少年/青年漫画

【鬼滅の刃0巻】「煉獄零巻」ネタバレ!人気につき配布終了となったその内容を大公開!

2020年10月16日、ついに『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が公開されましたね。

TVアニメ1期が無限列車に乗る直前の話で終わっていたため、ファン待望の映画公開でした。

コロナ禍で外出を控える方もまだまだ多い中ではありましたが、たくさんの方が映画館へ足を運び公開3日間で46億円を超える記録的な興行収入。

そんな社会現象にもなっている『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』を鬼滅ファンの一人でもある私も公開してすぐに観てきました!

そこで入場者特典として配布された「鬼滅の刃0巻」こと『煉獄零巻』をゲットしたので、少し紹介したいと思います。

『鬼滅の刃0巻 煉獄零巻』について

『煉獄零巻』は、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の入場者特典として全国の映画館で先着450万部配布された小冊子です。

『鬼滅の刃0巻 煉獄零巻』は手に入る?

450万部発行されたものの、早いところでは公開3日目で配布終了と無料で手にいれる事は難しいでしょう。

 

1,000円以上で転売されているようですが、ちょっとお高めですよね…

気になる内容は?

『鬼滅の刃0巻 煉獄零巻』の内容を箇条書きで紹介致します。

目次

①「鬼滅の刃」特別読切 〈煉獄杏寿郎の初任務のストーリー〉
②「鬼殺隊報」号外 〈映画登場キャラクター達の「大正コソコソ噂話」〉
③TVアニメ「鬼滅の刃」 竈門炭治郎 立志編 血風剣戟冒険録
④劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 乗車記録 〈映画登場キャラクター概要&声優さんインタビュー〉
⑤スペシャルメッセージ 〈TVアニメ監督外崎春雄氏×キャラクターデザイン松島晃氏から直筆メッセージ色紙〉

原作者・吾峠呼世晴先生描き下ろし漫画などが収録されており、ファンとしてはとても嬉しい内容でした!

なかでも、

①「鬼滅の刃」特別読切 〈煉獄杏寿郎の初任務のストーリー〉
②「鬼殺隊報」号外 〈映画登場キャラクター達の「大正コソコソ噂話」〉

は特に見どころだったのでご紹介させていただきます!

よく無料で試し読みされている作品
横にスライドでもっと見る>

無料で読める!今週のおすすめTOP3

秘密の授業
「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい―――朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感――それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?


キスでふさいで、バレないで。
「こんな状況で感じるなんて、やらしいな」シャツごしに敏感なトコロをこすられ、指を挿れられて、バレないように声を抑えろだなんて…そんなの無理…!ある夜、うっかり会社の廊下に締め出されてしまった楓(かえで)は、偶然とおりかかった片想いの相手・塩谷(しおや)に助けられ、そのまま家に泊まらせてもらう事に!しかしそこへ、塩谷のルームシェア相手が帰宅し思わずクローゼットに隠れる二人。密着するカラダにドキドキする楓…その時、塩谷のくちびるが楓の胸に触れ―――


もしも、幼馴染を抱いたなら
「私たちの関係って、何…?」ジムのトレーナーである修司と幼馴染の茜。茜が修司の働くジムに通うことになったのだが、担当するトレーナーは会員と寝ていると有名な男…!!ある夜、帰りの遅い茜が担当トレーナーに車で送られたのを見てしまい、幼馴染が抱かれたのではと、気になって仕方ない!それから茜の行動から目が離せなくなってしまい…。こんなに心配するのは幼馴染で親友だから。なのに無防備な茜の姿に体は反応して、抱きたい衝動は増していき…!二人が一線を越えたその先にあるものとは――?

『鬼滅の刃0巻 煉獄零巻』のネタバレ

ここからはネタバレを含むあらすじをご紹介します。

「鬼滅の刃」特別読切 〈煉獄杏寿郎の初任務のストーリー〉


「お前も千寿郎もたいした才能はない。
くだらん夢を見るな。
炎柱は俺の代で終わりだ。
お前は炎柱になれない。」

という杏寿郎の父、槇寿郎の冷たい言葉から物語は始まります。

背を向けられたまま伝えられたその言葉をただ呆然と聞いている杏寿郎。

その言葉を聞いて杏寿郎は、

「百人が百人口を揃えてその才能を認め褒め称える者でなければ夢を見ることさえ許されないのだろうか。
強烈な才能と力を持たない者の夢を叶える為の努力や誰かの力になりたいと思うその心映えには何の価値もないのだろうか。」

と、刀の素振り稽古に打ち込む弟、千寿郎を見つめながら疑問に思います。

杏寿郎がいることに気づき「はっ兄上!!」と近寄ってきた千寿郎。

杏寿郎
杏寿郎
うむ!頑張っているな!!
千寿郎
千寿郎
まったく気配に気づきませんでした。恥ずかしいです…(顔を赤くしてあたふた)
杏寿郎
杏寿郎
何も恥ずかしいことはない!
それだけ千寿郎は稽古に打ち込んでいたのだ。
素晴らしいことだ!俺はこれから初めての任務に向かう。
その間千寿郎は家を守っていてくれ!!

杏寿郎から全力で褒められ、家を守ることを任された千寿郎はとても嬉しそうに「はいっ」と答えます。

「では行ってくる!!」と猛ダッシュで走り去ろうとする杏寿郎。
すると千寿郎は「あっ兄上」と呼止めるのでした。

千寿郎
千寿郎
頑張ります!俺きっと兄上みたいになります!兄上みたいに!!

千寿郎の言葉を聞いて、杏寿郎は最終選別の時にかけられた言葉を思い出すのでした。

[[[ 俺 貴方みたいになりたいです ]]]

~回想シーン~

少年「俺も貴方みたいに強くなって仲間を…みんなを助けられる人になりたい。鬼に家族を奪われることがないように。誰も。もう誰も。」


最終選別をともに生き残った少年が涙を流しながら笑顔で杏寿郎に声をかけます。

杏寿郎「うむ!俺はまだ柱でも何でもないのでこそばゆいが一緒に頑…」

杏寿郎は少年の顔を見て一瞬言葉に詰まってしまいました。

杏寿郎「…一緒に頑張ろう!!」

少年「はい!」


~~

杏寿郎はその時のことを思い出しながら

彼は俺と同じ年(とし)だった。
最終選別で鬼に折られた刀を震えながら握り締めていた。
いつもなら言える筈の“頑張ろう”が一瞬詰まってするりと出てこなかったのは彼がどうしてか死んでしまいそうだったからだ。

と思うのでした。

その時ふと杏寿郎は父が自分たちに冷たくなった理由を考えました。

そして杏寿郎は自分なりの答えを見つけたのです。

父は死なせたくないとい思いがあったから冷たくなったのではないかと。

場面は変わり、初任務の地に到着した杏寿郎を待ち構えていたのは年老いた爺の姿の鬼でした。


石畳の山道の階段上に腰掛けながら鬼はニタニタと不敵な笑みを浮かべながら杏寿郎に話しかけてきます。

鬼
おや増援か。たった一人で御苦労なことよ。寂しくはない。安心せい。今ならまだ仲間達が三途の川で待っておる。ほれ、ひい、ふう、みい…九つかの。転がっておる鬼狩りの死骸は。

爺鬼の足元には血まみれの隊士たちが倒れています。

鬼
儂(わし)が内臓を啜った童の死骸が五つある。おっとまだ童が一匹生きとるのう。まあ皆仲良く手でも繋いで三途の川を渡るが良い。

そこには隊士たちが幼い子供守るように覆いかぶさって倒れていたり、指で円を作ったりピースをして倒れているのでした

その中には、最終選別をともに生き残った者たち…
あの少年の姿もありました。


杏寿郎は思い出します。

父上がよく言っていたつい先日笑いあった仲間が死ぬのはよくある話』だということを。

杏寿郎は血相を変えて爺鬼に切りかかりました。

爺鬼はひらりと宙に舞い杏寿郎の一撃を躱すと、すぐさま横笛を取り出し、ピイイイイイイイと吹き始めます。


爺鬼が笛を吹き始めると同時に、杏寿郎は冷静に両手でバンっと音がなるほど思い切り耳を塞ぎます。

爺鬼の笛の音とともに鋭い牙を持った大きな野犬が2匹現れます。

鬼
不自由なものよなァ。刀を握ったままでは完全に両耳は塞げぬ。両手で刀を持たねば戦えぬ。

杏寿郎は両耳を塞いだまま身動き一つしません。

鬼
…、ほっ、微動だにせんな。気づいたようじゃの。少しでも動こうとすれば転倒して踠(もが)くしかないから喃(のう)。儂の笛の音は神経を狂わせる。足を動かそうと思えば頭が動き、手を動かそうと思えば足が動く。お前たち人間が日々重ねてきた鍛錬も儂の笛の音ひとつで全て無駄。ひっくり返された虫けらのように狼狽(うろた)えておる内に犬に喰われて死ぬとは喃。

死んだ隊士たちは思い通りに動かない身体でも必死に野犬から幼い子供たちを守ろうとしたのです。

爺鬼が笛をひと吹きすると2匹の野犬が杏寿郎めがけて襲い掛かってきます。

杏寿郎
杏寿郎
人生は選ぶことの繰り返し。けれども選択肢は無限にあるわけではなく、考える時間も無限にあるわけではない。刹那で選び取ったものがその人を形作っていく。誰かの命を守るため精一杯戦おうとする人はただただ愛おしい。清らかでひたむきな想いに才能の有無は関係ない。誰かに称賛されたくて命を懸けているのではない。どうしてもそうせずにはいられなかっただけ。その瞬間に選んだことが自分の魂の叫びだっただけ。そうだろう。みんな

杏寿郎渾身の一撃で野犬の頚を切り、爺鬼が「は?」と言った瞬間には爺鬼の頚も切り飛ばされました。

鬼
何故じゃ!!耳を塞いでも笛の音は聞こえた筈。…いや!そうか、あの時じゃ。此奴…!!耳を塞ぐ時平手で強打し己の鼓膜を破ったのか!!

杏寿郎は頭だけになった爺鬼にこう言います。

杏寿郎
杏寿郎
仲間が指文字でお前の能力を示してくれていた。みんな体が思うさま動かない中で断片的な情報だったが俺には十分だった。
鬼
糞っ!!糞っ!!儂はこれから十二鬼月に…

全て言い終える前に爺鬼は朽ちて消えていきました。

うわああああと泣きながら寄ってきた生き残っていた女の子を抱きしめながら「もう大丈夫だ!」と笑顔で言う杏寿郎。

みんなのお陰で命を守れた。
ありがとう。
最期まで戦ってくれて。
自分ではない誰かの為に。

助けてくれてありがとう。
君たちのような立派な人にいつかきっと俺もなりたい。

杏寿郎は死んでしまった隊士たちの元へ行き弔うのでした。

「鬼殺隊報」号外 〈映画登場キャラクター達の「大正コソコソ噂話」〉

大正コソコソ噂話!
単行本やアニメでもやっていたこのコーナー筆者も大好きなのですが、キャラクターの裏話を知ることができるので、こちらも紹介しちゃいます!

竈門炭治郎

Q. 炭治郎は日ごろ、眠ったときにどんな夢を見ますか?
A. 炭治郎は鍛錬や戦いの夢を見ることが多いようです。夢の中で何度も反芻して、上手くできなかったことが次はもっと上手くできるよう分析したり、予測できうる様々な戦いの立ち回り方などを夢に見ています。明晰夢のような感じです。
Q.  炭治郎のお母さんの得意料理は何ですか?
A.  炭治郎のお母さんは料理も上手です。季節ごとに色々なものを作ってくれました。さらに人から教えてもらった地方の郷土料理なども作るのが好きでした。子供たちの好きなおやつは、さんまのそば団子、豆腐の味噌田楽です。

竈門禰豆子

Q.  禰豆子の髪飾りは自分でつけ始めたものですか?
A.  禰豆子が鬼になって髪を結っていないのは、炭治郎がうまく結ってあげられないからです(禰豆子本人も今は結えません)。前髪の飾りだけは炭治郎でもつけてあげられるのと、禰豆子自身が引っ張って外したりしないのでそのままになっています。Q. 鬼の禰豆子は寝ているときに夢を見ますか?見ているとしたら、どんな夢ですか?
A. 禰豆子はいつも家族の夢を見ているようです。善逸や伊之助など、優しくしてくれたり、可愛がってくれた人なども夢に出てきます。

我妻善逸

Q. 無限列車編にて、善逸だけは列車になれていたようでしたが、列車に乗ったことがあるのですか?
A. 善逸は都会っ子でした。当然列車なども乗ったことがあります。なので師匠との山の中での修行は炭治郎や伊之助の10倍くらいきつかったと思います。不便な田舎がそもそも好きじゃないらしいです。

嘴平伊之助

Q.  無限列車編にて、伊之助の夢の中に登場するタヌキ姿の炭治郎はポン治郎、ネズミ姿の善逸はチュウ逸という名前でしたが、ウサギ姿の禰豆子に名前はありますか?
A.  ウサギ禰豆子の名前はピョン子だそうです。女の子なので、ポン治郎とチュウ逸に対してよりは気配りをしています。

煉獄杏寿郎

Q. 煉獄さんの好きなことわざや、座右の銘はありますか?
A. 「斃れて後已む」「精神一到何事か成らざらん」ちなみに意味を調べてみると
「斃れて後已む」
死ぬまで努力しつづけて屈しない。

「精神一到何事か成らざらん」
精神を集中して事に当たれば、どんなむずかしいことでも成し遂げられないことはない。

という意味でした!煉獄さんらしいですね!

Q. 作品を通して非常に印象的な人物ですが、モデルはいますか?
A. 煉獄さんのモデルはいます。煉獄さんだけでなく鬼滅に出てくるキャラクターは殆ど実在のモデルがいます。だいたいは作者個人の知り合いで一般の方です。

Q. 煉獄家男性の髪は何故あのような色なのですか?
A. 煉獄家には古くから観篝というしきたりがあり、子供を授かった妻は、お腹に赤ちゃんがいる間、7日おきに2時間ほど大篝火を見ます。それにより煉獄家男子の髪の色は焔色になるそうです。ですが一般的には妊娠中に大きな火を見ると体に良くないとされていますので、真似しないようにしてください。

魘夢(下弦の壱)

Q. 人間だったころの魘夢は、どのような人物でしたか?
A.  魘夢は人間時代、子供の頃から夢と現実の区別がつかず、周囲を困惑させていました。大人になってからは医者でもないのに催眠療法などを悪用して、病気で余命が少ない人に健康になったと思い込ませて、後から実は全部嘘だったとバラしたり、最低なことを繰り返していたようです。

〈「鬼滅の刃」の作品内で寝起きが良い人、悪い人は誰?〉

寝起きが良いランキング
第1位:煉獄杏寿郎(決めた時間に起きれる)
第2位:竈門炭治郎(決まった時間、もしくは声をかけられたらすぐ起きれる)
第3位:嘴平伊之助(起きた瞬間に大騒ぎ)

寝起き悪いランキング
第1位:竈門禰豆子(意識がはっきりしないタイプ)
第2位:我妻善逸(布団の中でだらだらタイプ)
第3位:胡蝶しのぶ(血圧が低いタイプ)

『煉獄零巻』を読んだ感想

映画が始まる前に『煉獄零巻』をいただきましたが、まずは読まずに映画を楽しみ、映画を観た後『煉獄零巻』を読んでさらに煉獄さんへの想いが強くなり、2回目の乗車を決意させられました。笑

特に今回だけの特別読切は、初めて語られる煉獄さんの最初の任務が描かれていて、煉獄さんはこんなことを考えていたのか、とか、戦いのときの冷静さや元気で明るい性格は昔からなのか、とか、煉獄さんについてより深く知れる内容となっていたと思います。

煉獄さんといえば、登場していた時間は短いにもかかわらず名言をたくさん残した名言メーカーだと思いますが、(「胸を張って生きろ」、「俺は俺の責務を全うする!! ここにいる者は誰も死なせない!!」「うまい!うまい!(?)」など)、今回も名言を残してくれました。

私的にグッときた言葉は「人生は選ぶことの繰り返し。けれども選択肢は無限にあるわけではなく、考える時間も無限にあるわけではない。刹那で選び取ったものがその人を形作っていく。」でした。

生きていくには何かを選択しながら生きていかなければならなくて、その状況によって選択肢があまりなかったり、時間も限られていて考える間もなくすぐに選ばなければならない時はたくさんあります。

それでもその場その場で選択したことがその人を形作っていくっていうのが、大人の私にもめちゃくちゃ刺さる言葉でした。

どうして私はこうなってしまったんだろう、周りの環境が悪い、誰かのせいだと考える前に、それでもその選択をしてきたのは私だから次の選択を誤らずに生きていこうと思える言葉でした。

鬼滅の刃は人生について考えさせられることが多い漫画だなと改めて思いました。

数に限りがある特典だったため、手に入らなかった方は本当に残念だったと思いますが、この記事で少しでも楽しんでもらえたら嬉しいです。