり読みたいストーリーです。

漫画を無料で読む方法をご案内!

漫画を無料で読むならU-NEXTがおすすめです!

U-NEXTとは動画や漫画がみられる配信サービス!

初めて利用の場合は新規加入で月額1990円が31日無料で使えます♪

 

しかもU-NEXTは登録するだけで1pt=1円(税込)のポイントが600円分もらえちゃうんです。

もらったポイントは即日使えます!

税込600円までならポイントを使って、漫画を無料で読めるんですね♪

 

さらにU-NEXTはアニメやドラマ+映画見放題作品90,000本

見放題作品ならポイント消費もなく、定額で見放題なので他の動画サービスを使っている人は一本化すると大幅なコストダウンができちゃいます!

 

また無料期間をすぎた場合の継続特典も!

無料期間を過ぎても継続している場合は、毎月1200円分のポイントをもらうことがでるので、実質800円くらいで様々なサービスがお得に使えちゃうんです!

 

漫画比較おすすめ

毎月もらえる1200ポイントで最新映画をレンタルで見たり・・・。

 

漫画 無料で読む方法

好きな漫画もポイントで読めちゃいます!

 

漫画 無料で読む方法

しかもU-NEXTで漫画を購入すると、ポイントチャージをした分から最大40%のポイント還元がつきます!(無料付与ポイント使用は対象外・32日後還元)

3冊買うと1冊タダになる計算。めっちゃお得です。

 

また追加料金なしで雑誌まで読み放題

 

UNEXT 雑誌読み放題

実質800円くらいで漫画や映画も見れて、雑誌も読み放題にできちゃうのはかなりお得です!

まとめると
  • 初めての利用なら31日間無料!
  • 無料お試しで600円まで漫画がポイントで無料になる!
  • 無料期間中でも対象のアニメやドラマが見放題!
  • 継続なら毎月1200円まで漫画がポイントで無料になる!

最新コミックスも対象なので、かなりお得です♪

まだ無料お試し期間を使ったことがない人はぜひこれでお得に漫画を読んじゃってくださいね!

好きな漫画が600円タダ!↓

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

公式サイト:https://www.video.unext.jp/

漫画おすすめ100選!完結済み大人女性向けの恋愛や少女漫画の名作を紹介!まとめ

実際に読んだ漫画の中から、完結済みでと大人の女性に読んでもらいたい漫画たち100作品をおすすめ種別ごとにご案内しました!

どれも自信を持っておすすめできるものばかりですので、是非読んでみてくださいね♪