少年/青年漫画

怪獣8号ネタバレ28話!あらすじ感想!最強の怪獣!?人型怪獣巨大化!

怪獣になってしまった「怪獣8号」。

戦いに緊張感があるドキドキする

こちらでは「怪獣8号 28話」のストーリーをご紹介していきます。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法




<スポンサーリンク>

怪獣8号28話のあらすじネタバレ

怪獣8号第28話のあらすじをお伝えします。

 

キコルは専用の武器を使って、どんどん怪獣を倒していきました。

レノもやってきて、カフカに正隊員になったのだから、仲間を信じて無理はしないようにと言いました。

 

中之島小隊も到着して続けて海老名小隊も・・・。

非番の先輩たちが次々とやってきて、とても心強いと思うカフカたち。

自分たちの第3部隊はすごいと思っています。

 

その頃保科副隊長は、人型怪獣と会話をしていました。

この戦いに勝利するのは自分たちだと宣言していたのです。

 

保科は2式交差討ちと4式乱討ちの攻撃を続けました。

核も見えて、案外小さいと確認もできて、6式八重討ちを繰り出しました。

小此木はやったと言いますが、保科はまだだと・・・。

全身を切り刻まれた怪獣がボコボコと音を立てて大きくなり始めたのです。

変身していないのに察知能力が作動しているカフカ・・・!?

 増大する脅威。

保科副隊長の目の前で、切り刻んだはずの人型怪獣がボコリボコリと膨れ上がっていきました。

 

あまりにも大きく膨れ上がっているので、建物の窓ガラスが割れ・・・電柱もメキメキと音を立てて倒れそうになっています。

 

まさかこれって・・・保科副隊長だけでなく小此木までも、まさかこれって・・・と驚いています。

 

カフカは衝撃を受けています。

なんだ・・・変身していないのに察知能力が作動しています。

保科副隊長のことをとても心配しているカフカ。

 

見る見るうちに巨大化している人型怪獣。

核の位置がズレたことで破壊しきれなかったようです。

 

大きく膨れ上がった怪獣は、ミチィミチィと音を立てて…何か所もある口のようなところから、超高温の蒸気を吹き出しました。

 

演習場に引き込んでおいて正解だったと思う保科副隊長。

小此木が、放熱とともにフォルティチュード上昇!と言い、人型怪獣の体からはピキピキパキと音がして・・・まるでカブトムシの角のような形状になりました。


フォルティチュードが9.0・・・やはり巨大怪獣なのか・・・!?

フォルティチュードが9.0・・・!?になり・・・かなり巨大化して、キキキキキと咆哮しています。

小此木は驚愕して、こんなのもう保科副隊長一人で手に負える相手ではないと思っています。

 

人型怪獣が地面をパンチすると、地面には穴が開き、周りには放射状にひびが入ります。

小此木はその時保科副隊長が、怪獣腕を駆け上るところを見ました・

そして3式の返し討ちを繰り出したのです。

素早く動いて、人型怪獣の大きさの変化に順応している保科副隊長。

 

けれども刃が通り切らないので・・・これはやはり大型怪獣だと確信します。

早さで押して、背後の核への一点突破・・・これしかないと思った時・・・・ビキィと音がしました。

 

保科副隊長から、鼻血がボタタと落ちてきました。

オーバーヒート・・・!?

 

全解放してからもう10分を過ぎているので、これ以上は危険・・・。

人型怪獣の攻撃は回避していますが・・・せいぜいあと1分だと思う保科副隊長。

 

そんなところに、余獣と思われる2体の怪獣も現れました。

人型怪獣が合図?をすると余獣は自爆しました。

 

保科副隊長は、血も涙もない怪獣らしい攻撃だ・・・まるで生きたミサイルみたいだと思った。

その怪獣の爆発した煙を煙幕の代わりにして、保科副隊長は6式!!を繰り出しました。

小此木は間に合ったと思いました。




人型怪獣の体中に目が・・・!

しかしジャンプをした保科副隊長の目の前に立ちはだかった人型怪獣はとてつもなく大きくて・・・しかも体中に目が合って・・・その全てが保科副隊長を見つめているのです。

 

保科の目が恐怖に見開かれて・・・保科に怪獣のパンチが繰り出されました。

そして吹き飛ばされてしまう保科副隊長。

 

思わず小此木は、両手で口を押えました。

人型怪獣がじっと見つめている視線の先には、パラパラと崩れる音がして・・・。

 

保科副隊長が壁にたたきつけられていました。

駆動限界・・・全解放解除。

 

副隊長ー!!という叫び声が響き渡ります。

防衛のかなめの保科副隊長が沈黙してしまいました。

 

 

怪獣8号第28話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

保科副隊長の体は大丈夫でしょうか?

誰かが助けに行かなければ・・・また人型怪獣にやられてしまいます。

カフカが察知して助けに行くのでしょうか?

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法
【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

怪獣8号を無料で読めるか調査した結果

「怪獣8号」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


28話を読んだ感想

怪獣8号第28話の感想をお伝えします。

怪獣8号に変身していないのに察知能力が作動しているカフカ…どうやら初めてのことのようです。

危険が迫っていることが分かるのでしょうか。

 

保科副隊長を心配しているカフカ・・・でも周りにたくさん隊員がいるので変身するわけにもいきません。

でも、今なら保科副隊長を助けに行っても、きっと意識がないため攻撃されるということはなさそうです。

 

本当はぜひ変身して助けに行ってほしいのですが・・・。

 

フォルティチュードが9.0ということなので、その数値からも強さがわかるでしょう。

今まで保科たちが戦った怪獣たちとは、強さのレベルが違うと思います。

 

それでも防衛のかなめの保科副隊長・・・ミナも留守なので戦わなくてはいけませんでした。

一人で人型怪獣を引き付けて、演習場に引き込んだまでは良かったのですが・・・思っていたよりもはるかに大きくなりすぎました。

 

大怪獣クラスということでしたが、さらに大きく強いようです。

 

果敢に攻める保科副隊長ですが、相手が強すぎます。

一人で戦えるようなクラスの相手ではありません。

ミナが騒ぎを聞きつけて戻ってくるということはないでしょうか?

攻撃のかなめのミナがいれば、人型怪獣にも勝てそうな気がします。

 

他の部隊のみんなは、人型怪獣とたった一人で保科副隊長が戦っていることは知らないのでしょうか?

わかっていても、余獣もかなり多そうなので保科副隊長の方に加勢しに来るのは難しいのかもしれません。

 

しかし今は命の危険が迫っていそうです。

小此木や指令室の人がどこかに連絡を取っていそうな気もしますが・・・一向に状況が分かりません。

 

相手の人型怪獣は今のところ全くダメージもなさそうです。

このままでは、部隊全体を攻撃しに行ってしましそうです・・・何とかしなければ!

キコルでもきっと無理ですよね・・・?

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法





怪獣8号ネタバレ28話!まとめ

こちらでは28話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・

怪獣8号 28話のまとめ
  • 切り刻んだ人型怪獣は膨れ上がり・・変身していないのに察知能力は作動している。
  • フォルティチュードが9.0・・巨大怪獣であった。
  • 体中にある目で見られた保科は攻撃を受けて吹き飛ばされてしまう。

巨大怪獣の力・・凄まじいですね!