少女/女性漫画

古屋先生は杏ちゃんのもの8巻ネタバレ!あらすじ感想!1周年旅行

高校生の杏が先生に恋をした「古屋先生は杏ちゃんのモノ」のストーリー!

カッコ悪いけどカッコいい先生が良い感じ恋する高校生のストーリーっていいな

「古屋先生は杏ちゃんのモノ 8巻」を読みました。

さっそく展開・見どころをご紹介していきます。

<前話 全話一覧 9巻>

31日間無料+600ポイントで好きな漫画を読んでみる↓

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

古屋先生は杏ちゃんのものの見どころ

古屋先生は杏ちゃんのものを実際に読んだ感想紹介の画像カフェでバイトをする高校生の杏は、彼女へのプロポーズをする男性の依頼でサプライズケーキを持ってテーブルへ。

けれど、まさか男性は彼女に玉砕してしまいます。

 

どうやら女性からしたら付き合ってもいなかったという関係・・その場で号泣してしまった男性をカッコ悪いと思っていたら、その男性は新任の担任教師だったのです。

杏と古屋の出会いはそんなところからスタートしたのですが、杏は古屋のお人好しだけど人の悪口は言わない、かっこつけだけどドジな先生の事がどんどん好きになったのです。

杏の気持ちを知るクラスメイトの君嶋は、当初杏にイタズラ感覚で近づいたのですが・・いつのまにか杏への気持ちはイタズラなものではなくなっていきます。

古屋先生は杏ちゃんのもの8巻のあらすじネタバレ

君嶋のおかげ古屋先生とデートできることになった杏。

車で迎えに来てくれた先生をかっこいいと激写します。

久しぶりのデート

高校生と先生の恋古屋先生は杏ちゃんのもの京都巡りをすることになり、行きたかった新京極に向かいます。

すごい人出で、誰かに会いそうだから違うところに行こうという杏に、古屋先生は変装準備はしてきたとメガネをかけました。

しかし、先生と呼ぶ声に反応してビクビクしています。

道を尋ねられたり、写真をお願いされたり休日なのに先生をしています。

杏に待たせてごめんと謝りますが、杏は笑顔で先生の温かい人柄にみんな寄ってくるのだと笑顔で答えます。

古屋の失敗とポジティブな杏

高校生と先生の恋古屋先生は杏ちゃんのもの哲学の道の近くのカフェに行こうとしますが、人でいっぱい。

あちこち回ってみますが、どこも空いていません。

予約すべきだったという先生に、杏は自販機で買って散歩しましょうと提案しました。

古屋先生も杏の手を取り、そっちの方が楽しそうだと歩き始めました。

 

伏見稲荷へ行くとかわいいお土産がたくさんで、杏はみんなに狐を選びますが・・・買うのは2つにしました。

先生を不安にさせたくなかったからです。

千本鳥居を登ってみることにしましたが、一時間上っても終わりが見えません。

でも杏はもうすぐ頂上かもしれないから、もう少し行ってみようと言います。

そういうどんな時でもポジティブに捉えられるところが杏の良いところだと古屋先生は言いました。

今日自分は失敗してばかりでグダグダなのに、杏はそれが先生のいいところだと言ってくれていつもありがとうと伝えます。

そんなとき君嶋からどうでもいいLINEが届きます。

君嶋は杏の大事な友人だから、自分のせいでなくしてほしくないと古屋は杏に伝えます。

杏が振り向くと夜景がとてもきれいでした。

古屋はこれが見せたかったのです。

杏はこれから先もずっと一生大好きな人は古屋先生だと涙ぐみながら伝えました。

古屋に片思いの

高校生と先生の恋古屋先生は杏ちゃんのもの杏たちのクラスに古屋の大学の後輩のとても元気な湊が教育実習生としてやってきました。

早速杏は湊に大学時代の古屋について聞きに行きます。

先輩のことが好きなのかと湊にニヤニヤされますが、なるるは杏には素敵な彼氏がいると君嶋を紹介してしまいます。

湊は好きな人はいるというので、まずは湊のイメチェンを図り、好きな人について聞きだします。

そのエピソードが古屋みたいで、杏と湊は盛り上がります。

そこに古屋が現れ、湊はわかりやすいぐらい動揺してしまいます。

さすがの杏も気が付き、協力すると言ってしまったことを後悔しました。

君嶋が杏の様子に気が付き、さりげなく杏を励ましました。

勇気を出して杏が古屋にラインを送ると保健室にいると帰ってきました。

行ってみると古屋も湊に四六時中そばに居られてぐったりしていました。

杏はちょっと古屋が自分にあいたいと思ってくれたかなと思っていると、古屋が杏に充電と言って甘えてきました。

その時保健室に湊が駆け付けて来て古屋を心配していると、他にもけがをした生徒がやってきて二人を付き合っているのではないかとはやし立てます。

すると古屋が自分には彼女がいるからと宣言します。

湊はショックを受けて保健室から飛び出していきました。

翌日古屋に彼女がいるということが、学校中の噂になっていました。

動揺した古屋はウサギのキーホルダーを落としてしまい、湊に見られてしまいます。

そのウサギは遊園地デートのお土産でした。

久しぶりに古屋と杏は資料室でお昼ご飯を食べています。

古屋は湊の恋心に全く気が付いていませんでした。

杏は湊のことを話そうとしたとき倒れそうになり、古屋に倒れ掛かってしまった時に湊が現れました。

お弁当も彼女の手作りかと聞かれて、古屋はそうだと答えますが、ハンバーグは味ぽん派なのにトマトソースなんて彼女はそんなことも知らないのかと湊は言います。

でも今はこっちのほうが好きだと答える古屋。

杏は泣きそうです。

高校生の想いは・・・

高校生と先生の恋古屋先生は杏ちゃんのもの赤くなっている杏の様子を怪訝そうにして湊は見ていました。

廊下でけん制してくる湊に君嶋が気付き、わざとあまり俺の彼女をいじめないでくれますと杏をかばいます。

湊が杏に落とし物だとウサギのキーホルダーを見せてきます。

しかしそれは湊が自分で購入したものでした。

古屋の彼女なのに、他の男とイチャイチャするなんてとなじる湊に杏は正直に答えます。

しかし湊は高校生の気持ちなんて・・・と馬鹿にするように言います。

‘); ?>

湊の方がずっと古屋を見て来てずっと好きだったのにと言いますが、君嶋はでもあんたは行動しなかっただろと冷たく言い放ちました。

湊は泣きながら自分のようにつまらない大人になるなと言います。

しかし杏は自分にとって大事なことを教えてくれた「先生」だと告げます。

教育実習も終わり、二人でお昼ご飯を食べているといろいろ頑張ってくれてありがとうと古屋に言われました。

1周年記念

高校生と先生の恋古屋先生は杏ちゃんのもの二人は一周年記念の温泉旅行に行くことになりました。

いのりはそんな杏にそれってピーする気じゃないのと尋ね、驚いた杏は紀元前まで頭の中が遡るくらいです。

いのりは杏に泊りで誘うということはそれだけ古屋も本気なのではないかと伝え、杏も自分の本気を古屋にわかってもらいたいと思いました。

当日になり、明らかに杏は浮かれていました。

京都を離れ城崎に向かい、杏は古屋を先生と呼んでいましたが、ここで先生はまずいと言われ、遼平くんを連呼することに。

本気を伝えたい

高校生と先生の恋古屋先生は杏ちゃんのもの湯めぐりをして最後に浴衣を着て足湯につかる二人。

杏の母にも最終で帰ると伝えてあるので帰るというと、杏と言い合いになってしまいます。

そうしているうちに最終バスを逃してしまい、泊ることに。

別々の部屋にしようとした古屋ですが、一部屋しか空いていませんでした。

その部屋が露天風呂付のお部屋で、杏はこれなら古屋も…と考えていると普通にテレビでも見る?と話しかけられます。

本気になってくれないという杏に、古屋はそんなものが本気なら自分は本気ではないと言ってお風呂から出てしまいます。

杏が部屋に戻るともう部屋は真っ暗になっていました。

本気だとわかってほしくて焦ってしまったと謝る杏に、古屋はわかっていると答え、だからこそ杏のことを大事にしたいと告げます。

杏はうれしくなり、何もしないのでそっちの布団に入ってもいいですかと言いだしました。

そして突然ピーって何するんですかと尋ねるのです。

知ってて言ってたのではないのかとツッコむ古屋。

そして何もしないとは言ってないし…と杏の首筋にキスマークを付けました。

翌日寝不足の古屋と杏が歩いていると、「あれー」という声が。

君嶋やいおりたちが失敗したのではないかと見に来たのです。

しかし杏が真っ赤になって首筋を押さえたので君嶋は慌てて古屋に尋ねました。

古屋先生は杏ちゃんのモノ8巻のあらすじをネタバレでお伝えしました。

ふたりのおつきあいも2年目になりました。

君嶋は2年目も阻止するため頑張るのでしょうね。

<前話 全話一覧 9巻>

31日間無料+600ポイントで好きな漫画を読んでみる↓

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

8巻を読んだ感想

を実際に読んだ感想紹介の画像古屋先生とのデートのきっかけをつくってくれたのも君嶋でした。

杏のことを想っているのに・・・想っているから杏のことを一番に考えて、結果二人の応援をしてしまっている君嶋。

教育実習生が来て、古屋の後輩でしかも古屋に片思いをしている人でした。

応援すると言った手前、遠慮していた杏。

古屋も湊も杏も誰も悪くないのに、なんだか面倒なことになってしまいました。

 

これもまた解決には君嶋が絡んでいます。

杏がつらいところを見てられないのでしょう。

古屋はというと全く湊の気持ちに気づいていなかったのです。

湊の実習が終わってから杏にお礼を言いました。

鈍感な古屋は今まで本当に湊の気持ちに気が付いていなかったのでしょうね。

鈍感にもほどがあると思いますが・・・。

一周年記念に京都から離れた温泉に旅行に行くことに。

初めから日帰りにするはずだった古屋と、本気を伝えたい杏の気持ちがかみ合わず勘違いから始まったお泊り。

最初から計画を立てておけばこんな勘違いはなかったのに。

でも二人の気持ちが通じてよかったと思います。

いつもケンカにならないのは、杏が天然なのと年齢差でしょうか。

でも最後にやっぱり君嶋は報われませんでした。

<前話 全話一覧 9巻>

31日間無料+600ポイントで好きな漫画を読んでみる↓

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

古屋先生は杏ちゃんのもの8巻ネタバレ!まとめ

こちらでは「古屋先生は杏ちゃんのモノ 8巻」の展開・見どころをご紹介しました。

ザっとストーリーをまとめてみます♪

古屋先生は杏ちゃんのもの 8巻のまとめ
  • 古屋と久しぶりのデートをすることとなった杏。
    古屋は、物事をポジティブに考えられるところが杏の良い所だと話す。
  • 実習にやって来きた湊は古屋に片思いをしていた。
    君嶋は、杏と自分が付き合っているふりをして庇ってくれる。
  • 1年記念で温泉旅行へ行った2人。
    杏は自分の本気具合を知って欲しいと思っていた。

君嶋の報われない具合もストーリーの面白い所ですね♪

 10–>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。