少女/女性漫画

「花嫁未満エスケープ」ネタバレ5話!あらすじ感想。ただの友達

booklive独占配信の人気コミック「花嫁未満エスケープ」

「続きが気になる!」
「主人公はどうなる?」

こちらでは「花嫁未満エスケープ5話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>
\ 3,000作品以上が無料!? /

花嫁未満エスケープの前回のあらすじ

前回は、本人に貰った鍵を使って深見の自宅に入ったゆうが、室内を見回している時に卒業アルバムを見つけて感慨にふけります。

 

「素敵な大人になろうね」という10年前の自分のメッセージを見たゆうは、思い通りにいかない現在の日々に思わず苦笑してしまいました。

 

一方、ゆうが家から出て行った後の尚紀は仕事に邁進していて、打ち上げの飲み会でも大量のお酒を飲みながら異常な張り切りを見せていました。

 

酒が回り、喧嘩した彼女が家から出て行ってしまったことを同僚たちに愚痴りだした尚紀は、「俺の彼女は俺の面倒みるのが好きなんだよ!」と身勝手な主張を展開。

 

しかし、同僚の女性社員に自分の話を実家の母親のことだと勘違いされ、今までゆうのことを恋人として扱っていなかったと気づきます。

 

ゆうが傍にいてくれなければ、熱冷まし用の冷えシートの場所さえ分からない尚紀。

 

思い切ってゆうのスマホに電話した尚紀は、これまでの自分の愚かな振る舞いを謝ろうとします。

 

ところがその時、ゆうのいる深見の家に深見本人が帰宅。

スマホ越しに深見の声が尚紀に伝わってしまい、自分の彼女が知らない男と一緒にいるシチュエーションに尚紀は激しく混乱するのでした。

【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

花嫁未満エスケープ5話のあらすじネタバレ

ただの友達

ゆうは通話の切れたスマホの画面を見つめたまま、呆然と立ち尽くしていました。

 

尚紀と話をしている最中に急に深見が目の前に現れ、気が付いた時には反射的に受話器ボタンをタップしていたゆう。

 

何もやましいことはしていないのに、どうしてとっさに電話を切ってしまったのか自分にも理解できませんでした。

 

ゆうの様子がおかしいことに気づいた深見は、電話中に急に帰って来て邪魔してしまったことを謝ります。

 

「一応メッセージの返信は送ったんだけど」と言われたゆうは、慌てて履歴を確認。

尚紀との通話に夢中になって、深見からのメッセージに全く気付かなかったことを謝ります。

 

きっと深見くんの声は向こうにも聞こえたはず。

こんな形で誤解されるなんて……。

 

ゆうはスマホの画面を見つめたまま、眉をひそめて固まってしまいました。

 

ゆうの悲しそうな横顔、そして彼女のスマホの画面に表示されている「ナオキ」という人物名に気づいた深見は、言葉を交わさずともおおよその経緯を察しました。

 

深見は意図的に明るい声を出し、「ただ友達の家にいるだけなんだから大丈夫だよ 彼氏だって説明したら分かってくれる」と励まします。

 

「温かい飲み物でも用意するから、すぐメッセージを送りなよ」とアドバイスして台所に向かう深見。

 

その言葉を聞いたゆうは、「友達」という表現に不思議な安堵感を覚えていました。

 

深見くんはただの友達。

美沙さんや亜衣ちゃんの家にいるのと同じなんだから、何の問題も無いじゃん。

 

ゆうは小さく溜め息をつきながら、どんな状況になっても一番に尚紀のことを気にしてしまう時点で、やはり尚紀は自分にとってかけがえのない存在なのだと自覚しました。

 

彼への愛情なのか、長年連れ添ったことへの意地なのか、それはゆう自身にもよく分かりません。

 

しかし、お互い納得いくまでしっかり話し合って、尚紀と二人で前に進むことが正しい道なのだという確信はありました。

 

吹っ切れたゆうは「私も手伝う」と微笑みながら、深見と共に台所に向かいます。

 

笑顔を取り戻したゆうの姿は、深見の心にホッとする気持ちと悔しさの両方を同時に抱かせました。

 

自分は柏崎にとって、ただの友達……。

柏崎の特別な存在にはなれない……。

 

後ろを向いているゆうの肩にそっと手を伸ばす深見。

 

その手が彼女の体に触れそうになった瞬間、深見はとっさに手を引っ込め、目を逸らすことしか出来ませんでした。

 

これでいい……これでいいんだ……。

柏崎が喜んでくれるなら、これで良いじゃないか……。

 

深見は穏やかな笑みを浮かべ、ゆうと二人でチャイを飲みながら和やかな談笑を楽しみました。

<おすすめゲーム>

交差する運命

その翌朝。

ソファーで寝ていた尚紀は、二日酔いの頭痛に頭を抱えながら起床しました。

 

テーブルの上には、冷蔵庫から取り出した冷えシートが置かれています。

 

箱は開けられていますが、昨晩の電話のことが気になって結局使わないまま放置してしまったようでした。

 

ハッと我に返り、慌ててスマホをチェックすると、ゆうからメッセージが届いていました。

 

電話急に切っちゃってごめん。

私は友達の家に泊まってる。

明日休みだからゆっくり話そう。

 

やっぱりあれは俺の夢じゃなかったのか……。

 

尚紀はゆうの言う「友達の家」という言葉がやけに胸に引っ掛かっていました。

 

生真面目な性格のゆうに男友達がいるという話は聞いたことがありません。

 

自分の知らない所で自分の知らない男と二人で一緒に過ごしているゆうの姿を想像するだけで、尚紀の心臓の鼓動は急速に高まります。

 

強烈に湧き上がってくる胸のムカつきと吐き気。

これが二日酔いの症状なのか、ゆうの男友達に対する苛立ちのせいなのか、尚紀自身にも分かりませんでした。

 

何とか体調を整えて出社した尚紀。

 

自分の席に着くと大きく深呼吸し、「今日こそゆうちゃんが帰ってくるんだから」と気合を入れて朝礼に臨みました。

 

「来期施工の駅前エリア開発についてだが~……」

 

上司は一人の青年を皆の前に立たせると、「諸事情により昨日の懇親会は欠席だった、デザイン責任者の深見さんだ」と言って、タキ建設の有望若手デザイナーを紹介します。

 

「初めまして 深見はじめと申します」

 

深見の容姿を見た女性社員たちは、一様に「イケメンね~」と囁きながら顔を綻ばせました。

 

すると上司は尚紀を呼び出し、「こいつがうちの営業部のエースだ」と言って深見と尚紀を引き合わせます。

 

「よろしくお願いします!」

 

爽やかな笑顔を浮かべ、ガッチリと固い握手を交わす二人。

 

一人の女性を巡って恋の火花を散らす二人の男が、運命的な邂逅(かいこう)を果たした瞬間でもありました。




二人の価値観

ミーティングルームに入った尚紀と深見は、会議で素案を出す前に方向性だけでも決めておこうと二人だけの意見交換会を開きます。

 

せっかくタキ建設と組むなら、絶対にオシャレな居住空間をアピールしたいと主張する尚紀。

 

一方の深見は、スタイルだけでなく過ごしやすさも提案したいと応えます。

 

自分の家は二人暮らし用の物件で、広さはあるがありきたりなデザインに頭を悩ませている、と補足する尚紀。

 

その言葉を聞いた深見は、すでに尚紀が結婚しているのだと思い、既婚者と未婚者の両方の意見を合わせればコンセプトが偏らずに済むと喜びます。

 

尚紀は手を振りながら自分が独身であることを打ち明け、「4年も同棲していると結婚しなくても一緒ですよ」と苦笑しました。

 

アラサー男女のカップルならある程度お金も自由に使えるので、多少高くても良い物件に住みたいと思う方が多いだろう。

 

尚紀の意見を聞いた深見は少し考え、その年になると子供が生まれた後のことも考えて節約を心掛ける時期なので、2人用の居住空間をアピールするだけでは購買に結び付かないのではないかと応えます。

 

「お付き合いされている方との今後を考えた時、深見さんならどういう物件を望まれますか?」

 

深見が恥ずかしそうに「残念ながら今付き合っている人はいないんですよ」と打ち明けると、尚紀は目を大きく見開いて「こんなにオシャレでイケメンな方なのに!?」と驚きの声を上げました。

 

深見は心の中でゆうのことをイメージし、「もしもこれから先ずっと大切な人と一緒にいることを考えたら、2人用よりもっと広い部屋にするでしょうね」とつぶやきました。

 

その意見を聞いた尚紀は苦笑いを浮かべ、「俺はまだまだ2人だけで暮らしていたいですね」と応えます。

 

何気なく始めた二人だけの意見交換会は予想以上に盛り上がり、気が付いた時にはあっという間に時間が過ぎていました。

 

二人は席から立ち上がると、互いに会釈してミーティングルームを後にします。

 

好きな人とずっと一緒にいたいって素敵だな……。

 

好きな人とまだ2人でいたいって素敵だな……。

 

尚紀も深見も、自分とは価値観が異なる相手の意見に不思議な共感を覚えていました。

<スポンサーリンク>

ゆうの答え

Mellow’sのスタッフルームで休憩していたゆうは、スマホで尚紀にメッセージを送り、今夜会って話したいことがあると伝えます。

 

送信から間もなくして、「わかった 待ってる」という返信が送られてきました。

 

いよいよ実際に会って話す時が来たと考えただけで、急に緊張して委縮してしまうゆう。

 

後ろにいた美沙はゆうのスマホをうっかり覗き見してしまい、「もしかしてお子ちゃま彼氏の所に帰るの?」と驚きの声を上げました。

 

「仕事の関係で急遽帰宅してきた深見くんの声を尚くんが電話越しに聞いてしまい、これ以上誤解を生まないためにもちゃんと話そうと思ったんです」

 

ゆうの思いを聞いた美沙は、「元カレとはキスくらいしたの?」と茶化しながらも、深見と会って何か心境に変化があったのかと尋ねます。

 

美沙には「自分の気持ちにもっと素直に生きたらいい」と言ってもらったものの、やはり心のどこかで元カレの深見に頼ることに後ろめたさを感じていたと答えるゆう。

 

きっと、今カレの尚紀との関係が良くなるように全力で応援してくれた深見の優しさが、独りぼっちになっていた自分にとって心強かっただけなのだと分かった。

 

だからこそ、自分を支えてくれた皆のためにも、今夜しっかり現実と向き合って決着をつける。

 

ゆうは深見から貰った鍵を取り出し、「もうこの鍵も深見くんに返すつもりです」と胸の内を明かしました。

 

「本当にほんっとうに、それで良いのね?」

 

ゆうはゆっくりとうなずき、自分の覚悟を美沙に示します。

 

これが十分悩んで出した自分なりの答え。

あとは、尚くん次第……。

 

ゆうはスマホで深見にメッセージを送り、今夜ご飯をおごる際に鍵を返すと伝えました。

 

「……ずっと持ってればいいのに……」

 

深見はゆうにメッセージの返信を送りながら、残念そうに小さく溜め息をつきました。

目撃

午後11時前。

部屋の片づけを完璧に済ませた尚紀は、貧乏ゆすりをしながらゆうが戻って来るのをひたすら待ち続けていました。

 

ゆうが勤めているMellow’sの閉店までまだ時間があることにヤキモキしてきた尚紀は、いっそのことこっちからゆうを迎えに行こうと思い立ちます。

 

付き合い始めたばかりの頃はよく迎えに来ていたのに、最近ではすっかり来なくなってしまったMellow’sの店舗。

 

遠くからMellow’sの外観を感慨深げに眺めていた尚紀は、店の電気が消灯したことに気づいて胸を高鳴らせました。

 

予想通り、ほどなくしてお店のドアが開き、中から満面の笑顔のゆうが出てきます。

 

スタッフと挨拶を交わして帰路につくゆう。

 

ちょうどいいタイミングで横断歩道の信号が青になり、尚紀は手を振りながらゆうの名前を呼ぼうとしました。

 

すると、ゆうはポケットからスマホを取り出し、誰かと待ち合わせの電話をし始めました。

 

家に帰ってくるんじゃないの……?

こんな時間から誰と待ち合わせしてるんだろう……?

 

不思議に思った尚紀はスマホでメッセージを送り、「仕事終わった?夕飯はどうする?」と聞いてみます。

 

友達とご飯を食べてから帰る。

先に寝てて大丈夫だよ。

ごめんね。

 

またしてもゆうからのメッセージに出てきた「友達」という言葉。

 

ひょっとして、この前の男友達と待ち合わせする気なんじゃ……。

 

気になった尚紀は電信柱の影にコソコソと隠れながら、ゆうの後を尾行し続けました。

 

Mellow’sの前まで来た時、「迎えに来たよ」ってすぐに声をかければ良かったのに、どうしてこんなことしてるんだろう……。

 

尚紀はコソコソと彼女の後を追いかけ回している自分の姿を想像して、情けない気持ちになってきます。

 

駅近くの商店街に着くと、ゆうは一人の男性と落ち合って二人でどこかに向かい始めました。

 

遠くからでは暗くて顔は見えないものの、おそらく昨日の電話の相手と同一人物。

 

尚紀は悔しさに唇を噛み締めながら、二人の行動をジッと観察し続けました。

 

その時、近くの車道を車が通り、強烈なヘッドライトが二人の姿を照らし出します。

 

まぶしさに思わず目を細めた尚紀の瞳に、今日会社で会ったタキ建設の若手デザイナーの顔が映ります。

 

あいつ……今朝の……。

 

呆然と立ち尽くす尚紀の遠方で、ゆうと深見は腕を組みながら楽しそうに商店街を歩き続けていました。

<前話 全話一覧 次話>

花嫁未満エスケープを無料で読めるか調査した結果

「花嫁未満エスケープ」はbooklive独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです。
「花嫁未満エスケープ」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品を無料で読みたいなら「まんが王国」がおすすめです。
引用:https://comic.k-manga.jp/
「まんが王国」は毎日最大50%ポイント還元+なんと無料で読める漫画を3,000作品以上も取り揃えています!
6冊無料
3/18まで
5冊無料
3/18まで
3冊無料
3/21まで
3冊無料
3/21まで
9冊無料
3/22まで
5冊無料&割引
3/22まで
5冊無料
3/25まで
3冊無料
3/25まで
5冊無料
3/26まで
4冊無料
3/26まで
2冊無料
3/27まで
3冊無料
3/28まで
1冊無料&割引
3/28まで
2冊無料
3/29まで
2冊無料
3/29まで
非会員でも公式サイト右上あたりにある¥0 無料から、今すぐに漫画の閲覧が可能となっています。
1作品につき3冊まで無料配信中の作品が多数取り揃われている為、気になる作品を1円も払わずにたっぷり読むことが出来ます。

「まんが王国」公式サイトはこちらから⏩

さらにまんが王国は漫画の先行配信に強い電子書籍ストアです。
「発売日よりも早く新刊を読みたい…」なんて方はまんが王国をチェックしましょう!
気になる新刊の通知設定をしておくことで誰よりも早く好きな漫画を読むことが出来ます!
群を抜いてお得な「まんが王国」は、会員数400万人突破とその実績は確かです。
「まんが王国」なら月額料金が一切かからないので安心して漫画を読めますよね!
是非この機会に「まんが王国」で好きな漫画を楽しみましょう♪

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

電子書籍をご利用の方は下記記事もチェック↓
マンガの最新刊・最新話を無料で読む方法とまとめ買いで数冊分を実質無料で読む方法 近年「漫画村」などの海賊版サイトの運営者が逮捕される等のニュースもありましたが、違法じゃない安全な方法でマンガを読みたいです...
漫画アプリをご利用の方は下記記事もオススメです!
【元書店の店長が厳選】無料で読めるおすすめ漫画アプリ7選!読み放題も「漫画アプリってたくさんありすぎてどれがいいか分からない...」 「とにかく無料で漫画を読めるアプリを知りたい!」 こんな悩みを抱えている人はいませんか? そこで今回は、元大手書店の店長で、月に100冊以上漫画を読む私が48個のアプリを実際に使って、本当におすすめできるアプリだけをジャンル別に紹介していきます!...

5話を読んだ感想まとめ

元カレの深見との会話を電話越しに今カレの尚紀に聞かれ、ゆうがとっさに電話を切ってしまうという衝撃の終わり方をした前回。

 

ゆう本人も述懐していましたが、いきなり電話を切るのはまずいでしょう。

こんなことをしたら、「私、浮気してます」と認めるようなものです。

 

本当に尚紀のことを想っているならその場ですぐに電話を掛け直せばいいのに、深見がいる手前それも出来ないのがゆうの葛藤を何よりも物語っています。

 

そんなゆうに対し、「自分はただの友達なんだから心配することないよ」と言ってあげられる深見の優しさは素敵です。

 

大切な人を幸せにするために自ら身を引ける深見くんは、世の女性にとって理想の男子ですね。

 

余談ですが、眼鏡をかけた深見くんの容姿は、声優の櫻井孝宏さんみたいで個人的にどストライクです。

 

一方、ゆうに男友達がいることを知ってショックを受ける尚紀の姿を見て、初めて尚紀に少しだけ同情の気持ちが湧きました。

 

今までゆうのことを家政婦同然に扱っていたのは、尚紀の屈折した愛情が原因。

決して憎くていじめていたわけではないので、ゆうが他の男と浮気していたら、尚紀は裏切られたという被害者意識を抱くことでしょう。

 

ゆうに自分の気持ちをストレートに表現できない尚紀は、お気楽な性格に似合わずとても恋愛に不器用な青年だと思いました。

 

よりにもよって、ゆうの男友達が自分の仕事の関係者であることを知ってしまった尚紀。

 

絶望的な状況の中、はたして尚紀はゆうとしっかり向き合って話が出来るのでしょうか?

 

そして、三角関係の相手である深見と仕事の打ち合わせを円滑に続けられるのでしょうか?

 

恋のバトルが激化してきた第6話も、ドキドキの展開が続きそうですね!

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はまんが王国でお得に読むことができます!

まんが王国では毎日最大50%のポイント還元を行っているので、読めば読むほどお得に読めちゃいますよ♪

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

「鬼滅の刃」全23巻が最大半額!

https://tsukimicoffee.com/gimetsu-denshi/