少女/女性漫画

「影の皇妃」ネタバレ19話!あらすじ・感想!ローレンツとの顔合わせ

ピッコマ独占配信の人気コミック「影の皇妃」。

「続きが気になる!」
「エレナはどうなる?」

こちらでは「影の皇妃19話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>




前回のあらすじ

前回は、第2騎士団の訓練場を訪れたエレナが大勢の騎士たちの前で、自分の直属の騎士を決める選任式を開催すると宣言します。

壮麗な公女様にお仕えしようと騎士たちが大いに盛り上がる中、エレナの本命であるフューレルバードもクールな顔をして静かに闘志を燃やしていました。

一方その頃、ローレンツを部屋に呼び出したリアブリックは、彼にエレナの監視係を命じていました。

本物のベロニカ公女が戻ってきたら名誉を挽回させてほしいという条件のもと、ローレンツはリアブリックの指令を受諾。

しかしそこに、リアブリックの部下であるベローが駆け込んできて、エレナが自分の直属の騎士を決める選任式の開催を勝手に決定したと報告します。

その知らせを受けたリアブリックは激高し、今すぐエレナを部屋に連れてくるようベローに命じるのでした。

【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

影の皇妃19話のネタバレ

取り返しのつかないミス

リアブリックの部屋の中では、腕組みしたリアブリックとうつむいているエレナが向かい合って座っていました。

お互いずっと黙り込んだまま一言も喋らず、長い静寂が室内を包んでいます。

やがて、おずおずと口を開いたエレナが、なぜそんなに怒っているのかと尋ね始めました。

事前に報告しておいた通り庭園を散歩していたら、たまたま訓練場を見かけたので騎士団員達と少し話しただけ。

エレナの言い訳を聞いたリアブリックは頭を抱え、わざと大げさに溜め息をついてみせました。

するとエレナは急に大声を張り上げ、「私に高潔な騎士を選ばせてくれるって約束したじゃないですか!」と訴えます。

ローレンツの話を聞いてから騎士のことが気になり、どうしてもローレンツに会いたくなってしまった。
だから彼らに対して、最も高潔な方を自分の直属の騎士として選ぶと言っただけ。

エレナは真剣な表情で、自分の行動の何が悪いのかとリアブリックに食って掛かります。

頭に来たリアブリックは眉間にしわを寄せ、自分に何の相談も無しに選任式の詳細を勝手に決めたことに対して怒っているのだと声を荒げました。

リアブリックの剣幕に押されたエレナは素直に謝罪。
ルーランの歌や帝国貴族の礼儀作法を習って以来、公女自ら選任式で誓約を証明するのが筋なのだと思っていたと涙ながらに語ります。

エレナの幼稚な屁理屈を聞かされたリアブリックは、もはや呆れて物が言えなくなりました。

ふと思い浮かんだのは、エレナを公国から連れてくる際に彼女に尋ねられた質問のこと。

「ルーランの歌に出てくる高潔な騎士を自分の傍に置くことは可能ですか?」と、当時のエレナは目を輝かせて聞いてきました。

そのことを思い出したリアブリックは、騎士との誓約に強い憧れを抱いていた彼女の性格をもっと気に留めておくべきだったと自分のミスを反省します。

何より厄介なのは、公女本人の口から選任式の詳細が発表され、その場にいた多くの騎士団員達がそれを聞いてしまったこと。

今さらなかったことに出来るはずもなく、どうあがいても取り返しがつきません。

マウンティング対決

けれども、リアブリックはこの事態を楽観視していました。

要は、自分の配下であるローレンツを公女直属の護衛騎士に就任させればそれで済む話。
公女本人がそのことを了承すれば、他の騎士の意気込みなど何の関係もない。
今ここで最も重要なのは、選任式の前にエレナに絶対服従を誓わせること。

そう考えたリアブリックは、エレナに一つの脅しをかけることにしました。

「これ以上自分勝手な行動をとるようなら、元いた場所に戻ってもらうしかなさそうですね……」

リアブリックの言葉を聞いたエレナは顔面蒼白になり、その場にひざまずいて涙ながらに許しを請い始めました。

「二度と勝手なことはしません!」と叫び、何度もテーブルに頭をこすりつけるエレナ。

彼女の懺悔を冷淡な目で見下していたリアブリックは、その言葉を絶対に守るよう念押ししました。

エレナはハンカチで目頭を押さえ、肩を震わせて泣き続けています。

しかし、心の中のエレナはリアブリックに対し、「私がいないと困るのはあんたらでしょうが!」と毒を吐いて嘲笑っていました。

大公家の邸宅での贅沢な生活を満喫させておいて、貧しかった頃の生活に戻ることへの恐怖心をあおる卑劣なマウンティング作戦。

リアブリックの手口を完全に見透かしているエレナは、服従する振りをしながらも精神的には優位に立っていました。




不公正な対面

二度と勝手なことをしないというエレナの言葉を聞いたリアブリックは、急に優しい口調になってエレナを慰めます。

会いたがっていたローレンツをすでに呼んでおいたと言って、二人を引き合わせる準備を始めました。

号泣してボロボロになってしまった自分の顔や身だしなみを恥ずかしそうに気にするエレナ。

リアブリックはそんな彼女の反応をクスクスと笑い、ローレンツは公女のどんな姿をも尊敬する人物だから心配いらないと告げます。

壁際に置かれている本棚の所に歩み寄ったリアブリックは、一冊の本の後ろにある隠しスイッチを押しました。

すると、カチカチと歯車が回るような音が辺りに響き渡り、スライドした本棚の後ろから秘密の通路が出現します。

直属の騎士を選任式で決定すると公言した以上、特定の騎士と私的に会うのは極めて不公正な行為。
しかし、厳重に管理された場所で秘密裏に会えば、その情報が外部に漏れる心配はない。

エレナは秘密の通路に恐る恐る足を踏み入れながら、改めてリアブリックの用意周到な性格に脅威を抱きます。

薄暗い石畳の通路を無言のまま歩き続けるエレナとリアブリック。

コツコツと辺りに反響する二人の無機質な足音が、徐々にエレナの緊張を高めます。


偽りの誓い

しばらくすると、二人の前方に一人の男性の人影が現れました。

ダンディーなスーツに身を包んだローレンツは、うやうやしくお辞儀をしながらエレナに挨拶します。

本当は彼と会うのは両親の家を離れた時以来2度目のことですが、エレナはわざと初対面の振りをして、ローレンツのスタイリッシュな容姿を褒め称えました。

すると、ローレンツはその場に片膝をついてひざまずき、エレナの右手の甲に優しくキスをして言いました。

「公女様 貴女に私の名誉と命を捧げます」

その瞬間、エレナの全身に強烈な嫌悪感が湧き上がります。

まったく心のこもっていない見せかけだけの騎士の誓い。

自分を守るどころか攻撃しようと企む邪悪な敵意を感じ取りました。

リアブリックに感想を尋ねられたエレナはハッと我に返り、ローレンツを超える高潔な騎士は他にいないと思うと答えます。

エレナがローレンツに魅了された事を確認し、リアブリックは暗闇の通路の中でニヤリと不気味に笑います。

満面の笑みを浮かべたエレナが一緒にお茶したいと提案すると、3人は寄り添って歩きながら秘密の通路の入り口に向かい始めました。

<前話 全話一覧 次話>

影の皇妃を無料で読めるか調査した結果

U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


19話を読んだ感想

エレナが暴走し、リアブリックがブチギレる。
お馴染みの光景から始まった今回は、リアブリックの狡猾さが際立ったエピソードでしたね。

エレナはルーランの歌を引き合いに出し、公女自ら護衛騎士の選別を行おうとした前例なき行為を正当化。

公国を離れる前から騎士との誓約に対する憧れを強調してこの時の伏線を張っていたのは、二度目の人生を生きているエレナならではの奇策です。
はるか先のことまで計算していた彼女のしたたかさに感心しました。

その一方、自分からエレナを帝国に連れてきておいて、言いなりにならないなら公国に追い返すというリアブリックの言い分は、典型的なパワハラ上司の主張のように感じました。

没落した貴族の家庭で生まれ育ったエレナは、フリードリヒ大公家の贅沢な生活から離れられなくなっていると思っているのでしょう。

金や権力を通してでしか人間を見ることが出来ない典型的な上級国民の発想です。

この時エレナが「じゃあ私実家に帰ります」と言ったら、リアブリックはどうするつもりだったのでしょうか?

理屈ではなく感情でエレナを手懐けようとする所には、エレナを見くびっている甘さを感じますね。

ただ、エレナをさんざん威圧して屈服させた後でローレンツを引き合いに出し、急に手のひらを返したように優しくなる言動は恐怖でした。

飴と鞭をうまく使い分けることで、エレナと自分との距離感を一定に保つ。
まさに「生かさず殺さず」のテクニックでエレナを籠絡する悪女の手口には、リアルなずる賢さを感じます。

捕らえたエサをなぶる蛇のようで、見ていてゾッとしました。

エレナに忠誠を誓ったローレンツは、このまま偽ベロニカの護衛騎士に就任するのでしょうか?

選任式で一体何が起こるのか、第20話の展開から目が離せませんね!

<前話 全話一覧 次話>




影の皇妃19話!まとめ

こちらでは19話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

影の皇妃19話のまとめ
  • リアブリックは騎士との誓約に強い憧れを抱いていた彼女の性格を、もっと気に留めておくべきだったと自分のミスを反省。
  • リアブリックの手口を完全に見透かしているエレナは、服従する振りをしながらも精神的には優位に立っている。
  • エレナとローレンツが顔を合わせる。