ハクバノ王子サマ

ハクバノ王子サマ31話のネタバレ!感想!原先生を抱きしめた小津

酔っぱらった小津を送ってくれた原先生との進展!?

2人の関係、ついに進展しちゃうの遠距離恋愛中の彼女の存在は大丈夫

 

2013年にはドラマ化もされた「ハクバノ王子サマ」の32話を読んだので、さっそく展開見どころをご紹介します♪

 

<<前話 一覧 次話>>

 

こちらの漫画を無料で読む方法を発見!詳しくご案内中です!

 

ハクバノ王子サマの見どころ

高校教師 女子高 同僚 官女 婚約者 独身30代月の残業150時間!

ハードワークの毎日に疲れた小津は転職を考えます。

 

何か資格でも持っていたら良かったのにな・・そんな事を彼女に話していた時、自分が教員免許を持っていた事に気が付きます!

 

スポンサーリンク

 

 

沢山受けた学校のなか合格したのは、ある女子高一校のみ。

でもこの学校、実は親の離婚で別々の姓になった妹が通っている学校なんです。

 

しかも運がいいのか悪いのか、妹のクラスの副担任となった小津。

妹は、兄の婚約者で海外に留学中のカオリの味方で、浮気をしないように監視もしてきます。

 

けれど、学校には独身の女教師も沢山いるし、女子高生も若い新任の男性教師が来たという事で小津に興味深々。

中でも同じクラスを受け持つ担任の原先生は、小津に好意を持っていくようになります。

 

高校教師 女子高 同僚 官女 婚約者 独身30代原先生は小津よりも年上の30代の英語教師で美人!

小津は綺麗な先生なだとは思っていたものの、カオリも妹もいるし、特別な感情は持っていません。

 

けれど、ひょんなことから原先生と社会科の教師をしているベテラン教師の黒沢先生が過去に不倫関係にあった事に気が付きます。

その頃から、なんとなく今までの原先生への気持ちから変化をしていった?小津の気持ち。

 

 

はっきりと好意を持っているとまではいかないものの、黒沢先生との事を知ってから原先生を見る目が変わったのは明らかでした。

 

 

そんな時に黒沢先生・原先生を含む4人で食事に行く事となった小津。

タクシーに乗り込んだ4人ですが、順番に降りていくと最後は原先生と黒沢先生が残る事に・・。

 

なんだか、それはマズイのではないかと察した小津は、仕事の事で相談があると言って原先生と一緒にタクシーを降りで、黒沢先生1人が残ったタクシーを見送ったのでした。

 

 

ハクバノ王子サマ31話のあらすじネタバレ

黒沢先生を含む4人で食事をした原先生と小津。

 

タクシーに原先生と黒沢先生を残すのに気が引けた小津は、原先生にホームルームの件で相談事があると言ってタクシーを一緒に降りたのです。

小津は、黒沢先生と原先生が2人きりになるのは、あんまりいい状況ではないのかもしれないと思ったんですが・・

 

明け方のタクシー

高校教師 女子高 同僚 官女 婚約者 独身30代遅い時間でタクシーが通らなくなってしまった事などもあってファミレスで一緒にお酒を飲むこととなった小津と原先生。

結局、小津は酔いつぶれてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

 

明け方一緒にタクシーに乗り込んだものの、小津の自宅を知らない原先生は運転免許証で住所を確認してなんとかでアパートの部屋まで連れて行きます。

 

部屋前まで来て小津を見守る原先生。

そんな原先生の姿を見て小津は「そんな顔をしてほっておけるワケがないじゃないですか・・」と言って玄関前に座り込んでしまいます。

 

だいぶ酔ってる感じ・・大丈夫なのかな?

 

ほおっておけない男

高校教師 女子高 同僚 官女 婚約者 独身30代玄関ドアにもたれかかって寝息を立て始める小津・・。

原先生は小津を揺さぶるけれど、反応なし。

 

 

そこに待ってもらっていたタクシーの運転手さんが現れます。

 

あんまり長く待たせているとね・・・

 

 

 

運転手さんも小津の姿を見て、すぐには目を覚ましそうもないと感じた様子。

原先生は風邪ひかないだろうか?小津をこのままほっておいて良いものか?と考えていました。

 

運転手と一緒にタクシーまで戻ってきたものの、やっぱり小津が心配な原先生は、タクシーの運賃を支払いって小津の元に引き返したのです。

 

相手が酔いつぶれてしまうと、どうしたらいいのか困るよね~
でもさ、この先に何かが起こったりするんじゃないの??
しかも、原先生は小津の事に気にしているしね♪

 

遂に玄関で押し倒されてしまった原先生!

高校教師 女子高 同僚 官女 婚約者 独身30代小津の元に戻った原先生は、寝入っている小津に呼びかけて起こそうとします。

 

声をかけながら原先生は、さっき小津が言っていた言葉を思い返していました。

 

「そんな顔されてほっとけるワケないじゃないですか・・・」

って、そんな顔ってどんな顔なのよ!?

 

言った本人は完全に酔っ払いだしね!

 

 

肩を貸して小津を玄関の中に移動させる原先生は、小津のお酒臭さと男の人の体の大きさを実感していました。

重いな・・・

 

スポンサーリンク

 

 

そう思った時!!!

原先生は背後に立った小津に抱きしめられてしまいます!!!

 

ついにこんな時が来たの!?

 

押し倒される原先生!!

小津は原先生の匂いを嗅いでイイ匂いだ~と声を出します。

 

完全にヤバイ!このまま進んじゃうの??
酔っ払らってって、大丈夫??

 

ダメです 小津先生っ!!!

原先生は小津の身体を押しやって回避します。

 

「痛いじゃん カオリ~」

酔った小津は、原先生を遠距離中の彼女オカリと間違えたのです!!!

 

 

カオリ カオリ カオリ・・・

原先生はスクっと立ち上がると服を直してスタスタとアパートを出て行きます。

 

原先生の頭の中は小津でいっぱい

高校教師 女子高 同僚 官女 婚約者 独身30代朝早くの空いた電車に乗って帰宅する原先生は、わかっていた事じゃない・・とさっきの小津の事で頭がいっぱいになっていました。

 

小津先生には、近くで繋がっている人がちゃんといる・・。

 

 

一方、その頃玄関で寝ころんでいる酔っ払いの小津は自分のバックに抱き着きながらイイ匂いをさせていたカオリの姿を探していたのでした。

 

 

ここまでが32話のお話になります!

 

<<前話 一覧 次話>>

 

こちらの漫画を無料で読む方法を発見!詳しくご案内中です!

 

 

31話を読んだ感想

高校教師 女子高 同僚 官女 婚約者 独身30代今回、ハッキリ言って小津と原先生は同僚の枠を超えて進展してしまうと思っていました!!

が、天然の小津はここで「カオリ」の名前を口にします。

 

 

32話のストーリーが終わる時点では、カオリと間違って原先生を押し倒したことには気が付いていません!!

でも、酔ってはいたものの意識ははっきりしていた原先生は、すんごいこの事を気にしています!!!

 

小津は、酔いがさめた時に原先生を押し倒したことを覚えているんでしょうか?

思い出した場合は・・かなり気まずい!

 

でも、小津が思い出そうが忘れていようが原先生は覚えています!!

どっちにしても気まずい!!

 

スポンサーリンク

 

 

後は黒沢先生と原先生が以前関係を持っていたと言う話も暴露してしまっているので、話をした後にお酒を飲み始めたので、その場はいいけどその後は、やっぱりこっちの件も気まずい!

小津、あっちもこっちも気まずくなっている現状をどうするんでしょうか?

この先のストーリー見ものですね♪

 

 

 

高校教師 女子高 同僚 官女 婚約者 独身30代

こういう話って現実に巻き込まれるのは勘弁ですが、漫画なら面白い。

小津はいい感じに天然なので、思ってもいない方向に話が進展しそうな気もします。

 

そして原先生は、もう完全に小津を意識していますね♪

 

小津が学校にやって来たばかりの時とは、もう小津の事を考えている時間の割合が全然違ってきている感じがします。

離れている留学中の彼女・カオリの存在をだいぶ気にしている!

 

そして、自分の現状に寂しさを覚えている。

 

小津の情報で自分にとって知りたくないことがあると目を背けようとしている・・って完全に小津を異性として意識していますね。

 

 

教師同士学校内ってかなりやりにくそうだけど、社内恋愛と同じで、一日のなかの大半を同じ空間で過ごすと恋愛には発展しやすいものなのかもしれないですね。

この先だって顔を合わすし、いい感じになれば楽しいかもしれないけど、気まずくなると地獄ですね・・。

 

さて、2人の関係はどうなるんでしょうか?

 

<<前話 一覧 次話>>

 

こちらの漫画を無料で読む方法を発見!詳しくご案内中です!

 

 

ハクバノ王子サマ31話のネタバレ!まとめ

ここでは「ハクバノ王子サマ 32話」の展開・見どころをご紹介しました。

 

32話のストーリーをざっとまとめてみます♪

ハクバノ王子サマ 32話のまとめ
  • 酔った小津を自宅まで送っていく原先生
  • 送った後に再びタクシーに乗ろうとするも心配で小津の元に戻る原先生
  • 原先生を押し倒す小津!
  • 小津は押し倒した原先生をカオリと勘違い!

何か進展してしまうかと思った2人の関係・・とどまりましたね。

でも関係は確実にただの同僚って枠を超え始めています!

スポンサーリンク

error: Content is protected !!