漫画ネタバレ

鬼滅の刃194感想ネタバレ!伊黒さんに惚れたわ

鬼滅の刃感想

仇の為に戦う「鬼滅の刃」。

無惨が老化したとは今後の戦いが気になる

 

こちらでは、予想外の展開に続きが気になる「鬼滅の刃 194話」の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

鬼滅の刃は無料で読むことができます。

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

U-NEXTでは即日漫画が読めるポイントを600円分もらうことができます。

ポイントでいますぐ「鬼滅の刃」が1冊無料で読めちゃいますよ♪

 

<前話 全話一覧 次話>

鬼滅の刃194話の感想とネタバレ

鬼滅の刃194話の感想をネタバレありで紹介していきます!

あらすじもガンガンネタバレしていくのでいやな人はそっ閉じでお願いします。

茶々丸鬼化していた?

愈史郎・村田たちは急いでいました。

そこには柱たちに解毒剤を運んだ時無惨に斬られた茶々丸が!茶々丸〜〜〜〜〜!! ( ;∀;) !!!!!!!!!!!!!!!!


PR

いきてるううううう〜〜〜〜〜〜〜!!!!! ( ;∀;)(超猫派)

頭と胴体は切り離されていましたが、まだ命はあります。よかった・・・・よかった・・・( ;∀;)

愈史郎が大切そうに頭を持ち上げて茶々丸に大丈夫かと声を掛けながら首を胴体に戻します。茶々丸復活はまさかの嬉しすぎた・・・。

わずかな希望・・・。

 

茶々丸も決戦直前に鬼変えることができたのだと愈史郎は答えました。

愈史郎は茶々丸をのぞき込んでいる村田たちにはっぱをかけます。

ぼけっと見ていないで倒れている人たちの手当てをしろと。

 

血清を投与しに行くと、伊之助はぐったりしていました。

村田は血清をまだ打っていないのは炭治郎の同期の3人であることを確認してから、隠にも打つようにお願いします。

隠は突然のことに動揺していますが、まじで悲惨すぎてそれどころではないジャンプ本誌。

読みながら手が震えるわ・・・・。

お兄ちゃんは戦闘不能か?

愈史郎は建物にめり込むようにうずくまっている悲鳴嶼(お兄ちゃん)の元へ。

何度も声を掛けますがピクリともしません。

意識も失っているようです。

足の傷も深いようで愈史郎が必死に止血をしています。

珠代がいなくなってもちゃんと働く愈史郎は以外に偉い子だった。

 

失血と平衡感覚が失われているため悲鳴嶼は戦うことはできないと判断しました。

いや・・・ここで悲鳴嶼がいなくなったら勝てるの?勝てなくない????

なんか柱みんな満身創痍、今後の戦闘は無理そうでマジで鬼滅の刃最終回に向かって走ってる感じがしますね・・・・。

えっ、終わるの????こんな人気絶頂で終わるの???


PR

まさか五十分以上残して悲鳴嶼が戦闘不能にされるとは・・・。

愈史郎は珠世に炭治郎を守ってくださいと涙を流しながらお願いしています。

なんとか守ってやってください・・・と。

炭治郎のピンチに伊黒が・・・

その頃炭治郎は続けて日の呼吸を型を繰り返し繰り出していました。

技をただ繋いでいくだけではなく、無惨のウィークポイントを探し出しそこを攻撃しなくてはいけません。

もっと集中をして透き通ると世界に入らなくてはと思った時、周りが暗くなり無惨の姿も見えなくなってしまいます。

酸欠になってしまったみたいです(いやなるわ!)。

 

気持ちを落ち着かせて、匂いでとらえようと試みます

すると滑ってしまい転びそうになってしまそうに。

その時炭治郎を助けてくれたのは・・・・・?!

 

炭治郎は誰かが助けてくれたことに気が付きました。

この匂いは・・・。

視覚がだんだん戻ってきて、着物の柄も視えてきました。

隣にいてくれたのは伊黒(か、かっこよ・・・)でした。

 

抱きかかえられる炭治郎は驚きまくり。

伊黒の目が大きな裂傷でふさがれているのを見たのです。そら驚くわな。

自分を庇ったせいで両目がやられたのではないかと心配する炭治郎。


PR

炭治郎を支えながら人のことばかりうるさいと今やられたのではないと怒鳴る伊黒。

無惨の攻撃が容赦なく炭治郎と伊黒に向けられます。

援護するという炭治郎に伊黒は元々右目が弱視でほとんど見えてはいなかったため、炭治郎の介添えはいらない・・・自分には鏑丸がついていると言います。

鏑丸が守る

いやマジでここのシーン鳥肌たちまくりなので本誌でぜひよんでください

伊黒には鏑丸がかばうように寄り添っています。

支えていた炭治郎の手を離す伊黒。

すぐ後ろに無惨の姿が!

 

無惨の激しい攻撃が伊黒と炭治郎に襲い掛かります。

どうにか避ける二人ですが、無惨の攻撃で周囲の建築物まで破壊されてしまいます。

伊黒が危ないと炭治郎が声をかけた時、鏑丸自身が無惨の攻撃の筋道を読んで伊黒に伝えているかのように見えました。

なんやねんその超次元能力。もはや鏑丸自身が伊黒さんだったのだ

 

蛇が伊黒に戦況を伝えていることに無惨も気が付きます。

自分の攻撃が蛇のような畜生に読まれていると無惨のプライドが・・・。


PR

むきになって攻撃していく無惨に炭治郎はやめろと叫びます。

しかし鏑丸はひるまず伊黒を守りながら、無惨に向かっていきました(かっこよ・・・)。

しかし伊黒さんはフラグ立てまくりで心配でならない・・・。

 

目も難しそうだし、伊黒さんも柱は引退かなあ。

無惨に残っている傷は

身体の欠損など想定しながら訓練をするはずはないがしていたとしても、あんなに傷を負っている人間を一瞬で倒せなくなっている自分にきづく無惨。

珠世の作った老化の薬をまだ自分の身体が分解できていないのか、そちらの方を修復するのに体力が奪われています。

 

無惨の攻撃を避けながら、炭治郎は今までのみんなの攻撃が無惨を弱体化させていると考えていました。

そして確実に無惨の匂いが徐々に変化していっています。

自分は酸欠を免れるだけで精いっぱいで、透明な世界に入っていくことができていません。

二対一になってもまだきつく何とかしなければと思っています。

 

伊黒にも何度も助けてもらいました。

今度は自分が・・・そう考えていた時無惨の身体の傷が目に入りました

無惨の身体にはたくさんの傷が残されていました。

それもかなり古い傷のようです。


PR

炭治郎の耳飾りが反応したのかシャリンと音がしました。

縁壱の付けた傷・・・何百年もの間治ることがなかった傷は、奥深く無惨の細胞まで傷つけていたのです。

あの傷はそのまま無惨の脆いところ・・・その場所を狙えばいいということに気が付いた炭治郎。

縁壱が炭治郎たちを永い時を超えて導いてくれています。

 

縁壱さん!!!!!!!!!!!!!!!!!マジか!!!!!!!!!!やばすぎやろ!!!!!!!!

縁壱さんの傷が無惨に毒のようにダメージを与えていたんですねえ。

 

これは無惨さまマジで倒されるやつじゃないですかね。

でもこのまま倒されたらねずこあたりのフラグも何も回収してないので、なんや感やありそうな予感。

ねずこが無惨さまに取り込まれるとかなった日には私は一週間寝込むぞまじで。

ひとまず鬼滅の刃194話はここで終わりです。相変わらず心臓に悪い・・・。

 

<前話 全話一覧 次話>

鬼滅の刃を無料で読む方法

鬼滅の刃を無料で読む一番のおすすめ方法をご紹介します!それは動画配信サービスのキャンペーンを使って読む方法です♪

動画配信サービスでは初めての利用の場合、漫画が購入できるポイントがもらえちゃうんですよ!鬼滅の刃はポイントで無料になっちゃいます!

U-NEXT 初めての加入で31日間月額無料+600円分のトライアルポイントがもらえ、鬼滅の刃がいますぐ1冊無料で読めます
FODプレミアム 初めての加入+Amazonアカウント登録で、最大1300円分のポイントがトライアル期間中にもらえます。ポイントをためて鬼滅の刃が最大3冊無料で読めます。
music.jp 30日間無料+600円分のトライアルポイントで鬼滅の刃がいますぐ1冊無料で読めます。

鬼滅の刃を無料でいますぐ読みたいなら「U-NEXT」が一番おすすめ!

本日U-NEXTにお試し加入すると漫画購入に使えるポイント600円分が今すぐもらえ、ドラマやアニメも14000本以上見放題になります。

 

もちろんお試し期間中いつでも解約OK&月額も31日間無料!

しかも解約しても漫画はそのまま継続で読めて安心です。

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

194話の考察

鬼滅の刃第194話「灼熱の傷」のあらすじをネタバレでお伝えしました。

茶々丸が無事でした。

猫も鬼化に成功していたのですね。

また愈史郎の仕事を担ってくれるのでしょうか。

茶々丸の知らせは嬉しいのですが、悲鳴嶼は愈史郎がついているので大丈夫だと思いますが、出血が多いことが心配です。

 

伊之助も血まみれになっていましたが、手当てをしている村田の様子を見ると大変な様子ではなさそうです。

善逸とカナヲにだけまだ血清を打っていないというので、他の柱たちもきっと無事なはずです。

 

血清で毒が中和されると、また戦闘に戻れる状態なのでしょうか。

炭治郎が危ないと思った時、伊黒と鏑丸が駆け付けてくれました。

伊黒は無惨の攻撃で目がつぶされたようになっていました。


PR

でも鏑丸が伊黒の目となり、しかも伊黒を庇って無惨の攻撃から守り果敢に戦っています。

伊黒と鏑丸のコンビネーションがなければ、炭治郎も危険にさらされていたでしょう。

伊黒と鏑丸は友達以上の深い絆が感じられます。

 

炭治郎はなかなか型を繋げることも大変そうで、透明な世界にも入ることができていません。

十三の型ももちろん出すことはできていません。

十三の型は特殊なため完成させることは、今の状況ではなかなかできないのではないかと思います。

でも今回無惨に残された縁壱の古傷を発見しました。

普段は隠しきれている物の、老化の薬のせいで無惨の治癒能力が衰えているせいだと思われます。

 

縁壱の付けてくれた傷が、無惨の最大の弱点なのかもしれません!

そう炭治郎が気付いた時、耳飾りが音を立てました。

時空を超えて、炭治郎と縁壱が繋がった瞬間だったかもしれません。

炭治郎と縁壱にもまた絆が・・・不思議な縁があります。

<前話 全話一覧 次話>

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。