漫画ネタバレ

お嬢様はお仕きが好きネタバレ13話!あらすじ感想!桃を独り占め

世間知らずのお嬢様を自分好みに調教するお嬢様はお仕置きが好き

「お嬢様はお仕置きが好き」の主人公・桃は憧れの王子様の恋人に!

2人の愛情は深いんだね夏樹の王子っぷりがいい

 

続きの気になっていた「お嬢様はお仕置きが好き 13話」を読んだので、さっそく展開・見どころをご紹介していきたいと思います。

 

<前話 全話一覧 次話>

31日間無料+600ポイントで好きな漫画を読んでみる↓

※本ページの情報は2019年12月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

お嬢様はお仕きが好きの見どころ

お嬢様はお仕置きが好きのあらすじみどころ隣の家に越してきた桃に会った瞬間に今まで感じた事のない気持ちになった夏樹は、長い時間と努力をして桃を自分好みの女性にしてきました。

 

スポンサーリンク

桃は長女なんだから凛とした女性に!泣いてばかりいないで強い女性になりなさいと両親に厳しく育てらられてきました。

愛情をもらっていないとは思ってはいない様ですが、持っていた絵本に出てくるくまの親子の様に頭をなでてくれるようなシーンに憧れを抱いていた幼い時の桃は、隣の家の王子様みたいな夏樹が自分の事を優しい手で撫でてくれると幸せな気持ちになったのでした。

夏樹は厳しい両親の前では見せる事が出来ない自分を見せられる場所でもあったのです。

 

やがて恋人関係となった夏樹と桃。

2人の愛情は少し変わった形ではある様に思うのですが、お互いをものすごく必要とし合っているのは確かなのです。

お嬢様はお仕きが好き13話のあらすじネタバレ

桃は夏樹の優しくて気持ちいい手で叩かれて快感を得るのですが、夏樹が誤解をしたままな事を説明できないでいました。

桃は夏樹以外に叩かれても気持ちよくなんてならないけれど、夏樹は兄の春一に叩かれた時に桃が気持ち良くなったのだと勘違いしているのです。

絶対に手放さない!

世間知らずのお嬢様を自分好みに調教するお嬢様はお仕置きが好き夏樹は自分の大事なものが奪われたかのように春一に嫉妬心の様な物を感じている様に見えます。

 

桃は夏樹に「叩いてほしい」だなんて変なお願いをして、軽蔑したりガッカリさせてしまったのではないか・・嫌われてしまったらどうしようかという不安を大きく抱えているのですが、夏樹は桃に変わらず気持ちを寄せているのですが・・ただ嫉妬の気持ちは大きいのです。

 

スポンサーリンク

お風呂からベッドルームに桃を運ぶ夏樹。

桃はお姫様抱っこをされて運ばれている途中、頭が混乱してどうしたらいいのか分からなくなってしまった事を整理する時間が欲しいと夏樹にお願いしていました。

とにかく桃からしたらなくしてしまった信用を取り戻したい、こんなに優しくて大好きな夏樹を失いたくないと必死なのです。

 

桃は家に帰って1人になる事を望んでいますが、それは夏樹が許しませんでした。

この桃と一緒に過ごすための家でゆっくりしていたら良いと言うのです。

 

夏樹は桃をベッドに寝かせると、桃を全部自分のものにしたい衝動にかられますが、こんな時に身体を奪った所で心が伴っていないんじゃ意味がないと思いとどまります。

夏樹は桃の心配とは裏腹に絶対に桃を手放さないと覚悟をしています。

 

桃は夏樹が離れてしまう事を心配しているけど、その心配はいらない様だよね。

相変わらずの溺愛!

桃を独り占め

世間知らずのお嬢様を自分好みに調教するお嬢様はお仕置きが好き夏樹はまず桃の家に行って桃の父親に会いに行きます。

夏樹は桃の厄介な課題の助言をしたいから、しばらくの間は自分家で寝泊まりをすると言ったのです。

 

桃の父親は何の心配も疑いもなく承諾!

夏樹の事を信用している様子ではあるものの、夏樹は少しは桃を心配してほしいと言う気持ちも抱きます。

 

確かに全然心配していない。

夏樹を信用しているのかもしれないけど、なんだか桃に対して無関心な印象も受けたな

 

桃は両親に愛情をもって育てられたと感じているけれど寂しい思いもしてきました。

少し桃に対して厳しい所のある両親で、スキンシップの様なものが昔から少ないのです。

 

けれど、そのことがあって桃は自分の方を見てくれたという気持ちも持っています。

じゃなかったら桃を独り占めすることにならなかっただろうと思っているのです。

 

桃は親の前で泣くと叱られるから夏樹の所に行って泣いていたんだよね。
夏樹はその姿が可愛くて仕方なかったらしい。

自分色に染めるために

世間知らずのお嬢様を自分好みに調教するお嬢様はお仕置きが好き夏樹は子供の時から自分の手で桃を愛でてあげたい気持ちがあったら、泣かせる奴らを遠ざけて、好意を寄せる者に注意を払ってきたのです。

 

この流れで家庭教師にも立候補したらしい。

実は夏樹も結構努力していたのかも。

 

モテる桃に下品な男たちが近寄る事は特に注意を払った夏樹。

純粋な桃に汚らわしい情報をいれられたくなかったから、2人だけの完璧な世界で自分がすべてを教えたいと願っていたのです。

そして色々と教える事を楽しみにしていたのです。

 

スポンサーリンク

こうして出来上がったのが今の桃の様な無知で純粋な夏樹好みの女性なのです。

けれど夏樹は桃が泣く姿が好きで、その気持ちが一時期大きくなりすぎて桃の傍から離れようとしたこともあったのですが・・今では馬鹿な事をしてしまったとすごく後悔をしています。

 

夏樹は用事を済ませて帰宅すると桃はベッドの上で夏樹の帰りを待て居ました。

そしてすぐに「これを取ってください!」と切羽詰まった様子でお願いします。

実は夏樹にいたずらをされたまま夏樹が帰って来るまでそのままにされていたのでした。

 

夏樹は桃を追い詰めておねだりされることを待っていたのですが、思っている様には上手くいきません。

桃は震えていてどこか怯えている様にも見えます。

 

それを見た夏樹は、客観的に変態に目を付けられて可哀そうだな・・自分は桃が理想としている様な完璧な人間ではないのだとも思うのですが、こんな自分を桃には好きになってもらいたいと願ってもいました。

 

ここまでが13話のストーリーになります。

 

<前話 全話一覧 次話>

31日間無料+600ポイントで好きな漫画を読んでみる↓

※本ページの情報は2019年12月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

13話を読んだ感想

お嬢様はお仕置きが好きを実際に読んだ感想紹介の画像夏樹が桃の父親に会って、しばらく自分の家で寝泊まりをすると知らせるシーンがあったんですが、確かに桃の親は娘に無関心なのでは?と感じました。

 

スポンサーリンク

だっていくら夏樹の事を信用しているからと言っても、ニコニコ分かったよって言うのが違和感。

だから逆にあんまり桃の事を考えていないのでは?と思ってしまいました。

 

それは夏樹もそういう気持ちがある様で、だからこそ自分の所に来てくれたのだろうと思っている様ですね。

桃は、親が嫌いとか恨んでいるとかそういう感情はない様ですが、もっと甘えたかったとは思う事がある幼少期だった様です。

 

確かにこういう寂しい気持ちを抱えた時に、無条件で甘えさせてくれて、優しくて気持ちいい手で撫でてくれる人が居たらものすごくうれしいですよね。

こうして夏樹と桃はそれぞれ必要とし合うような関係となったんですね。

 

そしてモテる桃に変な虫が付かないようになど、実は夏樹も努力をしていた事を知りました。

確かに純粋なままの桃に自分が色々と教えて自分色に染めたい感情があると、他の人の余計な知識を入れないようにするのって相当に大変ですね。

赤ん坊と一緒かもしれないなと思いました。

 

でもある意味色んな知識が入って来て自分をつくる事になるのが普通ですよね。

これを遮断してしまうって、ものすごい独占欲だと思います。

 

夏樹は変態に目を付けられて可哀そうだと思った事から自分を変態だと思ってはいる様子 笑。

そしてこんな自分でガッカリしてしまわないかと少し心配をしている様ですが、桃は全然そんな風に思っていないので安心してと言ってあげたいですね。

なんだか変態っぷりはエスカレートしていますが、夏樹はこの後桃を一体どうしようとしているのでしょうか?

 

<前話 全話一覧 次話>

31日間無料+600ポイントで好きな漫画を読んでみる↓

※本ページの情報は2019年12月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

お嬢様はお仕きが好きネタバレ13話!まとめ

こちらでは「お嬢様はお仕置きが好き 13話」の展開・見どころををご紹介しました。

ザっと13話のストーリーをまとめてみます!

 

お嬢様はお仕置きが好き 13話のまとめ
  • 桃の父親に桃がしばらく外泊する許可をもらいに行った夏樹。
  • 桃の親に対してもっと桃を心配するべきだと思うけれど、こんな親だからこそ自分を必要としてくれたようにも思っている。
  • 夏樹は自分のすべてを桃に好きになってもらいたいと思っている。

夏樹の愛情は昔から凄いんですね。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。