少女/女性漫画

ララの結婚ネタバレ11話!あらすじ感想!ミンシンでララを探す

双子の兄がお嫁に・・「ララの結婚」。

ララとラムダンは再会出来るのかなもうラムダンはウルジの所には戻らないの

続きの気になっていた「ララの結婚 11話」を読んだので、さっそく展開・見どころをご紹介したいと思います。

<前話 全話一覧 後話>
ララの結婚を無料で読む方法はこちらで解説しています!

ララの結婚の見どころ

ララに結婚のみどころあらすじウルジとの生活が落ち着いてきたと思った矢先に義父に言われた第二夫人の話・・。

ラムダンは家の跡継ぎの事を考えると自分との間には出来る事のない子供を、第二夫人と作った方がいいのではないかと思ったのです。

 1–>

けれどこのあたりからいい感じになって来ていた2人は話をする時間も減って、お互いに思っていることを伝える事が出来なくなっていました。

少しウルジと話をした方が良いとウルジの部屋の前に着た時、ウルジがララと駆け落ちをしたはずの男と話していることを耳にしてしまったのです。

そこで知った衝撃の真実・・。

ラムダンはララを探しに家を飛び出したのです。

ララの結婚11話のあらすじネタバレ

恋をして駆け落ちした相手がウルジのあてがった相手だと知ったララ。

そんなララがショックを受けて姿を消してしまった事を知ったラムダンは妹を探しにウルジの家を出て行ったのです。

ミンシンという都

妹の身代わりになったララの結婚ミンシンという国随一の都。

そこに到着した馬に乗った商売人に、まだ幼い子供が近づきます。

ここはスラムもあってこういう子供たちも居る場所・・商売人はそんな子供にあっち行けと言って追い払います。

実は幼い子供が商売人の気を紛らわして間に、馬にくくりつけていた商品を盗む影がありました。

商品を盗んだのは商売人の目をそらした幼い子供たちと仲間の様で、トーマーという人物。

ミンシンはこういった一面も持っている場所なのです。

トーマ―は盗んだ商品を確認していると、大きな男に絡まれている人が居る事に気が付きます。

大きな男は、「自分の顔をどこかで見た事はないか?」と聞いていた人に対して「誘ってきた」と思ってしつこくしているのです。

自分と同じ顔の人物を探し歩いているのはラムダンでした。

ラムダンはララを探してここ、ミンシンにやって来たのです。

ここにララは居るのかな・・?

なんだか危ない街な気がするな。

トーマ―との出会い

妹の身代わりになったララの結婚大きな男は双子の妹を探しているラムダンの事を美人局だと思ってしつこくしてきたのです。

ラムダンは男に妹を探していることを説明するのですが、美人過ぎる故にしつこく離そうとしないのです。

 2–>

それを見たトーマーは、男に一撃!

ラムダンを自分の家に匿ってくれたのです。

トーマ―は、ラムダンを家に招くと、凄く心配して親切にしてくれます。

どこか怪我はないか?

お腹は減っていないか?

寒さは?

そしてそんな会話をしている中でトーマ―はラムダンが結婚指輪をしていることに気が付きます。

せっかく美人のお姫様に出会えたと思ったのに・・と残念そうにもしますが、トーマ―はどうして結婚もしている人がスラムに入って来たのか?と疑問も持ちます。

旦那と喧嘩でもしたのか?

ラムダンは「旦那」という言葉を聞いてすぐにウルジの顔を思い出しますが、自分たち兄妹を騙していた事を知ってウルジの存在を否定したい気持ちになっています。

トーマ―もラムダンの事は女性だと思っているんだね。

結婚指輪

妹の身代わりになったララの結婚指輪も外してこんな物・・と言うとトーマ―はじゃあ俺が貰うと目をキラキラさせます。

トーマ―はいい指輪だから高く売れると思っているのです。

そして、ラムダンが着ている服も良い物である事に気が付いていて、どこから来たのか?本当のお姫様ではないのか?と新たな質問をぶつけてきます。

ラムダンは、ただのブルクティーン家の・・と説明をしようとするのですが、トーマ―は「ブルクティーン家」と聞いた所で過剰な反応をしたため、ラムダンはその家の隣の侍女として働いていたと偽りの説明をします。

ブルクティーン家ってそんなに凄いお家だったんだ!

ブルクティーン家といえば昔から王宮に塩を降ろしている由緒正しい家。

ブルクティーン家の近くで働いているという事でも超優秀なんだなとトーマ―は言うのです。

本当の事を知ったら相当にビックリしそうな展開・・。

ラムダンは妹が北の国からこちらに向かっているだろうララの話をトーマ―に説明しました。

その話を聞いたトーマ―は色々とワケアリなんだなと言って、お姫様と言ってからかった事を謝りながら指輪をラムダンに返したのでした。

そしてその代わりに・・と言ってラムダンの髪留めを売り払うと言って持って出かけて行ってしまいます。

ジャルガルという人物

妹の身代わりになったララの結婚トーマ―は出かけ際に食べ物を調達してくるから、休んでてと言って出て行ったのですが、帰ってくると家からラムダンの姿は消えていました。

ミンシンに来たばかりの時に絡んできた男が連れて行ってしまった様なのです。

‘); ?>

トーマ―はラムダンが連れていかれた話を聞いて助けに行く決断をします。

どうやら連れていかれた先を分かっている様です。

ラムダンは自由を奪われて男に抱えられ、大きな建物へ連れて行かれていました。

そこは娼館!

この男は人売りだったのです。

そして男は、自分は手間賃と紹介料を貰えればいいんだと言い、詳しい話はジャルガルに聞いてくれと言い残して行ってしまいます。

ジャルガル・・とは?

不安そうなラムダンの元に髪を結んでいる男が現れます。

この人物がジャルガル!?

この人がジャルガル?気になる登場の仕方!
ここまでが11話のストーリーになります。
<前話 全話一覧 後話>
ララの結婚を無料で読む方法はこちらで解説しています!

11話を読んだ感想

妹の身代わりになったララの結婚今回は、新な人物が何人か登場しました。

その中でも最後に出てきたジャルガルという人物はかなり気になります。

 4–>

ラムダンを娼館に連れてきた男が言うには、これから娼館についての詳しい説明をする人物との事でしたが、ジャルガルらしき人物がラムダンの前に現れるシーンは逆光みたいな感じでシルエットしか分からない感じでした。

それって重要人物だからこういう登場なんじゃないのか?とこれからの展開をものすごく気にさせる感じです!

ジャルガルってどんな人物?

もしかして、ラムダンの知り合いだったり?

色々想像させられて、これは続きの気になってしまう感じです!

そしてトーマ―も娼館に連れてきた男も完全にラムダンを女性と疑っていないですね。

今までだってウルジの家の人たちも大抵の人はラムダンを女性として疑っていません。

どんだけ美しい男性なのかと思うと、ラムダンにも会って見たい気持ちにもなります!

ラムダンはララに会う事が出来るのでしょうか?

会えるとしても、そこに行くまでにまだまだいろんな色んなことが起こりそうな予感。

そしてラムダンが居なくなった事を知ったウルジは迎えに来るのでしょうか?

ウルジは、今頃ラムダンが居ないことに慌てているのではないでしょうか?

予想としてはウルジはラムダンを探しにミンシンにやって来るような気がします。

そしてピンチな状況から救ってくれるような気もするのですが・・。

そして第二夫人の存在も気になります。

ウルジは第二夫人をとる事は考えてない様ですが、父親やラムダンの気持ちは邪険にはしない気もします。

そして第二夫人候補の女性は純粋にウルジに思いを寄せているって所もポイントじゃないかと思います。

そちらの様子も知りたいですね。

<前話 全話一覧 後話>
ララの結婚を無料で読む方法はこちらで解説しています!

ララの結婚ネタバレ11話!まとめ

こちらでは「ララの結婚 11話」の展開・見どころをご紹介しました。

ザっと11話をまとめてみると・・

ララの結婚 11話のまとめ
  • ミンシンという都に着いたラムダンは、自分と同じ顔のララを探していた。
  • ララを探している中で男にしつこくされていたラムダンを助けてくれたトーマ―。
  • トーマ―はラムダンからブルクティーン家の名前を聞くと驚いたため、ラムダンは素性を偽る事に。
  • トーマ―が留守中に娼館に連れてこられてしまったラムダンの前に現れたジャルガルという人物とは?

新たに登場したジャルガルという人が気になりますね。

 10–>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。