少年/青年漫画

「秘密の授業」ネタバレ7巻!あらすじ・感想を紹介!タカが外れた俊太

広告で大人気の「秘密の授業」。

「続きが気になる!」
「主人公はどうなる?!」

こちらでは「秘密の授業7巻」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>




秘密の授業の前回のあらすじ

前回は、室内でヤっている最中にいきなりやって来た真理子が部屋のドアをノックし始め、俊太達は大ピンチに陥ります。

驚いた飛鳥は、とっさに「今オ〇ニーしてるからドアを開けないで」と嘘をついて、何とかその場を切り抜けました。

すっかりS〇Xの楽しさに魅了された俊太は、親友の姉であるつかさに対してまで「S〇Xしたい」と言い出し、彼女をドン引きさせてしまいます。

そんな中、「やっぱり家族同士でこんなことをするのはやめよう」と飛鳥に告げられた俊太は、まるで失恋でもしたかのように悲しみの涙を流します。

義父の正が出張して家を留守にすると、再び俊太が夜中に真理子の寝室を訪れるようになりました。

【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

秘密の授業7巻のあらすじネタバレ

止まない雨

真理子は俊太に胸を愛撫されながら、日に日に上達する彼のテクニックに驚愕していました。

「ごめんなさい、おばさん……自分でもどうしてこんな事をしているのか分からないんです……」

悩ましげに語る俊太の言葉を聞いた真理子は、「おばさんが何とかしてあげるから気にしないで」と言って苦笑いを浮かべます。

年頃の男子なら、これくらい元気なのは普通よね……。

自分にそう言い聞かせながら懸命に耐え続ける真理子でしたが、何のためらいもなく感部を的確に攻めてくる俊太の前で、どんどん息が荒くなっていきます。

私は俊太と何をしてるんだろう……。
最初はこんなつもりじゃなかったのに……いつの間にこんなことに……。

真理子が後悔の念に駆られながら顔を歪めていると、彼女の足を広げた俊太が真面目な顔で「ここに入れてみたいです……」と言い出しました。

その瞬間、急に我に返った真理子がベッドの上で飛び起きました。

「止めなさい、俊太!貴方、自分が何を言ってるか分かってるの!?」

大声で怒鳴られた俊太は、しょんぼりした顔でうつむきます。

真理子は彼をベッドの上に座らせると、彼のアレを口にくわえました。

激しく前後にこすり続けるうちに、絶頂に達した俊太が義母の口の中で盛大に発射して果ててしまいました。

俊太を部屋に帰し、寝室内で一人になった真理子は、天井を眺めながら茫然自失の状態に陥ります。

さっき俊太がやろうとしたのは、間違いなくオ〇ニーではなくS〇X……。
どこであんなことを知ったのか分からないけれど、きっと次も同じことを要求してくるはず……。

このままではダメだと分かっていても、一体どうやって彼に正しい性教育を施せば良いのか分からず、真理子は頭を抱え続けます。

そして、彼女の苦悩を象徴するかのように、外では冷たい雨が降り続けていました。

這い寄る煩悩

その翌朝。
昨晩のことであまり寝られなかった真理子は、浮かない表情で台所に向かいました。

俊太は今まで性の知識に疎すぎたんだから、オ〇ニーを知って夢中になるのは仕方ないわ……。
少しずつ彼に正しい情報を教えていこう……。

母親として子供たちの前で悩む姿を見せるのは良くない、と真理子は自分に言い聞かせ、料理の準備に取り掛かります。

すると、いつの間にか起きてきた俊太が台所に現れ、真理子の背後に立っていました。

突然の事に真理子が驚いていると、俊太は深々と頭を下げて昨晩のことを謝り始めます。

「別に良いのよ ご飯の準備に時間がかかるから待っててくれる?」

真理子は安堵の溜め息をつき、再び料理に取り掛かりました。

ところが、俊太はその場に突っ立ったまま、台所から出て行こうとしません。

朝っぱらから大きくなってしまったズボンの膨らみを見せつけると、「ここで一人でオ〇ニーをしても良いですか?」と言い出しました。

次の瞬間、俊太はいきなり背後から真理子の身体に抱きつき、自分のアレを義母のショートパンツの隙間に突っ込み始めます。

「邪魔にならないよう、すぐ終わらせますから……」

俊太は何かに取りつかれたかのように、激しく腰を前後に動かし続けます。

まるで本当にバックから突かれているかのような腰使いの上手さに、真理子は抵抗する気力すら失せてしまいました。

昇天した俊太が勢いよく発射すると、二人は早朝のキッチンにそのまま倒れ込んでしまいます。

「ごめんなさい……ごめんなさい……」

息を荒げた俊太は、背後から義母を抱きしめながら何度も謝り続けました。




もう止められない

それからというもの、俊太はブレーキの壊れた自動車のように暴走を続けました。

朝食が終わって後片付けをしている時のキッチン。

飛鳥・葉月姉妹が外出した昼下がりの寝室。

二人きりになれる場所を見つけると、俊太は狂ったように義母の身体を求めるようになってしまいました。

ちょっとでも油断すると俊太が自分の下半身に手を伸ばしてくるため、真理子は一秒でも早く彼を昇天させるために死に物狂いで彼のアレをしごくようになります。

俊太が発射する度に湧き上がる安堵の気持ちと次回への不安。

今日一日だけで3回、昨晩から数えれば連続で4回も彼のオ〇ニーに付き合わされ、真理子はベッドの上に寝転がりながらすっかり疲れ果てていました。

夫の正とS〇Xしている時でさえ、これほどの疲労感を覚えたことはありません。

10代の若者の精力の凄さを嫌というほど体感させられ、恐怖にも似た感情が胸の内に湧き上がってきます。

私はこれから先も俊太に付き合っていけるのかな……?

明日の事を考えただけで、真理子の口から大きな溜め息が洩れました。

一方その頃、自室のベッドの上に寝転んでスマホをいじっていた飛鳥は、あまりにも聞き分けが良すぎる俊太のことが気になって仕方がありませんでした。

「家族同士でS〇Xするのはやめよう」とは言ったものの、まさか本当に素直にキッパリ諦めるとは期待していなかったのが実際の所。

飛鳥は、今頃俊太がどうやって性欲を処理しているのか心配します。

いや……これ以上あいつのことを気にするのはやめよう……。
これで良いはずなんだから……。

スマホを枕元に置いて寝っ転がった飛鳥は、まさか俊太が真理子と淫らな関係を構築しているとは夢にも思っていませんでした。

結城家の人々

正が出張から帰って来た翌日の朝。
5人揃った結城家の食卓は、いつもと変わらない穏やかな雰囲気に包まれていました。

くたびれた顔をした正が自分の体力の低下を愚痴ると、妻の真理子が眉をひそめて「疲れた時はちゃんと休んでください」と進言します。

献立の中に脂身の多い牛肉が混じっていることに気づいた葉月は、「太っちゃうから赤身肉にして」と文句を言います。

その言葉を聞いた飛鳥は鼻で笑い、「霜降り肉にしようよ」と反論しました。

「お姉ちゃん、最近お尻がずいぶん大きくなったみたいだけど大丈夫?」

「あんたが小さすぎるのよ 南米の女性たちは私の倍はあるわよ」

さっきまで和やかだった食卓は、肉を巡る姉妹の口論によってたちまち険悪なムードに変わってしまいます。

一方の俊太は、義父が再び帰って来たことで真理子の寝室に行けなくなり、浮かない表情で淡々と食事をとっていました。

朝食を終えた俊太は部屋に戻ると、洋に貸してもらったドローンを室内で飛ばして遊び始めます。

鋭い風切り音を奏でながら空中を飛行する最新型の高性能ドローン。

しかし、そのクールな機体をジッと眺めている俊太の顔には覇気が無く、刺激的なオ〇ニーと比べると全くドローン操縦を楽しいと思えませんでした。

私とシてみない?

ドローンをケースに入れた俊太は、その箱を持って三浦家に向かいました。

門の前で洋の名前を何度呼んでも、この前と同様、洋からの返事はありません。

仕方なく門を開けて敷地内に入ろうとすると、ちょうどそこに帰って来たつかさと鉢合わせになります。

つかさは俊太を縁側に座らせると、洋は祖母の家に行っていて今日は帰ってこないと伝えました。

先日のS〇X発言のせいで、何となく気まずい雰囲気になってしまう二人。

俊太はドローンのケースを縁側に置いて立ち上がると、「これを返しに来ただけなので、洋が帰ってきたら渡しておいてください」と言づけて帰ろうとしました。

すると、いきなりつかさが俊太を呼び止め、「俊太はS〇Xしたことあるの?」と恥ずかしそうに尋ねます。

「え!?……僕は一応ありますけど……」

驚いた俊太は、顔を赤くしながら答えました。

しばらく無言のまま空を見上げていたつかさは、ゆっくり立ち上がると俊太に向かって驚くべき言葉を口にします。

「じゃあ……私とS〇Xしてみない……?」

「え……?」

セミの鳴き声が響く夏の夕暮れの中、二人の男女が無言のままずっとお互いの顔を見つめ合いました。

<前話 全話一覧 次話>

秘密の授業を無料で読めるか調査した結果

U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


7巻を読んだ感想

義姉の飛鳥に関係を断られたのを切っ掛けに、タガが外れたかのように真理子の身体を求め続ける俊太の姿は、まるで急加速したロケットのようです。

24時間以内に4回も発射するなんて、プロのセクシー男優並の体力ですね。
思わず、「どんだけタフなんだ」とツッコみたくなりました。

俊太が飛鳥からS〇Xを教わったことを知らない真理子。
俊太が真理子にオ〇ニーの相手をしてもらっていることを知らない飛鳥。

結城家の中で二人の女性の気持ちが微妙にすれ違っていて、「俊太のために自分が何とかしてあげないと」と奇妙な使命感が発生しているのが印象的です。

それだけ俊太は、真理子や飛鳥に大切に想われていることの裏返しでもあります。

現在は疎遠な関係にある葉月が今後この三角関係の中にどんな形で加わるのか、非常に楽しみですね。

一方、洋から借りたドローンを返しに来た俊太は、三浦家でつかさと再会。
気まずい雰囲気の中、彼女に突然S〇Xの相手を求められる予想外の展開になってきました。

俊太と洋は高校時代からの親友なので、おそらくつかさとも数年来の関わりがあるのでしょう。

この前遊びに来た時も親しげに会話していて、家族ぐるみの仲であることがうかがえます。

憎からず思っている俊太から「僕はつかささんのこと好きだし」と言われたのを切っ掛けに、彼女の中の女心に火がついたのかもしれません。

交際という過程をすっ飛ばしていきなりS〇Xから始めようとするのは、彼女自身経験が無いからではないでしょうか?

結城家の女性陣に教わった性の知識を、今度は俊太がつかさに伝えれば、見事に「秘密の授業」というタイトルの回収になりそうですね。

はたして、つかさは弟の親友である俊太と本当に肉体関係を持つつもりなのでしょうか?

第8巻も見逃せません!

<前話 全話一覧 次話>




秘密の授業7巻!まとめ

こちらでは7巻の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

秘密の授業7巻のまとめ
  • 真理子に挿入しようとしたところ、拒否られてしまうが、壊れたかのように毎日オ◯ニーをする俊太。
  • 真理子は旦那とのS◯Xでもこんなに疲れたことがないと思いながらも、俊太のことが気になる様子。
  • つかさは、じゃあ……私とS〇Xしてみないと俊太を誘う。