少女/女性漫画

外科医エリーゼネタバレ128話!あらすじ!アルセム公爵の腹痛

転生先は元の人生!?「外科医エリーゼ」。

エリーゼが伯爵にやり直しはどんな人生に

こちらでは「外科医エリーゼ 128話」の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

外科医エリーゼ128話のあらすじネタバレ

外科医 エリーゼ第128話のあらすじをお伝えします。

皇太子の命を奪う・・・!?

紙幣ができると、西大陸の金の流れを掌握していたチャイルド家の力がかなり弱まることになると思われます。

 

そして我が家門の力が衰退した時、皇太子の次の動きは一つです。

機会を見て処理するつもりでしょう。・・・我々全員を・・・。

 

こうなった以上政変を起して我々が先に彼を討つべきです。

兄上を・・・?とショックを受けるミハイル。

 

幸い勝算はあります。

我々には殿下と剣騎士団がいますので・・・我々の目的は皇太子の首・・・大規模な軍隊と戦う必要はありません。

隙を見て皇太子の命を奪うことさえ出来たら、政変は成功です。

 

殿下・・・とため息をつくアルセム公爵。

皇太子を討つことをためらっているのですか?

 

幸いなことに、われわれの力となる人物がいます。

ロイヤルガードであるギルバート伯爵が、我々の味方となりました。

 

聞いた話によると、近頃皇太子の警護を任され・・・摩擦が生じているそうです。

実際には、まだ皇位を継承したわけでもないのに、彼が皇太子の護衛につくこと自体おかしな話なのですが・・・。

それ以外にも意見の衝突が多いそうです。

 

ギルバート伯爵が、我々の助けとなるなら・・・皇太子の首を斬ることは簡単なことでしょう。

アルセム公爵はミハイルにお気持ちを強く持たなければなりません。

彼を殺さなければ我々が死にます。

 

わかりましたというミハイル。

しかし一人になってからは、ため息をつき、悔しそうです。

 腹痛に苦しむアルセム公爵

その頃アルセム公爵は腹痛に苦しんでいました。

ユリエンはとても心配そうで・・・はやく鎮痛剤を・・・!と手配しようといますが・・・。

必要ない・・・と力のない声でアルセム公爵はいい、このまま・・・と言いながら痛みに耐えていました。

 

呼吸もつらそうに乱れていて、ユリエンは心配します。

しかしもう大丈夫だから行こうとアルセム公爵は言いました。

 

レディークロレンスの診察を受けてみてはどうですかとユリエンは言いますが、彼女に診てもらったからと言って良くなるのか?

ローズデール病院の医者でも方法を探せなかったんだ。

 

何より今我々は皇太子と戦争を起そうとしている・・・それなのに彼女の診察など・・・会ってはならないことだ・・・。

 

本当にこんな方法しかないのか・・・皇太子殿下に殺されたくもないし・・・彼を殺したくもない。

そして・・・リゼを失いたくないとおもうユリエン。

 

勇気を出して父に…我々と皇太子殿下は同じ道を進むことはできないんですよね?と尋ねました。

それはどういう意味だというアルセム公爵。

そのままの意味です・・・皇太子の立場からしても、われわれチャイルド家と貴族派を味方にすれば、強力な力が生まれるので・・・。

 

ご存じですよね?ミハイル殿下が皇位にあがることを望んでいるわけではないということを・・・。

 

そんなことは不可能だ・・・皇太子は絶対我々を許すことはない・・・という父に、殿下に許しを求めたこともないのにとユリエンは考えていました。

失礼ですが、よろしいですか?皇太子殿下にあの日のことを謝罪しようと今まで一度も考えなかったのですか?

 

 皇太子とはすでに取り返しのつかないところまできている

父は怒って・・・謝罪?なぜ我々が謝らないといけない?

そなたは我々がなぜあのようなことを起したと思っているんだ?

 

20年!20年だぞ?

私の妹マリエンが皇帝ミンチェストのせいで苦痛を受けた期間だ。

 

幼い頃からずっとマリエンはミンチェストだけを見てきた。

どれだけ冷たくされても無視されても・・・ずっと彼だけを見て彼を支えてきてたんだ!

 

だがミンチェストはそれだけでは足らず、家柄もない女人を皇后に座らせ・・・私の妹を皇妃の座に追いやった。

その姿を見生きて私がどれだけ・・・!

また腹痛に襲われるアルセム公爵。

医者を・・・と言っても呼んだところで無意味だというアルセム公爵。

 

とにかく皇太子と我々はすでに取り返しのつかないところまで来ているんだ。

どちらかが血を流すまでは終わらない・・・。

 

ユリエン、我が娘よ・・・次期当主がそんなに弱くてどうすると頭に手をやるアルセム公爵。

だが心配するな・・・そなたのためにも負けることはない。

 

今はこの調子だが、この戦いが終わるまでは耐えて見せる・・・アルセム公爵はユリエンに伝えました。

 

外科医 エリーゼ第128話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

アルセム公爵の腹痛は大丈夫なのでしょうか?

ユリエンに言われても、皇太子に謝る気はないようですが・・・。

 

<前話 全話一覧 次話>

外科医エリーゼをお得に読む方法

せっかくマンガを読むならネタバレの文章だけでなく、イラストと一緒にストーリーを楽しみたいですよね。

「外科医 エリーゼ」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

しかし、「外科医 エリーゼ」のような話題のSF・ファンタジー漫画「U-NEXT」なら無料楽むことが出来ます!

1冊分無料!!

引用:https://www.amazon.co.jp/

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが貰えるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃうんです!

※31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。

漫画・電子書籍が26万作品も提供されているので、U-NEXTはラインナップも非常に豊富ですよ。

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

また月額プランに移行した場合は毎月1日に必ず1,200円分のポイントが貰えます!

なので最新作や好きな漫画をU-NEXTで買うと、出費を抑えられますよ◎

自分に合ったU-NEXTのプランで漫画を楽しんでくださいね♫

128話を読んだ感想

外科医 エリーゼ第128話の感想をお伝えします。

ミハイルは皇位につく気がないというのに、アルセム公爵に担ぎ出されるような形になっています。

 

皇太子のことは嫌いではないようなのに、皇太子のことを討たなければいけないようなことになってしまっています。

 

ユリエンはエリーゼのことも失いたくないため、アルセム公爵に謝って仲良くしてほしいと考えています。

 

でもアルセム公爵は、かわいい妹を不幸にした皇帝ミンチェストが憎くてたまらないのです。

20年間も無視されている妹マリエンのためにもここは動かなくてはいけないと思っているようです。

 

ローズデール病院の医者でも原因を見つけることができなかったようですが・・・。

エリーゼならアルセム公爵の病気の原因がわかるかもしれません。

 

今の医学を学んだエリーゼにならわかることでしょう。

それでも意地を張って…診察してもらうことはありません。

 

きっと今度は会議中に苦しんでしまうか、エリーゼがそばにいるときに苦しみだすのではないでしょうか?

それでエリーゼが命の恩人になるのではないでしょうか。

 

皇太子がエリーゼを呼んで・・・ということになれば、皇太子もエリーゼも命の恩人です。

アルセム公爵が命を奪うことはないでしょう。

 

しかも入院している間に、エリーゼといろいろな話をするかもしれません。

そのことで長年の誤解が解けるかもしれません。

 

エリーゼに命を救ってもらい、アルセム公爵の病気もなおり、皇太子との誤解も解けるとなるととてもうれしいのですが・・・。

 

ミハイルはいつも悲しそうにしています・・・早く仲直りしたいと思っているに違いありません。

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

 外科医エリーゼネタバレ128話!まとめ

こちらでは「外科医エリーゼ 128話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっと128話をまとめると・・

外科医エリーゼ 128話のまとめ
  • 紙幣が出来るとチャイルド家が弱まり皇太子が動き出すと考えている。
  • アルセム公爵は腹痛に耐えている状態・・。
  • どちらかが血を流すまで終らないほどに取り返しのつかない事態に!?

腹痛、嫌な予感がしますね。