不浄を拭うひと

不浄を拭うひと3 話のネタバレ!あらすじ感想!故人からの入出拒否!?

特殊清掃員 仕事 亡くなった方 遺品 

「特殊清掃員」として働く山田のストーリー!

実話が元になっている漫画って興味湧くよね特殊清掃員ってどんな仕事?

 

さっそく「不浄を拭うひと」3話を読んだので、展開・見どころをご紹介します。

 

<<前回 全話一覧 次回>>

 

こちらの漫画を無料で読む方法を発見!詳しくご案内中です!

 

不浄を拭うひとの見どころ

特殊清掃員 仕事 亡くなった方 遺品 不浄を拭うひとの漫画は、「本当にあった笑える話Pinky」に掲載されている実話を元に描かれている漫画なんです!

なかなか知る事の無かった「特殊清掃」という仕事は、大変そうだけど漫画を通して覗くと知らなかった事を覗くと言う興味をそそられます!!

 

スポンサーリンク

 

 

主人公の山田は、大学卒業後はサラリーマンとして仕事をしていましたが、ある時に特殊清掃員となりました。

 

山田が担当しているのは亡くなった方の遺品整理やゴミ屋敷の清掃。

そして部屋で亡くなった方がいるホテルやアパートからの依頼で部屋の現状回復をすることも。

 

 

特殊清掃員 仕事 亡くなった方 遺品 山田は特殊清掃の仕事を通して、色々な体験をしていきます。

 

 

この仕事について初めての清掃は、先輩と一緒に入った孤独に亡くなられた女性の部屋。

 

女性の部屋はいわゆるゴミ屋敷。

そして、部屋の割りに大きなグランドピアノがポツリ。

 

ピアノの下になったウィッグと思った髪の毛は、腐食によって頭皮ごと剥がれた亡くなった本人の髪であることを先輩に教わる場面も登場したり・・。

 

山田は部屋のゴミを片付けていく中で、亡くなった女性の事を考えていました。

 

その日家に帰ってから夜中にカサカサとなる音・・どうも霊感体質の山田は女性の霊を連れてきてしまった様なのです!!

 

 

3話では、アパートで亡くなった50代の独身男性のお話。

今回も山田の身に起こった事が漫画を通して覗くことが出来ます!

 

 

不浄を拭うひと3 話のあらすじネタバレ

山田は特殊清掃の仕事をしています。

特殊清掃はおもに遺体があった部屋の掃除が専門。

 

そんな中、霊感体質である山田は「見えない」人に妨害をされることもあるのです!!

 

「見えない人」ってのが怖いね・・。

 

特殊清掃員 仕事 亡くなった方 遺品 
不浄を拭うひと2 話のネタバレ!あらすじ感想!カサカサという音の正体が判明!主人公の山田がしている仕事は、亡くなった方の部屋の掃除などを行う「特殊清掃員」。特殊清掃員ってどんな仕事?なんだか、知らなかった仕事の世界を知るのは面白い!「不浄を拭くひと」2話を読んだので、さっそく展開・ネタバレをご紹介します。...

 

見えない人からの妨害

特殊清掃員 仕事 亡くなった方 遺品 山田が清掃に向かったのは、50代の独身男性が亡くなった部屋でした。

 

ドアを開けて部屋に入ろうとすると、体が重くて中に入る事が出来ません!!

 

これが「見えない人」の仕業ってワケだね。
こんな体験した事・・ないな。

 

山田は、「見えない人」にものすごく拒否されている様でした。

 

そういう時って、仕事出来なくない?

 

自分の力ではどうしようもない時、山田はある人物に電話をかけるのです。

 

清掃前にお祓い

特殊清掃員 仕事 亡くなった方 遺品 しばらくして現場に来てくれたのはお坊さんでした!!

 

なるほど!お祓いか!!

 

「何?またいるの?」

 

そう言って助けてくれるのは、知人の紹介で知り合った神谷住職。

お祓いをしてくれる貴重な方なのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

神谷住職は部屋の前でさっそくお祓いをしてくれます。

でも、神谷さんのお祓いは絶大ですが、多少目立つのでした・・。

 

これは、目立ちそう!
でも、お祓いしてくれるのって有難いね。

 

神谷住職にお祓いをしてもらいと、山田は依頼の部屋に入る事が出来るようになりいよいよ清掃を開始します。

 

大量の女性下着!?

特殊清掃員 仕事 亡くなった方 遺品 男性の部屋は、ゴミもすごいけど未開封の段ボールが沢山ある部屋でした。

しかも独身男性と聞いていたけれど、部屋には女性の下着が干してあります。

 

彼女のとかじゃないの??

 

改めて見ると、6畳ひと間のその部屋の床は女性用下着で埋め尽くされていたのです!

 

なんかそういう下着関係のお仕事ってことはない?
え~そうかな?こんなに散らばっているのはおかしくない?

段ボールの中も全部下着だったんだってよ。

 

 

山田も独身と聞いていたけど、彼女でも居たのかな?と思ったりあまりの量にビックリいしながら清掃を進めて行ったのでした。

 

けれど、片づけをしていく中で山田はある事に気が付きます。

 

 

なんか、下着のサイズ・・妙に大きくないか?っと。

 

 

アンダー90のBって確かに・・。

 

 

そして次第に大量の下着の訳が分かってくるのです!!!

 

たぶん・・女性下着はこう使われていた!

特殊清掃員 仕事 亡くなった方 遺品 ある場所に手を付け始めると、えげつないものを発見します。

 

それは大人のおもちゃ!

そして大量のエロDVD!!

 

DVDのタイトルは女装美熟女!!!

 

そうか!女装癖があったんじゃない?
だから下着のサイズも男性の体につけるから大きかったんですね!
女装プレイをしていたってところか!

 

男性の女装プレイはどんどんエスカレートしていった事が伺えるアイテムも清掃の中で次々に発見されるのでした。

 

女性が使うアイテムが多数発見されたみたい。
ちょっと衝撃的ですね・・。

 

 

 

特殊清掃の仕事をしていると、部屋を綺麗にしていくうちに亡くなった方がどういう生活をしていたのかわかってくるのでした。

そしてどういう最後を迎えたのかも、手に取る様に感じるのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

依頼のある部屋は、よほどの事がない限り3日前後で現状回復が出来ます。

この男性が住んでいた部屋も、3日ほどで作業を終えたのでした。

 

ここまでが「不浄を拭うひと」3話のお話となります!

 

 

<<前回 全話一覧 次回>>

 

こちらの漫画を無料で読む方法を発見!詳しくご案内中です!

 

 

3話を読んだ感想

不浄を拭うひとの漫画は、「本当にあった笑える話Pinky」に掲載されている実話を元に描かれている漫画なんです!なかなか知る事の無かった「特殊清掃」という仕事は、大変そうだけど漫画を通して覗くと知らなかった事を覗くと言う興味をそそられます!!主人公の山田は、大学卒業後はサラリーマンとして仕事をしていましたが、ある時に特殊清掃員となりました。山田が担当しているのは亡くなった方の遺品整理やゴミ屋敷の清掃。そして部屋で亡くなった方がいるホテルやアパートからの依頼で部屋の原状回復をすることも。山田は特殊清掃の仕事を通して、色々な体験をしていきます。この仕事について初めての清掃は、先輩と一緒に入った孤独に亡くなられた女性の部屋。女性の部屋はいわゆるゴミ屋敷。そして、部屋の割りに大きなグランドピアノがポツリ。ピアノの下になったウィッグと思った髪の毛は、腐食によって頭皮事剥がれた亡くなった本人の髪であることを先輩に教わる場面も登場したり・・。山田は部屋のゴミを片付けていく中で、亡くなった女性の事を考えていました。その日家に帰ってから夜中にカサカサとなる音・・どうも霊感体質の山田は女性の霊を連れてきてしまった様なのです!!3話では、アパートで亡くなった50代の独身男性のお話。今回も山田の身に起こった事が漫画を通して覗くことが出来ます!今回も、かなり特殊な内容でしたね。

 

山田が部屋に入ってくるのを拒んだ「見えない人」は、亡くなった男性の見られたくないっていう気持ちだったのでしょか?

それにしても、ドアを開けた瞬間に体が重くて作業が出来そうもないって感覚・・霊感体質でない人からすると聞いているだけで恐ろしい・・。

 

 

山田は、そのことに対しては恐怖心とかはなくて冷静ですよね。

ただ、清掃作業を進められないしお祓いしてもらって作業開始!みたいな。

 

これって慣れる事なんでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

 

そして今回清掃した亡くなった独身男性の部屋。

 

個人的な趣味は自由ですが、こんなにおもむろに趣味が分かってしまうのはちょっと恥ずかしいですね。

「見えないひと」が山田を拒んだ理由も納得・・。

 

でもお祓いされて、やってもらわな仕方ないって思ったのでしょうか!?

 

 

 

アンダーバストが大きい肌色の女性用下着。

なんか、リアリティーがすごい・・。

 

派手できれいなレースとかバストが大きいとかでもないところに、勝手に理リアリティーを感じてしまいました。

 

 

 

そしてエスカレートしていったとみられるアイテムの発見多数。

人は止められなくなっていくんですね。

 

特殊清掃員 仕事 亡くなった方 遺品 いつも不浄を拭う人を読むと、自分の持ち物の事が気になってしまいます。

あとは、孤独に最後を迎えた場合を考えてしまうのです。

 

年を取って亡くなったり、病気がわかって徐々に自分の命の期限を感じるとは限らないですよね!

いつ何が起こるかは分からない!!

 

 

自分の身の回りの整理って、いつもしておいた方がいいなと思う反面、好きな物に囲まれる幸せ感もあるし物は増えて行ってしまうのです。

 

 

 

山田のしている特殊清掃の担当は亡くなった方が絡んでいるので、ゾッとしてしまうシーンもありますが、個人的にはゾッとを上回って知らなかった世界を覗いている面白さもあります。

 

しかもリアルな内容だけど、「漫画」っていうフィルターがあるから「面白い」「興味がわく」って感覚になれるんだと思います。

コレ、本物で解説されたら・・夜、夢に出てきてしまう内容多数だと思います。

 

 

 

知らない事を知るって言うのは面白い!

不浄を拭うひとが掲載されている「本当にあった笑える話Pinky」で他の話も覗いてみたい気分になります!

 

 

<<前回 全話一覧 次回>>

 

こちらの漫画を無料で読む方法を発見!詳しくご案内中です!

 

 

 

不浄を拭うひと3 話のネタバレまとめ

ここでは「不浄を拭うひと」3話の見どころ・ネタバレをご紹介しました。

 

不浄を拭うひと3話のストーリーを、ざっとまとめてみます!

不浄を拭うひと3話のまとめ
  • 「見えない人」に部屋への侵入を妨害される時がある!
  • 作業をする前に住職にお祓いをお願いする場合
  • 清掃をする中で故人の生活ぶりを知ることとなる
  • 趣味嗜好もわかってしまう
  • 特殊清掃の仕事は通常3日前後で原状回復可能

作業をしていく中で、故人のさまざまな事がわかってくる仕事なんですね!

今回も知らない世界を少し知る事が出来ました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!