少女/女性漫画

「影の皇妃」ネタバレ4話!あらすじ・感想!運命を変えてみせる

ピッコマ独占配信の人気コミック「影の皇妃」。

「続きが気になる!」
「エレナはどうなる?」

こちらでは「影の皇妃4話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>




前回のあらすじ

主人公のエレナは、公国の辺境の地で両親と暮らす平凡な少女です。

 

父親はかつて首都でも一目置かれるほど偉大な行政官でしたが、祖父の事業失敗によって全てを失い、今ではわずかな俸禄を貰って生活している名ばかりの没落貴族。

 

決して裕福とは言えない家庭でしたが、優しい両親と一緒に過ごす毎日はエレナにとって特別なものでした。

 

ある日の事、領地を管轄するクロード子爵がエレナのために後援金を出すと提案し、そのおかげでエレナは成人式に参加できるようになりました。

 

華やかな貴族社会へのデビューを飾ったエレナは、そこで出会ったフランツェ大公から「私の娘になってほしい」と頼まれ、熱病で死んだ娘・ベロニカの人生を受け継ぐことになります。

 

華やかなドレス、煌びやかなジュエリー。

それまで見たことも無いような高価なアイテムが自分の物になり、社交界でチヤホヤされる毎日にエレナはすっかり魅了されていきます。

 

やがて皇帝陛下と結ばれ、皇妃となったエレナは、イアンという子供も授かりました。

 

フランツェ大公のおかげで、エレナは人生最高の幸せな日々を手にしたのです。

 

ところがある日、エレナは突然何者かに背後から刺され、薄暗い牢屋の中に閉じ込められてしまいます。

 

混乱するエレナの前に姿を現したのは、フランツェ大公とエレナに瓜二つの謎の女でした。

 

その女は、死んだはずのベロニカ本人。

ある理由からしばらく死んだふりをしていなければならなかったベロニカは、容姿の似ているエレナを自らの影武者として利用し続けていたのです。

 

裏で糸を引いていたのは、帝国の学術院を歴代最高成績で首席卒業し、人心操作にも長けている大公家の悪女・リアブリック。

 

クロード子爵の優しい提案も、フランツェ大公の腹心の部下である彼女の仕掛けた罠の一つに過ぎませんでした。

 

エレナが領地を出発したその日の夜に両親も始末されていたという話を聞かされ、自分の愚かさに愕然とするエレナ。

 

本物のベロニカはエレナの目の前でイアンをあやしながら、「私が陛下の子供を身籠ったら、あなたも母親のもとに送ってあげる」と言って邪悪な笑みを浮かべます。

 

全てを失って絶望のどん底に叩き落とされたエレナは、そのまま獄中で無念の死を遂げてしまいました。

 

しかし次の瞬間、目を覚ましたエレナは、何故か5年前の自分になっていました。

【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

影の皇妃4話のネタバレ

蜘蛛の糸

ある日のこと、エレナが両親と一緒に家族団欒の食事を楽しんでいると、領主の部下のグレースが家にやって来ました。

 

グレースは「領主様からの贈り物です」と言ってエレナの家の中に高価な品を大量に運び込み、一つの手紙を父親に手渡します。

 

その手紙を読んだ父は大激怒。

「今すぐ出て行け!」と叫び、グレース達を困惑させました。

 

手紙の内容を知りたがるエレナに対して「見なくていい!」と憤る父親でしたが、「自分のことなら知っておきたい」という彼女の剣幕に押され、しぶしぶ手紙を渡します。

 

そこに書かれていたのは、エレナを領主の妾(めかけ)にしたいという内容の文面でした。

 

家に置いていった大量の贈り物は、担保代わりの結納品。

 

「この高価な品をやる代わりに、お前の娘を自分の愛人にさせろ」と無理やり迫ってきたのです。

 

卑劣な求婚の手紙を読んだエレナは失笑し、明らかにリアブリックの仕業だと確信しました。

 

きっと昔の自分だったら、この手紙を読んだ時に絶望して失意のどん底に叩き落とされていただろう。

 

そして、リアブリックが差し伸べる救いの手に、何の疑いも持たずにすがろうとしていたはず。

 

どんなわずかな希望にもしがみつこうとする絶望した人間の本能を利用し、リアブリックが自分を大公家の策略に引きずり込もうとしているのが、今のエレナには手に取るように分かりました。

<スポンサーリンク>

エレナの決断

父親はコートを羽織って外出の準備を始めると、「領主様に会ってこの話を無かったことにしてもらう」と言い出しました。

 

その言葉を聞いた途端、エレナの脳裏に最悪の未来が浮かびます。

 

もしも妾の提案を断れば、間違いなく両親は始末されてしまうだろう。

 

エレナは父親の前に立ちはだかると、「私に決めさせてほしい」と言いました。

 

両親が驚きの表情を浮かべる中、エレナはグレースの方を振り向き、「『くださった贈り物はありがたく頂戴します』と領主様にお伝えください」と返答します。

 

公国で結納品を受け取ることは、求婚に応じる意思表示に他なりません。

父親は血相を変え、「一生妾として生きるつもりか!?」と大声を張り上げます。

 

エレナは寂しそうな微笑みを浮かべながら「仕方ないですよ」とつぶやき、「むしろこれで嫁ぎ先の心配をしなくて済みます」とおどけてみせました。

 

「私の決断を許してください」と言いながら優しく笑う娘を見て、両親は困惑の表情を浮かべずにいられません。

 

エレナがあまりにもすんなりと悲惨な境遇を受け入れたことが、父親にとっては逆にショックでした。

 

きっとエレナは、私達両親に気を遣って自分の未来を犠牲にしたのだろう……。

 

父親はうつむいたまま拳を固く握りしめ、己の無力さに全身を震わせました。

 

エレナはそんな父親の姿を見ながら、辛い思いをさせてしまったことを心の中で謝り続けます。

 

「今回」は絶対に二人を死なせない。

そのために、今日だけはわがままを言うことを許してほしい。

 

エレナは両親の無事を祈りながら、複雑な思いに駆られていました。




運命を変えてみせる

エレナの返答を聞いたグレースは複雑そうな表情を浮かべ、「この喜ばしい便りを領主様にお伝えせねばなりません」と言い残して家から出て行きました。

 

3人だけになった室内に、両親のすすり泣く声が広がります。

 

大切に育てた一人娘が、あろうことか領主の愛人として一生を終えるなど、親にとってはとても耐えられない悲劇。

両親は顔を手で覆いながら、絶望の涙を流し続けました。

 

エレナはそんな両親の手を優しく握りしめ、「必ず幸せになってみせます」と気丈に振る舞います。

 

それでも諦めきれない父親は、「今すぐ行けば、まだ間に合う!」と叫び、グレースの後を追おうとしました。

 

「お父様!」

 

娘に呼ばれた父親は、ハッと我に返ってエレナと見つめ合います。

 

「私を信じてくださるなら、どうか見守っていてください」

 

神様から貰った第二の人生を使って、悲惨な運命を絶対に変えてみせる。

 

決意に満ちたエレナの真っ直ぐな眼差しが、父親の心を大きく揺さぶりました。

<前話 全話一覧 次話>

影の皇妃を無料で読めるか調査した結果

U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


4話を読んだ感想まとめ

大公家に狙われて破滅させられた少女・エレナが、前世の記憶を武器に大公家との戦いに臨む転生系のファンタジー物語。

 

復讐という言葉を聞くとダークなイメージを持ってしまいますが、主人公のエレナが非常に家族思いで優しい性格なので、読んでいてホッとするような気分になれるのが救いです。

 

両親を守るためとはいえ、自ら領主の妾の提案を受け入れたエレナの決断力には驚かされました。

 

貴族社会における妾とは、本妻とは別に設ける愛人のこと。

決して地位の高い存在ではなく、自分の子供の幸せを願う親にとってみれば、これほど屈辱的な話はありません。

 

泣き崩れる両親の姿を見て、胸が張り裂けそうな気分になりました。

 

陰湿な作戦を実行してくるリアブリックに真っ向から立ち向かうエレナには、思わず応援したくなる魅力がありますね。

 

それに引き替え、大公家の外道っぷりが尋常ではありません。

 

ルックスが似ているという理由だけでエレナを影武者にし、用済みになった途端に口封じのために処分したのでしょうか?

 

その上、生まれたばかりの子供まで平然と始末するとは、もはや人間の発想ではありませんね。

 

ベロニカが死んだふりをしなければならなかった理由はそのうち明らかになるでしょうが、この一族に壮絶な天罰が下る展開を強く期待します。

 

はたして、領主の妾として生きる道を選んだエレナに対して、リアブリックはどんな作戦を展開してくるのでしょうか?

 

第5話の展開が今から楽しみです!

<前話 全話一覧 次話>