少女/女性漫画

私のことを憶えていますかネタバレ54話!あらすじ感想!

初恋の人は年下だった「私のことを憶えていますか」。

猫作の気持ちが伝わっていないどんな展開が

こちらでは「私のことを憶えていますか 54話」の展開・あらすじをご紹介していきます。

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

私のことを憶えていますか54話のあらすじネタバレ

私のことを憶えていますか第54話のあらすじをお伝えします。

遥は仕事が好きだから・・・!?

プロポーズ?編集部員全員が食いついてきました。

聞こうかと遥に近づいてきます。

慌ててちがうんです・・・ちがうんです・・・お姉さま方が想像しているような奴じゃないんですという遥。

 

俺たちも聞くよ・・・酒飲みながら聞きたいとよっちゃんたちも盛り上がってきました。

人をネタに酒盛りはやめて・・・と言う遥。

 

突然大きな声で、酒飲んでる場合じゃねエエエという編集長。

0時までにやることやまほどあんだろうがあああ・・・恋バナしてねえで仕事してくれえええと言って振り向いた編集長は・・・泣いていました。

 

騒いでいた全員がフリーズして、みんなははっと我に返り、猛烈な勢いで仕事をし始めました。

よっちゃんはそんな遥たちを驚いたようにじっと見つめています。

 

よっちゃんとマルオは遥のそばで仕事をしているところを見ていました。

編集室から出て、2人は遥は頑張っていると話しています。

 

こんな遅くまでパソコンとにらめっこして・・・よっちゃんはオレには絶対に無理だわと言いました。

マルオもぼくら家の自営業を手伝ってるだけの気楽な生活だもんねと言います。

 

ゴシップサイトと言ってもああやって文章考えて書かなければならないわけだし、それをメチャクチャたくさんの人が読むんだから責任重大だよな・・・。

 

それに遥ちゃんは楽しそうだ・・・めっちゃ大変だけど仲間もいて・・・猫作もこれ見るべきだったよな・・・遥ちゃんこの仕事好きなんだよとしみじみ言うよっちゃん。

 

今日は飲みに行けなさそうだな・・・邪魔しちゃ悪いからホテル帰ろうかとよっちゃんが言うと、マルオは帰る前にあのグラマーなお姉さんのメルアドだけ聞いていい?と言います。

猫作の気持ちを知っていた遥

結局徹夜になってしまい、家に帰ったのは朝です。

よっちゃんたちに悪いことをしたなと思う遥。

 

靴を脱ぎながら・・・いやしかしまさか3人で来ていたとは・・・だったらあの高級レストランに二人もくればおいしいもん食べれたのに・・・。

頭のクリップを外しながら遥は思い出していました。

 

猫作が清澄戻ってオレと結婚して・・・一緒にワイナリーの仕事手伝うってどうだと言ったこと。

遥は味なんてわかんなかったのです・・・あのやたら高級な料理とワイン。

 

私ももう30だから、本当はわかっている・・・潜在意識?深層心理?

子どもの時は、猫作の事・・・ただのいじめっ子だと思っていたけれど、大人になってあれは好きな子いじめってやつだったのかと気が付きました。

 

私が実家に帰ると必ず猫作が迎えに来ること・・・ずっと彼女を作らずにいること。

何で遥がこうちゃんからもらったスーパーボールを猫作が持っていたのかずっと不思議だったけれど、中学生か高校生の猫作は・・・遥に意地悪をしたかったのか、遥の持ち物を欲しかったのか・・・。

 

どっちにしろ子供の頃と変わってないな。

自分勝手でこっちのことを全く考えていないところ。

 

結婚しろってのも、私にとってはバカにされたのと同じ・・・あいつは5歳の時から何も変わっていない・・・昔からずっと・・・。

 

こうちゃんは昔のことだからといったけれど・・・あの街にずっといたら変わらなかったのかな・・・。

 

猫作みたいに・・・よっちゃんとマルオだってそう!子どもの頃から変わらないのはあの街でずっと生きてきたから・・・。

 

もしこうちゃんが引っ越しなんかせず、芸能人にもならずあの街で暮らしていたら・・・。

遥はこうちゃんがワイナリーで働く姿を想像していました。

遥にとっていいほうの世界線だから・・・自分はバカだなぁと思ってしまいます。

 

猫作にあんなことを言われたのに・・・こうやってこうちゃんのことばかり考えてしまう

・・・どうして引っ越ししてしまったのだろう・・・よっちゃんは夜逃げと話していたけれど、あの当時はお金がなかったのかな。

 

だとしたら東京に行って成功してよかったのかもしれない・・・お父さんもお母さんもさぞ喜んでいるでしょう。

ボールを掴んだまま眠ってしまう遥。

SORAの新しい仕事が・・・!?

白いユリの花束を持ってSORAと裕司はお墓参りをしてから会社に出勤することに・・・。

運転手の名前をしっかり覚えたSORAは・・・田村さんいつもの丘の上墓地にお願いしますと告げました。

 

事務所へ行くと、鵜飼が社長遅いですよと少しイライラしていました。

月命日だったから・・・と言う社長。

 

鵜飼の報告は、記者を助けたSORA王子のおかげで・・・社長の未成年飲酒事件を完全に乗り越えたみたい・・・さあ見てくださいと書類を差し出します。

 

月影リゾートのアンバサダー…でっかい仕事が来ましたよ・・・。

 

私のことを憶えていますか第54話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

遥は猫作の気持ちに気が付いていたのですね。

猫作は子供の頃から変わっていませんでした。

よっちゃんとマルオだってそう!子どもの頃から変わらないのはあの街でずっと生きてきたから・・・と言う遥も結局子供の頃からこうちゃんが好きなのです。

 

月影リゾートの仕事SORAは受けるのでしょうか?

 

<前話 全話一覧 次話>

私のことを憶えていますかを無料で読めるか調査した結果

せっかくマンガを読むならネタバレの文章だけでなく、イラストと一緒にストーリーを楽しみたいですよね。

「私のことを憶えていますか」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

しかし、「私のことを憶えていますか」のような話題の恋愛漫画「U-NEXT」なら無料楽むことが出来ます!

1冊分無料!!

引用:https://www.amazon.co.jp/

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが貰えるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃうんです!

※31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。

漫画・電子書籍が26万作品も提供されているので、U-NEXTはラインナップも非常に豊富ですよ。

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

また月額プランに移行した場合は毎月1日に必ず1,200円分のポイントが貰えます!

なので最新作や好きな漫画をU-NEXTで買うと、出費を抑えられますよ◎

自分に合ったU-NEXTのプランで漫画を楽しんでくださいね♫

54話を読んだ感想

私のことを憶えていますか第54話の感想をお伝えします。

よっちゃんとマルオは編集部に来てしまいましたが・・・見てもらって遥は良かったのかもしれません。

 

二人は遥がこの仕事を好きだということを理解して帰ってくれたから。

本当に猫作にも見て欲しかったと思います。

遥の仕事に対して猫作が言った言葉を、もしも猫作が言われたら・・・どう思うのでしょう。

遥と同じ・・・きっと怒るに違いありません。

プライドを持ってしている仕事だと思うので・・・。

 

でも忙しくても、大変でもいい人たちと一緒に好きな仕事ができる遥は幸せだと思います。

友達も理解してくれて・・・SORAはどうなんでしょう。

遥の仕事はやはり好きではありませんよね。

 

月影リゾートは猫作のお見合い相手だったような気がします。

地元?かもしれないので、断るのでしょうか?

それともSORAは猫作と会ってしまうのでしょうか?

猫作はSORAとこうちゃんが同一人物だと思っていません。

 

遥は取材に行ったりするのでしょうか。

地元だし、呼び出されそうな気もしてしまいます。

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

私のことを憶えていますかネタバレ54話!まとめ

こちらでは「私のことを憶えていますか 54話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっと54話をまとめると・・

私のことを憶えていますか 54話のまとめ
  • 遥がプロポーズされたと聞いて編集部全員が食いつくが、編集長は仕事してくれと泣いている。
  • 大人になって猫作のあれは好きな子をいじめるやつだと気がついていた。
  • 月影リゾートのアンバサダーという大きな仕事がSORAの元に・・。

SORAは新しい仕事を受けるのでしょうか?