少女/女性漫画

外科医エリーゼネタバレ130話!あらすじ感想!永遠に・・

転生先は元の人生!?「外科医エリーゼ」。

アルセム公爵のその後はやり直しはどんな人生に

こちらでは130話のストーリーをご紹介していきたいと思います。

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

外科医エリーゼ130話のあらすじネタバレ

外科医 エリーゼ第130話のあらすじをお伝えします。

永遠に私の側にいてくれないか

リンデンはエリーゼを散歩に誘いに来ました。

寒くはないか?と尋ねますが・・・エリーゼは今日は天気がいいから大丈夫ですと答えました。

 

嘘をつくな・・・顔が赤いぞ・・・寒いのに連れ出してしまったなというリンデンに・・・本当に大丈夫ですと答えるエリーゼ。

それに・・・少しリンデンと歩きたいですと言って微笑みました。

 

リンデンは急にエリーゼの手を取り・・・引っ張るとキスをして、じゃあ少し歩くかというのでした。

寒かったらすぐ言うように・・・というリンデン。

エリーゼは鼻歌を歌いながら…こうしていると思い出しますねと言いました。

 

クリミア半島のウクラ山脈でのこと・・・

辛い記憶だろとリンデンは言いますが、今考えると悪い思い出だけではありません。

リンデン・・・あなたと一緒にいたから。

 

リンデンは笑って・・・私はこれからも永遠にそなたのそばにいる。

だからリゼ・・・一つだけお願いをしてもいいか?

 

エリーゼは何でしょう?と尋ねます。

するとリンデンは・・・永遠に私のそばにいてくれないか?と言ってエリーゼを抱きしめました。

 

そなたがいないと私はもう生きていけない・・・抱きしめている手に力が入ります。

エリーゼは穏やかな優しい顔で・・・はい、私も永遠にリンデンのそばにいますと言いました。

 

リンデンはエリーゼを見つめて・・・わたしはそなたさえいればいいんだ。

すまない・・・近頃少し疲れていて余計なことを言ってしまったようだ。

風が冷たいから、そろそろ入ろうとリンデンは言いますが、エリーゼはなんだかさみしそうにしています。

 

涙を目にためながら、リンデン・・・こんなにも苦しんでいるのに・・・リンデンが悲劇を起すところなんて見たくないと思うエリーゼ。

皇室十字架があるので許してくれるかもしれない・・・!?

どうにかしたいとエリーゼは考えています。

やっぱりじっとしているより「あの方法を」試してみた方が・・・。

でも大丈夫なのだろうか・・・殿下を怒らせてしまう可能性もあるかもしれない。

 

それほど彼の恨みは大きくて深いものだから・・・。

だけどリンデンがこれ以上苦しむ姿を見たくはない・・・。

 

そこでエリーゼはリンデンに聞いてみました。

リンデン、この間の式で私に皇室十字架をくれましたよね?

じゃあ・・・何か一つ過ちを犯しても、リンデンの許しを得ることができるんですよね?

 

リンデンは何を言っているんだろうという顔をして・・・必要ないと言います。

免責権のようなものは、我々の間には必要ないとリンデンの言葉にエリーゼは意外だという顔をして・・・。

 

なぜそのようなことを言うのかわからないが、本当に過ちを犯すつもりはないだろう・・・いや仮に過ちを犯したとしても関係ない、すべて許す・・・だからそなたの好きなようにしてくれと言いました。

 

殿下はそもそも皇室十字架を与えたのは、そのような意味ではなく・・・ただ父上を助けてくれたことに対する感謝の印だというリンデン。

 

エリーゼはニコッと笑うと・・・私が殿下の気分を害しても・・・私のことを嫌いになりませんか?と言いました。

一体何のことを言っている?というリンデンに・・・今はまだ言えませんというエリーゼ。

 

はぁとため息をついてエリーゼにキスをしてから・・・そなたが何をしようとしているのかはわからないが、もうこれ以上は聞かない。

だが私がそなたを嫌いになることなど絶対にないとリンデンは言いました。

エリーゼはありがとうリンデンと思うのでした。

ミハイルの元に行くエリーゼ

ミハイル殿下はただいま不在でして・・・三時間ほどかかるようですので戻りましたらいらっしゃったことを伝えましょうか?と執事は言いますが・・・いえここで待っていますというエリーゼ。

 

かしこまりました。ではこちらにどうぞ・・・。

待っている間・・・ミルうまくいけばいいけどとエリーゼは心の中で思っていました。

 

すると椅子の下からクゥン・・・という声が・・・。

エリーゼはクゥン?と思い椅子の下をのぞくと・・・エリーゼの目に飛び込んできたのは・・・。

 

キャアッ!という声とともにドスンッという何かが倒れるような音がしました。

 

 

外科医 エリーゼ第130話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

ミハイルの部屋にクゥンと鳴き声のするものがいるのでしょうか?

おそらく犬ではないかと思うのですが・・・。

エリーゼは大丈夫でしょうか。

 

<前話 全話一覧 次話>

外科医エリーゼをお得に読む方法

せっかくマンガを読むならネタバレの文章だけでなく、イラストと一緒にストーリーを楽しみたいですよね。

「外科医 エリーゼ」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

しかし、「外科医 エリーゼ」のような話題のSF・ファンタジー漫画「U-NEXT」なら無料楽むことが出来ます!

1冊分無料!!

引用:https://www.amazon.co.jp/

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが貰えるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃうんです!

※31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。

漫画・電子書籍が26万作品も提供されているので、U-NEXTはラインナップも非常に豊富ですよ。

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

また月額プランに移行した場合は毎月1日に必ず1,200円分のポイントが貰えます!

なので最新作や好きな漫画をU-NEXTで買うと、出費を抑えられますよ◎

自分に合ったU-NEXTのプランで漫画を楽しんでくださいね♫

130話を読んだ感想

外科医 エリーゼ第130話の感想をお伝えします。

皇室十字架を使わなくてはいけないほどの悪いことを・・・エリーゼは企んでいるのでしょうか?

 

何か一つ過ちを犯しても、リンデンの許しを得られるのかと確認しています。

 

「あの方法を」試してみた方がいいというのは何の方法でしょう。

その方法を使えば、リンデンが悲劇を起さなくてもよいということなのでしょうか?

 

それほど彼の恨みは大きくて深いものだから・・・彼の恨みの彼とは・・・エリーゼが尋ねて行ったミハイル殿下なのでしょうか?

 

忙しいエリーゼが3時間も待つなんて、きっと普通のことではないと思います。

ミハイル殿下に何かお願いすることがあるのではないかと思うのです。

 

でもきっとそのことをすれば、リンデンが怒るが嫌がることなのでしょう。

ミハイルのお母さんに関係することなのでしょうか?

ミハイルのおじさんのメルキト伯爵も、病気を患っているようです。

 

ミハイル殿下の部屋にいたクゥンと鳴くのは、犬ではないでしょうか?

突然犬が出てきたので、エリーゼが驚いて転んでしまったのではないでしょうか?。

 

リンデンはエリーゼのことが本当に大切なのですね。

エリーゼがいなければ生きていけない・・・エリーゼだけそばにいればいいというなんて、相当大変なことがあってメンタルがやられているのではないでしょうか。

 

でもそのことについてはエリーゼに愚痴は言わないのですね。

エリーゼはきっとそのことも知っていて…リンデンを助けたいと思っているのでしょう。

 

ミハイルもエリーゼのことが好きなように見えます。

エリーゼはミハイルのことも大切に思っていると思います。

 

ミハイルは貴族派の勢いに引きずられていますが、うまくやっていくことはできないのでしょうか。

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

外科医エリーゼネタバレ130話!まとめ

こちらでは130話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとをまとめると・・

外科医エリーゼ 130話のまとめ
  • リンデンはエリーゼに永遠に一緒に居て欲しいと抱きしめた。
  • エリーゼの言う意味が分からないけれど、リンデンはエリーゼを嫌いになることはないと返事をした。
  • 椅子の下から聞こえた鳴き声の正体は?

エリーゼは何をしようとしているのでしょうか?