少女/女性漫画

「影の皇妃」ネタバレ14話!あらすじ・感想!5人目の復讐ターゲット

ピッコマ独占配信の人気コミック「影の皇妃」。

「続きが気になる!」
「エレナはどうなる?」

こちらでは「影の皇妃14話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>




前回のあらすじ

前回は、リアブリックの提示した重要人物リストの中に前世の夫である皇太子シアンの写真があることに気づいたエレナが、当時の物悲しい生活を思い出しました。

シアンは正妻である皇后がいる身でありながら、エレナを皇妃として迎え入れ、彼女を身籠らせてしまいます。

エレナが産んだ子供を見たシアンは、祝福するどころか呪いの言葉を発して自分の過ちを後悔。

それは、皇后を毒殺するほどの権力争いを仕掛けてくる大公家を恐れての発言だったのですが、そうとは知らなかった当時のエレナはシアンのことを強く恨みながら暮らしていました。

一方、重要人物リストに載っていた最後の一人は、ベロニカの遠い親戚であるレン・バスタージュ。

彼は前世でエレナと対面した時に一目で彼女が偽ベロニカだと見抜いた男で、恨みを抱いているフランツェ大公の首を取るためにエレナを利用しようとしていた超危険人物でした。

一通りの説明が終わると、リアブリックはエレナに重要人物リストの書類を渡しながら、2日後には大公家の本邸に向かうと告げます。

ここから先は「実践」であり、失敗は絶対に許されない。

リアブリックの言葉を聞いたエレナは従順な振りをしながら、心の中で復讐への決意を新たにするのでした。

【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

影の皇妃14話のネタバレ

エレナはもう死んでいる

大公家の本邸へ向かう馬車の中、エレナが極度に緊張していることに気づいたリアブリックは、もっと自然に振る舞うように注意します。

エレナが反射的に「はい!はい!」と背筋を伸ばして2度返事をすると、「本物のベロニカ公女なら「はい」は1回しか言いません」と言ってリアブリックが怒り出しました。

公国で育った「エレナ」という女性はもう死んだ。
今のエレナは「ベロニカ」であり、単に格好を真似るだけではなく心まで公女になりきらなければならない。

リアブリックは、これまで何度も口を酸っぱくして注意してきたことを再びエレナに伝えます。

もうすぐフリードリヒ大公家の館で、帝国建国の立役者である大公家の初代当主・ロゼルト公爵殿下の生誕の宴が開かれる。

その時までには、一分の隙も無い完璧なベロニカ公女になっておく必要がある。

リアブリックの小言を聞かされていたエレナは、「私の振る舞いが全て芝居であることも知らないくせに」と心の中で愚痴をこぼしながらも、あくまで従順な少女を演じ続けました。

馬車が大公家の本邸に着くと、頭を下げた無数の使用人達が道の両脇に整列し、リアブリック達の帰宅を出迎えます。

エレナが神妙な面持ちのまま道を歩いていた時、玄関の方から「ベロニカ!」と叫びながら近寄ってくるフランツェ大公の姿が目に飛び込んできました。

フランツェ大公は満面の笑顔で「娘」を出迎え、熱病が無事に完治して戻ってきてくれたことを声高に喜びます。

大公に手を引かれながら邸内に入るエレナは、全身に鳥肌が立ちそうなほどの不快感を覚えずにいられませんでした。

密談

使用人達を取っ払い、フランツェ大公・リアブリック・エレナの3人だけになった室内。

フランツェ大公はエレナに対してにこやかに微笑みながら、まるで本物のベロニカのようだと彼女の優雅な振る舞いを絶賛しました。

「君はもう私の娘だ 実家だと思って楽に生活しなさい」

その言葉を聞いたエレナは嬉しそうに微笑み、「ご期待に沿えるよう努めてまいります」と返答しました。

「長旅で疲れているだろうから今日はゆっくり休むと良い」と言われ、エレナは二人にお辞儀をしてから自室に向かいます。

エレナが部屋から出て行くと、フランツェ大公は急に邪悪な笑みを浮かべ、リアブリックの手腕を誉め始めました。

ちっぽけな小娘が今ではすっかり貴族気取り。
我々の思い通りに動く見事な操り人形に仕上がっている、と嘲笑います。

しかし、リアブリックはエレナの振る舞いを冷静に分析していて、単なる見掛け倒しに過ぎないと酷評しました。

学が無いため、他の貴族と会話を交わせばすぐにぼろが出る可能性が高い。
宴の席では、持病を口実にして貴族達との接触を避けさせた方が良いと提案します。

リアブリックは適当な所でエレナの件を切り上げると、皇宮の方に動きがあったらしいという話をフランツェ大公に報告し始めました。




5人目のターゲット

一方その頃、自分の部屋の扉の前に立っていたエレナは、廊下で横一列に並べた4人の専属メイド達を鬼の形相で睨みつけていました。

ジェーン、ミーサ、ルナリーン、そしてアンの4名。

引きつった表情を浮かべているメイド達の顔を、端から順番に見ていくエレナ。

最後列に立っていたアンは、エレナと目が合った瞬間、気まずさのあまり小声で自己紹介を始めてしまいます。

すると、エレナはドスの利いた声で「喋っても良いなんて言ってないんだけど」とアンを威嚇しました。

怖くなったアンは、とっさに「申し訳ございません!」と頭を下げて大声で謝ります。

「ほらまた喋った」

エレナはアンの真ん前に顔を近づけ、「あんたみたいな学習能力の無いメイドに仕事が務まるの?」と嫌味を言います。

いきなりエレナに難癖をつけられ始めたアンは、何か気に障るようなことをしてしまったのかと気が気ではありませんでした。

ガタガタと体を震わせるアンの姿をジッと見ていたエレナの脳裏に、前世でローレンツに刺された日の記憶がよぎります。

夜中に皇宮の自室で休んでいた時、突然窓ガラスを割って忍び込んできた2人の男がエレナに掴みかかってきました。

恐怖に駆られたエレナは悲鳴を上げ、傍にいたメイドのアンに「早く兵士を呼んで!」と助けを求めます。

しかし、アンは無表情のまま男たちの行動を見て見ぬふり。

そして、男たちに無理やり牢獄に連れて行かれたエレナは、ローレンツに刺されて命を落としてしまいます。

結局、信頼できる仲間だと思っていたアンもまた、リアブリックの腹心の部下に過ぎなかったのです。

あの時の恨みは絶対に忘れない……!
貴女にも必ず復讐してやるわ……!

フランツェ大公、ベロニカ、リアブリック、ローレンツ、そしてアン。

エレナは5人目の報復ターゲットを睨みつけながら、怒りの炎を燃やします。

復讐の始まり

体をかがめてアンを睨んでいたエレナは、体を起こすと笑いながら「冗談よ」と言いました。

ポカンとした表情を浮かべて自分を見つめるメイド達に向かって、「みんな緊張しすぎだから、ちょっとからかってやろうと思ったのよ」と打ち明けます。

エレナはアンの肩を触りながら、「さっきのは真に受けないで これからよろしくね」と優しく微笑みかけます。

安堵の表情を浮かべながら、ホッと小さく息をつくアン。

そんな彼女の様子を横目で見ていたエレナは、「今はやることがあるから、あんたは後回しよ……」と心の中で毒を吐いていました。

専属メイド4人を引き連れて自室の扉を開けたエレナの目に、煌びやかな室内の様子が映ります。

豪勢なシャンデリア、高級素材で作られたソファー。
そのどれもが一級品であり、公女ならではの壮麗な雰囲気が漂っていました。

しかし、エレナは氷のように冷たい眼差しで室内を見つめたまま、一歩も中に入ろうとしません。

自分を死に追いやったベロニカが使っていた物なんか触りたくもない……!

エレナは自室の前に立ったまま、部屋の中の物をすべて新しくするようにとメイドに命じました。

驚いたメイドが聞き返すと、エレナはゆっくりとメイド達の方に振り返りながら言います。

「聞こえなかったの?早く全部捨てなさい」

ベロニカへの復讐を開始し始めたエレナの表情は、見る者を圧倒するほどの狂気に染まっていました。

<前話 全話一覧 次話>

影の皇妃を無料で読めるか調査した結果

U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


14話を読んだ感想

フリードリヒ大公家の本邸への移住を機に、いよいよエレナがベロニカ達への報復を開始し始めたようです。

これまでずっと猫をかぶってきたエレナが少しずつ本性を現わしていく展開は、見ていてゾクゾクします。

そうとは知らず、のんきにエレナの陰口を叩いているリアブリック達の姿は滑稽の極みですね。

本当のエレナがどれだけ豊富な知識を持っているか知ったら、フランツェ大公達はさぞ青ざめるはず。

能ある鷹は爪を隠す。
エレナが彼らの前で爪をむき出しにするのは、きっと大公家の壊滅を確信した時だけでしょう。

今までエレナの復讐ターゲットは、フランツェ大公・ベロニカ・リアブリック・ローレンツの4人だけでしたが、さらに一人加わって5人になった模様。

側近の世話係・アンは、助けを求めているエレナを見殺しにして笑っていたメイド。

ルックス的には可愛らしくて素敵な女性に見えるものの、性格はリアブリックに負けず劣らずなかなか残酷ですね。

偽物の公女にこき使われることに内心ムカついていたのでしょうか?

一介のメイドの立場としては、真の主人であるリアブリックらの命令に逆らえなかったと思うので、彼女への復讐はほどほどにしてあげてほしいところです。

エレナは自室に行くと、宿敵ベロニカの使っていた調度品を見ただけでブチギレ。

まさに「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」状態になっていて、思わず笑ってしまいました。

はたして、ベロニカの持ち物を全て捨てろというエレナのぶっ飛んだ要望は通るのでしょうか?

第15話も胸のすくような展開に期待したいですね!

<前話 全話一覧 次話>




影の皇妃14話!まとめ

こちらでは14話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

影の皇妃14話のまとめ
  • 大公に手を引かれながら邸内に入るエレナは、全身に鳥肌が立ちそうなほどの不快感を覚えずにいられない。
  • 信頼できる仲間だと思っていたアンも、リアブリックの腹心の部下。
  • ベロニカへの復讐を開始し始めたエレナの表情は、見る者を圧倒するほどの狂気に染まっていた。