コーヒー&バニラ

コーヒー&バニラのネタバレ55話!感想!深見がリサの事を忘れた?

恋人 大学生 社長 ラブラブ

「コーヒー&バニラ」のリサと深見はいつも羨ましいくらいにラブラブ♪

リサと深見はいつ結婚するのかなこの二人本当に仲がいいよねー

 

さっそく続きの気になっていた「コーヒー&バニラ 55話」を読んだので、展開・見どころをご紹介したいと思います!

 

<52話 全話一覧 次話>
コーヒー&バニラを無料で読む方法はこちらで解説しています!

コーヒー&バニラの見どころ

恋人 大学生 社長 ラブラブリサはみんなの高嶺の花的存在だけど・・本人は実はいたって大人しい性格の美人だったのです。

きっと今までカッコいい人と沢山付き合ってきたのだろうと思われてきたけど、実際は深見が初めての相手!

 

スポンサーリンク

その運命の相手深見とリサはお互いに大事にし合っていて、色々な困難も一緒に乗り越えてきました。

けれど55話ではそんな二人の関係に変化が・・リサの健気さにキュンとしてしまいます。

コーヒー&バニラ55話のあらすじネタバレ

深見が明日から長期の海外出張に行ってしまうため、リサに無理をさせてしまいますが、リサはたくさん充電したかったし・・・と照れてしまっています。

記憶障害

恋人 大学生 社長 ラブラブリサが寂しがっていることに気がつき、深見は帰った後の予定でも立てようかと声をかけます。

例えば・・・婚姻届けを出しに行くとかと言われリサはほおを紅潮させ嬉しそうです。

 

深見は、リサと出会い、お互いのことが好きになるなんてこんなに奇跡が続いているとなんだか感慨深げに話し、リサに口づけをしました。

リサの目から涙がこぼれ、深見との出会いも、好きと言う言葉もそのすべてが奇跡で、ずっと続いて欲しいと思っていました。

 

転がるボールを拾おうと車道に飛び出した子供を助けようと、深見が飛び出していったようです。

 

リサがお帰りなさいと出迎えると、深見の様子が不機嫌そうでなんだか変です。

リサが違和感を感じていると、深見が雪に本当にこの大学生が自分の婚約者なのかと尋ねます。

 

深見はリサのこと記憶にないと告げたのです。

 

スポンサーリンク

出張中に事故で頭を打ってしまい、医師の話では身体の方には問題はないが、約2年の記憶が消えていました。

 

リサは2年ということは・・・と考え呆然とします。

その時深見と目が合い、いつもとは違う深見の冷たいまなざしに思わず怯んでしまいます。

リサの笑顔

恋人 大学生 社長 ラブラブ深見はコーヒーカップをテーブルに置くと、リサにキミとのなれそめは雪から聞いたけれど、全く現実味がないと言いました。

こんな大学生を好きになるなんてと困惑している深見を見て、泣きそうになりながら頷くのが精一杯でした。

 

涙をこらえて、明るくお風呂の支度をしてくると言って部屋を出ます。

 

抑えていた涙がにじみ、リサは深見は出会った時から自分のことを好きでいてくれたけれど、それは本当はぜいたくなことだったことに気がつきました。

涙を拭いて、今度は自分が片想いを頑張ると決心します。

 

リサが部屋を出て行ったあと、深見は記憶の手がかりになるのかと思い自分のスマホの写真を見てみますが、中はリサの写真ばかり。

雪は深見がリサのことを大好きだったと伝えます。

 

それでもまだ信じられないような顔をしている深見ですが、リサの笑顔の写真を見つけこんな風に笑うのかと呟きながらじっと見つめていました。

雪は深見がリサの写真に見惚れていることに気がつき、完全には忘れていないのではと考えていました。

もう1度恋をしてもらう

恋人 大学生 社長 ラブラブ深見を寝室へと連れていき、リサは部屋から出ていこうとしました。

すると深見が、今までは二人でいっしょではなかったかと尋ねるのです。

照れながら首を振るリサに、深見はフィアンセにしてはおかしいと言います。

 

思いだせとせがまれるかと思ったのにリサはびくびくしています。

そんなリサに尋ねると、リサは記憶は戻って欲しいけれど、このままだったとしても、自分が好きな気持ちは変わらないから、もう一度恋してもらえるように頑張ると、深見の目を正面から見つめて宣言しました。

そう言って部屋から出ていこうとしたとき、深見に肩を掴まれ止められてしまいます。

 

一緒のベッドで眠ることになりますが、リサは同じベッドでいいのかと尋ねます。

深見は同じことをしていた方が思いだせるかもしれないからと言うと、リサは深見がこのままではいけないと考えてくれていることを嬉しく思うのです。

 

スポンサーリンク

忘れたままも気分悪いしとそっけない深見ですが、おやすみリサちゃんとリサのことを呼びました。

今までは名前を呼んでくれなかったのに、リサちゃんと呼んでくれたことでリサは出会った頃のことを思い出していました。

 

なんだかくすぐったいと笑顔で呟いているリサを見て、深見はふいにリサにくちづけをしようとします。

しかし寸前にリサに名前を呼ばれ我に返って背を向けて眠ってしまいます。

 

リサはその時もとに戻ったのかと思いますが、そんなに都合よくいかないことに気がつきキセキを自分で起こすために頑張ろうと思うのでした。

大好きな気持ちを伝える

恋人 大学生 社長 ラブラブ翌日リサは朝食を作っていましたが、深見に断られます。

ですが、せめてお弁当だけでもと手渡します。

 

そして決心したかのように深見に抱き着き、笑顔で今日も大好きですと伝えました。

 

深見は一瞬いとおしそうな顔をしますが、我に返り会社に行ってしまいます。

玄関に取り残されたリサはうっとおしかったかなと思いますが、めげずに頑張るとこぶしに気合を入れました。

 

その頃玄関の前では、深見が顔を赤らめてなんだかおかしいと呟いていました。

 

コーヒー&バニラの第55話のネタバレでご紹介いたしました。

リサと深見の2回目の恋の行方はどうなるのでしょう。

 

<52話 全話一覧 次話>
コーヒー&バニラを無料で読む方法はこちらで解説しています!

55話を読んだ感想

恋人 大学生 社長 ラブラブコーヒー&バニラの55話を読み終えました。

まさか深見さんが記憶喪失になってしまうなんて・・・。

 

リサとの一番幸せな楽しい時期に大変なハプニングが起きてしまいました。

しかもその原因が、車道に飛び出した男の子を助けようとしてということで、やさしい深見にありそうなエピソードだなと思ってしまいました。

でも、怪我がなくて本当に良かったと思います。

 

スポンサーリンク

深見はもともとこういう淡々とした人だったのですね。

リサといると笑顔も多く、よく話しているイメージがありました。

 

今回初めて・・・本当は初めてではありませんが・・・リサと対面した時の深見の目は冷たいまなざしでした。

きっと今までそんな瞳で深見から見られたことはリサにはないはずなので、びくびくしても仕方がないことです。

それでも婚約者らしくないと言われてしまい、どんなにか心細かったのだろうと思います。

 

リサもこの2年という歳月で強くなったということでしょうか。

 

婚姻届けを出そうと言って出張に出かけたのに、帰ってきたときにはこんな大学生なんて言われてしまったのです。

それなのに、記憶は戻って欲しいけれど、もし戻らなくても深見のことがずっと好きだからもう一度好きになってもらえるように頑張ると宣言したリサは本当に素敵に成長したなと思いました。

 

すべて忘れてしまったというのに、スマホの写真を見て見惚れている深見。

記憶はなくしてしまったかもしれないけれど、リサのことを時々いとおしそうに見つめています。

深見が記憶を取り戻すのも、そんなに先のことではないような気がします。

 

リサちゃんと呼ばれて出会った頃をリサが思いだしたように、深見にもきっと記憶のスイッチのようなものがあるはずだと思います。

そのスイッチを押すことができたら、リサへの愛に溢れる記憶が大量に押し寄せてくるはずです。

そのスイッチにも、リサの笑顔が少しずつ近づいて行っているのではないでしょうか。

無料でコーヒー&バニラを読む方法

恋人 大学生 社長 ラブラブ簡単に55話のストーリーをご紹介しましたが、自分で漫画を読むことが出来たらもっと楽しめると思います!

漫画読みたいな・・という方にオススメ情報です。

 

なんとコーヒー&バニラの漫画が無料で読める方法がわかりました。

あるキャンペーンを上手に使うと、無料で漫画を楽しめるんですよ!

 

<52話 全話一覧 次話>
コーヒー&バニラを無料で読む方法はこちらで解説しています!

 

コーヒー&バニラのネタバレ55話!まとめ

こちらでは「コーヒー&バニラ 55話」の展開・見どころをご紹介しました。

55話のストーリーをザっとまとめてみます♪

 

コーヒー&バニラ 55話のまとめ
  • 出張から帰ったら婚妊届を出そうかという話をしていたのに・・事故にあった深見が約2年間のリサとの思い出を忘れてしまった。
  • 自分の事を忘れてしまった深見に寂しさも感じつつも、もう一度恋をしてもらおうと前向きに考え始めてリサ。
  • 自分のスマホに入っているリサの笑顔の写真や、リサの健気な態度に心が動いている?深見はリサの「大好き」の言葉に顔を赤くする。

深見は気多くをなくしても、もう一度リサに恋をするのでしょか!?

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。