少女/女性漫画

私のことを憶えていますかネタバレ52話!あらすじ感想!告白

初恋の人は年下だった「私のことを憶えていますか」。

猫作がプロポーズした遥の反応は

こちらでは「私のことを憶えていますか 52話」の展開・あらすじをご紹介していきます。

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

私のことを憶えていますか52話のあらすじネタバレ

私のことを憶えていますか第52話のあらすじをお伝えします。

猫作の告白・・・!?

猫作に提案された遥は、えーと・・・何その冗談全く笑えないんだけど・・・。と戸惑っています。

 

グイッとワイン飲み猫作は話始めました。

例えばこのワインは2010年のシャトー・ラフィット・ロートシルトってワインだ。

遥はこわいこわいと言いながら、何?酔ってんの?待ってる間に飲み過ぎた?と尋ねます。

 

いいワインは何年もかけて瓶の中で熟成する。

ワインは生き物で、ワインにはワインの人生がある。

 

ワインは生きているから長い時間をかけて味が変化する。

テイスティングが若いとか、ピークが過ぎてるとかいうのはそういうことだ。

瓶の中で、日ごとに熟成して複雑になっていくから・・・今日開けたワインと明日開けたワインは違う味がするはずだ。

そして一番飲み頃のその瞬間を迎える。

 

猫作はキリッとした表情で、オレの言いたいことがわかるかと遥に尋ねました。

遥は・・・え・・・ワインが熟成するってのはわかるよ?

 

オレたちも同じだってことと猫作は言います。

しかし遥は蒼ざめた顔で、それはわからないと首を振りました。

 

わかるだろ・・・今はピークじゃなくても、3年後ぐらいにその瞬間が来るかもしれないから、そのつもりでオレと一緒になってそれを迎えるのはどうだ?と。

そう言う提案だ、これは・・・となんだか偉そうな猫作。

 

お店の人も全然刺さってませんね・・・ワイン興味ないっぽいですねと言うので、シェフもそうか・・・じゃメイン焼くぞ・・・閉店時間来ちゃうから・・・。

猫作を心配する二人

ガールズバーにいた二人に猫作からLINEが届きました。

結論から言うとはるかに仕事辞めろって提案して・・・田舎戻って来いって提案して打ちで働けと・・・つまりプロポーズ的な提案を・・・そしたら・・・。

 

会社戻るっつってかえっちまった・・・帰ったんかいと突っ込むよっちゃん。

 

なにが起こった?知らん・・・提案提案てなんだ?

コイツ酔ってるな、この文章・・・。

えっ?プロポーズしたってこと?プロポーズの提案をしたってこと?どゆこと?

 

いきなりすぎるだろ・・・そりゃ遥ちゃんも引いちゃうよ・・・ちゃんと好きって言ったのかな。

二人は混乱して・・・それから心配しています。

 

好きだと言っていなくて、結婚しろってことは・・・遥ちゃんからしてみれば・・・男尊女卑・・・人権侵害・・・職権濫用・・・職業差別。

 

猫作はああいう性格だから、オレらがちゃんと説明してあげないと・・・猫作が幼稚園の時からずっと遥ちゃんのことを好きだったってのが一番伝えるべきところなのに・・・。

よっちゃんが思い詰めています。

 

遥ちゃんの会社ってどこにあんのかな?

勘違いしている遥・・・!?

会社に戻った遥は自販機で買った水をその場で一気飲みしています。

そこにさっき記事監修の先生から赤字が入ったと知らせが来て・・・すぐ直しますとパソコンに向かいました。

 

仕事をしながら心の中では、ハァアアアアア!?意味わかんない・意味わかんない…結婚?誰が?私が?猫作と?

なんの話?なんでそんなことに?どういう事情?

 

跡継ぎ問題?税金対策?

田舎に帰ってうちのワイナリーで働けって?

ついでに嫁にもなっちゃえばッて?はぁぁぁ?キモいんですけどとぞっとしている遥。

 

次々と仕事が入り・・・このインタビューチェック終わったからさ!赤字のとこ大急ぎで直しやってもらえない?写真も差し替えで・・・。

 

要するにあいつは、私を・・・いや女性を全女性を・・・自分の好きにできる使用人かなんかだと思って下に見てるんだ!

信じられない、何時代の人間だ・・・だから金持ちのボンボンはダメなんだよ。

ハラスメントだハラスメント・・・怒りでキーボードを打つ音が大きくなっています。

 

ハッざまあみろ、肉食べたら怒って帰ってやったぜ・・・デザートは食べ損ねたけど後悔はない!!

ずんこさんの机をあさればお菓子たくさん出てくるし・・・。

 

編集長に、遥!こっちのインタビュー起しも頼む!!

遥は怒りで今夜徹夜できそう!というのでした。

 

そのころ猫作は顔を赤くして街の中をとぼとぼと歩いていました。

自分がプロポーズしたと思い込んでいる時のことを思いだしています。

 

ナイフとフォークを両手に持ったまま遥は、人のことバカにしてる?私の仕事がどんなんかあんたにはわかんないでしょ?

田舎に帰って結婚しろだなんて・・・そんな昭和の親みたいなこと、何であんたに言われなきゃいけないのよ。

ワインと一緒に頭も古ぼけちゃってんじゃないの?

 

ナイフで猫作を指して・・・しかもあんたと私が結婚?何それ?なんで?それ誰が言ってんのよ、あんたの親?うちの親?という遥。

 

猫作は大人になったこうちゃんを探し出してそっちと結婚する差つもりかと尋ねました。

その言葉に、ものすごいスピードでお肉を食べ始め・・・食べ終わると帰ると言って帰ってしまった遥。

 

猫作はうっとりとした顔をして・・・久しぶりにあそこまでブチ切れられたな・・・と頭をかいています。

あーあ・・オレやっぱあいつの怒った顔好きだわと痛感しています。

 

子どものころ猫作がカエルを掴んでいると、こうちゃんがそばに来て・・・猫作くん、これ遥ちゃんにあげていい?とスーパーボールを見せてきたことを思い出していました。

 

私のことを憶えていますか第52話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

猫作は幼稚園の頃からずっと遥のことが好きなのに、どうして正直に伝えることができないのでしょう。

そして猫作にとってのライバルはずっとこうちゃんなのですね。

 

<前話 全話一覧 次話>

よく無料で試し読みされている作品
横にスライドでもっと見る>

無料で読める!今週のおすすめTOP3

秘密の授業
「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい―――朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感――それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?


キスでふさいで、バレないで。
「こんな状況で感じるなんて、やらしいな」シャツごしに敏感なトコロをこすられ、指を挿れられて、バレないように声を抑えろだなんて…そんなの無理…!ある夜、うっかり会社の廊下に締め出されてしまった楓(かえで)は、偶然とおりかかった片想いの相手・塩谷(しおや)に助けられ、そのまま家に泊まらせてもらう事に!しかしそこへ、塩谷のルームシェア相手が帰宅し思わずクローゼットに隠れる二人。密着するカラダにドキドキする楓…その時、塩谷のくちびるが楓の胸に触れ―――


もしも、幼馴染を抱いたなら
「私たちの関係って、何…?」ジムのトレーナーである修司と幼馴染の茜。茜が修司の働くジムに通うことになったのだが、担当するトレーナーは会員と寝ていると有名な男…!!ある夜、帰りの遅い茜が担当トレーナーに車で送られたのを見てしまい、幼馴染が抱かれたのではと、気になって仕方ない!それから茜の行動から目が離せなくなってしまい…。こんなに心配するのは幼馴染で親友だから。なのに無防備な茜の姿に体は反応して、抱きたい衝動は増していき…!二人が一線を越えたその先にあるものとは――?

私のことを憶えていますかを無料で読めるか調査した結果

せっかくマンガを読むならネタバレの文章だけでなく、イラストと一緒にストーリーを楽しみたいですよね。

「私のことを憶えていますか」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

しかし、「私のことを憶えていますか」のような話題の恋愛漫画「U-NEXT」なら無料楽むことが出来ます!

1冊分無料!!

引用:https://www.amazon.co.jp/

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが貰えるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃうんです!

※31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。

漫画・電子書籍が26万作品も提供されているので、U-NEXTはラインナップも非常に豊富ですよ。

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

また月額プランに移行した場合は毎月1日に必ず1,200円分のポイントが貰えます!

なので最新作や好きな漫画をU-NEXTで買うと、出費を抑えられますよ◎

自分に合ったU-NEXTのプランで漫画を楽しんでくださいね♫

52話を読んだ感想

私のことを憶えていますか第52話の感想をお伝えします。

東京まで来て、レストランも予約していたのに・・・遥は仕事で遅れて・・・猫作の告白は・・・。

自分では告白したつもりだったのでしょうか。

 

遥もずっとピンときていなかったのでしょうか。

猫作の性格だから仕方ないのかもしれませんが、どうするのでしょうか。

猫作には時間がありません。

 

まさか遥の近くにこうちゃんがいるなんて・・・。

こうちゃんがSORAだなんて知らないのでしょう。

 

知っていたら違う意味で大騒ぎになりそうです。

こうちゃんが遥に渡したスーパーボールは、猫作のものだったのでしょうか。

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

私のことを憶えていますかネタバレ52話!まとめ

こちらでは「私のことを憶えていますか 52話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっと52話をまとめると・・

私のことを憶えていますか 52話のまとめ
  • 猫作は自分たちをワインに例えて話をするが、遥には刺さっていない。
  • 遥は猫作の話を聞いても会社に戻っていた。
  • 遥は猫作のプロポーズを完全に勘違いしている様子。

気持ち、全然伝わってない・・ですね。