少年/青年漫画

君が僕らを悪魔と呼んだ頃ネタバレ154話!あらすじ感想!

ついに完結!「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」。

緑の書いたユースケとはみんな絵を見てどんな反応をする

「君が僕らを悪魔と呼んだ頃 154話」を読んだので、さっそく展開・あらすじをご紹介したいと思います。

 

前話 全話一覧 次話>

君が僕らを悪魔と呼んだ頃が無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大45%のポイント還元を行っています!

読めば読むほど「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」がお得に読めちゃいますよ♪

君が僕らを悪魔と呼んだ頃154話のあらすじネタバレ

君が僕らを悪魔と呼んだ頃第154話のあらすじをお伝えします。

反応が気になる緑

藤森緑は受付でため息をついていました。

姉が心配して、ため息なんてついて・・・今更不安になっちゃった?と尋ねます。

 

不安ではないけれど、何だか緊張しているという緑。

自分が絵を描いた意味がちゃんと伝わるといいな、ひとりひとりにちゃんと・・・。

 

すると兄が緑の励ますように両肩に手を置いて言いました。

伝わるさ、お前はありのままのユースケを描いただけなんだから、きっとありのままの反応を返してくれるはずだと。

 

緑は嬉しそうに頷いていました。

そんな時会澤が現れます。

緑は立ち上がって尋ねました。

「どうでしたか!?私の絵は。」

 

会澤は緑をじっと見つめるとにっこり笑い「何アレ、全然だめだね」と言います。

手袋を脱ぎながら、外見はユースケそっくりだったけれど、僕の知ってるユースケはあんなじゃない。

 

自分の掌に空いた穴が覗き見ながら・・・この穴を笑顔で楽しそうに押し広げていった。

子供のように無邪気な残虐性。

それこそが彼の本質ではないか。

 

緑の絵からはそれがみじんも感じられなかった・・・才能がないんじゃないの~?

緑は驚いたような顔で、そう…ですかと言いました。

 

すると後ろからシュウがやってきて、不本意だが気が合うな・・・俺も同じ意見だといいます。

あの絵は悠介ではなく、まったく別のだれかだと。

 

もしも悠介の過去の被害者たちがあの絵を見たら、俺たちと同じ反応をするだろう。

これが本当にあの悪魔か?

だとしたら腹の中ではきっと何か企んでいるはずだって。

 

緑は笑顔になり、お二人ならそう言ってくださると思っていたと言いました。

過去のユースケと関わったことのあるお二人なら、きっと自分の描いた絵に違和感を抱くだろうと。

 

少しあきれたように・・・何それ?という会澤。

シュウは少し考えてから、たしかにあれは俺の知っているユースケではないけれど、重なる部分もあるにはあった・・・。

 

パイトからの帰り道では、よくあんな顔をして笑っていたから。

記憶をなくしてしまった後のアイツは、過去のことなど何もなかったように心の側から幸せそうにしていたというシュウ。

 

会澤はだとしたらよかったのだと・・・緑たち兄妹と一緒に暮らしていた間は、ほんのひとときでもユースケは罪を忘れられたということだから・・・。

会場では・・・

会澤は藤森兄妹に向かって言いました。

それよりもここで待ってても意味ないよ。当分他の人たちは出てこないから。

動けなくなってたからな、絵の前から皆―・・・と付け加えるシュウ。

 

ある絵の前には一ノ瀬が立っていました。

緑が名前を呼んでも、振り向いてくれません。

 

私の描いたユースケはどうですか?

一ノ瀬さんにはどう映りました・・・?

 

どう?どうって・・・振り向いた一ノ瀬は涙と鼻水でぐちゃぐちゃです。

「この顔を見ればわかるでしょ?」・・・ハイという緑。

 

ぐちゃぐちゃでもう恥ずかしいと言う一ノ瀬の隣には、同じようにぐちゃぐちゃになっている環がいました、

 

恥ずかしくなんてないわよ・・・だって目の前に死んじゃった悠介がいるんだもの。

・・・私の好きだった悠介が・・・。

明里がゆるそうとした悠介が・・・。

そう環が話し終えると、一ノ瀬は緑にお礼を言いました。

 

一ノ瀬が魅了されていた絵は、「悪魔の笑顔」というタイトルの悠介の優しい笑顔のものです。

もう一度悠介に会わせてくれて、本当にありがとう・・・。

 

いえ・・・と答える緑の横に、いつの間にか菫がいました。

なるほど・・・これが私の父の姿・・・。

 

どれだけ眺め続けても、悪魔とは程遠い…ふつうに人のよさそうなおじさんですね。

・・・でも世間では皆彼を悪魔と呼び忌み嫌う。

一度もあったことのない、この人物の過去だけを見て・・・馬鹿の一つ覚えのように・・・と話す菫。

 

恩田は仕方がないと言い、誰かの張り付けたレッテルでも自分にとって都合がよければ、それがその人にとっての真実になる。

人は見たいように物事を見るものなのよ。

 

事実恩田もそうで、過去の出来事だけを見て目の前の悠介を見ようともしなかったのだと言います。

 

そして緑に、だからあなたもこんなにも彼の絵を描いた。

描かざる得なかった・・・そうよね?と確認しました。

君が僕らを悪魔と呼んだ頃

あの事件の後、緑たち兄妹はたくさんの人たちに話を聞かれました。

悪魔が殺される前の半年間、親密にかかわった3兄妹として・・・。

 

そこで私たちは必死に訴えました。

悠介は悪魔なんかじゃない。

むしろ私たちを守り続けてくれた・・・ずっと善良な一人の人間だったと。

 

けれども世間は誰も信じてくれず・・・信じようともしませんでした。

挙句に「こいつらも仲間だ」と言って私たちを避難し始めたのです。

 

半年の間にすっかり手なずけられて、悪魔の仲間に成り下がってしまったんだ・・・と。

目の前には「悪魔とりんご飴と私」と言うタイトルの、悠介に肩車されて嬉しそうにりんご飴を食べている緑が描かれています。

 

そんな人たちがここに描かれているユースケを見たら、ひとりひとり一体どんな風に見えるんでしょうか。

やっぱり悪魔?それともただの人間?

 

彼に傷つけられた人にしてみれば、生きる価値のない鬼畜…万死に値する極悪人だったでしょう。

私はそれを否定はしません。

 

それでも私は彼に救われました・・・私たちは彼に救われた。

彼がそばにいてくれて・・・生きていてくれて本当に良かった。

だからこれはありのままの私たち・・・。

あなたが私たちを悪魔と呼んだ頃の。

 

おおきな玉を兄弟で頑張って動かそうとしている・・・それを助けてくれているユースケ。

その様子を黙って見ている第三者。

その絵のタイトルは「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」と言います。

緑は確かに幸せでした。

 

悪魔のくせに幸せだなんて許せないと言う人もいるでしょう。

でも完璧な善人もいないように、完璧な悪人もまたいないのです。

 

もしそうならば世界はもっとシンプルなはず・・・。

わかるのは、自分にとってその人が何であったのか、ただそれだけ。

だから教えてください・・・あなたの目に斎藤悠介はどう映りましたか?

 

緑は「斎藤悠介」というそのままの悠介の絵の前に立ち質問しました。

人間ですか?

悪魔ですか?

信で当然のクズでしたか?

 

もっと生き続けるべきでしたか?

彼のことを許せますか?

許せませんか?

あなたがどんな結論を出しても私は尊重し、決して何一つ否定しません。

だからどうか教えてください。

 

誰にも左右されないあなた自身の言葉で・・・あなた自身の答えを。

その答えを得ることこそが私が彼を描き続けた意味。

そして彼がこの世に生まれた意味の一つだと思うから・・・。

 

おぞましい罪にまみれ悪魔と呼び、その罪の記憶を失った一人の男の・・・。

 

君が僕らを悪魔と呼んだ頃第154話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

ついに「完」となってしまいました。

何年たっても悠介はいろいろな意味でみんなの心の中に残っています。

 

前話 全話一覧 次話>

君が僕らを悪魔と呼んだ頃をお得に読む方法

君が僕らを悪魔と呼んだ頃を今すぐお得に読みたいなら「まんが王国」が一番おすすめ!

まんが王国 毎日最大45%ポイント還元!会員限定無料マンガも沢山あるのでおすすめです!
U-NEXT 初めての加入で31日間月額無料+600円分のトライアルポイントがもらえ、君が僕らを悪魔と呼んだ頃が無料で読めます
FODプレミアム 初めての加入+Amazonアカウント登録で、最大1300円分のポイントがトライアル期間中にもらえます。ポイントをためて君が僕らを悪魔と呼んだ頃が無料で読めます。
music.jp 30日間無料+600円分のトライアルポイントで君が僕らを悪魔と呼んだ頃がいますぐ無料で読めます。

本日まんが王国に登録すると1冊50%割引クーポンが今すぐもらえます!
有料会員に登録するとさらに即日最大3000ポイント追加付与!!

毎日最大45%ポイント還元を実施しているので読めば読むほどお得になっちゃうんです!!

会員限定で読める無料漫画が沢山あるのも嬉しいポイント◎

君が僕らを悪魔と呼んだ頃が無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

おすすめのマンガアプリTOP3

1位.マンガUP!
スクエニの人気漫画が毎日8話無料!
 「薬屋のひとりごと」
「とある魔術の禁書目録」
「妖狐×僕SS」

2位.マンガMee
集英社の女子向けマンガが自分のペースで読める♫
 「君に届け」
「アオハライド」
「初めて恋をした日に読む話」

3.サンデーうぇぶり

国民的名作からオリジナル作まで幅広く楽しめる

 「名探偵コナン」
「犬夜叉」
「ジンメン」

154話を読んだ感想

君が僕らを悪魔と呼んだ頃第154話の感想をお伝えします。

どんな悠介の絵が描かれているのかと思っていました。

 

日常を切り取られたような悠介の絵・・・あたたかい絵でした。

幼いころの半年間なのに、どれだけ強烈な思い出を緑に残していたのでしょうか。

 

緑たちもユースケが亡くなった後、きっと苦労したと思うのに・・・思い出すのはユースケの笑顔なのですね。

 

悠介に縁のある人が集まって想い出話をしています。

この場にいたら悠介はどんな顔をしたのでしょうか。

 

悪魔と呼ばれていても、記憶に残るそれぞれの大切な人だったのかもしれません。

 

前話 全話一覧 次話>

君が僕らを悪魔と呼んだ頃が無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大45%のポイント還元を行っています!

読めば読むほど「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」がお得に読めちゃいますよ♪

君が僕らを悪魔と呼んだ頃ネタバレ154話!まとめ

こちらでは「君が僕らを悪魔と読んだ頃 154話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとまとめると・・

君が僕らを悪魔と読んだ頃 154話のまとめ
  • 会澤とシュウは、緑の描いたユースケと自分たちの持つユースケの印象とは違った様子。
  • 絵を見た人たちは緑の描いた絵の前で動けなくなていた。
  • 緑は色々なユースケを描いていた。

ついに完結となりました。