少年/青年漫画

華山転生ネタバレ88話!あらすじ感想!命あるものは渡れない?

奏のやり直し人生「華山転生」。

転生系と言ったらコレ絵がキレイ

気になっていた「華山転生 88話」を読んだので、展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画が無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大50%のポイント還元を行っています!

読めば読むほど好きな漫画がお得に読めちゃいますよ♪

華山転生88話のあらすじネタバレ

華山転生第88話のあらすじをお伝えします。

小月と幽霊谷へ

幽霊谷に行くと聞いて驚く小月。

刺客房のあの幽霊谷ですか!?

 

奏はそうだと答えます。

刺客房幽霊谷・・・刺客を生業とする暗殺者のみで構成された集団。

その実態を見たものは皆無に等しく、興味本位に近づけば何の音沙汰もなく突然消されると言います。

 

一度受けた依頼は必ず遂行し依頼内容が漏れることもありませんでしたが、法外な依頼金と実態のわからない集団であるにも関わらず、200年余りも後ろめたい者たちに愛用されてきた。

 

どういうつもりですか?それよりも幽霊谷の場所をご存じなのですか?と尋ねる小月。

奏は知っているようです。

 

幽霊神功

天は知識、地は力、人は人なり

天地を持つは、二眼を得たもの

人である三眼を求め、天下を盗め

 

幽霊神功を得るものは、幽霊谷を支配するだろう

奏は知っていました、未来の暗天会主が遺した言葉だと。

 

どちらの肩も持っていないと思っていた幽霊谷が、暗天会主の手先だと知った時は衝撃だった。

普通の刺客が影のように動くなら、幽霊谷の刺客は影さえ残さない。

やつらはどこにでもいるが、どこにもいない。

 

天下一の暗殺集団を配下に置いていたとなると、まさに虎に翼だ。

幽霊谷が暗天会の配下になることだけは防がなければ・・・。

幽霊神功を持っているのは

幸いなことに、幽霊神功は自分が持っているし…と奏は考えていました。

ちょっと師兄、聞いていますか?心配して小月が尋ねます。

分かった・・・順に話すから、落ち着いてくれという奏。

 

去年俺が四川唐家を訪ねたのは知っているな?

小月は真面目な顔で「あほうつい」という二つ名を得たとか・・・と言います。

「鳳墜」だ・・・。

 

とにかくそれがどうしたのですか?と小月は尋ねました。

その後、毒血谷に行って、そこで偶然に幽霊谷の絶技を見つけたんだが・・・それを引き渡して助力を願おうと思っていると言う奏。

幽霊谷の絶技を見つけたのですか?と小月は驚きます。

 

奏が小月に、これから話すことはとても大事なことだからよく聞いてほしいと言います。

その話をまとめると、偶然に江湖を脅かす謎めいていて危険な集団に出会って・・・彼らが実は江湖の征服を企んでおり、それを阻止しようと動いていると。

 

やつらの計画の一つが幽霊谷の絶技で幽霊たちを配下にする事なのです。

そこで奏が先手を打つのだと・・・。

 

小月は少しあきれたように、正直信じがたい話だと・・・いきなりそのような陰謀論のようなものを聞かされても「はいそうですか」とは言えません。

奏もだろうなと言います。

 

門派の方々たちもこれをご存じなんですか?

奏が話したのは、小月がはじめてだと・・・。

 

もしそれが事実なら、なぜ相談をされないんですか?

これは4代弟子の判断できる問題ではありません。

 

すると奏は、華山派はもちろん、正派と邪派・・・さらには魔道二勢にもやつらの密偵が紛れ込んでいるからだ。

相談しても信じてもらえる保証がないうえに、少しでも勘づかれれば命の危険らに晒される。

二人は黙ってしまいました。

 

それなら私もこのことは他言無用ですね?という小月に・・・そうなるなと答える奏。

でも華山派の弟子が、刺客棒の絶技を得るのは重罪ですよね?

知ってはいるが仕方ない・・・武林を救うためならわかってくれるさ・・・信じてくれるかという奏に。半分だけはと答える小月。

思ったより多いと奏は嬉しそうですが、師兄だから半分なんですよとくぎを刺されます。

 

元々幽霊谷の絶技が毒血谷にあると言うのもおかしくないですか?

小月は毒血谷に行ってみたか・・・行ってみればわかるぞ!と言いました。

命あるものはダメ

暗闇の中二人は幽霊谷目指して走ります。

川の流れが見えてきて・・・大きな滝の流れが・・・幽霊谷だと奏は言いました。

 

陣法がかかっていましたが、前世では陣法があると言う記録は見ていません。

おそらく陣法の破壊後に、記録から抜いたのだろう。

 

陣法の記録は諸葛世家に任されただろうし、もし残しても諸葛世家で別にしたはず・・・。

こんなことなら勝計を連れてくるんだったな・・・だがそんな時間はもうない。

 

小月が何か見つけたようです。

石に、命あるものがここを渡れば、災いを免れないだろうと刻まれていました。

 

命あるものがダメということは幽霊ということでしょうかと言った小月。

幽霊なら入れるかもしれない…しかし気がかりなのは、他門派の武功・・・それも神功を許可もなく習得したら問題となる。

幽霊谷は普通の門派ではないが、武林の常識が通有する可能性が高い。

 

本当に欲しいのは神功ではなく、幽霊谷の協力だ。

暗天会主が幽霊神功を使ったとは聞いていないが、危険を冒すべきだろうか?

もう一度石を見て、戻ろうと言う奏。

 

神功を習得せずに、幽霊谷に良ければ一番いいが・・・。

ここまでくれば幽霊たちにも気づかれているだろうし、勝計を連れてきてもここに彼らがいる保証もない。

 

最悪の場合幽霊にやられる可能性もある・・・そうならないために・・・やるべきことがあるという奏。

 

 

華山転生第88話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

命あるものは通れないということで、奏はいったん帰ることにしました。

幽霊にやられないためにやるべきこととは、どんなことなのでしょうか?

 

<前話 全話一覧 次話>

華山転生を無料で読めるか調査した結果

「華山転生」はピッコマ独占配信で今の所は無料で読む方法はないようです。

「華山転生」を読む事はできませんが、SNSで話題のマンガをお得に読むことができる方法があるんです。

まんが王国 毎日最大50%ポイント還元!会員限定無料マンガも沢山あるのでおすすめです!
U-NEXT 初めての加入で31日間月額無料+600円分のトライアルポイントがもらえ、好きな漫画がいますぐ1冊無料で読めます
FODプレミアム 初めての加入+Amazonアカウント登録で、最大1300円分のポイントがトライアル期間中にもらえます。ポイントをためて好きな漫画が最大3冊無料で読めます。
music.jp 30日間無料+600円分のトライアルポイントで好きな漫画がいますぐ1冊無料で読めます。

おすすめなのは「まんが王国」!本日登録すると1冊50%割引クーポンが今すぐもらえます!

有料会員に登録すると即日最大3000ポイント追加付与!!

毎日最大50%ポイント還元を実施しているので読めば読むほどお得になっちゃうんです!!

会員限定で読める無料漫画が沢山あるのも嬉しいポイント◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

おすすめのマンガアプリTOP3

1位.マンガUP!
スクエニの人気漫画が毎日8話無料!
 「薬屋のひとりごと」
「とある魔術の禁書目録」
「妖狐×僕SS」

2位.マンガMee
集英社の女子向けマンガが自分のペースで読める♫
 「君に届け」
「アオハライド」
「初めて恋をした日に読む話」

3.サンデーうぇぶり

国民的名作からオリジナル作まで幅広く楽しめる

 「名探偵コナン」
「犬夜叉」
「ジンメン」

88話を読んだ感想

華山転生第88話の感想をお伝えします。

刺客房幽霊谷に行くと言う奏に、小月は驚いています。

場所も一般的には知られていないうえに、危険すぎるからです。

 

どちらの肩も持っていないと思っていた幽霊谷が暗天会主の手先だと前世で知った時、奏はショックを受けたのです。

幽霊谷が暗天会の配下になることだけは防がなければ・・・と奏は思っているのです。

 

幽霊神功も持っていることから、優位ではあると思われます。

神功を習得せずに・・・幽霊にならずに、幽霊谷に入れるものなのでしょうか。

 

半分信じると言った小月・・・。

師兄だからなので、他の人なら絶対に信じないのでしょうね。

転生したことは知らないにしても、奏のことを他の人とは違うと思っているのでしょうか。

 

他の人が知らないようなことをたくさん知っているからなのでしょう。

恐ろしい幽霊谷にも一緒に行くのですね。

無事に帰ってこれますように・・・。

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画が無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大50%のポイント還元を行っています!

読めば読むほど好きな漫画がお得に読めちゃいますよ♪

華山転生ネタバレ88話!まとめ

「華山転生 88話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・

華山転生 88話のまとめ
  • 小月は興味本位に近づけば突然消されると噂される幽霊谷に行くと聞かされ驚く。
  • 幽霊谷の絶技で幽霊たちを配下にしようとしているやつらの前に手を打とうとしている奏。
  • 命のあるものは渡れないと書かれた石を見つけた。

幽霊にやられない方法・・あるのでしょうか?