少女/女性漫画

「影の皇妃」ネタバレ12話!あらすじ・感想!未来の夫皇太子殿下の写真

ピッコマ独占配信の人気コミック「影の皇妃」。

「続きが気になる!」
「エレナはどうなる?」

こちらでは「影の皇妃12話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>




前回のあらすじ

前回は、9日間に渡る船旅を終えたエレナ達が、馬車に乗って大公家の別荘に向かいます。

不安で心臓を高鳴らせるエレナはとある部屋に案内され、前世で自分を破滅に追いやったフランツェ大公とついに対面を果たしました。

大粒の涙を流しながら、愛娘を失った悲劇的な父親を演じるフランツェ大公。

彼の腹の内を全て見透かしているエレナは、「私の娘になってほしい」という提案を快諾しつつ、わざと馴れ馴れしい態度を取って大公のプライドを傷つけてやります。

前世では大公家の雰囲気に圧倒され、ずっと委縮しっぱなしだった。
しかし今なら、彼らの策略に振り回されることなく互角に渡り合える。

自信を持ったエレナは自室のベッドの中に入り、明日への期待に胸を高鳴らせるのでした。

【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

影の皇妃12話のネタバレ


大公家壊滅計画

大公家に迎え入れられた翌日から、エレナがベロニカになるための厳しい特訓が本格的にスタートしました。

9日間の航海中には主に貴族社会の文化を習ったエレナでしたが、今度はそれに加え、公女としての言葉遣いや作法、語学など、あらゆる教養を徹底的に叩き込まれていきます。

物覚えの悪いエレナに対し、机を叩いて大声を張り上げるリアブリック。
「食事や睡眠の時間を削ってでも完璧に覚えてください!」と怒鳴って部屋を出て行く光景が、いつしか日常茶飯事になっていました。

そんなある日の事、いつものようにエレナに説教したリアブリックが勉強部屋から出て行くと、エレナは本棚に手を伸ばして数冊の文献を引っ張り出します。

エレナが選んだ本は、帝国の芸術や経済を解説した専門書でした。

今のエレナにとって重要なのは、前世でとっくに習得した貴族の嗜みではなく、大公家を潰すための高度な知識。

帝国内で無類の権力を誇る大公家と戦うためには、彼らに引けを取らない資金力と勢力が絶対に欠かせません。

本来であれば、没落した貴族の令嬢に過ぎないエレナ一個人がフリードリヒ大公家を倒すなど夢のまた夢。

しかし近い将来、文化の復興期ルネッサンスの時期が帝国に訪れることをエレナは知っています。

大きな時代の転換点を利用することが出来れば、エレナでも強力な味方をつけることが可能です。

そして「L」という謎の人物を装い、大公家の内部分裂を引き起こし、奴らの弱みを握って外部からの資金源を寸断する。

すでにエレナの頭の中には、大公家を意のままに操るための完璧な図面が出来上がっていました。

残された時間の猶予は短いけど、必ずやり遂げてみせる……!

エレナは猫をかぶりながら、獅子のような闘志を心の中に秘め続けていました。

エレナの成長性

別荘の食堂で、エレナとリアブリックが向かい合って食事をとっています。

ナイフとフォークを器用に動かし、エレガントに肉料理を口に運ぶエレナ。

さりげなく彼女の作法を観察していたリアブリックは、注意する所の無い見事な振る舞いを賞賛しました。

リアブリックに褒められたエレナが「リブのおかげです」と謙遜すると、リアブリックは「受け答えも完璧です」と言って微笑みました。

貴族社会において、礼儀作法は自分の価値を決定づける重要なスキル。
正しいマナーを無意識にこなせるようになれば、育ちの良さをアピールし、周りの人間からの信頼を得られます。

しかし、あらかじめ正解が決められている礼儀作法を完璧に身につけるのは容易ではありません。

そのため、多くの貴族令嬢は幼い頃から厳しい訓練を受けさせられ、何年もかかって習得にこぎつけるものです。

その点、平民とほぼ同レベルの暮らしをしていた没落貴族の令嬢・エレナが、たった3週間の教育を受けただけで食事の作法を完璧に習得したことは、リアブリックにとって信じがたい事でした。

ちょっと前までこの子は作法の基本すらできていなかったのに、まるで別人のように華麗な振る舞いを見せるようになった……。

リアブリックはエレナの様子をこっそり観察しながら、自分が思っていたより賢い子なのかもしれないと考えるようになっていました。




要注意人物リスト

食事が終わると、リアブリックはエレナを応接間に連れて行きました。

テーブル席に着いたエレナの前に、帝国の社交界の第一線で活躍している皇族と中央貴族の情報をまとめた書類の山が並べられます。

このリストを全て覚えるように言われたエレナは、「数が多すぎませんか!?」と情けない声をあげて嫌そうな態度をとりました。

彼女の反応を見て、リアブリックは思わずイラっとした表情に変わります。

いつどこで会っても「対処」できるように、彼らの顔・名前・家門・家族関係、その他すべての略歴を完璧に覚えなければならない。

リアブリックが眉間にしわを寄せてエレナに凄むと、エレナは首をかしげてあっけらかんとした顔をしながら「頑張ります!」と微笑みました。

本物のベロニカ公女と関係が深かった人物との会話時には、正体を見破られないように細心の注意を払って自然な会話を心掛けなければならないのに……。
この子はそんなことも分からないほど察しが悪いのか……。

食事の時にエレナのことを密かに見直していたリアブリックでしたが、やはり自分の過大評価だったようだと溜め息をつかずにいられませんでした。

リストの一人目の人物は、帝国四大名家の一つバッキンガム家の当主・ホイート公爵。

彼はフランツェ大公と非常に親しく、ベロニカ公女を実の娘のように可愛がっている人物だとリアブリックは説明しました。

リアブリックがエレナに今の話を復唱するように言うと、エレナはニコニコ笑いながら「この人は私を可愛がってくれている方ですね!」と答えます。

あまりにも物覚えの悪いエレナに苛立ってきたリアブリックはテーブルを叩き、もっと真剣に取り組むよう大声を張り上げて叱りつけます。

全員知ってる人だから、今さら覚える必要ないんだけどな……。

エレナは心の中でそうつぶやき、暗記に苦戦する気弱な少女の振りを続けました。

どうにかエレナが一人目のホイート公爵の個人情報を覚えると、リアブリックは次のリストを提示します。

リアブリックが取り出した書類を見たエレナは、思わず固まってしまいました。

その書類に載っていた人物は、皇太子殿下のクラディオス・デ・シアン。

後に結婚して二人の間にイアンという子供を授かる未来の夫の写真が、エレナの澄んだ瞳に映し出されます。

<前話 全話一覧 次話>

影の皇妃を無料で読めるか調査した結果

U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


12話を読んだ感想

物覚えの悪いエレナに激怒するリアブリックと、物覚えの悪い少女を演じるエレナとの温度差が面白かったです。

前世ですでに習得していることなら、二度目の人生で再学習する必要が無いから楽で良いですよね。

あくまで表面上は出来の悪い令嬢を装い、その隙を突いて本当に重要な情報を学習するエレナのしたたかさに感心しました。

西洋絵画はルネッサンス期を前後して大きな躍進を遂げ、型にはまった既存の宗教画からより自然で人間的な美術作品がもてはやされるようになります。

芸術の歴史が目覚ましく動いた激動の時代であり、どんな作品が流行するか知っているエレナなら、一躍人気アーティストになれることでしょう。

独自性が大きく物を言う芸術の分野で民衆の支持を集めれば、大公家もやすやすとエレナを始末して本物のベロニカと交代させることが出来なくなるはず。

やはり、巨大な権力と戦うためには、出世してそれ以上の権力を手に入れることが肝心です。

すでにエレナはその作戦を完成させているようなので、これからの彼女の反撃に期待が高まりますね。

そんな事とはつゆ知らず、エレナを偽ベロニカに仕立て上げるために躍起になっているリアブリック。

短期間で別人のように上品になったエレナを見て、リアブリックがひそかに驚いていたシーンが印象的でした。

周りからダメな奴だと見下されていた登場人物が成長して周りの連中を見返す展開には、王道スポ根漫画並の熱さを感じますね。

今はまだ正体を隠しているエレナが本気で牙をむいた時、エレナを甘く見ていた大公家がどんな反応をするか見ものです。

フランツェ大公らによって前世の結婚生活をも破壊されてしまったエレナは、未来の夫である皇太子殿下の写真を見て何を想うのでしょうか?

第13話も涙なくして語れないような切ない展開になりそうです。

<前話 全話一覧 次話>




影の皇妃12話!まとめ

こちらでは12話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

影の皇妃12話のまとめ
  • エレナの頭の中には、大公家を意のままに操るための完璧な図面が出来上がっている。
  • たった3週間の教育を受けただけで食事の作法を完璧に習得したエレナ。
  • リストに載っていた人物、皇太子殿下のクラディオス・デ・シアン。