キングダム

キングダムのネタバレ605話!あらすじ感想!自ら軍を率いる王翦!

スポンサーリンク

実写映画も大ヒット公開中のキングダム!

李牧の戦術を探る王翦の読みはどう展開する今回、王翦も登場してくる

 

そんな風に思っている方にオススメです。

こちらでは「キングダム605話」の展開・見どころをご紹介します!

 

<<コミック55巻 一覧 606話>>

 

31日間無料+600ポイントで好きな漫画を読んでみる↓

※本ページの情報は2019年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

 

キングダムの見どころ

戦い 映画化 戦略 ロマン尭雲(ぎょううん)軍と飛信(ひしん)隊の戦い。

どうにか勢いを落とさずに尭雲軍へ対抗した飛信隊ですが、想定した速度はした回っていました。

 

それは趙峩龍(ちょうがりゅう)と戦った、信と羌瘣(きょうかい)の体力が回復していなかった事も大きかったのです。

信は徐林(じょりん)との戦いで負った傷が体調に響いていました。

 

その為に我呂(がろ)と岳雷(がくらい)は前線で戦う覚悟をします。

けれど、このことで尭雲は信が負傷していることに気が付き雷神を出陣させたのです!

 

 

 

尭雲へは玉鳳(ぎょくほう)隊が近づいています。

そして王賁(おうほん)の姿が前方に見えます!!

 

一方、李牧(りぼく)軍と王翦(おうせん)軍の戦い!

李牧軍は共伯と王翦軍は田里弥(でんりみ)の戦いです。

 

 

 

 

605話では、中央軍にスポットを当てたストーリーとなります!

 

2日間の決戦を決めた事によって李牧軍と王翦軍は真っ向勝負に。

李牧軍に苦戦する王翦軍!

 

李牧の戦術に違和感を感じながらも破る事は出来ずに苦戦をしていく事になります。

 

 

キングダム605話のあらすじネタバレ

王翦(おうせん)からの伝令により敵陣の動きを探るのに倉央(そうおう)軍から1000騎突撃をすることに!!

 

倉央は髪を触りながら余裕を伺わせます。

倉央が行くか?

糸凌(しちょう)が行くか?

 

糸凌の出陣

戦い 映画化 戦略 ロマン倉央が行くか糸凌が行くが譲り合いますが、探りへは糸凌がいく事が決まります。

倉央は出発する糸凌に対して、朝までお前を抱くので元気は残しておくようにと言います。

 

ここの会話にもかなりの余裕を感じるよね。

 

 

飛ばして進んでいく糸凌に見方もついて行く事が出来ない・・。

 

副将!

糸凌様!!

 

声をかけますが、いつも通りどんどん進んでいく糸凌にどうにかこうにか追いつくしかありません。

 

糸凌について行くのってかなり大変そう。

なんだかパワー凄そうだもん!

 

ただの盾兵ではない

戦い 映画化 戦略 ロマン糸凌たちの動きは離れたところからも見えました。

 

先頭の大男は何だ!?

やばい連中が入ってきたぞと声をかけられるカイネですが、カイネは大男ではなくあれは大女だと言い返します。

 

確かに遠くで見たら大男に見えるのも分かるけど・・カイネ曰く所作は女性なんだって!

 

 

共伯(こうはく)軍は次々と斬られていました。

けれど、カイネは心配ない「すぐに通用しなくなる」と強いまなざしで戦いを見ています。

 

共伯軍・・すなわち李牧(りぼく)の兵は、そんなに軟じゃないってことだね!

 

目の前に現れた盾兵に対して糸凌は笑みを浮かべていました。

盾兵に何が出来るか・・と言う様に剣を向けていきます。

 

スポンサーリンク

 

けれどすぐに糸凌は、この盾兵がただの兵でないことをに気が付きます!!

 

戦いに起きた変化

戦い 映画化 戦略 ロマン殺気や恐怖で心が力めば体にも力が入って斬られる。

でも、この兵士たちは自分を相手しても恐怖を感じていないのか??

 

この兵はどんな仕込まれ方をしている!?

 

 

次第に糸凌の勢いが止まります。

 

カイネの言うとおりになってきた!

 

 

勢いを落として留まる事は危険だと判断した倉央は糸凌を呼び戻そうとしますが、その指示が糸凌に届く前に新たな攻撃を受けるようになっていました。

 

ここで、李牧兵の分裂攻撃が始まります!

 

糸凌は両脇から挟まれる感じになったね。

これっ、どうなっちゃうの??

 

 

倉央は、50騎を糸凌の元へ送り込みますが、50騎抜けたところになんと敵の50騎が入り込んできます。

倉央も一瞬で敵陣が目の前に現れ、一体何が起きたんだ?と言う状態!

 

通用していない攻撃

戦い 映画化 戦略 ロマン田里弥(でんりみ)の指示を待つ者がいますが、指示を出せずに考えていました。

 

田里弥の兵って、個々の能力が高いって言われているんだよね!
そうは言っても、今回は苦戦しているんじゃないかな?

 

何をしても裏目に出ている。

 

李牧軍に通用していない・・。

違和感も感じていました・・一体何が起きたいうのだろうか??と。

 

田里弥は時間がないといえどやみくもに兵を失うだけになると考え、新たな指示を出します。

 

スポンサーリンク

 

倉央達を一度外へ!!

そして、全軍一度退らせよと声を大きくします。

 

遂に現れた王翦本軍

戦い 映画化 戦略 ロマン
調度この時、ドドドドって音が近づいてきたのです!!

 

この音は、王翦の本軍10.000が出てきた音だったのです。

しかもその軍の先頭に立つのは王翦!!

 

 

王翦軍が出てきた事によって雷伯(らいはく)軍も出てきます。

数は同じく10.000!

 

雷伯軍はさっそく布陣展開を見せてきます。

 

 

王翦が自ら率いてくるのには何か作戦が?

 

けれど雷伯軍の兵も共伯と同じ戦い方が可能。

つまり李牧の戦術を解かない限り勝ち目はないと思われていました。

 

しかも解けるはずはない。

どんな軍がどんな戦術を考えても、李牧の戦術は攻略できるはずがない!

 

 

 

けれど次の瞬間、王翦の戦術に一同驚きます。

布陣しないでそのままの形で前進をしてくる10.000という数!!

 

この戦略は一体?

 

そのままの形で直進をしてくるんだけど、なんだか異様な光景!

 

ここまでがキングダム605話のストーリーになります。

 

<<コミック55巻 一覧 606話>>

 

31日間無料+600ポイントで好きな漫画を読んでみる↓

※本ページの情報は2019年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

 

605話を読んだ感想

戦い 映画化 戦略 ロマン王翦は李牧の戦略に気が付いたのか??

まだ詳細が明らかになっていない李牧の戦略。

でも、「そういうことか」と言っていたし、意味深にそのままの形で直進してきた王翦軍!

 

そして自ら先頭で率いるスタイル。

これは何かに気が付いたからのスタイル&直進って事ですよね!?

 

スポンサーリンク

 

 

それは、倉央軍に行かせたことによって見えてきたって事なんだと思うのですが、パワー系の倉央軍を行かせたのにも訳があったのか?

その部分も踏まえて行かせていると仮定して、倉央軍の戦い方にも李牧の戦略を掴むヒントはあったという事?

 

まだ李牧軍に対しての王翦軍の進み方が正解だったのは不明な状態!

このあたり606話の展開が楽しみですね!

 

 

 

中盤、倉央や田里弥は自分たちの攻撃が上手くいっていない事に思考が停止している様な所がありました。

まるで全然分からない、何が起こっている?という感じに。

 

一方、李牧の戦略のヒントはカイネの言葉に少し隠されている様に感じました。

 

「武に合わせ損ねただけだ」と言うシーンがあったのです。

 

多少の誤差は合ってもすぐに修正・立て直しが聞くという事?

ここも戦略に関係するように感じます。

 

 

戦い 映画化 戦略 ロマンそして何気、所作で糸凌の性別が分かるとと言っていた言葉が印象的でした。

所作で、なんだか余計に性別が分かりにくい感じもするパワーと圧!!

しかもどんどん独り進んでいく所が、男女の性別を超えている感じがしますよね。

 

 

そして自ら先頭になって10.000の軍を直進させてくる王翦に対してカイネは、李牧の戦術は破れないと言います。

 

でも、このあたりからカイネの顔色は変わった感じが・・。

なんか汗かいている感じがします。

 

そして見透かしたような王翦の顔つき!

 

キングダム、読み始めるとついつい集中してしまいます。

読みながらキャラクターの事考えちゃいます!

 

606話のストーリーがどう展開していくが、期待が高まります♪

 

<<コミック55巻 一覧 606話>>

 

31日間無料+600ポイントで好きな漫画を読んでみる↓

※本ページの情報は2019年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

キングダムのネタバレ605話!まとめ

ここではキングダム605話の展開・見どころをご紹介しました。

 

605話のストーリーをザっとまとめてみます。

キングダム605話
  • 戦術を探るために送り込まれた糸凌
  • 敵陣の怯まない敵陣に押されていく糸凌
  • 本軍10.000を率いて自ら先頭に立つ王翦
  • 王翦を迎え撃つ雷伯軍10.000

王翦が布陣しない?そのまま前進を続ける王翦の真意は??

スポンサーリンク

error: Content is protected !!