少女/女性漫画

「花嫁未満エスケープ」ネタバレ7話!あらすじ感想。食べたかったパフェ

booklive独占配信の人気コミック「花嫁未満エスケープ」

「続きが気になる!」
「主人公はどうなる?」

こちらでは「花嫁未満エスケープ7話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>
\ 3,000作品以上が無料!? /

花嫁未満エスケープの前回のあらすじ

前回は、待ち合わせ後に深見とラーメン屋に行ったゆうが、部屋の鍵を返すと共にこれまでの感謝の気持ちを深見に伝えてから尚紀との対話に臨みました。

 

恐る恐る自室に戻ると、時刻が夜中ということもあって、尚紀はすでに爆睡中。

久々に尚紀の姿を見たゆうは自分でも笑ってしまうほどの安心感を覚え、明日ちゃんと話そうと決意して就寝します。

 

その翌朝、ゆうより早起きした尚紀は何事もなかったかのように明るい笑顔を見せ、昔のゆうのように精力的に家事に勤しんでいました。

 

今後のことをじっくり話し合おうとすると、なぜか強引に話題を変えてごまかす尚紀。

彼のペースに翻弄され続けるゆうは、違和感を覚えながらも昔のような平穏な生活を続けることを選択します。

 

尚紀がきちんと家事をこなして真面目に生活するようになってから1週間が経過した頃、ゆうは「普通の生活」に拭いきれない不安を抱き続けていました。

 

そして、一緒にソファーに座っていた尚紀にキスを迫られた瞬間、反射的に尚紀を拒絶してしまい、二人の関係に決定的な亀裂が走ります。

 

これまでゆうに振り向いてもらうために一生懸命頑張ってきたのに、どうして自分を避けるのかと悲しそうにつぶやく尚紀。

 

蔑んだ目で「深見とどういう関係なの?」と尋ねられたゆうは、驚きのあまり言葉を失ってしまいました。

【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

花嫁未満エスケープ7話のあらすじネタバレ


さよなら

尚紀の口から深見の名前が飛び出した瞬間、まるで走馬灯のように深見との思い出がゆうの脳裏をよぎります。

 

どうして尚くんが深見くんのこと知ってるの……?

 

ゆうが困惑の表情を浮かべたまま黙り込んでいると、尚紀はさらに冷ややかな視線を向けて「やっぱり言えないような関係なんだろ」と吐き捨てるように言いました。

 

駅近くの商店街で深見と待ち合わせしていた時のゆうの表情は、初恋の少女のように健気に瞳をキラキラと輝かせていました。

 

長年付き合ってきた尚紀にとって、ゆうが深見に対して自分の知らない顔を見せていたことが一番のショックだったのです。

 

自分を悪者扱いするような尚紀の物言いにムッとしたゆうは、「今まで私に関心なんか無かったくせに」と静かな口調で反論します。

 

ずっと家政婦扱いされて、もう何年も手を繋いだりキスしたりしてなかった。

いきなり隣に座らされたって、どうしていいのか分からない。

今まで荒れ放題にしてた庭をちょっと手入れしたくらいで急に執着しないでほしい。

 

ゆうは尚紀を見つめながら、「私の気持ちなんか知ろうともしなかったくせに、何でも知ってるような振りしないで」と詰め寄ります。

 

周りの女友達はどんどん結婚していくのに、自分は彼氏に誕生日さえ忘れられる始末。

結婚する気も無い彼氏の世話をして、家に帰って寝るだけの毎日。

終わりの見えない日々が延々と続く生活がどれだけ辛いか考えたことあるの?

 

ゆうの主張を黙って聞いていた尚紀は、うつむきながら小さな声で「別に頼んでないし……」とつぶやきました。

 

「は?」と真顔で聞き返すゆう。

 

「頼んでないって言ってんの!」と叫びながら尚紀が立ち上がると、傍らに置いていたバッグがテーブルにぶつかり、衝撃で倒れたコーヒーカップから中身がこぼれます。

 

俺は1回でも自分の世話をしてほしいなんて言ったことはない。

全部ゆうちゃんが喜んで勝手にやってたことだし、嫌ならやらなきゃいい。

結婚のことだって、ゆうちゃんのタイミングに合わせなきゃいけないの?

 

尚紀は声を震わせながら、「何でもかんでも俺のせいにしないでよ」と冷たい微笑を浮かべました。

 

倒れたコーヒーカップからじわじわとテーブルの上に広がるコーヒー。

茶色く淀んだ液体の拡散は、あたかも堰を切ったように溢れ出るお互いの鬱積していた感情を彷彿とさせました。

 

ゆうはコーヒーカップを立てると、布巾でテーブルの上を掃除しながら自分の主張を続けます。

 

私は尚くんに家事をしてほしかったわけじゃない。

ずっと我慢して尚くんの世話をしてきたのは、自分の居場所が欲しかったから。

いつか、自分のことを特別な存在として選んでくれるって信じたかったから……。

 

テーブルの上を掃除し終えたゆうは、ゆっくりと尚紀に向き直って告げました。

 

「尚くんの思っていることを聞いてはっきり分かった 私はもう尚くんとはいられない」

 

ゆうはクローゼットの中から一着のコートを取り出して羽織ると、そのまま玄関に向かいました。

 

尚紀は悲痛な表情を浮かべながらゆうの後を追いかけ、「落ち着いて話し合おうよ」と必死になだめ続けます。

 

しかし、ゆうの決心が変わることはありませんでした。

 

「この家にある私の物は、もう全部いらない」

 

そう言い残したゆうは、家の鍵をテーブルの上に置くと、尚紀に最後のメッセージを伝えます。

 

「さよなら尚くん 大好きだったよ」

 

ゆうが出て行った玄関で呆然と立ち尽くす尚紀。

あれほど賑やかだった家の中が、嘘のように静まり返っていました。

<おすすめゲーム>

ずっと食べたかったパフェ

尚紀に別れを告げたゆうは、夜の街を全速力で走り続けていました。

 

足がもつれ、アスファルトの路面に転倒するゆう。

 

ちょっと走ったくらいで息が切れて体が思うように動かなくなってしまうような歳に、とうとう独り身になってしまった……。

 

ゆうは大きく呼吸を乱しながら、再び立ち上がって走り出します。

 

体中汗ばんで胸が苦しいはずなのに、いっそ大きな声を張り上げて笑いたくなるような不思議な感情が湧き上がってきました。

 

近所のファミレスに駆け込んだゆうは、息を切らしながらスペシャルジャンボパフェを注文しました。

 

窓際の席に着いて水を一杯飲むと、疲れた体に冷水の心地よさが染み渡ります。

 

尚紀と一緒にいた時は、ホットケーキ好きの尚紀に合わせていつもホットケーキを注文していたゆう。

しかし本心では、このスペシャルジャンボパフェを食べてみたいとずっと考えていました。

 

家から持ってきたコートも、本当はゆうにとって一番のお気に入りなのに、尚紀の好きなデザインではなかったから普段は着ないようにしていた一着でした。

 

テーブルの上に配膳されたスペシャルジャンボパフェを見たゆうは、子供のように瞳を輝かせてスプーンに手を伸ばします。

 

たっぷりの生クリームの上に豪勢に盛り付けられた色とりどりのフルーツ。

一口頬張っただけで、ゆうの口の中に最高の幸福感が広がります。

 

結局、私は尚くんの「特別」にはなれなかった。

それでも、こうやって自分のやりたいことを楽しむ幸せだってある。

 

パクパクとパフェにむさぼりつくゆうの顔には、尚紀といた時よりも輝かしい笑みが浮かんでいました。




決意表明

ゆうが人目をはばかることなくパフェにがっついていると、外から窓ガラスを叩く音が聞こえてきます。

 

何だろうと思って視線を向けると、なんとそこには満面の笑顔の深見が立っていてこちらに手を振っていました。

 

恥ずかしい所を見られてしまったゆうは、思わず顔を真っ赤にして固まってしまいます。

 

店内に入ってゆうと同じ席に着いた深見は、スペシャルジャンボパフェを一気食いしたゆうの子供っぽい姿を見て楽しそうに笑い出しました。

 

うろたえながら懸命に言い訳しようとするゆう。

 

すると深見は優しい微笑みをたたえて、「元気だった?」と久々の再会を喜びます。

 

彼の笑顔を見た瞬間、それまで張り詰めていたゆうの気持ちが一気に緩み、両眼から大粒の涙がポロポロと溢れ出てきました。

 

「柏崎ってほんと甘いもの好きだよな」

 

深見はクスクス笑いながら、子供をあやすようにゆうの頭を撫でて慰めます。

 

「そうだよ……本当は甘いものが大好きだよ……」

 

大人ぶってブラックコーヒーを飲んでたけど、本当はカフェラテの方が好き。

ホットケーキより、クリームたっぷりのパフェが食べたかった。

でも太ったら嫌われちゃうと思って、甘い物を注文できなかった。

 

「ずっとずっと……我慢してたんだよぉ……!」

 

号泣しながら、今までずっと胸の中にしまっていた本心を吐露するゆう。

深見はそんなゆうの姿を、何も言わずジッと見守っていました。

 

大声を出してようやく気分が落ち着くと、ゆうは呼吸を整えて「でも、もう良いんだ」と静かにつぶやきます。

 

これからは、好きな物を食べて、好きな服を着て、何にも我慢しないで、好きなことだけをして生きていく。

 

涙で顔を真っ赤に腫らしたゆうの決意表明を聞いていた深見は、ゆうと尚紀との関係が良くない結末を迎えたのだろうと察しました。

 

ゆうの手にそっと手を伸ばした深見は彼女の手を優しく握りしめ、「じゃあ、俺も我慢するのやめようかな」とつぶやきました。

<前話 全話一覧 次話>

花嫁未満エスケープを無料で読めるか調査した結果

「花嫁未満エスケープ」はbooklive独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです。
「花嫁未満エスケープ」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品を無料で読みたいなら「まんが王国」がおすすめです。
引用:https://comic.k-manga.jp/
「まんが王国」は毎日最大50%ポイント還元+なんと無料で読める漫画を3,000作品以上も取り揃えています!
6冊無料
3/18まで
5冊無料
3/18まで
3冊無料
3/21まで
3冊無料
3/21まで
9冊無料
3/22まで
5冊無料&割引
3/22まで
5冊無料
3/25まで
3冊無料
3/25まで
5冊無料
3/26まで
4冊無料
3/26まで
2冊無料
3/27まで
3冊無料
3/28まで
1冊無料&割引
3/28まで
2冊無料
3/29まで
2冊無料
3/29まで
非会員でも公式サイト右上あたりにある¥0 無料から、今すぐに漫画の閲覧が可能となっています。
1作品につき3冊まで無料配信中の作品が多数取り揃われている為、気になる作品を1円も払わずにたっぷり読むことが出来ます。

「まんが王国」公式サイトはこちらから⏩

さらにまんが王国は漫画の先行配信に強い電子書籍ストアです。
「発売日よりも早く新刊を読みたい…」なんて方はまんが王国をチェックしましょう!
気になる新刊の通知設定をしておくことで誰よりも早く好きな漫画を読むことが出来ます!
群を抜いてお得な「まんが王国」は、会員数400万人突破とその実績は確かです。
「まんが王国」なら月額料金が一切かからないので安心して漫画を読めますよね!
是非この機会に「まんが王国」で好きな漫画を楽しみましょう♪

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

電子書籍をご利用の方は下記記事もチェック↓
マンガの最新刊・最新話を無料で読む方法とまとめ買いで数冊分を実質無料で読む方法 近年「漫画村」などの海賊版サイトの運営者が逮捕される等のニュースもありましたが、違法じゃない安全な方法でマンガを読みたいです...
漫画アプリをご利用の方は下記記事もオススメです!
【元書店の店長が厳選】無料で読めるおすすめ漫画アプリ7選!読み放題も「漫画アプリってたくさんありすぎてどれがいいか分からない...」 「とにかく無料で漫画を読めるアプリを知りたい!」 こんな悩みを抱えている人はいませんか? そこで今回は、元大手書店の店長で、月に100冊以上漫画を読む私が48個のアプリを実際に使って、本当におすすめできるアプリだけをジャンル別に紹介していきます!...

7話を読んだ感想まとめ

不穏な関係が続いていたゆうと尚紀が、ついに破局を迎えてしまいましたね……。

 

遅かれ早かれこうなるだろうとは思っていましたが、あまりにもあっさりと終わってしまった所が逆にリアルで引き込まれました。

 

深見との関係を問われたゆうが「ただの友達だよ」と即答できなかったのは、心のどこかで深見への想いを引きずっていたからでしょう。

 

実際、尚紀に手を触られた時はあからさまに拒絶したのに、ファミレスで深見に手を握られた時は全く嫌がりませんでした。

その反応を見れば、ゆうの気持ちがどちらに傾斜しているか一目瞭然です。

 

心の中で尚紀を選ぶと決意しても、簡単に割り切れないのが人間という生き物。

 

意識と無意識の狭間で揺れる女心は切ないものですね。

 

ゆうと尚紀の口論シーンを見ていて、「家事をしてくれなんて別に頼んでない」と言い訳していた尚紀の言動が非常に印象的でした。

 

それなら、何故自分からゆうを手伝おうとしなかったのでしょうか?

ゆうの優しさに甘えていた時点で、彼女に頼んでいたのと同じことではないですか。

 

こういうくだらない言い訳を繰り返す男は、無駄にプライドが高くて自分を卑下されることを極端に恐れます。

 

きっと、自分の弱さを認める心の余裕がないんでしょうね。

 

ゆうとの破局を切っ掛けに、尚紀がもっと大人になってくれることを願わずにいられません。

 

そして、長年付き合ってきた尚紀と別れたゆうが、めそめそせずに解放感を満喫していたのがとても前向きで良かったです。

 

「独り」という言葉にはネガティブなイメージが付きまといますが、この場合は「孤独」の独ではなく「独立」の独という意味合いがピッタリでしょう。

 

尚紀に合わせすぎて、知らず知らずのうちに自分を抑圧してきた生真面目なゆう。

 

二人の破局の原因は、必ずしも尚紀だけにあったとは思いません。

 

良好な人間関係を継続する上で、我慢は絶対にやってはいけないことです。

 

これからはもっと自然に生きられるよう、良い意味でいいかげんな性格になってほしいと思いました。

 

尚紀と別れたゆうは、このまま元カレの深見と新しい恋を始めるのでしょうか?

 

第8話の展開も要チェックですね!

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はまんが王国でお得に読むことができます!

まんが王国では毎日最大50%のポイント還元を行っているので、読めば読むほどお得に読めちゃいますよ♪

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

「鬼滅の刃」全23巻が最大半額!

https://tsukimicoffee.com/gimetsu-denshi/