少年/青年漫画

くにはちぶのネタバレ4巻!あらすじ感想!たんぽぽを恨む者の狂気

全国民に「無視」される主人公ですが・・これは国の法律で決められた義務です!

たんぽぽのお母さん、すごく心を痛めているけど大丈夫無視されるって嫌だな

続きが気になりますよね♪

こちらでは、「くにはちぶ 4巻」の展開・見どころをご紹介していきたいと思います。

<3巻 全話一覧 5巻>

31日間無料+600ポイントで好きな漫画を読んでみる↓

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

くにはちぶの見どころ

法律 無視 イジメ 逮捕 1年間 中学生国の決まりによって「無視」されることになった中学2年生の主人公・たんぽぽ。

たんぽぽの事を無視することは義務であり、それに違反すると逮捕されてしまいます。

 1–>

既にクラスメイト数名と、おじいさんが逮捕されてしまっていて、制度のせいではなくたんぽぽのせいで子供が逮捕されてしまったと思っている親もいるのです。

逮捕されてしまった吹奏楽部の先輩・都の母親はそんな風にたんぽぽを恨んでいます。

4巻ではその都の母親が大暴走するのです!

くにはちぶ4巻のあらすじネタバレ

くにはちを無視するのは義務である!

たんぽぽの親友しろつめと部活の先輩である都は、たんぽぽを無視することなんてできずに自ら逮捕覚悟で話かけた2人なのです。

2人は今、少年院に居ます。

刑務所の中

法律 無視 イジメ 逮捕 1年間 中学生あずみはしろつめに会いたいと手紙を持って少年院を訪ねるのですが、会えるのは3親等までと決まりがあって会う事も手紙を渡すことも許されません。

都はお父さんと面会をしていました。

「無視しなかった事、後悔していないよね?」都は父親の質問に笑顔で「娘が犯罪者になって後悔してない?」と聞きます。

2人も後悔をしていないと言って、都は駄目親子と言いながらも嬉しそうにしています。

けれど都には心配がありました・・お母さんの事です。

お母さん、強烈なんだよね。

やはり予想通り、父親にお母さんはショックを受けてあまり大丈夫とは言えない状況だと言われます。

会って謝りたいから、今度は一緒に来てと父親にお願いして、いつも過ごす部屋へと帰って行きます。

 2–>

どうやらしろつめも両親と面会をしていた様子。

都が聞くとしろつめの両親はビックリはしていたけれど「イイ子」だと言って感動もしていたとやはり堂々としていました。

都の母親の事は心配だけれど、しろつめは家族だからわかってもらえるはずと励ますのでした。

対象者は監禁すべき

法律 無視 イジメ 逮捕 1年間 中学生その頃、たんぽぽの家を訪れていた都の母親・・対象者となった者を監禁するべきだと言ってたんぽぽの両親の元にやって来たのです。

たんぽぽの両親は都が逮捕されるような事になってしまった事に謝罪をしつつも監禁はしないつもりだと返答します。

たんぽぽはここで、都には感謝している事を母親に伝えようとするのですが・・都の母親にたんぽぽや都の気持ちは伝わる気配なく・・ついに都の母親は刃物を取り出したのです。

くにはちに優しくした挙句に逮捕された娘はかわいそうだ!!!

都の父親は都が何を望んでいるのか理解しようとしますが、母親は別の考えで自分の考えこそが正しいのだと思っています。

そしてついに被害者の保護者を集めて自分たちに賛同する人を集いデモ行進を始めます!

「くにはちは監禁すべき!!」こう言いながら学校の校長室まで行進した都の母親は、対象者は学校に来なくても特別に卒業させるという約束を校長とするのですが、ここにたんぽぽとたんぽぽの母親が反論をしにやってきます。

先輩は私を卒業させるために逮捕されたわけでも、私のせいで逮捕されたわけでもない。

私のために無視しなかったんだ!

たんぽぽは先輩が自分に伝えたかったのは、学校へ行く事が間違いではないと教えてくれるためだったのではないかと思っています。

くにはち対象者は敵ではない。

監禁は今年も、来年も、再来年もしていくのか?

戦うべきは無視法そのものでは!?

確かに敵は法律じゃないかな。

たんぽぽの主張

法律 無視 イジメ 逮捕 1年間 中学生たんぽぽの主張は都の母親には響きません。

むしろ身勝手なつけあがりだと思い、何をしても捕まらないクセに娘はつかまってしまったんだとより怒らせてしまいます。

‘); ?>

けれど他の人には響くものがあった様子。

逮捕された他の同級生の親たちは一緒に行進はしてきたものの、自分たちの子供がした行動に後悔はしていないのです。

私たちは、こんな悲劇を生まないように戦うべきではないのだろうか?

都の母親以外はこういった考えを持っていたのです!

たんぽぽはここで都の母親が都のしたことと言うよりかは自分を恨んでいることに気が付き、1年後に自分の事は好きなようにして構わないから後1年待って欲しいとお願いをします。

このまま自分は居なくなる訳にはいかない。

まだまだ何も恩返しができていないから。

中学3年生

法律 無視 イジメ 逮捕 1年間 中学生都の母親を追ってたんぽぽも都の居る刑務所に向かいます・・けれどたんぽぽの足は都の母親が振り回した包丁によって傷ついていました。

娘と一緒に命を絶とうとする母親。

都はそれを受け入れようとさえしますが、それをたんぽぽが阻止します。

そして都の母親が取り押さえられた所でたんぽぽは力尽きて倒れてしまったのです。

たんぽぽは倒れても誰も手を出せない・・けれどそこに後を追ってきたたんぽぽの母親が到着し、逮捕覚悟で娘を保護したのでした。

初めからこうしていたら良かった・・涙を流しながら娘を抱き上げます。

ベッドの上で目を覚ましたたんぽぽ。

そして近くには母親からのメッセージが残ったスマホを確認して、牢屋に入れられてしまった母親の元に行ったたんぽぽは感謝を伝えます。

たんぽぽも強くなっている気がするね。

新学期、たんぽぽたちは3年生になります。

あざみは、1年生で入学してくるたんぽぽの妹つづみを迎えに行く様に装ってたんぽぽを迎えに行ったのです。

バスに乗って一緒に登校するもクラス発表の名簿にたんぽぽの名前はありません。

あざみはそれも分かっていて自分と同じクラスに連れて行こうとしていたのです。

中学校最後の1年が始まります。

ここまでが4巻のストーリーになります。
<3巻 全話一覧 5巻>

31日間無料+600ポイントで好きな漫画を読んでみる↓

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

4巻を読んだ感想

法律 無視 イジメ 逮捕 1年間 中学生都のお母さん、今回も相当に暴れていましたね。

そして怖いんですよね~狂気に満ち溢れていました・・。

お父さんとお母さんの温度差と言ったら凄いです。

他の逮捕されたクラスメイトの保護達ですが、都母と同じ気持ちなのかも思いきやそういう訳でもなかった事に安心しました。

しろつめのお母さんも、自分の子供のした行動に誇りを持っていてたんぽぽは少し救われたなぁと。

 4–>

たんぽぽのお母さんもたんぽぽに触れることが出来て、もっと早くこうしていれば良かったと後悔していたのですが、お母さんが手を出せなかった気持ちも分からなくはないよと言いたい。

そして、たんぽぽの気持ちを強くして自分で手当てをさせて頑張りなさいみたいな感じ接したところはちょっとジーンとしました。

最後にはたんぽぽとお母さんが通じた感じがして良かったと思います。

いよいよ中学3年生となったたんぽぽたちですが、あずみはまたたんぽぽをサポートしてくれます。

やっぱり名簿に自分の名前のないたんぽぽ・・それを分かっていたあずみは学校に行ったところでどうしていいのか分からなくなって心が迷子になってしまう前に一緒に居てくれたんですよね。

3年生もなかなか厳しい状況が続きそうな予感です。

<3巻 全話一覧 5巻>

31日間無料+600ポイントで好きな漫画を読んでみる↓

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

くにはちぶのネタバレ4巻のまとめ

「くにはち 4巻」の展開・見どころをご紹介しました。

ザっと4巻のストーリーをまとめてみると・・

くにはちぶ 4巻のまとめ
  • 対象者の事は周りの迷惑を考えて監禁すべきだと考え、たんぽぽの両親を訪ねてくる都の母親。
  • くにはち制度の為に逮捕された保護者を中心に集めた都の母親はデモを始めると行き過ぎた考えに他の保護者たちは賛成していなかった事が判明。
  • 都の母親は娘と一緒に命を絶とうとするもたんぽぽによって阻止。ここで倒れてしまったたんぽぽをお母さんが助けてくれる。
  • たんぽぽやあざみは中学3年生に、そして妹のつづみは1年生に進学した。

3年生のクラスメイト達も結構キャラが強い子がいそうなんですよね・・どんな展開になるのはハラハラしますね。

 10–>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。