少女/女性漫画

ちはやふるネタバレ222話!あらすじ感想!千早が反撃を開始?

本気が感じられる競技カルタでの戦い「ちはやふる」。

何かに夢中になるっていいな真剣勝負は面白い

続きの気になっていた「ちはやふる 222話」を読んだので、展開・見どころをご紹介していきたいと思います。

<前話 全話一覧 次話>

31日間無料+600ポイントで好きな漫画を読んでみる↓

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

ちはやふるの見どころ

ちはやふるのあらすじ見どころ競技カルタは真剣そのもの。

試合の前は落ち着かなかったりして、どうにか自分を落ち着かせるためにおかしな行動をしたりも・・。

 1–>

もちろん試合は札を取るだけでなく心理的にも戦いをしていくのです!

熱い真剣勝負!名人クィーン戦第二試合です!

ちはやふる222話のあらすじネタバレ

名人クィーン戦第二試合

審判を終えた渡会が、遥のところに合流します。

綾瀬が仕掛けたと渡会に話しかけます。

ちいさな神様に謝る

競技カルタちはやふるすると競技カルタをする人は札の意味や歌人にもさほど気にはしていないが、詩暢だけは・・・今かるた界最強のクィーンだけは札のことを心あるものだと思って見ているのだと意味ありげに話すのでした。

それは千早の作戦でした。

しかし千早も今まで慣れ親しんできたカルタには、かみさまが宿っていることを知ってしまったのです。

その様子を見て仲間たちは、試合が始まってすぐに札を移動させるなんて嫌がらせなのではないか、千早ははじめからそうするつもりだったのかと話しています。

奏も紫式部の上に清少納言を置くなんてわざとなのか、ふつうはこんな変なことは絶対しないはずなのにと呟きます。

詩暢は札が居心地悪そうにしていることに気が付いています。

そして千早に対して怒っていました。

千早の作戦は、競技線の中心にある詩暢の焦点をずらさせるために、詩暢の気になる札を自分の左下段に集めようとすることが目的なのです。

しかし次の札が読まれたとたん、詩暢が角の一点をとらえるほどの正確さで札を取ってきたのです。

ざわざわする神様

競技カルタちはやふる二試合目もクィーンの独壇場がみられるのかと期待も高まっていますが、詩暢には札の声が聞こえていました。

札に向かって大丈夫、いつも通りになおすと言い、千早の並べた落ち着かない並びはすぐ崩しますから・・・そう思っていた時次の札が読まれました。

 2–>

千早の取りになりました。

他の人たちからみれば、クィーンの反応が遅れたのか、千早の予想していた札が出たのかと考えています。

その時詩暢の大振袖がかるたに当たってしまい・・・。

千早のいつもの配置とは全く違う置き方で、あえて「おと」に寄せて送ったのではないか、浮気者の誘いの歌にいたずらはよしてと返したのではないかと奏は考えました。

紀伊ちゃんがイラっとすると詩暢も激怒していました。

かるたのちいさい神様たちもざわざわしています。

苦手な人の子供のところにわざと置いたとか、清少納言と紫式部は大丈夫かとか、とても落ち着かないのです。

般若のような顔をして怒っている詩暢はこれ以上勝手はさせない、整えていくと小さな神様たちに誓いました。

しかし次の札も千早の得意札が出てしのぶは取ることができません。

大振袖がとても邪魔になっているようです。

神様と出会った詩暢

競技カルタちはやふる小さな神様たちに睨まれてしまいました。

謝りながら札を拾う詩暢。

しのぶは子供の頃、百人一首を詠んだ一人一人のことを知りたいと思い、母に本をおねだりしたことを思い出しました。

百人一首の本を買ってもらい式子内親王に会いに嵐山の野宮神社に行きました。

そこで神様に励まされたことを思い出していました。

だがその時、式子内親王の札の「たまのおよ」が読まれましたが、しのぶは取ることができません。

渡会と遥は練習通りだと千早の読みが当たっていたことを感じています。

歌人それぞれのことを大切にする詩暢の集中を乱す配置をしようと練習を重ねていたのです。

千早はすぐ後ろに新たの気配を感じながら、自分が詩暢の一番の理解者になりたいと思っていました。

千早が優勢になってくると母は父の観戦態度に苦情をいいますが、そこに奏が話を変えようと伊達衿を褒めます。

奏の手際を絶賛する母に、父は新しい着物を買ってあげればよかったのにと能天気なことを言いました。

母は大学生になった時のことも考えて、伊達衿だけを購入したのです。

その様子を見て奏は、クィーン戦はお母さんが買ってくれたあの着物でないといやだと千早が言っていたことを伝えたのです。

‘); ?>

「なつ」はクィーンの取りになりました。

しかしその後、詩暢は袖を踏んでしまい躓いて今います。

詩暢は大振袖なのでいつもより札が乱れてしまい、立ち歩きの回数も増え疲れが蓄積していきます。

空気が変わる

競技カルタちはやふるそんな時、千早がまた札移動をします。

その動かし方に奏も怯えます。

千早の札の動かし方を奏は意図的だと確信しました。

二人は日本三大怨霊に数えられていて、その二人を並べたのです。

その瞬間詩暢を取り巻く空気が変わりました。

次の取りはほぼ同時であったのに、詩暢は全く審判にも意見を求めずに千早に譲りました。

また次の札が読まれると今度は振袖の袖を千早にぶつけるほどのすごい勢いで、千早の狙っていた「せ」を取りました。

そして小さな神様の声を聴きながら少し微笑んで札を重ねたのです。

神様たちのほっとした声が聞こえ・・・それに比べて千早は嫌われてしまいました。

詩暢の嫌がる札の置き方は札に嫌われる置き方だったのです。

ちはやふる第222話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

かるたの札にいる小さなかみさまに嫌われそうな千早はどうなるのでしょうか。

作戦はうまくいきそうだったのに・・・。

<前話 全話一覧 次話>

31日間無料+600ポイントで好きな漫画を読んでみる↓

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

222話を読んだ感想

ちはやふるを実際に読んだ感想千早は元クィーンとの練習の時から想定していた戦いをしています。

小さいかみさまは見えていたのは、多分詩暢一人です。

今では千早にも見えていますが・・・。

札同士が嫌な配置なんて、普通は考えることなどないと思います。

相手が最強のクィーンの詩暢だからでしょう。

 4–>

始めはありえないと思いましたが、ずっと昔から続いている百人一首です。

かみさまが宿っていても不思議ではないような気がします。

ここが試合の分岐点だと思うのです。

千早が勝てるかどうかの。

詩暢と対戦することに重きを置いてしまって、詩暢の世界に千早が取り込まれてしまっているような気がします。

千早はもっとまっすぐな気持ちでかるたを楽しんで取ってほしいと、勝つことだけを考えてほしいと思うのです。

詩暢の世界に入って、ややこしいことに巻き込まれずに、今まで通り純粋にかるたが好きでいいのではないかと思います。

千早が一人で気が付くのか・・・。

詩暢が大振袖を千早の頬にぶつけたのは、イライラしていたからなのか、それともいつもの千早に戻ってほしいと思っているのでしょうか。

太一は今どこで何をしているのでしょう・・・急に気になってしまいました。

<前話 全話一覧 次話>

31日間無料+600ポイントで好きな漫画を読んでみる↓

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

ちはやふるネタバレ222話!まとめ

こちらでは「ちはやふる 222話」の展開・見どころをご紹介しました。

ザっとストーリーをまとめてみると・・

ちはやふる 222話のまとめ
  • 千早は詩暢の焦点をずらし自分の左下段に詩暢の気になる札を集めようとしていた。
  • カルタの配置が落ち着かない詩暢。
  • 奏はちはやが札を動かしたのは意図的だと確信した。

かるたの神様は何を思うのでしょうか?

 10–>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。