少年/青年漫画

華山転生ネタバレ101話!あらすじ感想血!血の気を失う飛牛豚

奏のやり直し人生「華山転生」。

転生系と言ったらコレ絵がキレイ

気になっていた「華山転生 101話」を読んだので、展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画が無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大45%のポイント還元を行っています!

読めば読むほど好きな漫画がお得に読めちゃいますよ♪

華山転生101話のあらすじネタバレ

華山転生第101話のあらすじをお伝えします。

 

地下秘密闘技場に侵入しようとする無音使者たち・・・。

靭毒種は毒蛇剣を討ちに行こうとしています。

飛牛豚を除く一味を残らず始末しろ・・・!?

地下秘密闘技場では、飛牛豚の一味たちのいる中、賭けをした戦いがくり広げられていました。

お前にいくら賭けたと思ってんだなど、叫び声や怒号が飛び交っています。

 

無音使者は、これほどの歓声ならばオレが叫んでも全く聞こえないだろうな・・・飛牛豚やその一味の見分け方はあるのかと案内人に尋ねました。

 

飛牛豚は見ればわかりますし、手下たちは武器に豚の鼻の装飾が付いていますのでと言います。

ご苦労だった帰っていいぞと言われてお礼を受け取るとあっという間に帰ってしまいました。

 

無音使者は飛牛豚を除く一味を残らず始末しろと言い、他にも敵意を見せるやつがいれば生かしておくなと指示しました。

御意と言い、それぞれ行動に移します。

 

無音使者も武器に豚の鼻の装飾が付いている者に狙いをつけ、相手が気付かないうちに倒してしまいました。

 

他の者もなんだこれは!なんだ!どうした!と言っているうちに斬られています。

手下たちはあっという間に、倒されていっていました。

 

首を洗って待っていろ!飛牛豚・・・。

 

ぐへへへ!!!

もっと早くここのことを知っていれば、山の根城に居座ることはなかったのにな!と呟いている飛牛豚。

 

ドアをドンドンと叩いてお・・・おかしらと呼ぶ声が聞こえてきます。

なんだ!とドアを開ける飛牛豚。

 

襲撃です!と伝える手下に・・・フン!と鼻を鳴らして・・・くだらない用なら殺すところだったが命拾いしたな!と言いました。

 

これさえなければ文句なしなんだが・・・と話していましたが、敵が!敵がもうそこまで来ています!

その頃飛牛豚の手下たちは、首を斬られたり・・・追い詰められていました。

たくさんの武器が床に落ちていきます。

 

化け物だ!!!逃げろ!!!逃げたら誰が戦うんだ!ここで死ぬのはごめんだ!!!と逃げ出してしまおうとしたとき、飛牛豚が大きく息を吸い込みました。

無音使者のことを想像以上のバカだと・・・!?

野郎ども!!!大きな刀を持った飛牛豚が現れました。

おかしらが来たぞと大騒ぎです。

 

黙っていてやられているだけとは情けないという飛牛豚に、手下たちは…まさかそんなことはありません・・・ちょっと遊んでいただけでして!と言い訳をします。

 

おらぁ!姿を見せろ!俺の目はごまかせんぞ!

恐怖に震える音が聞こえるなぁ!と叫ぶ飛牛豚。

 

そうか?と言いながら飛牛豚の目の前にフッと姿を現す無音使者。

手下たちは驚きますが、飛牛豚はにやりとして大声で笑いだしました。

 

何がおかしい?と無音使者は尋ねます。

すると飛牛豚は、そりゃあお前が想像以上のバカだからだろ?

刺客が姿を見せるとは、武功によほどの自信があるようだな?と。

 

それから無音使者を刀で指し示し、お前の敗因はこの俺様を・・・いやこの鄭州の夜道を甘く見たことだと言ってニヤリと笑いました。

 

慈悲をくれてやる・・・今すぐ降参すれば、命だけは助けてやろう・・・周りに隠れているネズミどももな。

姿さえ見えちまえば、刺客なんて怖くねぇと思っているのです。

 

無音使者はフゥ・・・と呼吸をすると、暗殺とはどういうことかわかるかと尋ねました。

顔を隠している布に手を当てて、言葉通り見られないように殺すこと・・・言いかえれば、たとえ見られたとしても、目撃者を消してしまえばそれでいいと言います。

 

何をわけのわからんことを・・・と言う飛牛豚。

無音使者は顔を覆っていた布をスッと・・・。

あっという間に態度が変わる飛牛豚・・・!?

無音使者の仲間が出てきました。

こんな簡単にあきらめるとはな!と笑う飛牛豚。

足を一歩踏み出し、楽に送ってやるわと言って無音使者に襲い掛かります。

 

大きな音を立てて無音使者の頭上から刀を振り下ろしました。

スッとよけながら、遅いと思う無音使者。

 

飛牛豚の腕に飛び乗り、ナイフを肩に突き立てます。

骨と骨の間に突き刺さり、苦しんでいました。

あまりの痛さに手から刀も落としてしまい…こいつはヤベェ・・・命を奪われると思い、申し訳ありませんでしたと土下座します。

 

お望みのものがあれば何なりと・・・という飛牛豚に、無音使者は暗殺とは何か・・・俺は何といった?と聞き返します。

 

飛牛豚の顔からは血の気がなくなって・・・。

 

華山転生第101話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

無音使者のことを軽く見ていた飛牛豚でしたが、対峙してみるとヤベェ奴だ・・・命を奪われてしまうと気が付いて、すぐに土下座をして許してもらおうと考えています、

しかし無音使者は、暗殺とは何か・・・自分は何といった?と飛牛豚に聞き返します。

飛牛豚はどうなるのでしょうか?

 

<前話 全話一覧 次話>

華山転生を無料で読めるか調査した結果

「華山転生」はピッコマ独占配信で今の所は無料で読む方法はないようです。

「華山転生」を読む事はできませんが、SNSで話題のマンガをお得に読むことができる方法があるんです。

まんが王国 毎日最大45%ポイント還元!会員限定無料マンガも沢山あるのでおすすめです!
U-NEXT 初めての加入で31日間月額無料+600円分のトライアルポイントがもらえ、好きな漫画がいますぐ1冊無料で読めます
FODプレミアム 初めての加入+Amazonアカウント登録で、最大1300円分のポイントがトライアル期間中にもらえます。ポイントをためて好きな漫画が最大3冊無料で読めます。
music.jp 30日間無料+600円分のトライアルポイントで好きな漫画がいますぐ1冊無料で読めます。

おすすめなのは「まんが王国」!本日登録すると1冊50%割引クーポンが今すぐもらえます!

有料会員に登録すると即日最大3000ポイント追加付与!!

毎日最大45%ポイント還元を実施しているので読めば読むほどお得になっちゃうんです!!

会員限定で読める無料漫画が沢山あるのも嬉しいポイント◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

おすすめのマンガアプリTOP3

1位.マンガUP!
スクエニの人気漫画が毎日8話無料!
 「薬屋のひとりごと」
「とある魔術の禁書目録」
「妖狐×僕SS」

2位.マンガMee
集英社の女子向けマンガが自分のペースで読める♫
 「君に届け」
「アオハライド」
「初めて恋をした日に読む話」

3.サンデーうぇぶり

国民的名作からオリジナル作まで幅広く楽しめる

 「名探偵コナン」
「犬夜叉」
「ジンメン」

101話を読んだ感想

華山転生第101話の感想をお伝えします。

地下秘密闘技場に侵入した無音使者たち。

あまりの盛り上がりに、これほどの歓声ならばオレが叫んでも全く聞こえないだろうなと言いました。

 

盛り上がっているのは、命を賭けているからなのでしょうか。

飛牛豚やその一味の見分け方はあるのかと案内人に教えてもらいましたが、とても分かりやすくて・・・とても狙いやすいものでした。

豚の鼻というのが何とも言えませんね。

 

飛牛豚を除く一味を残らず始末しろと指示された手下たちも、あっという間に鮮やかに倒していきました。

倒された本人も、知らないうちに亡くなっていたかもしれませんね。

 

これはおかしいと気付いて飛牛豚に報告に言った時には、随分亡くなった人がいました。

それなのに飛牛豚は何となく大きい図体のためかのんびりしているように見えます。

 

暗殺者が姿を現したら安心だとなぜか思っていて・・・無音使者を軽く見ていました。

しかしいざ対峙してみると、すぐに命を奪われてしまいそうなくらい強いのです。

 

暗殺者とは・・・言葉通り見られないように殺すこと・・・言いかえれば、たとえ見られたとしても、目撃者を消してしまえばそれでいいというのが無音使者の考えです。

 

命乞いをしていますが、無音使者の考えからすると・・・飛牛豚は目撃者・・・消してしまえばいいということになります。

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画が無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大45%のポイント還元を行っています!

読めば読むほど好きな漫画がお得に読めちゃいますよ♪

華山転生ネタバレ101話!まとめ

こちらでは「華山転生 101話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・

華山転生 101話のまとめ
  • 飛牛豚の手下をどんどん倒していく。
  • 姿を現した無音使者に想像以上のバカだと言った飛牛豚。
  • 飛牛豚は血の気を失っている。

飛牛豚はどうなったのでしょうか?