少年/青年漫画

「俺だけレベルアップな件」ネタバレ120話!あらすじ感想!オークの殲滅

ピッコマ独占配信の人気コミック「俺だけレベルアップな件」。

「続きが気になる!」
「最新話のネタバレが知りたい!」

こちらでは「俺だけレベルアップな件120話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

「俺だけレベルアップな件」前回までのあらすじ

前回の119話で水篠 旬(以下,旬)は、同行していたダンジョンにベルたちを置いて、水篠 葵(以下,葵)のいる学校へと向かいました。

学校では、生徒たちが現実世界に出てきたモンスター軍に襲われていました。

影が助けに入るも押され、影を操っていると疑われた葵が殺されそうになります。

間一髪で旬が学校に乗り込んだところで、119話は終わりました。

よく無料で試し読みされている作品
横にスライドでもっと見る>

無料で読める!今週のおすすめTOP3

秘密の授業
「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい―――朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感――それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?


キスでふさいで、バレないで。
「こんな状況で感じるなんて、やらしいな」シャツごしに敏感なトコロをこすられ、指を挿れられて、バレないように声を抑えろだなんて…そんなの無理…!ある夜、うっかり会社の廊下に締め出されてしまった楓(かえで)は、偶然とおりかかった片想いの相手・塩谷(しおや)に助けられ、そのまま家に泊まらせてもらう事に!しかしそこへ、塩谷のルームシェア相手が帰宅し思わずクローゼットに隠れる二人。密着するカラダにドキドキする楓…その時、塩谷のくちびるが楓の胸に触れ―――


もしも、幼馴染を抱いたなら
「私たちの関係って、何…?」ジムのトレーナーである修司と幼馴染の茜。茜が修司の働くジムに通うことになったのだが、担当するトレーナーは会員と寝ていると有名な男…!!ある夜、帰りの遅い茜が担当トレーナーに車で送られたのを見てしまい、幼馴染が抱かれたのではと、気になって仕方ない!それから茜の行動から目が離せなくなってしまい…。こんなに心配するのは幼馴染で親友だから。なのに無防備な茜の姿に体は反応して、抱きたい衝動は増していき…!二人が一線を越えたその先にあるものとは――?

「俺だけレベルアップな件」120話のあらすじネタバレ

では早速、「俺だけレベルアップな件」の120話のあらすじと感想を紹介します。

オークの殲滅

「もう大丈夫だ」

旬はそう言うと、葵を抱きしめました。

なんとか葵が殺される前に学校にやってくることが出来ました。

葵の周りにいた生徒たちもとりあえずは無事です。

イグリットを含めた影たちに頼み、葵たち生徒を外へ脱出させました。

モンスターたちが旬の殺気に動揺し、後退りします。

「動くなと言ったはずだ」

旬は怒りに満ちて溢れています。殺気のオーラにより旬の周りだけ時空が歪んでいるかのようです。

モンスターのリーダーであるグロクタールは、旬が影の術者だと気づきます。

「そなたは誰だ どうして私たちの言葉がわかるんだ?」と問いますが、旬は黙ってグロクタールを睨みつけています。

答える気がないようなので、グロクタールは部下たちに先制攻撃を仕掛けさせました。

部下たちが一瞬で間を詰め、斧を振り下ろします。

しかし旬は斧を持っている手を掴み、その手の指を折りました。

手を掴んだまま、部下を持ち上げ背中から地面に叩き落とします。そして頭を足で踏み潰し粉砕。

他の部下も旬に攻撃しようとします。旬は<支配者の手>を使い、直接触れずに部下を握り潰しました。

怒った他の部下たちは一斉に旬に攻撃しようとしますが、数をものともせず次々と握り潰していきます。

人間を殺す理由

「な…なんだと…」

動揺するグロクタールの首を掴み、壁に押し付けました。

旬は殺されてしまい横たわっている生徒たちを見た後、グロクタールに問いかけます。

「どうしておまえたちはそんなに人間を殺したがる?」

グロクタールは「頭の中で絶えず… 人間を殺せと…」と答えます。

「それなら俺は?俺を殺せという声も聞こえるのか?」

首を掴む手がだんだん強くなります。

「お…お許し…ください…」グロクタールはひたすらそう答えるしかありません。

「まあどうでもいい 許してやる」

「だが罪は償わないとな」

旬はそう言うと、ナイフでトドメを刺しました。

ベルの頼もしさ

ベルたちを置いてきたダンジョンでは、順調に攻略が進んでいます。

怪我をした人もベルが治癒魔法で治します。そこらへんのヒーラーよりも腕利きです。

攻略隊は、ボスの部屋らしき場所へと辿り着きました。

ボスはなんと<アークリッチ>。<デスナイト>も十体はいます。

アークリッチは中国のある超大型ギルドの攻略隊を全滅させた事で有名です。

「黄龍ギルド全滅事件」として広く知られています。

攻略隊のリーダーがどうしようかと考えていると、後ろからもモンスターたちが迫ってきていました。

挟み撃ちにならないようとりあえず部屋の扉を封鎖しますが、同時に逃げられなくもなりました。

封鎖している扉も5分は持たないでしょう。絶体絶命です。

アークリットがベルの存在に気づくと、「影の軍団…!」と驚きます。

「どうして王直属の部隊が我々を攻撃するのだ!?」と問います。

ベルは「私たちは王に選ばれた おまえたちと違ってな」と答えます。

「そんなはずがない!我々だって王に…!」と言いかけると、ベルは瞬く間にアークリッチに詰め寄ります。

そして核に深くひと突き。

ベルが「往生際の悪い野郎だ」と言ったところで、120話は終わります。

<前話 全話一覧 次話>

俺だけレベルアップな件を無料で読めるか調査した結果

せっかくマンガを読むならネタバレの文章だけでなく、イラストと一緒にストーリーを楽しみたいですよね。

「俺だけレベルアップな件」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

しかし、「俺だけレベルアップな件」のような話題のSF・ファンタジー漫画「U-NEXT」なら無料楽むことが出来ます!

1冊分無料!!

引用:https://www.amazon.co.jp/

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが貰えるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃうんです!

※31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。

漫画・電子書籍が26万作品も提供されているので、U-NEXTはラインナップも非常に豊富ですよ。

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

また月額プランに移行した場合は毎月1日に必ず1,200円分のポイントが貰えます!

なので最新作や好きな漫画をU-NEXTで買うと、出費を抑えられますよ◎

自分に合ったU-NEXTのプランで漫画を楽しんでくださいね♫

実質無料で漫画を読む方法

マンガの最新刊・最新話を無料で読む方法とまとめ買いで数冊分を実質無料で読む方法 近年「漫画村」などの海賊版サイトの運営者が逮捕される等のニュースもありましたが、違法じゃない安全な方法でマンガを読みたいです...

120話を読んだ感想まとめ

120話を読んでみての、感想を紹介します!

旬はなんとか葵が殺される前に学校に辿り着けましたね。

他の既に殺されてしまった生徒たちはかわいそうですが、とりあえず葵が無事でよかったです。

敵の数の暴力も、旬には全く通用しませんでしたね。

<支配者の手>を自在に操り、次々と駆逐していきました。

<支配者の手>はとても強力なスキルですね。今後もこれで活躍していきそうです。

敵も強敵だとは思いますが、ここまで一方的な展開となるとは想定外でした。

ボスのグロクタールにいたっては、旬に完全に怖気付いて何も出来ず終いでした。

旬は怒らせてはいけないということがよく分かりましたね。

そしてグロクタールは、最後人間を殺す理由を言っていました。

「頭の中で絶えず… 人間を殺せと…」との事です。

グロクタール自身には、殺したいという欲はないという事でしょうか。

誰か頭の中に直接命令し続けている黒幕がいそうですね。

全てのモンスターを牛耳るボスがいるとしたら、今後強敵になってきそうですね。

ベルは相変わらずの強さでした。

「黄龍ギルド全滅事件」で有名なように、アークリッチもそこらへんのモンスターよりも群を抜いた強さを持っているはずです。

それもベルの前では雑魚だと錯覚するほどの実力差でした。

旬はとんでもない影を仲間にしましたね。

少しはアークリッチの攻撃が見てみたかったです。

学校の事件がなく、旬がその場にいたとしたらアークリッチも仲間に出来た可能性があるので、少し残念ですね。

魔法系の影はあまりいなかった気がするので、仲間にしてほしかったです。

ベルは旬の事を王と言い、「王に選ばれた」と言っていました。

影として抽出されたら旬に忠実になるという事ですね。

アークリットはそれに反論して、「我々だって王に…!」と言っていました。

敵のモンスターたちにも主人となる存在がいるのでしょうか。

アークリッチの言う王とは、グロクタールに命じている黒幕と同じでしょうか。

しかしグロクタールは黒幕が誰だか分かっていない様子でした。

アークリッチは王が誰だか分かっているのでしょうか。

アークリッチが死ぬ前に少しは情報を聞き出しておきたいですね。

やはり旬がいないことが悔やまれます。

とりあえずどちらの件もひと段落でしょうか。次回の展開にも期待です!

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。