少年/青年漫画

「葬送のフリーレン」3話あらすじ・ネタバレ銅像の周りに故郷の花を

まんが王国で読むことができる「葬送のフリーレン」の3話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話あらすじ

久しぶりにハイターの元を訪れ、頼み事をされたフリーレンは、ハイターが救った少女フェルンと3人で数年を一緒に過ごします。

ハイターは亡くなり、ハイターに謀られたフリーレンはフェルンと共に旅に出ることになりました。

【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

葬送のフリーレン3話あらすじ・ネタバレ

報酬として、変な魔法を収集しています

勇者ヒンメルの死から26年後。

中央諸国ターク地方にフリーレンとフェルンはいました。

フリーレンは道中で様々な仕事を引き受け、報酬として魔法を受け取ります。

温かいお茶が出る魔法や、銅像の錆をきれいに取る魔法、甘い葡萄を酸っぱい葡萄に変える魔法など、フェルンから言わせれば変な魔法ばかりです。

その感想に、趣味だからとフリーレンは答えます。

しかし次の仕事の報酬は魔法ではありません。

薬草家の老女に地方の植生を教えてもらうことが対価です。

老女の頼み事として連れてこられたのは、森の中にある銅像の前でした。

その像は、かつて共に旅をしたヒンメルのものでした。

柔らかな表情で思い出を語るフリーレン

村人の関心が薄れ荒れてしまったその場所をきれいにしてほしいと言うのです。

老女は必死に戦ってくれたヒンメルにこの仕打ちはあんまりだと漏らします。

しかしフリーレンはこの状態を自業自得だと話します。

目立ちたがり屋のヒンメルが悪いと言います。

ポーズに18時間悩んで職人のおじさんをぶち切れさせ、結局は無難なポーズに落ち着いたこの銅像。

バカにしながらも、それを語るフリーレンの表情はとても優しく柔らかいものです。

仕事は魔法で簡単に綺麗になりました。

彩りが欲しいから花でも植えようかと話す老女にならば蒼月草の花がいいとフリーレンは思い出しました。

それはヒンメルの故郷の花です。

見たことのない花を魔法では出せないフリーレンは、本物を探すことにしました。




銅像の周りに故郷の花を

老女の話では、この地にも昔はあったが今は絶滅してしまったのだと話します。

でもフリーレンは気にした様子もなくフェルンを呼び、蒼月草を探しに行きました。

そうして、あっという間に半年が経ちました。

そろそろ探索範囲を広げようと話すフリーレンですが、フェルンはどこか浮かない顔です。

一人で老女の元へ戻ったフェルンは、彼女に相談します。

フリーレンの魔法に対する執着は異常で、このままだと何十年でも探してしまうだろと。

でもフェルンはフリーレンの魔法が多くの人を救える力を持つと信じています。

だから、無い物のために時間を使ってほしくないのです。

フェルンの意見を若いと言いながら、老女は素直にその気持ちを伝えればわかってくれるとある袋包みを渡しました。

それは近縁種の種でした。

これを代わりに埋めてはどうかとフェルンは話します。

フリーレンは心配させたことを謝り、あと少しだけ探したら切り上げると約束しました。

でもその少しがあと何年になるのか、フェルンは変わらず不安です。

褒めてくれたバカがいたから

そうこうしていると、持ってきて近縁種の種が動物に盗まれてしまいました。

後を追いながら、フェルンはなぜ魔法を集めているのかフリーレンに問いました。

やはりただの趣味だと答えます。思い出すのは、4人で旅した冒険の一幕。

フリーレンの魔法で一面が花畑になります。

そして楽しそうにする仲間を見て、褒めてくれたヒンメルを見て、魔法を集めるようになったのです。

そうして話しながら着いたのは、小さな使われていない塔でした。

先程の動物が上にいます。

この動物、シードラットは、餌を外敵のいない安全な場所に埋めて隠す習性があります。

フリーレンは塔の屋上へ向かって魔法を使って飛びました。

思い出すのは花の魔法を出した時のヒンメルの言葉です。

そこで蒼月草の名を聞いていました。

自分程ではないが美しい花だと説明するヒンメルは、いつか君に見せてあげたいと言っていました。

魔法で上がった屋上には、蒼月草の花が咲き誇り、あの時の約束を今果たすことができました。

銅像の前には一面に蒼月草の花が咲き誇ります。

最後に花冠を銅像にかぶせ、フリーレン達はその場を後にしました。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

葬送のフリーレンを無料で読めるか調査した結果

U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


葬送のフリーレン3話を読んだ感想

きっとこの世界にはいろいろな魔法があるのですね。

温かいお茶が出る魔法とは便利な魔法ですね。

銅像の錆を取る魔法が今回役に立っていたので変な魔法なりに使い道はありそうです。

しかし葡萄を酸っぱくする魔法とは、使う機会あるのでしょうか。

頼み事を引き受けて魔法を収集していたなんて、とても面白い方法で魔法集めていたのですね。

老女の頼み事により、ヒンメルの銅像の場所へ行くことになったフリーレン。

銅像を見ての感想が、知り合いならではの容赦のなさと、思い出を懐かしむ優しさで包まれていて温かい気持ちになりました。

しかしポーズに18時間とは、職人さんが怒るのも納得です。

ずっとかっこよすぎないと話しているヒンメルはぶれずにずっとナルシストですね。

銅像の周りに花を植えることになり、蒼月草の花がいいと探し始めるフリーレンですが、絶滅したと言われる花を探そうと思うなんて、やっぱり少し感覚が他の人とは違いますね。

でもきっと、ヒンメルとの約束も果たしたかったからこんなに頑張ったのでしょう。

フェルンにとっては、無い花を探す半年を勿体ないと思っているのでしょうが、そこはエルフと人間の感覚の違いや、フェルンがまだ若いことも合わさっての感想でしたね。

老女がそれを否定せずに聞いてあげている所が優しいなと思いました。

さて、結果としてちゃんと蒼月草の花を探し出すことに成功した二人。

塔の屋上一面に咲く様子はとても綺麗でした。そしてその中で語られる思い出も素敵でした。

お花の魔法を見せて女子のようにきゃっきゃとはしゃぐハイターとアイゼンも可愛いですが、ヒンメルがやっぱりいいですね。

花冠を作ってフリーレンにかぶせてあげたヒンメルの表情がなんだか切なげで優しくて、でもいつか蒼月草の花を見せたいと話す時の表情は真剣で、かっこいいなと思いました。

皆がいたから、皆に褒めてもらったから魔法をより収集するようになったのが、フリーレンの行動の原動力になっているようで絆を感じました。

最後に花冠を送り返してあげるフリーレンがなんだかとても微笑ましかったです。

次回はどんな旅先に行くのか、今後も気になります。

葬送のフリーレン3話まとめ

こちらでは3話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

葬送のフリーレン3話まとめ
  • フリーレンは様々な仕事を引き受けており、老女の頼み事として、かつて共に旅をしたヒンメルの銅像の前に連れてこられました。
  • 銅像の周りに花を植えることになり、ヒンメルの故郷にある蒼月草の花がいいと言い、フリーレンは本物を探すことにしました。
  • 老女の話では今は絶滅していると言います。見つける事が出来ずフェルンは、老女に相談すると近縁種の種を渡します。フェルンはこれを代わりに埋めてはどうかと話します。
  • 近縁種の種が動物に盗まれてしまい、後を追っていくと小さな塔に着きました。フリーレンは塔の屋上へ向かって魔法を使って飛びました。すると蒼月草の花が咲き誇ります。銅像の前には一面に花が咲き誇りフリーレン達はその場を後にしました。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法