漫画ネタバレ

ブルーロックネタバレ84話!あらすじ感想!かいぶつとの別れ

展開を読むサッカー「ブルーロック」

蜂楽の事が気になる葛藤している感じが良い

 

続きの気になっていた「ブルーロック 84話」が週刊少年マガジンに掲載されました。

さっそく展開・あらすじをご紹介したいと思います。

 

<前話 全話一覧 次話>

ブルーロックが無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大45%のポイント還元を行っています!

読めば読むほど「ブルーロック」がお得に読めちゃいますよ♪

ブルーロック84話のあらすじネタバレ

ブルーロック第84話「初期衝動」のあらすじをお伝えします。

かいぶつとのサッカーの呪縛

蜂楽は「死んでも勝って潔を取り戻す」という自分の本心に気がつき、かいぶつを捨ててラストプレーに挑んでいます。

剥き出しの蜂楽からのカウンターに出てきましたが、守備にいるのは潔だけ。

ここで潔が抜かれてしまったら、一発失点でゲームオーバーになってしまいます。

 

凪・馬狼・千切が自陣に戻るまで、潔は時間を稼ごうとしていました。

蜂楽が潔に向かっているとかいぶつがまた見えてきます。

怪物がいる場所まで誰かが来るのを待っていれば、潔の裏をかいたパスを出すことができるけれど・・・。

 

PR

蜂楽の中にかいぶつを探すサッカーが染みついていて、とらわれています。

子供のころから一緒にサッカーをしてくれた蜂楽の希望である怪物が、いつの間にかイメージを狭く重くしている呪縛に変化してしまいました。

 

怪物とサッカーをすることが蜂楽の生きがいでしたが、ブルーロックで潔と出会い本物の友達になって・・・潔とサッカーすることが蜂楽の存在理由なのです。

 

今度は潔がいなければサッカーができない人間になっているので、この呪縛を解かなければこの先に行くことはできません。

 

そこにパスするように声をかける

潔もパスを警戒しています。

蜂楽の原点は自由感覚

蜂楽はもうかいぶつにパスなんか出さないと・・・潔を抜きました。

抜かれた潔は、蜂楽の剥き出しのドリブルや初めて見る表情に驚き呆然とします。

何かが違う・・・今までの蜂楽ではない。

 

3人が自陣に戻ってきて、千切は止めに入ります。

それでもパスを出さずに、蜂楽は千切や馬狼の二連股抜きをしますが、馬狼に肩をつかまれました。

 

しかしこれは蜂楽にとって暴走ではなく呪縛から抜け出すための覚醒なのです。

そして三連股抜きをした蜂楽・・・その時、ゴールまであと40メートル。

このままではゴールされてしまうかもしれません。

 

間違いなくこのフィールドで蜂楽は、誰にも読むことができないジョーカーです。

その危険人物を斃すべく、馬狼は全員で突っ込めと叫び囲みました。

 

3体で挟み込み、これなら奪えると潔が思ったとき、凛が動きます。

その位置は蜂楽の動きを読んだもので、囲まれた蜂楽が一番パスを出しやすく、凛が受け取った時点でそのままゴールへ抜け出せるランニング・ルートです。

 

それは潔にも見えていました。

そのパスは潔がなんとしてでも奪い取って見せる!

もしも奪い取ることができたら、敵陣はがら空き・・・ビッグチャンスです。

 

蜂楽はかいぶつのような表情になり、さっきからチョロチョロうるさくて目障りだとおもいながら凪・千切・馬狼の真ん中でリフティングをしました。

 

無茶だと言われていても、蜂楽にはその声も届いていません。

かいぶつ無しで戦おうとしているのはいつぶりなのだろうかと考えていました。

自分の原点である自由感覚も忘れています。

ラストピースは蜂楽廻

その様子を見て潔は思いついたのです。

凛に勝つためには、読むことができない存在であるラストピースの蜂楽廻を喰わなくてはいけない潔。

 

蜂楽は思い出しました。

かいぶつなんかいらなかったのです。

初めてサッカーボールを追いかけていた頃、独りぼっちでもただ楽しくて・・・日が暮れるまでボールを追いかけていました。

 

PR

本当はボールと一体化することが蜂楽のすべてで、サッカーをする理由はそれだけでいい。

自分にとってこれよりも楽しいことはこの世にはひとつもない。

 

たとえ変な奴だと馬鹿にされても、もしも独りぼっちになっても・・・潔なんかいなくても戦うんだ!!

 

凪が待てと肩に手をかけても、凛がパスを受けにいいポジションにいても、凜ではなく自分がかいぶつになるんだ。

 

その先には誰もいなくても、寂しいけれどここからは一人で踊るよ。

蜂楽はかいぶつに別れを告げました。

 

そして今度は今まで自分とサッカーをしてくれた潔に別れを告げます。

もう蜂楽は誰にも止められないかもしれない、みなそう思っていました。

 

独りぼっちのサッカーを取り戻セ!それが俺のことを解き放つ初期衝動だとシュートを放ちました。

しかしその目の前には潔がいて、シュートをクリアします。

 

潔は信じていたのです。

蜂楽はここに一人きりでやってくると・・・。

 

 

ブルーロック第84話「初期衝動」のあらすじをネタバレでお伝えしました。

蜂楽の原点であるフリースタイルに戻ったにもかかわらず、潔は読んでいました。

それは本当の友達だからなのでしょうか。

 

<前話 全話一覧 次話>

ブルーロックをお得に読む方法

ブルーロックを今すぐお得に読みたいなら「まんが王国」が一番おすすめ!

まんが王国 毎日最大45%ポイント還元!会員限定無料マンガも沢山あるのでおすすめです!
U-NEXT 初めての加入で31日間月額無料+600円分のトライアルポイントがもらえ、ブルーロックがいますぐ無料で読めます
FODプレミアム 初めての加入+Amazonアカウント登録で、最大1300円分のポイントがトライアル期間中にもらえます。ポイントをためてブルーロックが無料で読めます。
music.jp 30日間無料+600円分のトライアルポイントでブルーロックがいますぐ無料で読めます。

本日まんが王国に登録すると1冊50%割引クーポンが今すぐもらえます!
有料会員に登録するとさらに即日最大3000ポイント追加付与!!

毎日最大45%ポイント還元を実施しているので読めば読むほどお得になっちゃうんです!!

会員限定で読める無料漫画が沢山あるのも嬉しいポイント◎

 

ブルーロックが無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

84話を読んだ感想

ブルーロック第84話「初期衝動」の感想をお伝えします。

幼いころから一人ぼっちでかいぶつとサッカーをしていた蜂楽。

でも初めからかいぶつがいたわけではありませんでした。

 

かいぶつも現れる前・・・初めてサッカーボールを追いかけていた頃、まだサッカーといえない頃かもしれませんね。

ボールを蹴って転がることが面白かったころなのかもしれません。

 

蜂楽にとってのサッカーの始まりだったころはひとりぼっちでも楽しくて、日が暮れるまでボールを追いかけていたのです。

追いかけているうちにボールと一体化したような気持になっていたのでしょう。

 

ほかのチームメイトたちはサッカーのほかにも、やりたいことや大切なことがあったかもしれませんが、蜂楽にはサッカーがすべてだったのです。

 

PR

そんな蜂楽についていける子なんているはずもなくて、孤立していたとしても不思議ではありません。

友達ができなかったのも、たぶんサッカーの話しかしないし、ほかのことに興味がない蜂楽についていけなかったのかもしれません。

 

優先順位という言葉もなく、ぜんぶサッカーだったのでしょう。

それならば今のブルーロックの環境にストレスも感じなくて、むしろ快適なような蜂楽に納得です。

 

今まで凛の動きを気にして、凛と同じように動きを読んでいた潔。

今回は凛の動きを読んだうえで、勝つために必要なピースがわかり蜂楽の動きを読んだ潔。

 

その通りの動きを蜂楽はしました。

それは蜂楽の独りぼっちのサッカーという答えが、間違っていたということになるのではないでしょうか。

 

サッカーはやはり一人でするものではないのです。

チームでプレイするものではないでしょうか。

 

<前話 全話一覧 次話>

ブルーロックが無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大45%のポイント還元を行っています!

読めば読むほど「ブルーロック」がお得に読めちゃいますよ♪

ブルーロックネタバレ84話!まとめ

こちらでは「ブルーロック 84話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめてみると・・

 

ブルーロック 84話のまとめ
  • 蜂楽は自分の本心に気がついてラストプレーに挑んだ。
  • 何かが今までとは違った蜂楽に潔は驚く。
  • 蜂楽はかいぶつはいらなかったことに気がついた。

蜂楽の心の動きがすごくわかる回でした。

PR

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。