少年/青年漫画

華山転生ネタバレ95話!あらすじ感想!錦衣商団の商談主元へ

奏のやり直し人生「華山転生」。

転生系と言ったらコレ絵がキレイ

気になっていた「華山転生 95話」を読んだので、展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画が無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大45%のポイント還元を行っています!

読めば読むほど好きな漫画がお得に読めちゃいますよ♪

華山転生95話のあらすじネタバレ

華山転生第95話のあらすじをお伝えします。

錦衣商団の商談主

錦衣商団の商談主は倒れて泣いていました。

奏に久しぶりですねと言われて…本当にお久しぶりですと言いながら泣き続けています。

いい加減に泣くのはやめて、ここまであったことを教えてくださいと言われました。

 

錦衣商団は商売を広げ、穀物の他にも・・・宿の経営や戦場へも・・・と奏に話ます。

ちなみに3か月前から武曲が稽古をつけてくれているという商団主。

 

初めは食客が稽古なんかとみんな腹を立てていましたが、こっぴどくのされてからは、大人しく従っています。

 

武曲に挑むなんて・・・怖いもの知らずですねという奏。

勝計はと聞くと、今は休んでいると・・・。

もう昼過ぎなのに?と奏が尋ねると、少し前から何かを作ると言って徹夜が続いていてようだと。

そろそろ起きてこられると思いますので、人を使わせてお呼びしましょう。

 

後でゆっくり合えればいいので・・・それより紹介したい人がいるというと商談主はもう知っていました。

 

江湖の女傑であり華山五長老でもある鉄血梅剣のお孫様落小月殿ですね…お会いできて光栄です。

噂どおり天下一の美貌に目が飛び出るところでした・・・私を知っているのですか?と尋ねる小月。

 

華山を訪ねたものなら、小月の美貌に迷わぬものなといないと・・・何よりも奏のそばにいる尊い方なのに知らないはずがありましょうか?

この毅采、奏のことで知らないことはありませんと言いました。

 

小月は私から紹介化することは何もないようですね…知人のようで気が楽ですというのでした。

よろしくお願いしますと深く礼をした小月に驚いています。

 

さすがは奏の師妹・・・これまで多くの後起之秀に会ったが、人を見下さず対等に接する武人はいませんでした。

商談主のそばにずっと仕える・・・!?

それと紹介したい人がまだいるという奏・・・お連れの方が?すぐに迎えをやりましょうというと、大丈夫ですここにいますから、と地面を指しました。

すると奏の背後に人間の影が・・・商団主は驚いて倒れてしまいます。

 

この2人はこれから商談主の手足として動いてくれます。

この2人であれば、絶頂達人はもちろん、超絶頂達人も相手にできるはず・・・主に暗殺と情報収集に長けているので使ってください。

 

商談主の命令に服従するように伝えていますので…ただし彼らを道具ではなく人として対してください。彼と彼女はこれからずっと商団主のそばでつかえるでしょう。

名はないでつけてあげてくださいとお願いしました。

 

一旦奏は帰りましたが、また一人で商団主の所に戻ってきます。

どうされましたかと尋ねると、預けておいた飛笈を取りに来ましたという奏。

 

なるほど・・・どうりで少林寺が静かすぎると思いました・・・私しか知らないというのは大変でしたぞ・・・二日に一度場所を変え、知るのは私だけ・・・おかげで自宅もかなり作り変えました。

手渡されると奏は、その間の保管ご苦労様でしたといい、少林寺に「持っていく」と書状を一筆お願いします・・・すでに武林盟主が知らせているのでわかるはずですと言います。

 

翌日・・・見えないのに存在するとは不思議なものだ・・・もしかして彼らが谷の幽霊か?

一瞬で気づかれてしまい、やはりただ者ではないと思う奏。

最近金意剣門に稽古をつけてくださっているとか・・・と言うとただ気になるところを指摘する程度だと・・・。

 

それでも素晴らしいことなので、もしよければ門主を引き受ける考えはありませんかと尋ねます。

いくら奏の頼みでもすでに「師門」があるから無理だと・・・。

 

一子相伝の師門で江湖にもあまり顔を出さないのできっと知らないだろうけれど、龍帝門というのだが・・・初めて奏は聞く名前でした。

残念ですが仕方がありません。

 

お嬢さんに護衛をつけようと思うというと、断る理由はない・・・彼らのうちの一人かと聞かれたので、同じ女性なので不便はないでしょうと伝えました。

幽霊をどうするか・・・!?

河北谷から連れてきた幽霊も、あとは小霊だけになってしまいました。

人員の補充が必要だと思い、小霊に尋ねます。

書状での命令はどれくらいの効果があるのか?

目の前の命令でない場合、それについての行動要綱があります・・・命令が制限されるというのです。

 

それなら直接行くしかなさそうだな・・・幽霊谷の他の支部があると言っていたので案内してほしいとお願いしました。

 

幽霊が40人に、修練霊が100か・・・山東谷を手に入れたのはいいが・・・修練霊はどうする?

幽霊の要請は人道的ではないし、やりすぎは禁物だ。

かといって全員解放するのも・・・。

 

どうするか悩む奏・・・これ以上は心殺しないと決めました。

危ない橋ですが、最低限の感情は残してやりたいと思うのです。

そう考えている時、奏の足が何かにぶつかったと思ったら・・・足元に巻物がありました。

 

華山転生第95話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

幽霊をどうしたらよいのか奏は悩んでいます。

足元の巻物は何かヒントになるものなのでしょうか?

 

<前話 全話一覧 次話>

華山転生を無料で読めるか調査した結果

「華山転生」はピッコマ独占配信で今の所は無料で読む方法はないようです。

「華山転生」を読む事はできませんが、SNSで話題のマンガをお得に読むことができる方法があるんです。

まんが王国 毎日最大45%ポイント還元!会員限定無料マンガも沢山あるのでおすすめです!
U-NEXT 初めての加入で31日間月額無料+600円分のトライアルポイントがもらえ、好きな漫画がいますぐ1冊無料で読めます
FODプレミアム 初めての加入+Amazonアカウント登録で、最大1300円分のポイントがトライアル期間中にもらえます。ポイントをためて好きな漫画が最大3冊無料で読めます。
music.jp 30日間無料+600円分のトライアルポイントで好きな漫画がいますぐ1冊無料で読めます。

おすすめなのは「まんが王国」!本日登録すると1冊50%割引クーポンが今すぐもらえます!

有料会員に登録すると即日最大3000ポイント追加付与!!

毎日最大45%ポイント還元を実施しているので読めば読むほどお得になっちゃうんです!!

会員限定で読める無料漫画が沢山あるのも嬉しいポイント◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

おすすめのマンガアプリTOP3

1位.マンガUP!
スクエニの人気漫画が毎日8話無料!
 「薬屋のひとりごと」
「とある魔術の禁書目録」
「妖狐×僕SS」

2位.マンガMee
集英社の女子向けマンガが自分のペースで読める♫
 「君に届け」
「アオハライド」
「初めて恋をした日に読む話」

3.サンデーうぇぶり

国民的名作からオリジナル作まで幅広く楽しめる

 「名探偵コナン」
「犬夜叉」
「ジンメン」

95話を読んだ感想

華山転生第95話の感想をお伝えします。

錦衣商団の商談主はいろいろ手を広げて大変なのでしょうか。

身の危険を感じることも多いと思うので、いつもそばで守ってくれる幽霊がいるのは安心ですね。

今まで名前がなかったとは知りませんでした。

商談主に名前をつけてもらって、よくしてもらえたらいいですね。

 

小月を紹介したのも何か意味があったのでしょうか。

紹介するまでもなく商団主はとてもよく知っていましたね。

小月の対応もとてもよかったようで・・・奏の仲間は皆謙虚な気がします。

 

幽霊についてもきちんと人として扱ってほしいと商団主にも話していた通り・・・奏もこれ以上は心殺しないつもりのようです。

最低限の感情は残してやりたいと思っているようなので…あとは相手の幽霊たちに奏の気持ちが伝わるとよいのですが・・・。

そうでなければ、かなりの人員不足になってしまいます。

皆奏の元から去ってしまうのでしょうか?

何かヒントのようなものが足元の巻物に書いてあればいいのですが・・・。

 

少林寺への届け物もありました。

大きな騒ぎにならないと思いますが、何事もないといいですね。

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画が無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大45%のポイント還元を行っています!

読めば読むほど好きな漫画がお得に読めちゃいますよ♪

華山転生ネタバレ95話!まとめ

「華山転生 95話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・

華山転生 95話のまとめ
  • 泣き続けている錦衣商団の商談主にこれまでにあったことを尋ねる奏。
  • 奏は商団主に仕える者を紹介した。
  • 幽霊の要請は人道的ではないと思い、やりすぎは禁物と思いながらも悩む。

巻物の存在が気になりますね。