少年漫画

はたらく細胞キャラ一覧!声優や舞台キャストも!細胞の役割解説つき

漫画、アニメに舞台化も決まり、人気爆発中のはたらく細胞!

はたらく細胞には個性豊かな細胞のキャラクターがたくさん出てきて、覚えられなーい!!って人も多いのでは?!

 

“アヤ”
“アヤ”
はたらく細胞ってキャラがたくさんいるから声優さんやキャストさんが一覧で見れたらいいなあ・・・。

“ツキミ”
“ツキミ”

お任せください♪お客様の疑問、ツキミが解決いたします!

 

今回ははたらく細胞のキャラクターの特徴や細胞としてのはたらき、声優さんやキャスト情報をギュギュッとまとめて解説しちゃいます!

これを読めば、はたらく細胞のキャラクターたちが丸わかりですよ!

 

 

↓漫画はたらく細胞を無料で読む裏技も解説しています↓

漫画「はたらく細胞」を無料で全巻読む方法

 

 

はたらく細胞キャラ声優一覧と役割解説

大人気はたらく細胞!

アニメもスタートして人気が爆発していますね♪

 

そんなはたらく細胞、登場キャラクターがたくさん!

はたらく細胞の細胞たちを覚えられない!という方向けに漫画版も含めはたらく細胞に出演するキャラクターを一覧にしました♪

 

私たちの体の中で実際にはたらく細胞の、役割もしっかり解説していますよ!

 

・・・サクッとしりたい!という人はアニメのはたらく細胞公式PVがわかりやすく各キャラクターを紹介してくれています♪笑

 

引用:https://hataraku-saibou.com/

 

メインの細胞たち

アニメや漫画版でもはたらく細胞でメインとして登場しているキャラクターたちの一覧をまとめました!

 

赤血球(AE3803)

代表的なセリフ:「こちら本日分の酸素になります!」

キャスト声優:花澤香菜

 

はたらく細胞の中でも主人公キャラとして扱われている赤血球3803。

ショートカットにアホ毛がぴょんと飛び出しているのがポイントです。

 

赤血球をモチーフにすた赤い帽子にジャケット、短パンと赤い靴が制服。

細胞たちに名前はありませんが、一部細胞にはナンバリングがされているものを身につけていて、赤血球の場合は帽子にバッチがついています。

 

まだまだ赤血球としては新人で、酸素運搬中も極度の方向音痴のため道に迷ってトラブルに巻き込まれることもしばしば。

肺炎球菌に襲われているところを白血球1146に助けられ、行動を共にすることが多くなります。

 

 

子供の頃の姿は「赤芽球」で、子供の頃に白血球1146と出会っていたというエピソードも。

2人の子供の頃の話はアニメ「はたらく細胞」では、第6話のエピソードで紹介されています♪

 

引用:https://hataraku-saibou.com/

 

【細胞としての赤血球の役割】

赤血球は、毎日2000億もの細胞が脊髄で作られ、有形成分のおおよそ40%を締めます。

血液の制帽の中で一番多いのが赤血球なんですね。

 

寿命はおおよそ120日間と言われ、その間体の中をひたすら巡り酸素を供給します。

その数は最終的には約20万回とも!

ひたすら肺から得た酸素を取り込み、各臓器に運び、二酸化炭素を排出します。

 

寿命を迎えた赤血球はマクロファージによって分解されてしまいます。

 

白血球(1146)

代表的なセリフ:「バイバイ菌だ!」

キャスト声優:前野智昭

 

全身白い制服を身にまとい、体に侵入した細菌やウィルスと戦い駆除するのが仕事の白血球(好中球)。

白血球1146は左目が前髪で隠れているのが特徴で、主人公級のキャラである赤血球3830と表紙を飾るほどのはたらく細胞ではメインキャラクターです。

 

ダガーナイフを使って戦い、血液の流れにそって活動する赤血球と違い進出鬼没で様々なところに現れることができます。

 

被っている白い帽子には「レセプター」と呼ばれる装置がついていて、侵入者を感知すると反応する仕組み。

 

また帽子についているプレートに識別番号が書かれており、キャラクターごとにナンバリングが異なります。

白血球1146のナンバーは「いい白」の語呂合わせから取られているというキャラ設定が!

 

 

はたらく細胞の主人公級のキャラである赤血球3830とは肺炎球菌に襲われているところを助けたという縁があり、その後も行動を共にすることが多くなりました。

 

子供の頃は「骨髄球」として赤血球3830(赤芽球)と出会ったエピソードがあります。

 

【細胞としての白血球(好中球)の役割】

白血球には好中球好酸球好塩基球の3種類があり、その中でも好中球は全体の半数を占めます。

 

好中球は特徴として「遊走」をすることができ、細菌などの侵入をレセプターで感知すると組織内を走り回ることができ、素早く外部の敵に接触!

先陣を切って戦い、からだを外部の敵から守ります。

 

寿命は血液内では数時間、組織の中でも数日とかなり短く、怪我をした時にでる膿はこの好中球の死骸が大部分を占めます。

サイズはマクロファージよりも小さめで、一日あたり約1000億個の好中球が骨髄で生まれています。

 

スポンサーリンク

マクロファージ

代表的なセリフ:「お仕事お仕事♪」

キャスト声優:井上喜久子

 

お姉さんキャラでエプロンドレス姿のキャラマクロファージ。

体内のお掃除屋さんと言われ、はたらく細胞でもほうきを持って掃除をしており、出演回数も多いキャラです。

 

穏やかな印象のキャラですが、強力なウィルスが侵入した時はナタや鈍器で敵を抹消!

アニメはたらく細胞の中では赤血球や白血球の子供のころの教室の担任の先生として、小さな細胞を育成しています。

 

【細胞としてのマクロファージの役割】

マクロファージは漫画・アニメ「はたらく細胞」で語られている通り「体内のお掃除屋さん」です。

 

死んでしまった細胞はマクロファージに吸収され、分解されます。

また外部の敵(ウィルスなど)が侵入した際に白血球(好中球)が殺傷した敵の死骸などを取り込み、免疫に必要な情報をからだに発信します。

 

サイズはマクロ(大きい)ファージとだけあってビックサイズ!

そのサイズは赤血球6〜9umに対し25〜50umと約5倍の大きさです。

 

身長160センチの人間だったら約800メートル・・・かなり大きいことがわかりますね。

 

血小板

代表的なセリフ:「あのねあのね!」

キャスト声優:長縄まりあ

 

可愛い容姿と動きが可愛い!とはたらく細胞でも人気が爆発中のキャラクター血小板ちゃん。

 

実際の血小板も他の細胞よりも小さいため、漫画やアニメ「はたらく細胞」のキャラクターでは幼児の外見をしています。

(しかし実際の寿命は白血球より長いため、中には白血球より年上の血小板もいるんですよね笑)

 

怪我をした時には傷口に集結し、ピンクの網状のもの「フィブリン」で止血を行います。

はたらく細胞での血小板には1人1人のナンバリングなどはついていませんが、常に団体で行動し制服の着こなしなどで差が出ています。

 

メインキャラのリーダー格の女の子が「血小板ちゃん」と呼ばれることが多く、可愛いと人気が爆発!

血小板ちゃんが歌うキャラソン「先生あのね」がはたらく細胞のオープニングテーマCDのカップリング曲として公表されると中毒性が高いと話題に。

(実際気がついたらなんども聞いてしまいます・・・。)

 

はたらく細胞オープニングCDキャラソン「先生あのね」視聴はこちらから↓

 

引用:https://hataraku-saibou.com/

 

【細胞としての血小板の役割】

血小板はもともと脊髄にある大きな細胞が細胞から生まれるもの。

 

核がなく2umとかなり小さい細胞で、はたらく細胞のキャラクターデザインにも現れていますね♪

(赤血球が約6〜9um、白血球が6〜30um、マクロファージ25〜50um)

 

怪我などで血管が傷つくと血小板が集結しまずは血小板同士がくっつき止血、その後「フィブリン」という物質でしっかりと止血を行います。

「かさぶた」はフィブリンと血小板が乾燥し固まったものです♪

 

寿命はおおよそ10日で、実は白血球(好中球)より長生きです。

 

キラーT細胞

代表的なセリフ:「キラーT細胞の名にかけて!」

キャスト声優:小野大輔

 

全身黒い服をまとい、がん細胞などを殺して周るキラーT細胞。

侵入したウィルスに感染したり、がん細胞となってしまった細胞を殺すのが仕事です。

 

はたらく細胞では団体で動き、細胞を殺す立場ということもあって、他の細胞たちとは距離を置いている傾向があります。

筋肉隆々、いかにも強いお兄さんキャラ!

 

キャラクターごとのナンバリングはありませんが、リーダー的な金髪のキラーT細胞がはたらく細胞ではメインキャラクターとなっています。

 

【細胞としてのキラーT細胞の役割】

殺し屋キャラクターとしても同じみキラーT細胞。

その名の通り、細胞を殺す殺し屋です。

 

健康な細胞がウィルスなどに感染すると、その細胞によりウィルスの情報がヘルパーT細胞に送られます。

知らせを受信したヘルパーT細胞は戦闘に備え、キラーT細胞を大量に作り出し感染細胞をウィルスごと撲滅するべく送り込み出し、細胞を殺します。

 

勝利したキラーT細胞は、一部は次に同じウィルスと戦う時のために記憶を残した「メモリーT細胞」として残りますが、それ以外は死んでしまいます。

 

ヘルパーT細胞

代表的なセリフ:「必ずや抹殺してご覧にいれましょう」

キャスト声優:櫻井考宏

 

メガネに落ち着いた物腰で司令室からからだ全体を把握し、細胞たちへ侵入者対策などの指示を飛ばすヘルパーT細胞。

はたらく細胞ではかっこよく決めていてもクッキーの食べかすがついたままなど、おっちょこちょいな一面も。

 

いざとなったら戦闘もこなすエリート的存在のキャラです。

 

【細胞としてのヘルパーT細胞の役割】

キラーT細胞が殺し屋なら、ヘルパーT細胞は司令官。

 

マクロファージは仕入れたウィルスなどの情報をヘルパーT細胞に送ります。

ヘルパーT細胞はキャッチした情報を元にキラー細胞を増やして強化し、ウィルスなどの殲滅を命じます。

 

好酸球

代表的なセリフ:「そっ・・・そんなにほめないでもう・・・・!」

キャスト声優:M・A・O

 

はたらく細胞ではピンクのツナギに金髪ツインテールで槍を持って戦います。

戦闘能力はそんなに強くないものの、本来の役割は寄生虫を退治すること。

 

漫画はたらく細胞でのキャラクターの性格はツンデレで可愛い外見とツンデレのギャップにファンが多いキャラクターです。

 

キャスト声優のM・A・Oさんは本業は女優で、声優をするときだけM・A・Oの別名義を名乗っています。

女優としてのお名前は市道 真央(いちみちまお)。

 

【細胞としてのヘルパー好酸球の役割】

3種類の白血球の1つが好酸球です。

主にアレルギーや寄生虫が侵入した時に多く増え、戦闘力は弱いとされています。

 

白血球の中での割合は多くて10%前後で、サイズは10〜15um。

核が二股に別れていて、はたらく細胞の好酸球キャラクターデザインのツインテールはここから来ています。

 

サブの細胞たち

はたらく細胞では登場回数は少ないものの、個性豊かな細胞たちのキャラクターとキャスト声優紹介はこちら!

 

NK細胞

キャスト声優:行成とあ

 

ショートカット、黒タンクトップのつよーいお姉さんキャラ!

笑うと強くなるという特徴があり、逆にストレスで弱体化してしまいます。

 

NK細胞とはナチュラルキラー細胞の略で、ヘルパーT細胞の指示がないと動けないキラーT細胞とは違い、独自で活動し悪い細胞撲滅します。

そのせいか?漫画はたらく細胞の中では、キラーT細胞とは犬猿の仲。

 

事あるごとにキラーT細胞にちょっかいをかけています。

 

B細胞

キャスト声優:千葉翔也

 

はたらく細胞では青いツナギにスニーカー、キャップはひっくり返して、茶髪で癖っ毛の可愛い男の子です。

性格はお調子者なキャラクター。

最近ごとに抗体を作り、射撃武器で戦います。

 

記憶細胞

キャスト声優:中村悠一

 

「いいつたえメモ」というアイテムをもち、黒いシャツにベストといった服装がトレードマークのキャラ。

はたらく細胞のキャラクターでの性格は忘れっぽく、思い込みが激しい、リアクション芸がすごいと定評があります。

 

B細胞の抗体を作るには記憶細胞の働きが必要なため、はたらく細胞内ではセットで描かれていることが多いですね♪

 

樹状細胞

キャスト声優:岡本信彦

 

はたらく細胞のキャラクターとしては、郵便配達員のような格好をしており全身緑がトレードマークのキャラ。

マクロファージが得た侵入者の情報を、他の細胞に伝える「伝達係」の細胞です。

 

乳酸菌から多糖類を摂取することで活性化!

はたらく細胞ではハイになってしまい、トラブルを引き起こしてしまいます。

 

マスト細胞

キャスト声優:川澄綾子

 

別名肥満細胞。

黒髪ストーレート、白衣のお姉さんキャラかと思いきや、性格はヒステリックなキャラです。

 

外部からウィルスやアレルギー物質などが進入した際に血管を拡張し、免疫活動を活発にさせる「ヒスタミン」を分泌するのが仕事。

しかし「ヒスタミン」には正常な細胞も刺激し、炎症を起こす作用(アレルギー反応)もあるため、はたらく細胞本編でも様々なキャラたちとトラブルになっています。

 

その他の細胞たち

はたらく細胞ではメインとなるお話などはないものの、キラリとひかるセリフや容姿に注目があつまるはたらく細胞たち!

そんなキャラたちをキャスト声優と一緒に一覧にまとめました♪

 

  • 赤血球AA5100・・・声優:遠藤綾
  • 白血球Uー2048・・・声優:佐藤健輔
  • 白血球Uー2626・・・声優:江越彬紀
  • 白血球Uー2001・・・声優:柳田淳一
  • 白血球Uー4989・・・声優: 熊谷健太郎
  • 血小板・・・声優:春野杏・赤尾ひかる・森永千才・石見舞菜香・立花芽恵夢
  • 好塩基球・・・声優:川澄綾子
  • 制御性T細胞・・・声優:早見沙織
  • がん細胞親玉・・・声優:石田彰

 

スポンサーリンク

    はたらく細胞舞台のキャラとキャスト一覧!

    はたらく細胞が2018年11月に実写舞台化が決定!

    各キャラクターのキャストが公開されたのでこちらも一覧にまとめました♪

     

    はたらく細胞舞台情報

    はたらく細胞 キャスト

    日程:2018年11月16日(金)〜11月25日(日)

    会場:シアター1010(東京都足立区千住3ー92千住ミルディスⅠ番館10F)

     

    はたらく細胞舞台キャスト情報

    はたらく細胞 キャスト

    実写舞台はたらく細胞の個性豊かなキャラクターを演じるキャストたちはこの人!

     

    • 赤血球・・・七木奏音(ななきかのん)
    • 白血球(好中球)・・・和田雅成(わだまさなり)
    • キラーT細胞・・・君沢ユウキ(きみさわゆうき)
    • マクロファージ・・・平田裕香(ひらたゆか)
    • ヘルパーT細胞・・・戸谷公人(とたにきみと)
    • 一般細胞・・・山田ジェームス武(やまだじぇーむすたけし)
    • NK細胞・・・茉莉邑 薫(まりむらかおる)
    • ナイーブT細胞・・・太田 将熙(おおたまさき
    • 防御性T細胞・・・ 甲斐千尋(かいちひろ)
    • 樹状細胞・・・川隅美慎(かわすみびしん)
    • 化膿レンサ球菌・・・増田裕生(ますだゆうき)
    • インフルエンザウィルス感染細胞・・・高木俊(たかぎしゅん)
    • 肺炎球菌・・・馬場良馬(ばばりょうま)
    • 黄色ブドウ球菌・・・富田翔(とみたしょう)
    • 血小板・・・岸田結光(きしだゆみ)、森田恵(もりためぐみ)、木内彩音(きうちあやね)

     

    個性豊かなキャラクターたちがどう演じられるのか、今からはたらく細胞の舞台が楽しみですね♪

     

    ↓漫画はたらく細胞を無料で読む裏技も解説しています↓

    漫画「はたらく細胞」を無料で全巻読む方法

     

     

    はたらく細胞キャラ一覧!声優や舞台キャストも!細胞の役割解説つきまとめ

    アニメ・漫画・舞台で表現されるはたらく細胞のキャラクターたちを一覧でご案内しました!

     

    実際の私たちの体の中ではたらく細胞たちがどんな風に働いてるかわかるけで、はたらく細胞本編がより面白くなりそう!

     

    新しくはたらく細胞でキャラクターや、声優キャストさんが発表されたら随時更新いたしますね♪

    スポンサーリンク