少年/青年漫画

ゴッドオブブラックフィールドネタバレ74話!あらすじ感想!破格の契約

ドキドキする漫画「ゴッドオブブラックフィールド」。

登場人物がかっこいい続きが気になる

こちらでは74話の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います!

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法




ゴッドオブブラックフィールド74話のあらすじネタバレ

ゴッド オブ ブラック フィールド 第 74話のあらすじをお伝えします。

全員の契約書を破棄・・・!?

わ・・・私は・・・愛子の答えを待つ、恭弥と薫・麗香。

視線がとても怖い・・・。

 

私は・・・震えながら残りたいですという愛子。

薫は、この裏切り者と吐き捨てるように言いました。

 

それでも愛子は、私は残ります・・・ここに残ってミシェルさん・・・いえミシェル理事長と上手くやっていきたいんですとはっきり告げました。

 

オケイ決まりだなというと本郷部長に、ここで働いている人たち全員の契約書を持ってくるようお願いしました。

 

薫から練習生まで、ひとつ残らず全部ですという恭弥。

いったい何をするつもりなのかと思い、薫は恭弥を睨みつけています、

 

テーブルの上に書類が置かれ、これで全てなのか本郷に確認します。

じゃあ、如月薫・若槻麗香と名前を呼ぶと契約書をビリッと破きます。

文字通り破棄され、その場にいた者が衝撃を受けました。

 

恭弥は二人に、契約解除に何か必要な手続きがあれば、室長と部長で処理してくださいと。

動揺している麗香と愛子に、薫があんたたちよく考えなさい・・・こいつと一緒にこの世界で生きられなくなってもいいの?私は本気よ!?怒りに震えているいる薫。

 

恭弥はかまわずに話を進めています。

タレント以外の人もほとんどが契約社員なんですね。

京極は、私と西野室長・・・それから経理の渡辺が正社員で、それ以外は全員契約社員です。

 

詳しいことはよく知りませんが、一部の重役や大物タレントでない限り、契約社員より正社員の方がいいということは知っていますという恭弥。

 

京極は、それはこの業界のしきたりといますかという京極に・・・しきたり・・・そんなものは糞くらえだという恭弥。

 

もともとシャフランに対抗するために買収した会社で、経営にかかわるつもりはなかったが・・・気に食わないことばっかりだ。

恭弥は契約書をすべてつかみ、すごい厚さの書類を真っ二つに切り裂きました。

 

あれを素手で・・・?なんて握力なんだ・・・。

薫はち・・・力で脅そうって言うの?と少し怖がっていて・・・。

破格の契約・・・!?

裂いた契約書をごみ箱に捨てた恭弥は、契約書を書き直しましょうと言い、まずはミシェル・・・いくら貰っている?と聞かれまだ決めていないと答えました。

入ってから日が浅いし、会社の状況を考慮して・・・。

 

恭弥は年収1500万円と・・・驚くミシェルに少ないか?という恭弥。

そうじゃなくて!!会社の財政状態や他の社員との公平性も考えないと・・・とミシェルが言うと・・・恭弥は西野室長に、昨年の統計では40代前半の平均年収は507万円です・・・その2倍でどうですが、年収1000万円・・・西野は驚いて本当ですかと・・・本郷へは30代後半の平均年収は460万円・・・2倍の年収900万円。

 

ひとりひとり言っていくのは面倒なので、誰でも希望するなら正社員になることができ、年収は同年代の平均年収の2倍を基準とします。

実務の方は、渡辺さんに任せて指示は西野室長が出してください。

 

それからタレントは・・・と言っても残ったのは愛子だけだが・・・まず契約金は前の契約書の三倍にする・・・あと契約金さえ返済すれば他の事務所に移籍しても構わないと言いました。

 

三倍に驚く愛子に、これからは愛子がうちの看板だから、それに見合った待遇をしないとなと言いました。

 

それから練習生のお小遣いは月十万に、もちろん諸経費は事務所もちで・・・みんな呆然として恭弥の話を聞いています。

 

それから練習室の環境があまりよくないようだ・・・この事務所も狭いし、隣のビルの時価はいくらですか?

 

各階20万以上かかると言いますが、賃貸ではなく購入するといくらになるのかという恭弥。

 

今の財政状況で購入するには負担が大きいというのです。

しかし恭弥は、恩・復讐・金・・・自分は何でも倍返しにしないと気が済まないので、賃貸するつもりはない・・・隣のビルを丸ごと買うのでこれも西野が進めてくださいとお願いしました。

 

言っておきますが金額は気にしなくて結構です。

第二社屋の一階は社員食堂、二階は練習生たちの練習室、三回は事務室と休憩室にしましょう。

購入が終わったらすぐに工事を進めてください。

 

薫は馬鹿じゃないの?何もしなくても勝手につぶれてくれそうね。

ミシェルも後先考えずにお金を使ったら・・・がお金持ちなのはわかってるけれど、こんなふうにお金を使い続けたら・・・。

 

誰が俺の金を使うって言ったという恭弥。

クレディ・ベンチャーズというフランスの会社を知っているか?

薫に何か心当たりがありそうです。

 

ミシェルも知っていて…映画・ドラマにコンサート、メディア業界では世界的に有名な投資会社だと・・・。

明日そこに投資の申請をしろ・・・話はもうついているから、申請だけすればいい・・・金額もいくらでも必要なだけという恭弥。




恭弥だけの原則・・・!?

皆さんお気づきでしょうが、俺は経営に関して全くの無知です。

ですが俺には特殊な経験があり、その経験を通して俺だけの原則を確立しました。

 

おれは自分の味方だと思った人間を絶対のがしません。

だからと言って無理やり捕まえることもしません。

去りたければいつでも去ってもらっても構わない・・・ですが俺のそばにいることが一番安全で一番幸せだとわからせてやれば、俺のそばから離れないだけでなく、俺のために命をかけて戦ってくれることをおれは良く知っています。

 

その原則はここでも例外ではないはず・・・最高の待遇でもてなします。

だから各自自分の場所で最善を尽くしてください。

わかりましたか?という恭弥の言葉に、皆はいと答えました。

これからよろしくお願いします。

 

そう話した後、薫たちに・・・!?

 

ゴッド オブ ブラック フィールド 第 74話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

経営にかかわる気はなかった恭弥ですが、やはり口を出してしまいました。

社員はやる気になりますし・・・うまくいくのではないかと思いますが・・・。

薫はどうするのでしょうか?

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法
【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

ゴッドオブブラックフィールドを無料で読めるか調査した結果

「ゴッドオブブラックフィールド」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「ゴッドオブブラックフィールド」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


74話を読んだ感想

ゴッド オブ ブラック フィールド 第 74話の感想をお伝えします

恭弥は経営に携わることになりました。

お金があるということは、いろいろな改革もできるということですね。

 

コネもたくさんありそうですし、恭弥の事務所の待遇を聞いて・・・入りたい人もたくさん出てきそうな気がします。

薫はこのままやめるというのでしょうか?

 

お金はあっても使う度胸や、使い方を知っているから良い方向に進みそうですね。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法





ゴッドオブブラックフィールドネタバレ74話!まとめ

74話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・

ゴッドオブブラックフィールド 74話のまとめ
  • 薫と麗香の契約書を破った。
  • 新しい契約書を作ることにした。
  • おれは自分の味方だと思った人間を絶対のがさないと言う恭弥。