少女/女性漫画

にぶんのいち夫婦ネタバレ31話!感想!浮気していなかったけど

最大の裏切り?「にぶんのいち夫婦」。

さやかの思考が・・衝撃的な展開

続きの気になる「にぶんのいち夫婦 31話」を読みました。

さっそく展開あらすじをご紹介していきたいと思います。

 

<前話 全話一覧 次話>

にぶんのいち夫婦が無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大45%のポイント還元を行っています!

読めば読むほど「にぶんのいち夫婦」がお得に読めちゃいますよ♪

にぶんのいち夫婦31話のあらすじネタバレ

にぶんのいち夫婦第31話のあらすじをお伝えします。

さやかと健は警察に出頭しに・・・!?

さやかと健は案外あっさりと自首することを承諾しました。

香住と菜摘に見放されたこと・・・相当ショックだったようで効果があったのです。

樋口の仕込みも上手くいって、さやかは精神が崩壊していました。

 

さやかの乗ろうとしているタクシーに、和真も付き添いが必要だから一緒にのろうと申し出ます。

しかし菜摘は、文の見ている前でさやかと和真は同じ車には乗せることができないと断りました。

 

香住と同じタクシーで、警察に行ってもらうことにしました。

和真は文の方を振り返りますが、何も言わずに車に乗り込みます。

 

樋口は文を心配していました。

大丈夫かと尋ねると、疲れた顔をしてうなずく文。

樋口に何か言いたい事でもありそうですが・・・。

そのことに樋口も気がついています。

気持ちが追いついていかない文

真実は明らかになり、和真は浮気をしていなくて・・・さやかと健は罪を償うことになった。

一件落着なのに、文の気持ちは落ち着けません。

真実には辿りついたけれど、思いがけないことばかりで心が追い付けないのです。

わき道に入ってしまって、まるで迷子になってしまったようでした。

 

文は改めて樋口にお礼を言いました。

前もってさやかと健のことを聞いていたからこそ、冷静に対処することができた。

心の準備のできないまま、もしも和真に会いに行っていたら取り乱してずっと泣いていたかもしれない・・・。

 

和真が無実でよかったと樋口に言われても、文はすっきりしない顔をしています。

まだ混乱しているからと答えますが、俯いて考え事をしていました。

またねと言った文の背中を樋口は心配そうに見つめています。

とらわれている・・・。

文は家に帰ると、コートを脱いでそのままソファに横になり転寝をしてしまいます。

夢にはさやかが制服姿で現れ、文にこんなことしてごめんね?でも・・ゲームだからさ、彼も悪気がないんだし許してやりなと笑っていました。

 

また例の夢だと飛び起きる文・・・心臓がどきどきしています。

そこに遅くなってごめんと和真が帰ってきました。

 

とりあえず警察に被害届を出して彼らを引き渡してきた。

詳しい事情聴取は明日以降で、文や樋口にも話を聞きたいらしい。

 

また辛い想いを・・・と和真が言いかけた時、おなかが空いているか、シチューを温めようかと尋ねる文。

 

和真は違和感を覚えますが、おなかは大丈夫。

それよりも文の額の汗がすごいので、具合が悪いのか心配します。

うたた寝をしていて・・・と答えるとお風呂の準備をしようか、それとも水を飲むか聞いてくる和真。

 

彼は優しくて、マメでかっこよくて大好きで大切な人。

文はいつの間にか泣いていました。

 

心配してのぞき込む和真を見ながら、彼はさやかに騙されただけで私を裏切ってはいなかった。

私が誤解してしまってごめんねと謝れば、きっとハッピーエンドなのだろう。

和真とさやかの話していたことを思い出すと、気持ちがぐちゃぐちゃになってしまう。

 

和真はわるくないとわかっているのに・・・ごめん、別居しよう。

文の髪に手を触れていた和真の動きが止まります。

文の言葉に驚愕する和真。

 

涙を流しながら、しばらく一人で考えたいと伝えます。

和真の手が文から離れていきました。

 

愛しているからわだかまる・・・好きだから苦しい。

この気持ちはどう解決したらいいんだろう。

 

ソファに俯いて座っている文を、和真は立ち尽くしてただ見つめていました。

 

にぶんのいち夫婦第31話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

別居しようと伝えてしまう文。

誤解だったとわかっていてもさやかの呪縛から逃れられません。

 

<前話 全話一覧 次話>

にぶんのいち夫婦をお得に読む方法

にぶんのいち夫婦を今すぐお得に読みたいなら「まんが王国」が一番おすすめ!

まんが王国 毎日最大45%ポイント還元!会員限定無料マンガも沢山あるのでおすすめです!
U-NEXT 初めての加入で31日間月額無料+600円分のトライアルポイントがもらえ、にぶんのいち夫婦がお得に読めます
FODプレミアム 初めての加入+Amazonアカウント登録で、最大1300円分のポイントがトライアル期間中にもらえます。ポイントをためてにぶんのいち夫婦がお得に読めます。
music.jp 30日間無料+600円分のトライアルポイントでにぶんのいち夫婦がいますぐ無料で読めます。

本日まんが王国に登録すると1冊50%割引クーポンが今すぐもらえます!
有料会員に登録するとさらに即日最大3000ポイント追加付与!!

毎日最大45%ポイント還元を実施しているので読めば読むほどお得になっちゃうんです!!

会員限定で読める無料漫画が沢山あるのも嬉しいポイント◎

にぶんのいち夫婦が無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

おすすめのマンガアプリTOP3

1位.マンガUP!
スクエニの人気漫画が毎日8話無料!
 「薬屋のひとりごと」
「とある魔術の禁書目録」
「妖狐×僕SS」

2位.マンガMee
集英社の女子向けマンガが自分のペースで読める♫
 「君に届け」
「アオハライド」
「初めて恋をした日に読む話」

3.サンデーうぇぶり

国民的名作からオリジナル作まで幅広く楽しめる

 「名探偵コナン」
「犬夜叉」
「ジンメン」

31話を読んだ感想

にぶんのいち夫婦第31話の感想をお伝えします。

香住と菜摘が来てくれたのも、樋口の仕込みでした。

そのためにさやかの精神が崩壊してしまって、おとなしく出頭ということになったのかもしれません。

 

さやかはきっと、菜摘も香住も・・・特に香住は自分がどんなことをしても受け入れてくれると安心していたのに、文の味方になってしまったことがショックだったのかもしれません。

結局自分には誰もいなくて、決して一番にはなれないのです。

 

そのさやかに付き添おうと和真が名乗り出ましたが、菜摘は文の見ているところで同じ車には乗せられないといいます。

和真はまだ自分の立場を理解していないのでしょうか。

 

文が悲しそうな顔をして見つめて、和真も振り向くのですがお互い何も伝えないのです。

お互いに向き合って話すことがないのは、ホテルの部屋の中でもそうでした。

自分の気持ちを夫婦なのに出すことができないのでしょうか。

 

きっと樋口の前でのほうが素の文の姿だと思うのです。

今も樋口は文の気持ちに気がついているのでしょう。

 

本当のことがわかっても、文の気持ちはざわざわしたままで真実に気持ちが追い付いていけません。

 

わき道に入って迷子になると書かれていますが、なぜ脇道なのでしょうか。

本当のまっすぐな道は、普通の日常ということなのでしょうか。

 

文は言葉では和真のことを理解したと思っているけれど、本能的に何か違うと思っているのかもしれません。

 

すっきりしないのは、和真の態度や言葉があやふやだからなのでしょうか。

優しいから、タクシーで付き添って警察に行こうとしたり・・・でも自分のことを騙していたはずのさやかに嫌悪感はないのでしょうか。

 

文のために・・・文に嫌われたくないから・・・と言う和真ですが、本当に嫌われたくないならば、真実を話すべきだったと思います。

 

そのせいで文はトラウマのようになってしまい、悪夢を見てしまいます。

それも何度も何度も・・・。

眠ってしまうのも現実から逃れるためかもしれません。

 

和真を見ていることに疲れてしまい、別居を言い出します。

好きだから苦しいという文ですが、果たして別居して解決できるのでしょうか。

 

時間がかかりそうな気がします。

文はどうしたらさやかの罠から抜け出すことができるのでしょうか?

 

これから裁判になったとしても、さやかの言葉に文は傷つけられそうな気がします。

訴えたのはもちろん良いことですが、事情聴取もあるのでなかなか忘れられそうにもありません。

 

<前話 全話一覧 次話>

にぶんのいち夫婦が無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大45%のポイント還元を行っています!

読めば読むほど「にぶんのいち夫婦」がお得に読めちゃいますよ♪

にぶんのいち夫婦ネタバレ31話!まとめ

こちらでは「にぶんのいち夫婦 31話」の展開あらすじをご紹介しました。

ザっと31話をまとめてみると・・

にぶんのいち夫婦 31話のまとめ
  • さやかと健は自首することとなった。
  • 和真は浮気をしていなかったけれど、文は混乱しすっきりしない気持ちを抱えている。
  • 文は和真に別居をしようと言った。

確かに少し気持ちを整理した方が良いようにも思います。