漫画ネタバレ

ブルーロックネタバレ81話!あらすじ感想!ついに4対4の同点に

!4月16日に更新しました!

アツいサッカー「ブルーロック」。

蜂楽がサッカーをする理由は蜂楽はまだまだ成長しそう

 

こちらでは週刊少年マガジンで連載されている「ブルーロック 81話」の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

 

<前話 全話一覧 次話>

ブルーロックは無料で読むことができます。

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

U-NEXTでは即日漫画が読めるポイントを600円分もらうことができます。

ポイントでいますぐ「ブルーロック」が無料で読めちゃいますよ♪

ブルーロック81話の展開予想

ブルーロック第81話を勝手に予想させていただきます。

試されていたのは?

自分自身が「かいぶつ」で、潔と凜を試していた蜂楽。

 

しかし蜂楽のことは二人の眼中になかったようで・・・もう自分は「かいぶつ」の世界には入ってはいけなくなっていました。

 

いつの間にか潔と凛の二人に置いて行かれていたのです。

 

PR

蜂楽には二人が「かいぶつ」と感じられますが、二人にとっての蜂楽はどんな風に視えているのでしょう。

 

二人を試していたつもりだったけれど、試されているのは自分の方だったみたい・・・。

 

潔は特にこの試合の中でどんどん進化しています。

みんなのコンディションを把握

その潔が凜とギリギリ互角に読み合うことができるのは千切のおかげ・・・千切は死ぬまで走る覚悟もできています。

 

しかし全員の常に限界ギリギリの成果を発揮しているので、コンディションが悪くなってしまうと技の質も低下してしまいます。

 

しかしそのことまで頭に入れて計算で来ていた方が、このつらい試合の終盤を制することができました。

 

時光自身も戸惑うほど、一見ただ凜に振り回されているように見えたのですが・・・。

体制を崩されながら押し上げられてしまっています。

 

潔の判断でボールを動かしているはずなのに・・・と思っていたら筋肉だけだと思っていたらスタミナまで無限にある時光が、ただ一人凜のパスに素早く反応していました。

 

もう少しでゴールまでされそうだったのですが、馬狼と千切の反則をも恐れぬプレイのおかげで阻止することかできました。

 

馬狼と千切はイエローカードを出されてしまいましたが、文句を言っています。

 

潔が凜より先に読むことができていたら防ぐことができたかもしれないプレーでした。

それでもまだゴールは奪われていないと思っていましたが・・・。

2択ではなかった

FKになり、ゴールまでは凜のシュートの届く範囲なので、潔は直接狙ってくるのかパスなのか2択だと思っていたのです。

 

すると反応する隙さえ与えない高速FKを決められてしまいます。

潔の分析は凜の考えと違っていました。

 

この状況下で凜の選択は自分のゴール1択なのです。

 

凜と潔は自分のゴールのために・・・自分の自尊心のためにサッカーをしていることに蜂楽は気が付きました。

それならば自分は・・・。

 

蜂楽は何のためにサッカーをしているのでしょう。

子供の頃から自分と同じような「かいぶつ」を探していました。

一緒に楽しくサッカーができる「ともだち」が欲しかったから・・・?

 

こんな理由だけではあの二人に追いつくことはできないと思う蜂楽。

自分のエゴについて考え始めました。

 

潔と凜は自尊心のためにサッカーをしているのでしょうか。

それも少しはあるかもしれませんが、それだけではないような気がします。

チーム全員のスタミナや能力、その時の残っている力などすべてを掌握したいとは思っていると思います。

その上で上手く全員を使ったサッカー・・・?

 

蜂楽は「かいぶつ」になるから「エゴ」に視点が移ったようです。

自分はどんなサッカーがしたいとわかったら、自ずと道が開けて新しい蜂楽になるのでしょうか。

ブルーロック81話のあらすじネタバレ

!4月16日に更新しました!

81話「最終行動」のストーリーをネタバレありでご紹介していきます!

こちらはこれから発売の週刊少年マガジンに掲載が予定されています!

読み次第ストーリーをご紹介していきます。

潔が相手だったから・・・

潔は凜の提示する真理を読み切れず、あと1点でゲームオーバーのピンチに陥ってしまいました。

 

馬狼には、なぜ壁、跳ばなかったんだと責められます。

しかし今の凜のフリーキックは、その機会を与えた時点でほぼ防ぐことができなかったゴール。

 

読むべきだったのは・・・止めるべきだったのはその前のプレーだったのです。

それは時光と凛の中央突破でした。

 

全員の運動量が低下していることまでは読めていましたが、多分時光が変わらない動きをしていたことを凜の方が早く予見していたのです。

 

そして時光の無尽蔵なスタミナを引き出して、この大切な最終局面にビッグチャンスを創りだしました。

 

PR

自分たちには無理矢理止めることしかできなかったけれど、潔が凜より早く時光の能力に気が付いていたらもっと違う未来を引き出せたかもしれません。

 

糸師凜にあと一歩、潔は追いつけそうで追いつけないのです。

悔しがる潔・・・。

 

馬狼は自分が壁に入っていれば・・・自分なら迷わずジャンプして止めていたと悔しそうにしていました。

 

しかし先刻のフリーキックは潔が壁だったから、あえて凜は頭上に撃ってきたのです。

もしも馬狼が壁だったのなら、凜は別のキックでゴールを狙ったはずです。

 

パズルのピースが収まるように、潔は気がつきました。

凜は潔が相手だからあのフリーキックを蹴ったのです。

新しい視点

その視点から新しい角度で、自分が「潔」をプレイヤーとして使うことができれば凜のことを喰えるのではないか・・・。

 

これが凜に勝つ新しい方程式になるのかと思い再チャレンジすることに。

 

次の点でミスしたら終わりだから俺にボールを回せと言う千切。

足がちぎれても最後は俺にパスを寄こせ・・・何でも絶対に追いつく・・・それぞれが自分たちのことを信じろと言っているようです。

 

潔に合図をすると、ラストプレーにはまだ早いと言う潔。

ゲームが再開されて馬狼が時光の前に飛び出します。

潔の狙いは・・・?

時光の動きに勝たなくてはゴールすることはできないと思い込んでいる馬狼。

珍しく馬狼の動きに連動してきていると思い込んでいて、時光をかわせと言うサインだと思い込んでいます。

PR

 

馬狼に時光はごめんなさいと何度も言いながら余裕で喰らいついているとき、潔が馬狼を囮にしてタッチライン際から上がって行きます。

 

そこに立ちはだかったのは蜂楽。

凪がパスするように言ってきますが、潔はその選択もすべて見透かして凜が待ち構えていると理解していました。

 

しかしこの密集が潔の狙いでした。

全員が潔のパスに警戒している今、この一撃で戦況は一変すると考えます。

 

そこでボールを逆サイドに出し、契りは全速前進で駆けあがります。

その千切からのパスをもらうために全員がゴール前に殺到しました。

 

この状況の変化に潔だけが先読みして動き出すことができるのです。

みんなが進路を奪い合う中、潔は一旦凜の視界からファーサイドに完全に消えて、切り返して一気に内側へ!

 

最短で潔はゴールのニアサイドへダイアゴナル・ラン!!!

 

千切はすぐに潔がゴールに直進する集団の中をすり抜けて、潔が一人だけ斜めに突破したことに気が付きました。

 

潔は千切りに出せ!!と。

これが潔の思い描いていたフィールドの未来です。

千切からドンピシャなパスが来て、潔は自分のダイレクトシュートの絶対領域を見つけていました。

 

しかしそれでも背後から凜が存在感を見せつけてきます。

これだけ潔が完璧に抜け出していましたが、ギリギリで追いついてきました。

 

シュートブロックの間合いを狙っていましたが、これでは打てません。

やっぱり自分では、糸師凜に勝てない・・・とは思っていませんでした。

天才ゆえの死角

潔はこれを待っていました。

凜がまんまと引っかかってきたのです。

 

たしかにこのまま撃ちに行ったら止められてしまいます。

しかしそれは逆に言うと、シュートブロックに足を出さなければ凜に潔は止められないということ。

 

凜も潔も次がフィフティフィフティのラストアクションです。

潔を読み切る糸師凜だからこそ生まれる・・・ここが天才ゆえの死角だと考えました。

 

ボールを出さずにそのままキープしている潔に、最後の一歩を出し切ってしまった凜は後れを取ってしまいます。

 

そしてここが折れの真のラストアクションと、反転してヒールでボールを蹴ります。

潔のゴールが決まりました。

 

馬狼は悔しそうですが、他のチームメイトは嬉しそうです。

 

潔は喰ったぞ凜!!

俺はお前を超えていく!!と歯を食いしばりました。

4対4同点です。

 

 

ブルーロック第81話「最終行動」のあらすじをネタバレでお伝えしました。

ついに同点に並んだ潔たち。

凜を読んで次のゴールも決められるのでしょうか。

 

<前話 全話一覧 次話>

ブルーロックを無料で読む方法をご紹介!

ブルーロックを無料で読む一番のおすすめ方法をご紹介します!それは動画配信サービスのキャンペーンを使って読む方法です♪

動画配信サービスでは初めての利用の場合、漫画が購入できるポイントがもらえちゃうんですよ!ブルーロックはポイントで無料になっちゃいます!

U-NEXT 初めての加入で31日間月額無料+600円分のトライアルポイントがもらえ、ブルーロックがいますぐ無料で読めます
FODプレミアム 初めての加入+Amazonアカウント登録で、最大1300円分のポイントがトライアル期間中にもらえます。ポイントをためてブルーロックが無料で読めます。
music.jp 30日間無料+600円分のトライアルポイントでブルーロックがいますぐ無料で読めます。

ブルーロックを無料でいますぐ読みたいなら「U-NEXT」が一番おすすめ!

本日U-NEXTにお試し加入すると漫画購入に使えるポイント600円分が今すぐもらえ、ドラマやアニメも14000本以上見放題になります。

 

もちろんお試し期間中いつでも解約OK&月額も31日間無料!

しかも解約しても漫画はそのまま継続で読めて安心です。

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

81話を読んだ感想

!4月16日に更新しました!

最新話を読み次第追記していきます。

 

凜の思考を読み攻略しなければこの試合に勝つことはできません。

しかし今回、凜は潔に注目してどう自分のことを見ているのかということを考えて見たのです。

 

PR

自分のことを知らなければまた凜の考えを知ることもできません。

今までは凜を抜くことだけをただただ考え言いました。

 

馬狼のことも囮に利用して、凜の考えていると思われていることを先読みしたのです。

馬狼は不満そうでしたが。

 

でもそれも潔を信頼して、万全に戦えるようにしてくれる仲間がいるからです。

 

天才・糸師凜と潔は試合が始まったころはもっとぐんと差がついていたように思いました。

考えながら試合をすることで、練習するよりももっと力が付くのですね。

 

チームにお手本となるようなすごい選手がいて、自分もそれに近づけるよう…さらい追い越せるように努力することができれは、試合中だけでこんなにも変わることができるのです。

 

勉強でも模試を受けることで、集中した勉強をしたことになると聞いたことがあります。

スポーツにも勉強にも通じることがあるのかもしれません。

 

4対4の同点になりました。

これからは一つのミスも許されない緊張した時間が続くことでしょう。

凜も潔に読まれてしまったことで、さらに燃えているに違いありません。

 

また潔と凛の読み合いが始まります。

最後に勝利するのはどちらのチームなのでしょうか。

 

<前話 全話一覧 次話>

ブルーロックは無料で読むことができます。

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

U-NEXTでは即日漫画が読めるポイントを600円分もらうことができます。

ポイントでいますぐ「ブルーロック」が無料で読めちゃいますよ♪

ブルーロックネタバレ81話!まとめ

!4月16日に更新しました!

81話を読み次第ストーリーをまとめていきます。

こちらでは「ブルーロック 81話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめてみると・・

 

ブルーロック 81話のまとめ
  • 凜のフリーキックは防ぐことができなかったゴール・・止めるべきだったのはさらにもっと前のプレーだった。
  • 潔の狙いは密集!その隙を狙おうとしている。
  • 天才ゆえの死角をついて勝負をし同点まで持っていく。

いよいよ面白くなってきました!

PR
PR

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。