ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜

ギルティネタバレ24話!感想とあらすじ!明かされる瑠衣の過去とは?

「別れ」を決めたさやかとカズ。

そして、さやかの帰りを待っていた秋山が語る事とは?

 

秋山は、さやかに何を話に来たのだろうか?
瑠衣のその後の動きは?
さやかは、どうなってしまうの?

 

ギルティの続きが気になっている方にオススメ!

こちらでは「ギルティ24話」のあらすじ・ネタバレをご紹介したいと思います。

 

 

24話の見どころ

不倫 復讐 兄弟 夫婦 元恋人 嫉妬さやかとカズ、そして寺嶋は墓地に居ました。

カズの元妻であり、寺嶋の姉が眠るお墓の前で、さやかとカズは今まで知らないで来た話を聞くこととなったのです。

 

カズと元妻の弥生は、お見合い結婚であったけれど、昔からカズを知っていた弥生が父親に頼んでもうけてもらった見合いの席であった事。

そして、カズが浮気をして出て行った後も息子の駿を一人で育てていたが、ある時期から様子がおかしくなってしまった弥生。

 

その末に自殺をし一人残された駿は施設に行く時に「生まれてこなければよかった」と寺嶋に言ったこと・・。

 

さやかとカズは、当たり前のようにあった幸せが、こんな犠牲の上にあったものだと知ったのです。

 

 

スポンサーリンク

 

寺嶋は、カズに姉と駿の人生を返せとナイフを振り回します。

 

今まで知らないで来たことを知った、さやかとカズ。

カズは、自分の両親が嫌いと言う感情を持っていたことを、弥生と駿を愛さない理由にしてはならなかった事を悔やみます。

 

逃げることなく向き合うことを決めたさやかとカズ。

 

まだまだ知らない事が待ち受けています・・。

 

 

ギルティ24話のあらすじネタバレ

カズの前妻である弥生のお墓の前・・。

 

寺嶋が去った後、さやかとカズは抱きしめ合い「別れる」ことを決めたのでした。

さやかが1人タクシーで帰宅すると、家の前に秋山の姿があります。

 

ギルティネタバレ23話!あらすじと感想!ついに別れを決意する二人!ついに寺島とカズ、さやかの3人が対面! 弥生の行く末を知ったさやかの反応とは? 今回はギルティ〜泣かぬ蛍が身を焦がす〜23話のあらすじをネタバレでご案内しちゃいます!...

 

不倫 復讐 兄弟 夫婦 元恋人 嫉妬さやかの家に上がった秋山は、さやかの切れた頬の手当てをしながら話をはじめました。

 

「原因は瑠衣だね・・」

 

そう言いながら、さやかに一方的なメッセージを送ったことを謝ります。

そして瑠衣がこんなことをしたのは、自分の責任もあるのだと続けます。

 

 

秋山は、瑠衣は妹と言っても本当の妹ではないと言います。

 

それを聞いたさやかは、瑠衣は昔から秋山の事が好きだったのではないかと予想します。

そう言われた秋山は「うん」と答えます。

血が繋がっていない兄弟だったんですね。

 

父親が亡くなった後に、秋山と瑠衣は2人で過ごしていたと言います。

 

けれど、瑠衣は秋山を男として見ていたのです。

自分はそれに答える事が出来なかったのだと・・。

 

 

瑠衣は秋山に依存しきっていて、このままじゃダメになると感じたと言います。

その時に調度、イタリア行きの話が出て、距離を置くことになったのだと。

 

そして数年ぶりに再会した瑠衣は、別人の様になっていたのでした。

 

昔の話

不倫 復讐 兄弟 夫婦 元恋人 嫉妬瑠衣に聞いても認め無かったけれど、さやかの旦那にわざと近づいたのだと思っている秋山。

きっとさやかは、ひどい目にあわされただろうと謝ります。

 

 

さやかは、あまり話はしたくないと言いながら、自分にも隙があったのだと言います。

それを聞いた秋山は、さやかは何も悪くないと返します。

さやかは、自分の隙があったって言いますが・・それ以上に瑠衣は恐ろしいですよね。

もう、謝らなくていいから瑠衣のことを教えて欲しいと言うさやかに、秋山は子供の時の瑠衣の話をはじめます。

 

支えとなる存在だった

不倫 復讐 兄弟 夫婦 元恋人 嫉妬秋山の父親の店が出来た頃に、父親の再婚相手の連れ子として家にやってきた瑠衣。

 

父親と再婚した継母は、優しくて美しい人でしたが、来たばかりの頃の瑠衣は記念写真にも写りたがらないようなタイプでした。

 

秋山は瑠衣の腕にある傷跡を不思議に思って、自分の父親に聞いてみたことがあったと言います。

 

その時に、継母の元旦那が瑠衣たちに手を上げていたことを知ったのです。

元旦那は酒乱で包丁を振り回したり、怪我をさせられて縫ったりしたこともあったのだそう。

 

そのせいか、瑠衣は越してきてからも、一回もしゃべらずに学校にも行きたがらなかった様です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

さやかはハッとなって「瑠衣の母親は今、どうしているの?」と継母の事を気にします。

秋山が高校の時に父親とも離婚した・・。

 

それを聞き、さやかは高校時代に自分の話ばかりをして、秋山の事を何も知らなかった事にショックを受けます。

 

けれど秋山は高校時代の事を思い出しながら、自分はさやかの話を聞いていて安心していたのでした。

さやかが自分の家の事を知らないで、隣で笑っていて居てくれたことに心地よさを感じていたと・・。

 

さやかの存在が支えだったのです。

自然な笑顔に安心していたんですね。

 

けれど瑠衣は、それを受け入れられなかったのだろうと。

子供の時に一度秋山に懐いた瑠衣だけれど、高校の時にさやかと付き合い出した辺りから再び秋山と口を利かなくなったのだと言います。

 

何をしても許されるのか?

不倫 復讐 兄弟 夫婦 元恋人 嫉妬瑠衣が一番秋山を必要に感じていた時に、私が独り占めしてしまったから?

それを何十年も根に持って私に近づいてきた!?

 

さやかは秋山の話を聞きながらそう推測しますが、自分はどうしたら良かったのだろうかと途方に暮れてしまいます。

 

秋山は、ついの本心を見誤って置いていった自分の責任だと悔やみます。

 

 

 

突然、さやかは寺嶋との墓地での一件で切られてしまった髪先を押さえて、ハサミで切り出します。

 

「なにしてんだよ!?」

 

驚いた秋山がさやかを止めようとしますが、「かわいそうだなんて思いたくない」と言いながら手を止めようとしません。

 

自分の母親の事、旦那との夫婦生活の事、さやかは色々な事を思い出しながら泣きながら続けます。

 

かわいそうな子は、人の旦那と寝ても許されるの?

自分を慰めるためなら、何をしても許されるの?・・と。

 

 

スポンサーリンク

 

 

さやかはつい自分の感情に流されていってしまったが、望んで虐待されていた訳でもないのに言い過ぎたと謝ります。

 

秋山はそんなさやかに近づきながら、本当に瑠衣を虐待していたのは「母親だった」のだと言います。

 

そして、久しぶりに会った瑠衣は母親そっくりになっていたのだと。

きっと母親よりも強くなることで自分を守ってきたのかもしれないと感じたのです。

恐ろしい母親ですね・・。

 

白衣姿

不倫 復讐 兄弟 夫婦 元恋人 嫉妬瑠衣は「先生」と呼ぶ白衣を着た医師と一緒に居ました。

先生の部屋でひと眠りすると、瑠衣は職員専用の更衣室へと行き白衣姿に着替えます。

 

廊下ですれ違った医師と挨拶を交わしながら廊下を歩いていく瑠衣・・。

 

 

瑠衣と廊下で挨拶を交わした医師は、病室のドアの前に居る女性に気が付いて話しかけます。

「小高さん?」

こんにちは、そういって声をかけられたさやかが医師に挨拶をします。

 

廊下の端から様子を見ていた瑠衣・・。

 

瑠衣は再び廊下を歩き始め、薬剤室へと入って行きます。

 

 

ここまでが「ギルティ24話」のあらすじ・ネタバレとなります。

 

 

 

いよいよ瑠衣がさやかに接触?!24話の感想

不倫 復讐 兄弟 夫婦 元恋人 嫉妬今回の「ギルティ24話」では、秋山の語りで過去の話がずいぶんと分かってきました。

 

瑠衣と秋山の本当の関係。

兄以上の存在として秋山を思っている瑠衣・・。

 

歪んだ嫉妬がさやかに向いている・・というか「嫉妬」なんて言葉では表せないモノがさやかに向いているのだと感じます。

 

 

スポンサーリンク

 

これからもまだまだ何かが起こりそう。

ラストシーンの白衣姿の瑠衣が、怖いですよね。

だって、さやか母親のいる病院の薬剤室に入っていきました!!

 

予想だにしない感情を抱き、予想以上の事をしてきそうな気がしてなりません。

 

瑠衣のボロのない巧みさが、余計に恐ろしさを引き立てている感じがします。

 

 

 

まとめ

ここでは「ギルティ24話」のあらすじ・ネタバレをご紹介しました。

ギルティ24話をざっとまとめてみるとこんな感じです!

 

ギルティ24話のまとめ
  • 秋山と瑠衣の本当の関係
  • 瑠衣の思い
  • 虐待されていた子供時代
  • 高校時代の秋山とさやか
  • 病院にいる瑠衣!?

 

瑠衣は、さやかの母親がいる病院にいましたね!?

これから一体何が起きるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA