少年/青年漫画

娘の友達ネタバレ1巻!あらすじ!疲れた心を癒してくれる存在は・・

癒してくれるのは娘の友達・・「娘の友達」のストーリー。

父親と娘の友達がどういう関係に癒しは必要だよね

気になっていた「娘の友達 1巻」を読んだので、さっそく展開・見どころをご紹介していきたいと思います。

<前話 全話一覧 2巻>

31日間無料+600ポイントで好きな漫画を読んでみる↓

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

娘の友達の見どころ

娘の友達のあらすじみどころ妻を亡くして1年、高校生の娘は不登校で学校では親が頑張らないといけないと言われ、会社では係長の立場で間に挟まれ色んなことに疲れてしまっている主人公。

 

そんな時にたまたま知り合ったのは、偶然にも娘の幼馴染でした。

この娘の友達である古都が疲れた心を癒してくれる存在となるのですが・・。

娘の友達1巻のあらすじネタバレ

市川は仏壇に向かい手を合わせて、妻に行ってきますと話しかけていました。

娘の美也は引きこもっていますが、声をかけて会社へ向かいます。

いそがしい市川

娘の幼馴染が気になる娘の友達会社ではエリートでもうすぐ課長になりそうで、同期に羨ましがられていました。

飲み会に誘われても忙しくて参加できません。

妻が亡くなってからは家事もこなしている忙しい毎日を送っています。

会社の近くに穴場の、だけにも邪魔されない自分だけの城のような喫茶店を見つけました。

ある日そのお店に、若い可愛らしい女の子がアルバイトしていて、市川は驚きます。

店に入ってきた若い男性の集団に絡まれているのを見て、市川は機転を利かせて助けると女の子は市川にありがとうございましたと耳もとでお礼を言いました。

家に帰ると娘の美也は食事をしていません。

声をかけて心配し、ドアを開けようとした市川に、美也から罵声が飛びます。

市川は呆然と立ち尽くしてしまいました。

 

翌日学校に呼び出しされた市川は面談を受けます。

妻が他界してもうすぐ一年になる・・・とあいさつする市川。

美也の今後の対応・・・不登校と決めつけられて、いきなりのことに市川は動揺しました。

娘の状況を把握していなかった市川は先生に怒鳴られてしまいます。

自分は精一杯やっていると、娘ももう大人だからというと、まだ高校生だから将来何かあったら親のあなたに責任があると叱責されてしまいます。

改めて美也が不登校という現実と向き合うことになり、責任は自分にあるのかと思うと動悸が激しくなり思い詰めてしまいました。

妻が亡くなってから親せきに言われた言葉を思い出します。

親がしっかりしないと・・・妻の分まで自分がしっかりしないとと考えると目の前が暗くなってきました。

そんな時会社から電話が入ります。

もうすべてに疲れてしまった市川は、階段に座り込み立つこともできません。

「あれ・・・」という声をかけてきたのは、喫茶店の女の子でした。

動揺して書類を落としてしまい、市川の名刺を見た女の子は「もしかしてみーちゃんのお父さんですか…?」と尋ねてきました。

喫茶店の女の子は、美也の幼馴染の古都だったのです。。

ふらつきながらも会社に戻ろうとした市川は、あの日のお礼がしたいのでLINEを交換してほしいと話しかけてきたのでした。

古都を意識する

娘の幼馴染が気になる娘の友達その日から古都からラインが届くようになりました。

プレゼンもみんなで準備を頑張ったのでうまくいきそうでしたが、上司の一声でやりなおしになってしまいます。

部下からもにらまれ、なかなかうまくいきません。

プレゼンが一から仕切り直しになってしまった日、店に向かうと中から古都が出て来てばったり会ってしまいます。

なぜか傘を忘れたことを送っていくことになり、その途中で会社の部下にあってしまいました

部下は先ほどのプレゼンに対し市川に不満をぶつけてきます。

「そちらは娘さんですか?」と尋ねられ市川が言い淀んでいると、古都が機転を利かせ美也だと名乗ってくれました。

古都は「よく頑張りました」と言って市川の頭を撫でました。

それは変な意味ではなく、市川を元気づけたくてしたことだったのです。

古都に傘を貸して、市川はドキドキしながら家路につきました。

美也の部屋の前に立ち、学校のことを話し合おうと声をかけても無反応な美也に市川は怒鳴ってしまいます。

部下にも、美也にもイライラしていましたが、古都の顔を思い浮かべ市川は少し反省するのでした。

また美也の学校で面談があり、先生には市川の頑張りが足りないと言われてしまいました。

不倫はいけないこと

娘の幼馴染が気になる娘の友達会社ではなんだか仲間外れにされているみたいです。

そんな時吉田から飲みに誘われますが、吉田は中村と不倫をしてしまったと告白してきました。

市川が不倫はダメだと注意すると、吉田は逆切れしてきて気まずい雰囲気になってしまいます。

家に帰っても引きこもりについての本を読み、不安な言葉の羅列を見て市川は嘔吐しました。

‘); ?>

苦しんでいる市川のもとに古都からラインが届いています。

逃避行

娘の幼馴染が気になる娘の友達美也のことを相談しよう古都と会いますが、肝心な美也のことを質問しても答えは帰ってこず、疲れませんか?といい、係長も父親もお休みして晃介になってみないかと提案されました。

古都と二人青森行きの新幹線に乗りますが、市川は罪悪感にかられ戻ろうとします。

しかし新幹線には乗らず、なぜかネットカフェに。

そこで古都は好きなことをしている美也のことを羨ましいといました。

市川の隣に座った古都は、学校や母のことがとても窮屈だと言い、仕事を投げ出してきてくれた市川を素敵だと言います。

しどろもどろになる市川に、何が間違っているなんて誰が決めるのかと言い、古都は市川にキスをしました。

そんな時、美也から電話がかかってきて・・・。

娘の友達第1巻のあらすじをネタバレでお伝えしました。

美也の幼馴染の古都はどうして晃介に絡んでくるのでしょう。

自分の学校や親から逃避するためなのでしょうか。

いつ市川が通報されてもおかしくはありません。

<前話 全話一覧 2巻>

31日間無料+600ポイントで好きな漫画を読んでみる↓

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

1巻を読んだ感想

娘の友達を実際に読んだ感想紹介の画像妻が亡くなっただけでも大変なのに、家事もこなし・・・娘は引きこもってしまっています。

会社では仕事ができるようですが、敵も多そうなのです。

そんな時に現れた娘・美也の幼馴染の古都。

はじめは癒し系の女の子かなと思っていましたが・・・魔性の女系なのかもしれません。

晃介に興味を持ったのでしょうか。

それとも学校や母親に不満があって逃げ出してみたいと思っていたのでしょうか。

 

誘い方も高校生というより大人な感じで、巧妙ですよね。

古都の狙いは何なのでしょうか。

でもこのままだと市川は通報されてしまうかもしれません。

しかも言い訳をしても、絶対信じてもらえないと思います。

いつもは父のことを怒鳴ったりしている美也ですが、帰りの遅い父を心配しているみたいです。

早く電話に出てほしいと思います。

そして少しでも早く古都から離れた方がいいのではと思います。

このまま一緒にいても大変なのは市川だけです。

美也にこれ以上不安な思いをさせないように早く帰ってほしい。

そして美也と何とかお互い向き合って話をしてほしいと思います。

たった二人の家族なのですから、亡くなったお母さんを安心させるためにも助け合って暮らしてほしいです。

<前話 全話一覧 2巻>

31日間無料+600ポイントで好きな漫画を読んでみる↓

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

娘の友達ネタバレ1巻!まとめ

こちらでは「娘の友達 1巻」の展開・見どころをご紹介しました。

ザっとストーリーをまとめてみます!

娘の友達 1巻のまとめ
  • 妻が亡くなって1年し、娘は不登校・・仕事も家事も忙しい市川は疲れ果てていた。
  • 仕事や家庭でイライラが重なる中、古都の存在を意識し始める。
  • 娘の事を相談しようと古都に会った市川だったが、古都に疲れていないかと言われて逃避行をすることに。

これから2人の関係ってどうなっていくのでしょうか?

 10–>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。