漫画ネタバレ

ガイシューイッショクのネタバレ1巻!あらすじ感想!みちるとの同居

同居 セクシー漫画家 不動産

ちょっとセクシーな同居生活が描かれている「ガイシューイッショク」のストーリー!

なかなかない設定で面白いストーリーどうやって展開していくのか楽しみ

 

さっそく「ガイシューイッショク 1巻」を読んだので、展開・見どころをご紹介していきたいと思います♪

 

<前巻 全話一覧 2巻>
ガイシューイッショクを無料で読む方法はこちらで解説しています!

ガイシューイッショクの見どころ

同居 セクシー漫画家 不動産セクシー漫画を描くみちると、不動産に勤める小森の同居生活が描かれるストーリー。

 

スポンサーリンク

ひょんなことから始まった勝負で色々な決め事をしていく事となる2人なんですが、セクシーな勝負にドキドキ!

そしていつもは上から目線でワガママなみちるが、たまに見せる照れた様な表情がたまりません♪

ガイシューイッショク1巻のあらすじネタバレ

小森の前に座るお客さん。

その小柄なお客の名前は、境みちるという名前です。

難しいお客さん

同居 セクシー漫画家 不動産家を探しにやって来た彼女の条件は非常に難しいものがありました。

 

初掲載の原稿料の振り込みが3カ月後になるのでそれまでは無収入・・しかも保証人はなし。

小森は出来る範囲で探してみましょうと言うもの、みちるに対して家出をしてきたのかな?と思っていました。

 

数件の物件を一緒に見に行ったけれど全て「却下」。

住み込みバイトはどうだろうかとも提案をしたけれど、「ちゃんと不動産として仕事をしてくれ」と返されてしまいます。

上司にも上手く言って帰ってもらうのもテクニックの1つだと言われた小森は、ちょっと提案方向を変えてみます。

 

みちるの条件で家を借りようと言うならば、家主と身体の関係を持つか、もしくわ自分の家の空き部屋に住むくらいしか方法はないのでは?と言ったのです。

みちるはここでカチーンと来た様子!

小森にセクハラをされたと不動産内で大きな声で訴えたのでした。

 

なかなか難しいお客さんだけど・・小森の発言も、ないな・・汗

満員電車での交渉

同居 セクシー漫画家 不動産数日した後、帰宅途中の小森の前に再び現れたみちる。

小森は軽く挨拶をしいて通り過ぎようとしたのですが、みちるは先日話を出した小森の家の空き部屋の話をし出したのです。

 

小森は本気ではなく出した事だったみたいで、動揺しているんだよね。
まさか、普通のお客だった人が同居したいとの言い出すとは思わないしね。

 

みちるは電車に乗る小森の後をつけて一緒に満員電車に寄り込んできます。

そして他の不動産を回ったけれど、あなたが一番まともに相手してくれたと言うのでした。

 

「お部屋を貸してください、お願いします。」

潤んだ瞳と、満員電車で密着した身体でお願いされると小森はどんどん変な事を考えてしまいます。

 

スポンサーリンク

小森の家の空いている部屋は、出て行った彼女が暮らしていた部屋でした。

まだ手つかずにされた空き部屋は、彼女への未練があるかのような・・

同居生活

同居 セクシー漫画家 不動産結局、空き部屋に暮らすようになったみちる。

こうして小森はみちると同居をすることとなったのでした。

 

みちるとの同居は小森にとってストレスの連続でした。

洗濯も、家主なのに残り湯のお風呂なのも、今晩食べよとしていた食事が食べられているのも、どんどん耐えられない気持ちが膨らんでいきます。

 

確かにストレスたまりそう。

小森って意外と家事もこなすし綺麗好きなんだよね。

 

こんな事なら食事は初めから2人分作った方がマシかもしれないとか、色々と試行錯誤しながら同居をする様になっていくのでした。

 

みちるの態度は次第にエスカレートしていきます。

みちるは、一緒に満員電車に乗って身体を密着した際、小森がムラっとした気持ちになったことをネタにどんどん態度を大きくしていたのでした。

 

小森がついにみちるの態度の大きさに、電車での事はただの生理現象だと説明するのですが、そこから話がエスカレートしていき、ついには触り合って勝負をしようとなって行ったのでした。

 

ここからおかしな同居生活の本番って感じだよね・・笑

「勝負」が始まる

同居 セクシー漫画家 不動産ルールは10分間に身体のどこをマッサージしても良いというもの。

みちるがセクシーな声を出したら、小森の勝ち!

そしてその反対に小森がヤラシイ気持ちになって身体を反応させたら、みちるの勝ちとなります。

 

敗けた方は勝った方の言い分を100%認めて土下座です。

 

初めての勝負は、みちるに触る前にムラっとして敗北した極弱ぶりだったんだよ!

 

小森はこの後も家事分担制を提案するも、みちるの上から目線は変わらず・・。

 

実はみちるはセクシー漫画を描くことを仕事にしていました。

けれど男性経験がないので息詰まっていて、男である小森を参考にしようとしている所もあったのでした。

 

毎回無茶難題を押し付けるみちるですが、仕事をしている時の表情は真剣そのもの!

小森はその表情を見て、真剣に打ち込むことが出来る事がある姿を羨ましくも感じ、応援したい気持ちも芽生えたりします。

 

スポンサーリンク

真夏にクーラーの無い部屋で仕事をしているみちるは、小森の部屋にだけあるクーラーを羨み、今度はクーラーをかけて勝負をすることになります。

 

小森は攻めの姿勢でみちるを追い詰めるのですが、みちるは会話をしようとしたりして余裕をみせます。

次第に小森の予想外の動きに窮地に立たされるのですが、結局はみちるが勝利を勝ち取るのでした。

 

そしてこの勝負を皮切りに、このおかしな勝負は週に1回開催される決まりとなったのでした。

 

小森は負け続き。

けれど、絶対にみちるの方からしてほしいと言わせてやろうと闘志を燃やすのでした。

 

ここまでが1巻のストーリーになります。

 

<前巻 全話一覧 2巻>
ガイシューイッショクを無料で読む方法はこちらで解説しています!

1巻を読んだ感想

同居 セクシー漫画家 不動産ずいぶんセクシーな同居生活!

こんな相手が家に居たらドキドキして休まらなそう 笑

 

しかし、余裕のない時のみちるは自分勝手でワガママです。

仕事である漫画がひと段落するとちょっと落ち着くのですが、それでもなんだか憎めない感じがするのはどうしてでしょうか。

 

そして、意外と小森がきちんとしているなって印象を受けました。

いや、不動産の仕事をしていてお客さんと結局同居してしまうとかは・・駄目だと思うのですが、家事もマメにして、料理も上手なんですよ。

 

スポンサーリンク

そして家事分担表を作ってどうにかみちるにも家事をきちんとやって欲しいと思ったりして奮闘していました。

小森はなかなか気長だなって思ったのが、食べようとしていた夕飯のおかずを食べられてしまった所!

 

流石にイラっとしていたのですが、それならいっそ2人分作ってみちるに食べさせた方がイライラしないかもしれないって・・自分だったら出来ないかもしれないなと思いました。

ただただイライラするだけかも 笑

 

まぁそもそも、恋人とか家族とかでもない人と一緒に暮らすって、お互い協力し合わないとなかなか成立しない所がありますよね。

 

そして何といっても「勝負」についてですが、こんな勝負をすることとなった発想が・・なかなかない事だけど、みちるはセクシー漫画を描くことを仕事にしています。

確かに参考になるのかもしれないけど、ますますドキドキして落ち着いて休まれなそう!

 

この2人の同居生活は今後どんな展開を見せるのでしょうか。

まだまだ始まったばかりの同居!

これからドキドキしながら読むのに楽しい展開を期待したいです。

 

<前巻 全話一覧 2巻>
ガイシューイッショクを無料で読む方法はこちらで解説しています!

ガイシューイッショクのネタバ1巻!まとめ

こちらでは「ガイシューイッショク 1巻」の展開・見どころをご紹介しました。

ザっと1巻のストーリーをまとめてみます。

 

ガイシューイッショク 1巻のまとめ
  • 不動産の小森の前にやって来たみちるは、とても小さくてまるで家出をしてきた少女の様だった。
  • なかなか家が見つからないみちるは、小森の家の空いている部屋に住む様になるが、わがままで上から目線のみちるに小森はストレスを溜めていく。
  • おかしな勝負をするようになった2人・・小森は弱いけれど、いつかみちるの勝ってやろうと闘志を燃やしている。

この2人の同居生活、どうなっていくんでしょうか?

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。