少年/青年漫画

「俺だけレベルアップな件」ネタバレ128話!あらすじ感想!答えの場所

ピッコマ独占配信の人気コミック「俺だけレベルアップな件」。

「続きが気になる!」
「最新話のネタバレが知りたい!」

こちらでは「俺だけレベルアップな件128話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

「俺だけレベルアップな件」前回までのあらすじ

前回の127話では、水篠 旬(以下,旬)とシステムの設計者の最終決戦が行われていました。

序盤旬は押されていましたが、圧倒的な成長速度を発揮して設計者を驚かせます。

そして激しい攻防の末、設計者の首元にナイフを突き立てた旬が勝利を納めました。

旬がプレイヤーに選ばれた理由や世界の異変など、さまざまな疑問が残っていますが、はたして今回で明らかになるのでしょうか。

よく無料で試し読みされている作品
横にスライドでもっと見る>

無料で読める!今週のおすすめTOP3

秘密の授業
「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい―――朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感――それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?


キスでふさいで、バレないで。
「こんな状況で感じるなんて、やらしいな」シャツごしに敏感なトコロをこすられ、指を挿れられて、バレないように声を抑えろだなんて…そんなの無理…!ある夜、うっかり会社の廊下に締め出されてしまった楓(かえで)は、偶然とおりかかった片想いの相手・塩谷(しおや)に助けられ、そのまま家に泊まらせてもらう事に!しかしそこへ、塩谷のルームシェア相手が帰宅し思わずクローゼットに隠れる二人。密着するカラダにドキドキする楓…その時、塩谷のくちびるが楓の胸に触れ―――


もしも、幼馴染を抱いたなら
「私たちの関係って、何…?」ジムのトレーナーである修司と幼馴染の茜。茜が修司の働くジムに通うことになったのだが、担当するトレーナーは会員と寝ていると有名な男…!!ある夜、帰りの遅い茜が担当トレーナーに車で送られたのを見てしまい、幼馴染が抱かれたのではと、気になって仕方ない!それから茜の行動から目が離せなくなってしまい…。こんなに心配するのは幼馴染で親友だから。なのに無防備な茜の姿に体は反応して、抱きたい衝動は増していき…!二人が一線を越えたその先にあるものとは――?

「俺だけレベルアップな件」128話のあらすじネタバレ

では早速、「俺だけレベルアップな件」の128話のあらすじと感想を紹介します。

答えの場所?

「答えはおまえの中にある」

設計者はそう言いながら、旬を指差します。

「俺の中?」

旬の目の前にメッセージウィンドウが現れます。

[メモリーに保存されたデータを読み込みます]

[許可しますか?(はい/いいえ)]

「判断はおまえに委ねる」と、設計者は不適な笑みを浮かべます。

旬はしばらく黙り込んだ後、「はい 許可する」と口を開きました。

[データの読み込みに成功しました]

その瞬間、激しい光が旬を包み込みます。

大量のモンスター

気がつくと旬は、謎の荒地の上空に浮かんでいました。

まるで幽体離脱のように、魂だけこの場所に来たかのようです。

「嘘だろ あれ全部モンスターじゃないか」

下を見ると、広い大地に地面が見えないほど大量のモンスターが密集しています。

モンスターたちは、全員空の方向を見つめていました。

旬が空に視線を向けると、空は紫色に覆われており、ブラックホールのような複数の渦巻きが禍々しく存在しています。

ここは地球ではない事は確かです。

空にある渦巻きは地球に繋がっているゲートでしょうか。

もしここにいる大量のモンスターが一気に地球に押し寄せてしまったら、人間に勝算はありません。

戦争の始まり

突然、渦巻きにヒビが入り、徐々にそれが大きくなっていきました。

パリンッ

渦巻きから、羽を生やした天使のような銀の兵士が大量に出てきました。

彼らが何者なのかは分かりませんが、これから何が起ころうとしているのかはすぐに分かります。

ー戦争です。

モンスターと銀の兵士の戦いが始まりました。

武器と武器がぶつかり合う音、鎧が砕ける音が響き渡ります。

銀の兵士が強く、あっという間に優勢に。

モンスターたちの雄叫びが悲鳴に変わり、大地を赤く染め上げます。

影の君主

そしてモンスターたちが全滅しそうなとき、突然銀の兵士の動きが止まりました。

すると、黒い馬に乗った黒い兵士がやってきて、「起きろ」とモンスターたちに呼びかけます。

旬の能力でもある、<君主の領域>と<影の抽出>を使ったのです。

モンスターたちは全員、影として蘇りました。

黒い兵士は影の君主なのでしょうか。

旬の影とは比べ物にならないくらい大量の影を従えています。

影たちは再び銀の兵士に飛びかかりました。

銀と黒の激しいぶつかり合い。轟く地鳴り。

戦いは徐々に勢いを増していきます。

そして、影の君主自ら前線に立ち、銀の兵士を駆逐していきました。

またも旬と同様に、<支配者の権能>を使いこなしています。

先ほどとは状況が一変し、影の勝利として戦争が終わるかのように見えました。

ー彼らが現れるまでは。

援軍の到着

犬飼 晃(以下,晃)とともに、向坂 雫(以下,雫)と最上 真(以下,真)を引き連れた援軍が、旬と設計者のいる部屋の前まで来ていました。

真は部屋の中からとてつもない魔力を感じとります。

雫は、それが旬のものではないと気付きました。

それなら一体の誰のものなのでしょうか。

真は扉をそっと開けます。

「こ… これは一体…!」

眼前には、バラバラになった石像と、たくさんの穴が空いた地面が広がっていました。

明らかに戦闘の跡のようです。

「本当に…あったのか 神像と石像が…!」と、晃は驚きます。

王への生贄

「何しに来た?」

「人間を招待した覚えはないが」

設計者が、援軍に話しかけます。

「モンスターがしゃべった…?空耳…?」

援軍は耳を疑います。

「静かに 王の眠りを妨げるな」と設計者は言います。

部屋の中心には、魂の抜けたような旬が突っ立っていました。

「水篠ハンター… あそこで何してんだ?」

あるメンバーがそう言った途端、設計者が目にも止まらぬ速さで援軍のうち半数を切り裂きます。

雫でさえ捉えられないスピードです。

「強い人間 王に捧げる生贄にちょうどいい」

設計者がそう呟いたところで、128話は終わります。

<前話 全話一覧 次話>

俺だけレベルアップな件を無料で読めるか調査した結果

せっかくマンガを読むならネタバレの文章だけでなく、イラストと一緒にストーリーを楽しみたいですよね。

「俺だけレベルアップな件」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

しかし、「俺だけレベルアップな件」のような話題のSF・ファンタジー漫画「U-NEXT」なら無料楽むことが出来ます!

1冊分無料!!

引用:https://www.amazon.co.jp/

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが貰えるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃうんです!

※31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。

漫画・電子書籍が26万作品も提供されているので、U-NEXTはラインナップも非常に豊富ですよ。

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

また月額プランに移行した場合は毎月1日に必ず1,200円分のポイントが貰えます!

なので最新作や好きな漫画をU-NEXTで買うと、出費を抑えられますよ◎

自分に合ったU-NEXTのプランで漫画を楽しんでくださいね♫

実質無料で漫画を読む方法

マンガの最新刊・最新話を無料で読む方法とまとめ買いで数冊分を実質無料で読む方法 近年「漫画村」などの海賊版サイトの運営者が逮捕される等のニュースもありましたが、違法じゃない安全な方法でマンガを読みたいです...

128話を読んだ感想まとめ

続いて、128話を読んでみての感想を紹介します!

前回の戦いが終わってから、急展開で頭が追いつきませんでした。

旬がプレイヤーに選ばれた理由や世界の異変など、さまざまな疑問の答えが分かると思いきや、さらに謎が増えてしまいました。

まず旬が幽体離脱で見た景色はどこのものなのでしょうか。

上空にあった渦巻きがゲートだとしたら、そこはモンスターの湧き地点ということで納得できそうです。

そしたら銀の兵士は何者なのでしょうか。

見る限り人間では無いようです。人間の味方という立ち位置でしょうか。

そして途中で現れた影の君主も何者なのか、謎に包まれています。

旬と全く同じ能力を持っていました。旬の能力を具現化したものでしょうか。

黒と銀の戦争はまだまだ続きそうです。

彼らが現れるまでは黒の勝利のように見えていた、という描画がありました。

その彼らとは何者なのかも気になります。

現実での誠や雫の事を表現しているのでしょうか。

晃・雫・真とその他数名の援軍が、旬と設計者のいる部屋へとやってきました。

旬はやはり幽体離脱のように魂だけ抜けていて、身体はそこにありましたね。

旬は設計者に王と呼ばれていました。

さっきまでは敵対していたプレイヤーだったのに、急に立場が変わりましたね。

そして王の生贄として援軍の何人かが殺されてしまいました。

なぜ生贄が必要なのでしょうか。

状況から推察するに、旬は影の君主のように、王としてモンスターの頂点に君臨しそうな気がします。

旬が人間を駆逐するような展開になってしまうのでしょうか。

せっかく旬が設計者を倒したのに、これでは設計者の思惑にハマってしまっているようで悔しいです。

設計者が旬の成長速度に驚いていた点や、傷つけられた時に怒っていた点を見ると、旬に負けることは想定していなかったはずです。

しかし討伐後に旬に見せるメモリーデータは用意されていました。

倒されても倒されなくても、最初から見せる予定だったのでしょうか。

そもそも旬の魂は、無事にこちらに戻ってくる事ができるのか心配です。

戦争していたものたちは何者なのか、援軍はどうなってしまうのか、王とは何なのか、疑問がさらに増えた会でしたね。

次回の展開にも期待です!

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。