少年/青年漫画

ハジメテノサツジン9巻あらすじ・ネタバレさっそく作戦会議

まんが王国で読むことができる「ハジメテノサツジン」の9巻のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

ハジメテノサツジン9巻あらすじ・ネタバレ

前回は、公園山で遺体が発見されました。

死因は絞殺で、20代から30代の女性です。

遺体が吉川だと断定され、捜査会議が開かれました。

学園では昼休みの後、校内放送が流れて5限目は全クラス自習となります。

教師達は緊急会議を開き、校長が吉川の遺体が見つかったことを報告しました。

最後はクラスで、石井が吉川の死を報告して終了となります。


言葉の真偽

クラスは騒然となり、石井が静かにと注意しても静まりません。

騒ぎが収まらないなか、石井が突然「犯人を知っている」と告げました。

しかし犯人が誰か生徒に質問されても、答えません。

「殺人犯はすぐに裁かれる」とだけ伝えます。

音羽は、石井は何も知らないと判断するのでした。

幻聴

澤木も自分のクラスで、生徒達に報告を行います。

すると聞こえてくる「疑われちゃうね」という声。

沢木は慌てて「誰が言ったのだ」と叫びますが、生徒は何も言っていません。

声は以前、音羽に言われた言葉が頭に浮かんだだけだったのです。




形式

今後の打ち合わせをしている校長の元へ、堤と野崎がやってきました。

堤は、被害者は事件に巻き込まれた可能性が高いと説明します。

今後は、事件に関わった人を捜査するのに協力を依頼しました。

校長の同意を得た後、澤木との会話を希望する堤。

澤木の後は、吉川が担当するクラスの生徒からも話を聞きたいと言います。

堤の言葉に、生徒が事件に関わっているのか心配になる校長。

堤は笑顔で、形式的に話を聞くだけだと伝えました。

対策

放課後、慌てる繭に音羽は「普通にして」と言い、悠は「この状況だとみんな普通じゃない」と口をはさみます。

警察が来ていると知った音羽は、自分の家でシミュレーションしようと提案。

学校に来ている刑事のことは知っていると話します。

ニュース

場面は切り替わって、とあるスーパー。

そこは繭の母親が務めている場所でした。

仕事が終わり控室に戻ると、テレビではニュースが流れています。

繭の担任が亡くなったと聞いて衝撃を受ける母親。

先に休憩していた職員が、「知っている人?」と質問します。

娘の担任だと説明しつつ、繭達の心配をするのでした。

演技

澤木が疑われているとウワサする生徒達をみて微笑む音羽。

繭は警察が来たことで、隠し通すことができるのか不安です。

校門前はマスコミで騒ぎになっており、音羽は繭に「何も喋らなくていい」と指示します。

校門を出たところで、音羽がリポーターに声をかけられました。

音羽は「ショックを受けている」と言い、涙ながらに「なんでも相談できる身近な先生だった」と答えます。

離れて音羽をみていた繭は、なぜ音羽が自然に嘘をつけるのか理解ができませんでした。

学校からしばらく歩いたところで、音羽は笑い出します。

急に笑い出した音羽に、どうしたか聞く繭。

さっきのインタビューをみて、世間の人間はそれを信じるだろうと言います。

皆馬鹿だと罵って、真実は誰にもわからないと話す音羽。

事情聴取

学園では事情聴取が行われ、澤木は不倫を認め、殺人は否定します。

殺すつもりはなくても、死なせてしまう可能性はあると堤が指摘しますが、それも強く否定しました。

野崎が失踪当日の休み時間について、質問します。

中村という教師と一緒に、生徒の面談をしていたことは真実かと聞きました。

澤木は、受け持っているクラスの生徒だと説明して、野崎の言葉を工程します。

放課後についても質問され、まっすぐ帰ったと説明する澤木。

アリバイの後で堤は、吉川と生徒でトラブルはなかったか質問します。

日頃から生徒と揉める姿をみていた澤木は、上手くいっていなかったと思うと答えました。

そして、生徒をあまり好きでない印象もあったと話します。

怪しい行動

一通り話を聞き終わり、礼を言う堤。

澤木は「帰っていいのか」と逆に驚き、野崎もいいのかと尋ねます。

堤は、捜査に協力的だったからといって笑顔です。

澤木の聴取が行われている部屋の前では、石井が聞き耳をたてていました。

そこに校長が来て、石井に何をしているのか質問します。

慌てた石井は、生徒達が集まらないように見張っていたのだと説明しました。

ちょうどそのタイミングで部屋から出てくる堤。

石井に挨拶すると、石井は挨拶を返してそそくさと去っていきます。

堤は校長に、澤木には引き続き捜査に協力してもらうと話しつつ、次は生徒と話したいと依頼しました。

作戦会議

音羽の家に到着した後、さっそく作戦会議です。

何をするのだと質問する悠に音羽は、刑事の中に1人だけ馬鹿ではない人物がいると話します。

その人物は堤と言い、おそらく生徒を調べると予想しました。

繭なら一瞬で、秘密を見破られると説明します。

作戦会議とは口裏合わせで、2つありました。

事件の昼休み、南棟の廊下で話していたことにする。

夜は、それぞれ自分の家にいたことにする。

特別

口裏合わせをした後、音羽は突然「犯人は澤木にしよう」と言い出します。

突然の言葉に、「無理だ」と繭は否定しました。

否定された音羽は繭を責め、「隠せ」と言ったことを警察に言ってもいいのかと、問います。

すると悠が「言おう」と口をはさみました。

本当のことを話して終わりにするということが、悠の提案です。

発覚を一番恐れているのは、音羽ではないかと尋ねる悠。

森家のお嬢様という立場では、不祥事は大問題となるからと考えますが、音羽の答えは全く違うものでした。

全てを暴露したとしても、自分だけは助かると言う音羽。

理由は、森家の人間だからというものでした。

音羽の言葉を聞いた悠は「頭が大丈夫か?」と問います。

理解できないと話す悠に、音羽は「貧乏人にはわからない話だ」と返しました。

死因

母親からの電話で、どこにいるか尋ねられ、音羽の家だと説明する繭。

大丈夫かと聞かれ、ちゃんと帰れるから大丈夫だと答えます。

しかし母親はそうじゃないと言い、吉川先生のことが大丈夫なのかと言い直しました。

なんで知っているのか驚く繭に、テレビでやっていると説明する母親。

繭は音羽達に伝わるように、今テレビでやっていると声にだしました。

テレビをつけると、事件がニュースで取り上げられています。

繭達が看過できない情報が1つ流れていました。

吉川の死因は、首を絞められたことによる窒息死だと報道されます。

犯人は誰

絞殺と聞いて理解できない繭は、「頭を机にぶつけて死んだよね?」と音羽に確認しました。

音羽は少し固まった後、繭と悠に「何をした」と問います。

ロッカーに先生を隠していたことを知るのは、繭達のみです。

音羽は繭か悠が犯人だと決めつけて、いつ首を絞めたのか聞きます。

音羽とずっと一緒にいたのに、何かできるわけがないと答える繭。

音羽は近くにあった鋏を握り締めると、刃を突き付けて問いかけます。

命をかけて秘密を守ると言っただろと・・・。

音羽の行動に慌てた繭は、必死に自分達の潔白を説明します。

すると悠が、犯人は音羽ではないかと言いました。

音羽は一瞬黙った後、悠こそ犯人だと言います。

第三者

埋める為に呼び出した際、悠の格好は埋める気満々だったと話す音羽。

音羽は繭に鋏を突き付けたまま話していたので、悠は鋏を下ろせと音羽に言います。

そして鋏なら、音羽自身に向けて話してみろと続けました。

音羽は繭の額に鋏の先をつけたまま、悠がなぜ自分に近寄ってきたのか質問します。

友達はありえないから、金や力と予想しました。

一向に繭に向けた鋏を下ろす気配のない音羽に対して、悠は鋏の刃を握り締め、無理やり刃先を音羽に向けます。

繭に何かしたら本当に許さない。

悠は音羽を睨みつけてそう言いました。

膠着状態となる音羽と悠をなんとかしようと、繭は必死に仲裁に入ります。

怪我するからやめてと言い、犯人は第三者という可能性もあると言いました。

音羽は繭の言葉に「仮に第三者が関わっている場合、そいつの口がきけないようにする必要がある」と言います。

帰り道

話しが落ち着いた頃、母親から繭に再度、電話がありました。

音羽の家まで迎えに行くと母親に言われた繭は、母親が来るから今日は帰ると言います。

結局この日はお開きとなり、帰り際の玄関で音羽は2人を見送りました。

明日は、尋問の練習しようと言って笑う音羽。

家を出て、繭は悠にお礼を伝えつつ、犯人は音羽かなと聞きました。

悠は、犯人が音羽だとは言いません。

どちらにせよ、繭が悪くならないようにするからと答える悠に、人を埋めた自分は悪いと言って、罪を認める繭。

音羽が今後、何かやらかそうになった時は、2人で止めようと話すのでした。

繭の母親が到着して、悠も一緒に帰ることになります。

車内では、母親が吉川の死を悼みました。

母親の言葉が胸にささり涙する繭は、心の中でやめてと繰り返します。

繭が苦しんでいると、悠がそっと繭の手を握ったところで終了となります。

【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

ハジメテノサツジンを無料で読めるか調査した結果

U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


ハジメテノサツジン9巻を読んだ感想

予想外の展開となりました。

死因は突き飛ばしたときの打撲と信じていましたが・・・絞殺です。

誰かが弱ったところに止めをさしていました。

容疑者として一番疑わしいのは音羽に間違いありませんが、知らなかったような反応をみせます。

これまでの音羽の行動や態度から、信じていいものかの判断がつかない・・・。

澤木は哀れなピエロで、犯人ではないような気がしております。

これが犯人だったら、衝撃ですね。

ダークホースとしては、少しずつやばそうな部分が見え始めている石井かもしれません。

被害者単体の隠し撮り写真や、澤木との不倫現場を押さえた写真を持っていました。

被害者のストーカーという可能性があるので、歪んだ愛で犯行に及んだかもしれません。

一番恐いのは、繭が犯人だった場合ですね。

今のところ完全に巻き込まれただけの繭ですが、仮に犯行に及んでいた場合を思うと・・・恐いけどみてみたい展開かもしれません。

堤は着実に生徒を疑う方へと進んでいるように思います。

次回は生徒に対して話を聞く可能性もあり、そうなると繭や悠も堤と話すかも・・・。

悠はともかく、繭は動揺しそうですね。

波乱の展開にどきどきと、真犯人は誰かという予想をしながら、次の話を待ちましょう。


ハジメテノサツジン9巻まとめ

こちらでは9巻の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

ハジメテノサツジン9巻まとめ
  • 生徒たちに石井は「殺人犯はすぐに裁かれる」とだけ伝えます。澤木も自分のクラスで、生徒達に報告を行います。
  • 校長の元へ、堤と野崎がやってきて校長に事件の協力を依頼し、堤は澤木との会話と吉川が担当するクラスの生徒からも話を聞きたいと言います。
  • 警察が来ていると知った音羽は、自分の家でシミュレーションしようと提案します。
  • 音羽がリポーターに「ショックを受けている」「なんでも相談できる身近な先生だった」と答えます。
  • 澤木は不倫を認め、殺人は否定します。アリバイを話し、吉川は日頃から生徒と揉める姿をみていて上手くいっていなかったと思うと答えました。
  • 家では作戦会議が開かれ、堤はおそらく生徒を調べると音羽は予想しました。
  • 口裏合わせをした後、音羽は突然「犯人は澤木にしよう」と言い出しますが、繭は「無理だ」と否定しました。
  • 絞殺と聞いて繭は、「頭を机にぶつけて死んだよね?」と音羽に確認しました。悠が、犯人は音羽ではないかと言いますが、音羽は悠こそ犯人だと言います。
  • 繭は必死に仲裁に入り、犯人は第三者という可能性もあると言いました。
  • 母親から繭に再度、電話があり迎えにきました。車内では、母親が吉川の死を悼みました。

<前話 全話一覧 次話>