少女/女性漫画

liarネタバレ12巻!あらすじ感想!松永は父親の愛人

上手くいかない恋「liar」。

子供を産むことは出来るのか市川と美紗緒の関係はお終い

続きの気になっていた「liar 12巻」を読んだので、さっそく展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

ネタバレを含みますのでご注意下さい。

<前話 全話一覧 次話>

liarが無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大45%のポイント還元を行っています!

読めば読むほど「liar」がお得に読めちゃいますよ♪

liar12巻の見どころ

市川とやっと恋人関係になった美紗緒。

大好きな人と一緒に居られることを幸せに思っていました。

市川も同じ様に・・もしかしたらそれ以上に、美紗緒に対して今まで感じたことのような特別な感情を持っていました。

ずっと一緒に居たいし、他の人のことなど考えられないと結婚のプロポーズまでした市川でしたが・・美紗緒からの返事にショックを受けることとなってしまいました。

美紗緒は「別に好きな人が出来た」と嘘をついて市川との関係を終わらせました。

その背景には市川の父親の存在があり、美紗緒は市川との関係を終わらせないといけないと思ったのでした。

美紗緒の心の中にはずっと市川の存在があります。

会社ではどうしても顔を合わせたり、姿を見る機会があって心が苦しくなり、ついに美紗緒は全然食事がのどを通らないような状況になってしまいす。

さすがにおかしと思った時に妊娠していたことが分かり、大好きな人の子供を生んで育てようと思った矢先、市川父に妊娠の事が知られてしまい、再び美紗緒は追い詰められることとなってしまたのでした。

liar12巻のあらすじネタバレ

こちらでは12巻のストーリーをご紹介していきたいと思います。

ネタバレを含みますのでご注意ください!

親父の愛人

松永に好かれているけれど、どうして好かれているのか全然わからない市川。

それに市川は美紗緒の事で頭がいっぱいだし、松永の事は仕事仲間くらいにしか見ていないのですが、松永は美紗緒と自分の違うところはどういうところなのかと聞いてきたりしてめんどくさいことを言い出します。

しまいには駅の階段で転んで動けなくなってしまい・・市川は仕方なく松永を自宅まで送ることとなったのです。

市川は松永の今までの感じを見ていても、ハメられている感じがして仕方ありません。

けど怪我をしてしまっていることは事実なので、置いて帰るわけにもいかなかったのです。

松永が住んでいるマンションは普通のOLが住めるような所ではありませんでした。

ますます怪しいなと感じながら松永の部屋に行き、玄関を開けるのに預かった鍵を棚に置くと、高級な時計が目に入ります。

中のベッドまで運んでほしいと言う松永をお姫様抱っこで運ぶ市川・・すると喜んで首に巻きついていきます。

ベッドに到着すると、市川は松永の顔に自分の顔を近づけていき、雰囲気が今までは違った感じになっていきます。

松永は嬉しそうにニコニコしているのですが、ここで市川は「市川さんが好き」の市川とは自分の事か?とれとも親父の事か?と質問したのでした。

なんと松永は市川の父親の愛人だったのです。

松永の表情が急に変わった!
玄関にあった高級時計で気がついたんだって!

松永と市川父の関係は2年になると言います。

市川は自分の父親の恋愛事情など聞きたくないと松永の話を止めようとしたのですが、どうやら美紗緒と辛い状況にある市川と自分の姿を重ねて見ていて仲間意識があった様なのです。

まだチャンスはあるのか?

翌日、休日出勤した市川は出野と美紗緒が一晩一緒に居たらしい話を耳にしてしまいます。

自分は美紗緒の事をすごく引きずっているのに、もう美紗緒はそんなことをしてるのかと思うとものすごく最悪な気分になる市川・・ついその辺のゴミ箱に八つ当たりをしてしまいます。

そんな市川を出野が追いかけてきたのですが、市川は2人仲良く出勤で何よりと言うのがせいいっぱい。

しかも出野には余裕があるように見えます。

出野は市川のそんな様子を見て「いいのか?」と市川に声を掛けます。

市川はそんなことを言われて余計にイライラするのですが、出野はここで市川の父親は「元気か?」とも聞いていたのです。

どうしてここで父親の話をし始めたのか市川はピンと来ていませんが、出野はちゃんと周りを見るようにと市川に忠告したかったのです。

しかも出野と美紗緒はデキているのだと思ったら「そんな事、本気で言っているのか?」とも言われるし、そんな風に言われたらもしかして自分にもまだチャンスがあるのかもしれないと気持ちを動かされます。

いやいや、これで勘違いだったらどうしようもない・・市川はストーカーってこんな気分なんだろうかと思いながら蹴っ飛ばして散らばったゴミを片すのでした。

市川は美紗緒を忘れるために身体を動かしてみたり、お酒を飲んでみたり・・でも全然うまくいかないので、仕事をめいいっぱい詰め込んでいたり。

会社の廊下ですれ違うと話しかけたくて声を聴きたい気持ちになるのですが、言葉が出てきません。

やっと口から出た言葉は「なに」・・。

美紗緒は「なに」と言われて「怖い」と返事をしたのでした。

怖がらせたかったののでも、恨んでいる訳でもない。

ただ、美紗緒が幸せならいいという気持ちもあるのですが、遠くから美紗緒を見ていると調子も悪そうに見えるし心配になるのでした。

出野の事を好きになって幸せにやっているんじゃないのか?

なのにどうしていつ見ても幸せそうじゃないのか?

顔色も悪いしないかがおかしいと気になってしかないのです。

笑顔を守りたいだけ

会議の後、出野に市川の父親のいる百菱の会長が辞任したことを聞かされます。

次期会長は、岩城。

岩城と言えば、父親の同期の執行役員・・。

岩城の娘と会長の孫が婚約したことでこういう流れになったのでした。

だから田所と息子を結婚させたがっていたんだよね。
世襲経営ってやつか。

市川は美紗緒の様子がおかしいことも出野に聞いてみたのですが、出野は美紗緒にはもう構うなと言って何とも言ってくれません。

市川はこの頃には美紗緒に裏切られたと、気が狂いそうな嫉妬心や怒りではなく、関係の修復を願っていました。

恋人でなくてもいいから美紗緒の笑顔を守りたいと思っているのです。

お腹の子供は・・

松永は産婦人科で美紗緒とバッタリ会った時、美紗緒が妊娠していることに気がつきました。

どっちの子供!?

松永の頭には、市川と出野2人の姿が浮かんでいました。

でも、どっちの子にしてもきっと美紗緒の事を大事にしてくれるだろう・・そう思うと、どうして自分と違ってこの人はこんなに上手くやってるのだろうと意地悪を言ってやりたい気持ちになります。

松永はこの時、市川の父親に連絡をして美紗緒が妊娠していることを教えたのでした。

夜になると松永のマンションに市川の父がやって来て、いつもいい情報をくれるといって松永の頭をなでるのでした。

朝早くに出て行こうとする姿を見て松永が、もう行かれるんですか?と声をかけると「これから病院へ行く」と返事をします。

あの女の付き添いで産婦人科に行くと聞いて、松永はハッとします。

ここまでが12巻の話になります。
<前話 全話一覧 次話>

12巻を読んだ感想

松永と市川父の繋がりはやっぱりなって感じがしました。

そして美紗緒の妊娠を知った時に市川父に教えたのもやはり松永・・けれど、翌日の朝に美紗緒の付き添って産婦人科に行くと聞くと顔色を変えていました。

この流れから言って、市川父は美紗緒と市川の子供を中絶させようとしているのでは?

松永はこの流れになることを予想していなかったように見えました。

もしかして松永は市川に連絡をするのでは?

そうなると市川は産婦人科に駆けつけるのではないでしょうか・・。

とにかく次回は色々な事が再び動き出しそうです。

どうなっていくのかこの後の展開が気になりますね。

<前話 全話一覧 次話>

liarが無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大45%のポイント還元を行っています!

読めば読むほど「liar」がお得に読めちゃいますよ♪

liarネタバレ12巻!まとめ

こちらでは「liar 12巻」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっと12巻をまとめると・・

liar 12巻のまとめ
  • 松永は市川父の愛人だった。
  • 市川は美紗緒の事を忘れられないでいる。
  • 妊娠していることを市川父に教えたのは松永だった。

病院に行って美紗緒の赤ちゃんは・・