少年/青年漫画

モンキーピークネタバレ37話!あらすじ感想!次から次に現れる猿

山岳パニックの新章「モンキーピークtheRock」。

猿との戦いはドキドキする展開

こちらでは「モンキーピークtheRock 37話」の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

 

<前話 全話一覧 次話>

モンキーピークが無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大45%のポイント還元を行っています!

読めば読むほど「モンキーピーク」がお得に読めちゃいますよ♪

モンキーピーク37話のあらすじネタバレ

モンキーピークtheRock第37話迷い子達(4)のあらすじをお伝えします。

 

生き残るために・・・猿を全滅させないために・・・猿たちと戦うことにしましたが、猿が思いのほか強いのです。

目のない猿もいましたが、目がないなりに移動や物の位置を音の反響で察知して、こちらの動きを読んで飛びかかってきました。

 

何匹か殺してしまうかも・・・と言っていましたが、殺してしまうかもと考える余裕がありません。

自分たちの命を守ることで精一杯でした。

しかし宮田は猿に噛みつかれてしまい、ナイフで刺してもつかんで振り払おうとしてもびくともしません。

 

そのうちに三人は猿たちに周りを取り囲まれてしまいました。

共食いをしている猿たち・・・!?

猿たちに囲まれてしまった早乙女と宮田とシマ。

猿は牙をむいて今にも襲い掛かろうとしています。

 

背中合わせに立つ3人に四方八方から、猿のカカカカカカという声が聞こえてきました。

足下には早乙女たちに倒された、瀕死の状態の猿がピクピクとけいれんを起こしています。

 

次っ来るぞっ!!と早乙女が叫んだのがまるで合図かのように、猿が襲い掛かってきました。

ナイフで応戦しますが、一回で倒すことができるわけではありません。

 

がああああっと奇声をあげて、何度も何度も猿にナイフを突き立てる早乙女のことを見て、赤崎と葉山は悲鳴を上げています。

 

宮田もものすごい速さで猿をナイフで刺していました。

これでもう命は奪ったとため息をついたのもつかの間。

 

早乙女と宮田、二人ともナイフを握りしめて肩で息をしているときに、カッという声がしました。

振り向いてその音のする方を見ると、岩の影からまた猿が数匹現れたのです。

また眼のない猿たちのようでした。

 

恐ろしさも、猿の目が見えないかもしれないので早乙女たちは、声を出すことができません。

猿はカカカカと言いながら、距離を測っているのでしょうか。

 

その時足下にいる倒された猿から、ギィと声がもれました。

猿の耳がびくっと動きます。

 

その瞬間猿がバッと動き出しました。

しかしそれは早乙女たちにかかってくるのではなく、倒れてなくなりそうになっている猿を狙ったものでした。

倒れている猿は、噛みつかれて悲鳴を上げています。

 

こいつら共食いしやがる・・・共食いをしている様子が目の前で繰り広げられ、吐き気を催すものも出てきます。

それでも声を出さないように、懸命にこらえました。

共食いをしている間に、その場から脱出を試みますが・・・!?

共食いをしている猿の周りに、また猿がやってきて取り囲み始めました。

ぐちゃぐちゃという音と血の匂いで猿が集まってきてしまいます。

このままでは危ないと、宮田は移動しようと提案しました。

早乙女も頷いて同意します。

 

夢中になって共食いをしている猿をその場に置き、注意深く別の場所に移動します。

先頭は早乙女・・・カッという声がして…目の前に猿がいて早乙女を威嚇していました。

 

どんどん近づいてくる猿ですが、早乙女の脚の間をくぐり抜けていきました。

息をのむ早乙女…くぐり抜けたと思った瞬間、早乙女の汗がポタっと猿に滴り落ちてしまいます。

 

足下で牙をむいてくる猿・・・くそっというと、思い切り早乙女の足にがぶりと噛みついてきました。

あまりの痛さにぐぅぅぅっとうなってしまい、足が滑って倒れて・・・後ろからついてきていた皆を巻き込んで転がり落ちてしまいます。

助けに来てくれたのは・・・!?

人数も多く、ものすごい勢いで落ちてきたので、宮田は苦しくてなかなか起き上がることができません。

顔だけを上げてみると、目の前には猿の集団がいたのです。

恐怖におののいで思わず声が出てしまうと・・・ギイイイと猿が大きな声で叫び出しました。

仲間を呼んでいるみたいです。

 

ずかずかと歩いてきてどんどん増えていく猿たち。

ここまでかと早乙女が想ったその時、大きな岩を持ち上げて猿の頭に投げつける人が!

 

するとまた頭を潰された猿に、ギイアアアと声を発しながら他の猿が群がり始めました。

なにが起きたのかと早乙女が振り返ると、肩で息をしている力のありそうな男性がいます。

 

宮田も、あ・・・ああ・・・っというだけで言葉になりません。

こっちですっ。早く!!と手を差し伸べてくれているのは、下柳でした。

 

皆期待に満ちた目で下柳を見つめています。

 

 

モンキーピークtheRock第37話迷い子達(4)のあらすじをネタバレでお伝えしました。

下柳が助けに来てくれたのは偶然なのでしょうか?

すぐ近くに誰かほかの人もいるのでしょうね。

仲間が増えるのは心強いです。

 

<前話 全話一覧 次話>

モンキーピークをお得に読む方法

モンキーピークを今すぐお得に読みたいなら「まんが王国」が一番おすすめ!

まんが王国 毎日最大45%ポイント還元!会員限定無料マンガも沢山あるのでおすすめです!
U-NEXT 初めての加入で31日間月額無料+600円分のトライアルポイントがもらえ、モンキーピークがお得に読めます
FODプレミアム 初めての加入+Amazonアカウント登録で、最大1300円分のポイントがトライアル期間中にもらえます。ポイントをためてモンキーピークがお得に読めます。
music.jp 30日間無料+600円分のトライアルポイントモンキーピークがお得に読めます。

本日まんが王国に登録すると1冊50%割引クーポンが今すぐもらえます!
有料会員に登録するとさらに即日最大3000ポイント追加付与!!

毎日最大45%ポイント還元を実施しているので読めば読むほどお得になっちゃうんです!!

会員限定で読める無料漫画が沢山あるのも嬉しいポイント◎

モンキーピークが無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

おすすめのマンガアプリTOP3

1位.マンガUP!
スクエニの人気漫画が毎日8話無料!
 「薬屋のひとりごと」
「とある魔術の禁書目録」
「妖狐×僕SS」

2位.マンガMee
集英社の女子向けマンガが自分のペースで読める♫
 「君に届け」
「アオハライド」
「初めて恋をした日に読む話」

3.サンデーうぇぶり

国民的名作からオリジナル作まで幅広く楽しめる

 「名探偵コナン」
「犬夜叉」
「ジンメン」

37話を読んだ感想

モンキーピークtheRock第37話迷い子達(4)の感想をお伝えします。

今回一番ショッキングだったことは、猿たちが共食いをするということでした。

でも考えてみれば、岩だけのところに食料があるとも思えません。

慢性的に空腹なのですぐに襲い掛かってくるのかもしれませんね。

 

強い上に、数も多いのが厄介です。

しかし今回共食いをするということが分かったので、一匹だけを倒せばみんなが群がるのでたくさん殺さなくてもよいこともわかりました。

これはきっと良い事なのだと思います。

 

はじめのうちは、まだわからなかったので、3人で訳も分からず戦って命を奪っていました。

でもこのまま戦って行っても人間の方が武器もないので勝てる気はしませんでした。

 

下柳が助けに来てくれて、ピンポイントに石で頭を狙って倒してくれたことでひらめいたのです。

みんなの目の前がばぁっと明るくなった気がしました。

 

下柳は、近くに仲間もいるのでしょうか。

たぶん早乙女たちよりも猿たちのことを知っていて、うまく戦っているのだと思います。

 

今までは猿たちよりもかなり劣勢でしたが、ようやく明るい未来が見えてきました。

前回までは、生きて帰れるとは思えなくなっていたので・・・。

 

宮田を発見したので、早乙女は早く帰りたいと思っているかもしれませんが、しなくてはならないことがあるのでそれぞれそういう訳には行きません。

 

猿の研究者や精鋭部隊はこれから猿に対して何かを行うのでしょうか。

麻酔を打たれてしまった自称高橋の安否も気になるところです。

彼の身元もまだわかっていませんし、どうして高橋に成りすましたかもわかっていません。

 

<前話 全話一覧 次話>

モンキーピークが無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大45%のポイント還元を行っています!

読めば読むほど「モンキーピーク」がお得に読めちゃいますよ♪

モンキーピークネタバレ37話!まとめ

こちらでは「モンキーピークtheRock 37話」の展開・あらすじをご紹介しました。
ざっと37話をまとめると・・

モンキーピーク 37話のまとめ
  • 猿とナイフで戦うが、次から次に猿が現れる。
  • ナイフで瀕死状態となった猿に噛みつき共食いをしている。
  • 下柳が宮田たちを助けに来てくれた。

猿たちの光景が・・。