少年/青年漫画

「俺だけレベルアップな件」ネタバレ137話!あらすじ感想。

ピッコマ独占配信の人気コミック「俺だけレベルアップな件」。

「続きが気になる!」
「最新話のネタバレが知りたい!」

こちらでは「俺だけレベルアップな件137話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法




「俺だけレベルアップな件」137話のあらすじネタバレ

前回の136話では、水篠 旬(以下,旬)が影たちとともに一番大きな巨人に挑みました。

これまでの影たちに加え、倒した他の巨人たちをも抽出し、全員で総攻撃を仕掛けます。

相手の弱点が目であることを見抜き、ベルとともに集中的に斬りつけました。

巨人が倒れ込み「敵を倒しました!」というシステムメッセージが現れたところで、前回は終わりました。

とりあえずひと段落だとは思いますが、今回がどのような展開が待っているのでしょうか。

一件落着?

「さすが水篠さんです!」

 

討伐を遠くから確認した諸菱 賢太(以下,賢太)が、旬のもとへとやってきました。

 

これで一件落着。ーかのように思えますが、旬はシステムメッセージに違和感を覚えます。

 

メッセージは<敵>を倒したことを知らせており、<ダンジョンの主>ではないのです。

 

つまりまだレイドは終わっていないということでしょう。

 

そして倒した巨人は黒い煙が出ていないため、影を抽出することはできなさそうです。

 

ふと旬が巨人からの異変を察知しました。巨人の方を凝視します。

 

「王よ 私です」

 

倒れた巨人の口の中からベルが出てきました。

 

「なんだおまえか」

 

巨人が死んだのにも関わらず、ベルをかき消すほどの魔力を放っていたため、ベルを他の何者かと勘違いしてしまったようです。

<スポンサーリンク>

ゲートからの異常

ゲートが急にバチバチッと音を立て光り始めたかと思うと、<魔力の爆風>が起きました。

 

旬は瞬時にガードしましたが、頬にかすり傷を受けてしまいました。

 

魔力だけで体を傷つけられたのはこれが初めてです。

 

賢太のことはイグリットがガードしてくれていたようで一安心。

 

爆風のあと、ゲートが巨人の魔力を吸い込み始めました。

 

どうやらまだ一件落着ではないようです。

 

賢太にはその場で待ってるよう指示した後、旬はゲートの中を調べに行きました。




縛り付けられたモンスター

ゲートの中では、異様に天井が高い廊下が続いていました。巨人のための作りになっているのでしょう。

 

「王よ… 聞こえますか?」

 

ベルが何か聞き取ったようです。旬にもそれが聞こえました。

 

なにやら不気味な笑い声が、廊下の向こう側から響いてきます。

 

敵が侵入してきたのに笑うとは、変な奴がいるものです。

 

声のする部屋では、あるモンスターが動かないよう鎖で繋がれていました。

 

奥の部屋では、笑い声の正体であるモンスターが、動けないよう複数の鎖で繋がれていました。

 

旬が部屋に近づいてきたのを感じ取ると、そのモンスター喋り始めます。

 

「卑劣な支配者ども!

一番乗りが誰かしかと見るがいい!

よく来た君主よ」

 

続けて「鎖を解いてくれ」と、旬にお願いをしてきました。

 

そいつが言うには、支配者たちが企てている事を知っており、早く他の君主にも知らせに行かなければいけないとのことです。

 

部屋に入ってきた旬をじっと見つめると、「おまえ… 私の知るものではないようだ」と言いました。

 

旬が「その支配者とかいう奴らに縛られたのか?」と尋ねると、

「火種にしようとしているのだ 本当の戦争の」と答えました。

 

理性を持ち、かつ、ここまで自分の置かれた状況を説明できるモンスターに出会ったのは初めてです。

 

縛られているモンスターは君主であると名乗り、支配者は君主の敵であることを旬に伝えました。

 

そして君主と支配者のどちらも、旬のことを狙っているようです。

 

そこで味方になる代わりに、鎖を解いてくれという交換条件を示してきました。

 

旬は警戒し、モンスターの言う事など信じられないと拒否。

 

モンスターは「これならどうだ」と言うと、なにやら呪文のような訳の分からない言語を叫び始めました。

 

するとシステムメッセージが出現。

 

巨人の王 太初の君主「レギア」が[スキル:信実の誓い(取引)]を使用しました

[信実の誓い(取引)]を受け入れると 使用者と被使用者は違いに嘘をつくことができなくなります

[信実の誓い(取引)]を受け入れますか? はい/いいえ

 

旬は一瞬迷いましたが、はいを選択。

 

旬が「おまえを信じる」言おうとすると、喉が詰まり言葉が出てこなくなりました。

 

これが信実の誓いの効果のようです。この2人の間で嘘はつけなくなりました。

 

鎖を解く前にいろいろと質問していくと

 

・ゲートから出てくるモンスターは<混世の住民>であり、支配者の軍に敗れ囚われた者たち

・<混世の住民>は長い間囚われていたため、自我が崩壊し理性を失った

・レギアは王なので、囚われていてもずっと理性を保ってきた

・旬が設計者のメモリーデータで見た銀の兵士が、支配者の兵士

 

ということなどが分かってきました。

 

そして最後に旬は、「支配者はなんで地球上に怪物を…モンスターを送ってくるんだ?」と尋ねました。

その質問を聞いたレギアがニヤッと笑ったところで、137話は終わります。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法
【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

俺だけレベルアップな件を無料で読めるか調査した結果

「俺だけレベルアップな件」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


137話を読んだ感想

続いて、137話を読んでみての感想を紹介します!

 

旬はシステムメッセージが<敵>であり、<ダンジョンの主>でないことに違和感を覚えました。

 

鋭い観察力ですね。この巨人よりも強いラスボスがいるということでしょうか。

 

そして一番大きな巨人の影は抽出することができませんでした。もしできれば相当な戦力になっただけに残念ですね。

 

巨人は死んでからも大量の魔力を放っていました。ベルの気配すら消してしまうほどなので、相当なものなのだということが分かります。

 

改めて強大な敵だということが実感できました。

 

魔力の爆風はなぜ起きたのか気になります。

 

魔力を吸い取る前兆ということでしょうか。これまでの攻略では見られた記憶がありません。

 

物理攻撃でもないのに傷がついたところを見ると、相当強い爆風だったのでしょう。

 

旬もこんなことは初めてだと言っていました。

 

ゲートの中に入ると、巨人がいたであろう天井の高い空間がありました。

 

そして奥から笑い声が。笑い声の主は、巨人の王 レギアでした。

 

互いに嘘をつかないという誓いを交わし、この世界の仕組みに関することを聞き出します。

 

一気にいろんなことが分かり、頭が追いつけないですね。

 

とにかく支配者と君主が対立しているということは分かりました。

 

そして支配者が地球にモンスターを送ってくる目的は、まだ分からず仕舞いです。近いうちに分かるでしょう。

 

レギアがニヤッと笑った理由も気になります。

 

情報や伏線がたくさん出てきたので、次回以降も楽しみです!

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法




俺だけレベルアップな件137話!まとめ

こちらでは137話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

俺だけレベルアップな件
137話のまとめ
  • 君主と支配者のどちらも、旬のことを狙っている。
  • 旬は誓いを交わし、この世界の仕組みを聞いた。
  • 支配者が地球にモンスターを送ってくる目的はまだ分からない。