少女/女性漫画

ラブファントム9巻ネタバレ!あらすじ感想!百々子と長谷の冬行事

職場の公認カップルとなった「ラブファントム」の百々子と長谷。

この2人の雰囲気がすごく好き自分も長谷の様なカッコ良くて優しい彼が欲しい

気になっていた「ラブファントム 9巻」を読みました!

さっそく展開・見どころをご紹介していきたいと思います。

<8巻 全話一覧 10話>
ラブファントムを無料で読む方法はこちらで解説しています!

ラブファントムの見どころ

ホテル 年の差 年下 カフェ 同棲2人は年も違うし雰囲気も全然違うけれど、一緒に居ると心の中の何かが満たされる不思議な関係!

長谷と百々子の関係は職場でも公認となって益々仲が深まってきている感じがあります。

そしてお互いがいるから頑張れるという素敵な関係でもあるのです。

 1–>

9巻はクリスマスにお正月と冬の行事が中心に描かれています♪

ラブファントム9巻のあらすじネタバレ

百々子のいるカフェを長谷が訪れました。

オーダーもありましたが、一緒に帰宅できそうだと伝えに来たのです。

百々子の弾くピアノ

ホテル 年の差 年下 カフェ 同棲みんなに公認バカップルぶりを半ば呆れられている時、お客様の子供が大泣きして泣き止まなくなってしまいました。

子供連れが多かったので、皆に伝染していったのですが、百々子がダメもとでとピアノを弾き始めました。

自信なさげに弾き始めたものの、子供たちの興味がうつり泣き止んだのです。

大人のお客様もいい感じに聴いてくれていました。

長谷も百々子がピアノを弾けることを初めて知ったのです。

そして今惚れ直したと呟きました。

仕事が終わり、少し遅くなるという長谷を待ちながら、百々子はピアノの練習をしています。

長谷が昼間は素敵だったと伝えると、教室で習ったのではなく祖母に教えてもらったと百々子は言いました。

百々子は幼いころに両親を亡くし、祖母に姉と引き取られたのです。

祖母は悲しむ間もないくらい愛情いっぱいに育ててくれましたが、時々ふと涙が出てしまうことがあり、そういう時に決まって祖母がピアノを弾き始めました。

ピアノの音が無口な祖母がおしゃべりをしてくれているようで、涙もすぐに引っ込んでしまうのです。

そんなことを思い出しながら昼間はピアノを弾いたのでした。

話の途中ふと百々子は長谷にちゅっとキスをします。

色々ありがとうと思って・・・、と笑う百々子によくわからないけれど、そういうことならと長谷もキスを返しました。

百々子は甘えん坊のまま家に帰り、眠っている長谷に傍に置いてくれてありがとうと言います。

長谷も・・・こちらこそだよ・・・とつぶやきました。

2人のクリスマス

ホテル 年の差 年下 カフェ 同棲12月25日クリスマスの日、百々子は白いサンタになってデリバリーをしていました。

長谷を見つけますが、絶賛繁忙期なので姿を見られただけで百々子にとってはクリスマスプレゼントなのでした。

 2–>

ホテルのデリバリーから戻った百々子は、デリバリーの先々からいただいたケーキなどをたくさん持ち帰っていました。

仕事終わりは職場でクリスマス会なのです。

客室デリバリーに言っていた人たちも戻ってきて尊い話も教えてくれました。

閉店後の高級食打ち上げのために、一年に一度のイベント日、サンタさんたちは仕事を頑張ります。

ここが最後もうひと踏ん張りとよれよれになりながら百々子はデリバリーにいきました。

すると部屋から長谷が現れ、百々子を部屋に引き入れます。

仕事は仮眠休憩中でキャンセル部屋が出たので・・・だそうですが、お疲れサンタをねぎらうために計画していたみたい。

仕事に戻らなくてはという百々子に、長谷はすでに根回ししていて戻らなくてもよいとのこと。

長谷が充電したいということなので、百々子サンタで充電していただきましょう。

お正月のインフルエンザ

ホテル 年の差 年下 カフェ 同棲新年

一年の計は・・・ですが百々子は風邪をひいてしまって長谷がおかゆを食べさせています。

折角合わせて取ったお正月休みが・・・という百々子に長谷は年末年始の疲れが出たから休みなさいということだと優しく言いました。

感染して早く治しちゃえばいいよと話していると・・・インフルエンザでした。

二人同時に寝込んでしまい、代わりばんこにおかゆを作ったりしています。

長谷が百々子を起こしてしまいますが、百々子は笑って病気の時、一人だと心細かったけれど、今は長谷がいてほっとして嬉しいと言います。

熱も下がり、二人で荒れた家の片づけをしました。

しかしまだインフルエンザの出勤停止なので、引きこもりのお正月を堪能します。

二人でいると全然お休みが足りないので、とりあえずもう一回一緒にインフルエンザにかかりましょうか。

ショーケースの向こう

ホテル 年の差 年下 カフェ 同棲相楽淳平22歳、百々子をカフェに誘ってみましたが、先約があると断られてしまいました。

休日なので、一人草バスケをしていますが、カフェに行ってみることにしました。

‘); ?>

お店のショーケースはがっつりバレンタイン商戦で、百々子にお土産を買おうと悩んでいる淳平は少し浮いているみたい。

店員さんから声をかけられ、淳平は誰かわかりませんでしたが、草バスで戦っている人でした。

小野田さんという店員さんは時々通っている淳平が気になっていて、淳平もここのお菓子がとても好きだったと答えました。

それで二人で飲みに行くことに。

お菓子をくれるというのにつられた淳平が外で待っていると、小野田がやってきました。

すると近くを長谷と百々子が通り過ぎます。

じっと二人を見つめ思わず「先約」とつぶやく淳平。

小野田と飲みに行くも、淳平はすぐに酔ってしまい、偶然前に街でバッタリ会ったことがあって今日もまた会えたらと期待したけれど、二人で歩いている百々子は見たくなかったのです。

ドライブ

ホテル 年の差 年下 カフェ 同棲長谷は車のメンテをしていました。

帰ってきた百々子を乗せて江の島へ向かいました。

懐かしい、変わらないという長谷に、デートに来たのですかと尋ねる百々子。

長谷は昔一人になりたい時に来ていた場所だったのです。

誰かと来たのは初めてと百々子に伝えると、これからここに一人は禁止、どこにでもついていきますと言います。

帰り道眠ってしまって百々子、キスのおねだりをしてしまいます。

そして長谷の初めてのこれからは全部自分にくださいと告げました。

外は春、働かないで花見に行きたいくらいのお天気です。

桜の花びらを掴むと願いが叶うと言う話を同僚がしているのを聞いた百々子。

長谷は一週間の出張中で、朝起きても一人でお弁当もコーヒーも二人分作ってしまいました。

いつの間にか二人が当たり前になっていたのです。

忙しい毎日を送り、明日には長谷が帰るという夜、桜の木の下で花びらを掴もうと頑張る百々子。

誰かにぶつかってしまいますが・・・長谷でした。

家に帰り、明日何が食べたいか長谷に尋ねると、今も明日も百々がいいと口を塞がれてしまいました。

願い事は叶ったかと長谷に尋ねられ、かなったと思いますと答えた百々子。

百々子の願いは、自分が長谷の帰るところでありますように・・・。

ラブファントム第9巻のあらすじをネタバレで紹介しました。

長谷と百々子のあまーい日々はまだまだ続きます。

<8巻 全話一覧 10話>
ラブファントムを無料で読む方法はこちらで解説しています!

9巻を呼んだ感想

ホテル 年の差 年下 カフェ 同棲ラブファントム第9巻を読みました。

いろいろな二人の季節の行事が続きます。

クリスマスは、二人のお仕事が一年で一番忙しい日でしょうか。

忙しい日の最後に、長谷が百々子をねぎらってくれます。

ねぎらいなのか、長谷の充電なのでしょうか。

 4–>

相変わらず長谷は仕事の時と別人ですね。

プライベートと分けていますが、だんだん表情が優しくなってきているような気がします。

お正月もせっかくとったお休みもインフルエンザで残念なことになってしまいます。

でも、たとえ病気でさえも一人きりでなく、二人でいられる楽しさに変わってしまうのですね。

治った後に、てきぱきふたりで家事を分担してこなしていくのもステキだと思いました。

お花見、二人離れて生活していても、お互いを思いやっています。

百々子はおまじないのような話を聞いて、真夜中なのに実行してしまいます。

そこをたまたま出張帰りの長谷と出会ってしまうという、きっと実際には起きないような出来事ですが…百々子の願いはきっと叶いますよね。

無料でラブファントムを読む方法

ホテル 年の差 年下 カフェ 同棲今回はザっと9巻のストーリーをご紹介しましたが、漫画を読むことが出来たらいいなって思う事もありますよね♪

そんな風に思った方に嬉しい情報です。

実は「ラブファントム」は、無料で漫画を読める方法があるのです。

あるキャンペーンを使うとお得に!しかも安全な方法でストーリーを楽しく読めますよ♪

<8巻 全話一覧 10話>
ラブファントムを無料で読む方法はこちらで解説しています!

ラブファントム9巻ネタバレ!まとめ

こちらでは「ラブファントム 9巻」の展開・見どころをご紹介しました。

ザっと9巻のストーリーをまとめてみます♪

ラブファントム 9巻のまとめ
  • お客さんの子供の為にカフェに置いてあるピアノを弾き始めた百々子。
    百々子はピアノを習っていた訳ではなく、育ててくれた祖母が引いてくれた事で覚えたという。
  • 新年早々インフルエンザになってしまった2人。
    仲良く調子を崩してっしまったけれど2人でいるとインフルエンザも悪くないと思えるのだった。
  • 昔は1人で来ていた江ノ島に百々子を連れてきた長谷。そしていつの間にか2人で一緒に居る事が当たり前になっていることに気がつた。

2人一緒に居るのは微笑ましいですよね♪

 10–>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。