少女/女性漫画

【最新話】ゴミ屋敷とトイプードルと私#億女tuberまみりこ6話!あらすじ

ゴミ屋敷とトイプードルと私の新シリーズ「 #億女tuberまみりこ」。

今度はどんなストーリーまみりこに何が起きる

こちらでは「#億女tuberまみりこ 6話」の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

ネタバレを含みますので、ご注意ください!

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法




前話のあらすじ

追放権を得たまみりこですが、自分が悪者にならないような手段を使って誰を追放しようかと考えていました。

その結果、さくらに追放権を譲ることにしたのです。

さくらが追放すると決めたのは・・自分の母親であるさきママでした。

【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

ゴミ屋敷とトイプードルと私#億女tuberまみりこ6話のあらすじネタバレ

こちらでは6話の展開・あらすじをご紹介します。

ネタバレを含みますのでご注意ください。

追放者は、さきママ

「ママ、もうやめて。」

自分が娘に追放者と指をさされたさきママは信じられないという感じに床にへたっと座り込みました。

さくらは好きでも何でもないジョージに媚をうっている自分の母親を見るのが辛かったようで、それが自分の為にやってくれていることだとも知っていたのでした。

さきママは自分はミスばかりで守ってくれる男の人が必要だと思っていたのですが、さくらはママの事を頼りない人だとも思っていないし、むしろかっこいい人だと思っていたのです。

「ママがいればいい、2人で生きよう?」さくらの訴えはママに響き、2人は抱き合いました。

 

追放者はさきママ。

ここで1人目の追放者が決まりました。

さきママは家を出る時にジョージに近づき、今までの事を謝ったと同時に、まみりこには気を付けてと言ったのでした。

新たなショーの始まり

まみりこは、手を汚さずに済んだことにニコっとしています。

ここでZの声がメンバーたちに語り始め・・新たなショーの始まりを告げたのでした。

 

次の2週間で一番活躍した人にご褒美・・それは追放を免れる権利または動画の資金として300万を手にできるというのでした。

300万と聞いてメンバーを目を輝かせるのですが、ここで今回は重大なルール違反があったとして、まみりこにペナルティが与えられたのです。

それは、特別に選べれた人に生き残りをジャッジされるという事でした。

 

ジャッジするのは、まみりこがはめたアサミをはじめとするオーディションで一緒だった女性たちでした。

アサミの存在を知ったまみりこは、自分を残すわけないと確信して負けることになると頭を抱えることになったのです。




まみりこをジャッジ

アサミ達は同じオーディションで敗れることになったまみりこを裁判にかけて欲しいと集められていました。

アサミはまみりこのことをブスだし憎たらしいと思っていて、この裁判にけっこうノッています。

ここに集められたのは、アサミの他にももな、みほ、りん子・・みんな共通して可愛いし頑張っているけれど今いちの底辺ウィーチューバーなのでした。

4人はまみりこがドリームライバーハウスに生き残るかそうでないかをジュエルを使って計3回投票していきます。

まみりこの運命は4人が握ることになったのですが、そんなことを勝手に決めないでとまみりこは焦っています。

 

さっそく始まった投票ではアサミが速攻で投票し、追放一択だと声を上げます。

視聴者はその様子を見ながら、アサミが泥酔事件の真相を配信している動画を見つけて拡散していました。

自分を落とし込んた男たちはまみりこの仲間だとして涙ながらに訴えているのです。

「まみりこは悪魔!腹黒女!」

まみりこはこれに対して濡れ衣だと反論生配信を始め泥沼化していきます。

女神の降臨!?

みほもりん子も追放に一票・・。

「人としてどうかしていると思う」「さよなら」と迷わずにジュエルを容器に入れて投票を済ませます。

ももなも追放に投票したら全員一致の意見として、まみりこの追放が決定しますが・・ももなはこの時、Zに言われた言葉を思い出していました。

注目を集めて再デビューできるかは今が勝負!目立って盛り上げて、引っかきまわす必要があるのです。

「ちょっと待って・・」と言ったももなは、これではまるでまみりこをいじめているみたいだと訴えたのです。

まみりこからしたら女神の降臨です!

 

アサミにどうしたらまみりこを許すことが出来るか質問したももな・・アサミはハメた事を認めて公開土下座をして欲しと言うと・・ももなはここで悪い笑みを浮かべたのです。

そんなことでいいの!?

アサミと同じくらい恥ずかしい思いをさせた方が良いのでは!?

そういったももなはハウス内の誰かとキス位させた方が良いのでは!?と悪魔の顔を見せたのです。

 

ここまでが6話のストーリーになります。

まみりこが追い詰められています。

次回、どんな展開に?

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

ゴミ屋敷とトイプードルと私をお得に読む方法

「ゴミ屋敷とトイプードルと私」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


6話を読んだ感想

さくらが自分の母親であるさきママを追放者として選んだ理由は納得がいきました。

さきママは自分に自信がなくて、男の人頼った方が良いと思いジョージのいう事を聞いた挙句に取り込もうとしたのですが、さくらからしたらそんなことをする必要はなかったんですね。

さくらたちはまた2人になって、仲良く協力して暮らしていけるのではないでしょうか。

 

追放権をさくらに譲ったまみりこ・・自分の手を汚したくなかったまみりこはいい方法を考えたとも思えたのですが、ルール違反をしたとしてペナルティーを与えられました。

しかもそのペナルティー・・けっこうハードルが高いですね。

アサミをはじめ、オーディションを一緒に受けたメンバーたちがまみりこをジャッジするという事でしたが、まみりこを恨んでいるアサミが居る時点で、もうまみりこ自身もかなり不利であることを察していました。

 

ジャッジメンバー4人全員が投票した際に一致してまみりこを追放としたら、まみりこはお終い・・結構厳しい状況と思ったのですが、1回目投票のあと1票で決まる時にももながまみりこのにとって女神の様な事を言いました。

3人がまみりこを追放しようとしている中で違った意見を出して、いじめみたいだと言い出したのは自分をよく見せようとしてるのかとも思ったのですが、ももなはもっと違ったことを考えていました。

引っ掻き回して注目を浴びることをで再デビューを目論むことにプラスして、すぐに追放するのではなくもっともっと注目を集めようと悪魔部分を見せてきたのです。

 

一瞬女神と思えた人物は悪魔だった!

簡単に追放さえさせないももなは、アサミに公開土下座をするのかシェアハウスの誰かとキスをするのか選択を迫っています。

どっちも嫌だと思うのですが・・まみりこはどんな選択をするのでしょうか?

または、回避する方法はあるのでしょうか?

まみりこは窮地に追い込まれても簡単には追放されない気がします。

何かを考えてまた残ることになると思うのですが、一体どんなドラマが待っているのでしょか?

予想できない展開が待っていると思います。

まみりこのペナルティーとは別にシェアメンバー内の方も配信したり数字を集めたり動かないといけません。

かなり色々と気を使わないといけないしハードになってきましたが、今後はどんな展開が待っているのでしょうか?

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法




ゴミ屋敷とトイプードルと私#億女tuberまみりこ6話!まとめ

こちらでは「ゴミ屋敷とトイプードルと私の新シリーズ#億女tuberまみりこ 6話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっと6話をまとめると・・

ゴミ屋敷とトイプードルと私の新シリーズ#億女tuberまみりこ 6話のまとめ
  • さくらママと2人で生きていければいいと、自分の母親を追放者として選んだ。
  • 重大なルール違反としてまみりこにペナルティーが科せられることに。
  • まみりこの追放についてアサミ達がジャッジをする。
  • 一瞬、まみりこはももなを女神と思うが、正体は悪魔だった。