少年/青年漫画

【最新話】ブルーピリオドネタバレ42話!あらすじ感想!絵は噓をつかない

美術漫画「ブルーピリオド」。

あまり知らない世界が描かれているから面白い人間模様が良い感じ

こちらでは「ブルーピリオド 42話」の展開・あらすじをご紹介します。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法




ブルーピリオド42話のあらすじネタバレ

ブルーピリオド 第 42話「絵は噓をつかない」のあらすじをお伝えします

絵画科油画科1年・進級制作展・公開講評

藝大1年目の総決算・・・!

全員作品の前に立て・・・絵画科油画科1年・進級制作展・公開講評が始まりました。

 

本日の講評には、教授・講師・ゲスト講師合わせて20名の先生が来ています。

各4名ずつ5グループに分かれて作品の巡回をしていただく。

 

まず一人1分程度作品のプレゼンをし、その後5分間の講評。

この作品で進級できるかどうかが決まり、まぁ基本的に出せば大丈夫ですが・・・。

そして実質1年最後の制作課題です。

 

先生方の紹介かと思ったら、とっととやろう最近日が暮れると眠い・・・公開講評なんか時間通りに行くことないんだから・・・。

ということで、紹介無しで始まりました。

その中には小野冴夏もいて・・・八虎は本物だと思いながら見ています。

 

それぞれ自分の作品の前に・・・八虎は先生たち、こえーと変な汗が出ています。

きねみもいつもの10倍くらいの緊張感があると。

今日は何言われても平気という気持ちでいたけれど…くじけそうな八虎。

 

スゴイ先生だっていうバイアスで怖く見えてるだけで案外優しいかも・・・百瀬先生は座って講評しているの怖すぎなのに、着物を着ているのでさらに領主感を出しています。

 

作品の前でコンセプト分を用意して、内容もしっかりしているのに・・・百瀬先生は、君は・・・いずれ消えていく美大生の一人という感じだよねといいました。

みんなフリーズしてしまったので、ごめん…これは言い過ぎかと言った先生でしたが、空気って本当に冷えるんだとつぶやく八虎。

 

相沢はプロジェクションマッピングで、おままごと用の玩具に現代を生きること人の台所を投影し・・・おままごととが持つ食事の手作り信仰、また理想的な家族像を浮き彫りにする試みをしました。

 

安藤先生は・・・僕は君の皮膚の内側が見たいんだ・・・粘膜をというと他の先生に安藤くんの言葉で言いすぎ・・・言葉で飾りすぎっていう意味だよねと伝えてくれました。

講評はどんどん進み、次は八虎の番です。

先ほどの百瀬先生も来て・・・ヘラヘラしているからだろうか・・・怖いけど…床にドカッと座った百瀬先生はやっぱり怖い。

すごく褒められなくても意外と清々しい

作品の前に立って八虎は、よろしくお願いしますと言いましたが・・・今日は評価が欲しいわけじゃない。

frrrrdfccccccccc

八虎はへらへらせずに・・・と自分に言い聞かせて、この絵は率直に言えば自分のために描いた絵ですと説明を始めました。

 

この1年間、俺は絵を描くことの意味が分からなくなってしまって・・・自分の未熟さと自信の裏付けのなさから、作品作り自体する気持ちになれませんでした。

 

でも1年間いろんな人と話したり、何もしないことをしてみたりして…おれにとって足を止めて考えるのは重要なことで、絵を描く意味はまだ見つけられませんが、スケールの大きい理由がないと絵を描いちゃいけないと思うのは違うかもしれないと思って・・・自分がずっと作品にするほどでもないと思っていたことを一度認めてみることが今一番必要な作業だと思いました。

 

この絵は俺が友達とよく行くスポーツバーです。

絵というより絵日記のような感じです・・・だからこれは進級展に出すような作品ではないかもしれないと説明した八虎。

 

百瀬は美大生が私小説みてぇな作品を「自己表現」とか言っちゃうのは嫌いなのよ、でも君のこの絵からそういう嫌さは感じないな・・・ツーかむしろ日記レベルになってねーよ。

絵づくりのきれいさに逃げているだろ・・・見た目の割にもしかしてすっげービビリ?とばれてしまっています。

 

小野冴夏は、思っていたのと違う話し方で、すごいいいな・・・八虎の言葉が素直で・・・その時の感覚を理解されなくてもうまく言葉にできなくても、君が感じたことは否定しないでほしいと評されました。

 

前回も東京の課題についてみていた先生は、もっと興味と表現の幅を広げて考え続けないと・・・2年生になったらもっといろんな表現方法を勉強してくださいと言われました。

 

なんだ・・・自分にちゃんと向き合ってあげると、すごく褒められなくても意外と清々しい気持ちになるんだと思う八虎。

 

世田介の番になり、猫屋敷も担当です。

最近一つの気づきがあって・・・それは自分と他者に関する気づきです。

昔から動物が好きで、でもそれは自分が他者と接続しない口実であり妨げでコミュニケーションではなく支配でしか・・・なくて。

檻はうさぎを守ってくれるし、閉じ込めてもいる・・・そういう絵ですと説明しました。

 

猫屋敷はつまりこの絵って、君の個人的体験でしかないってこと?

つまんな!!君は自分を大事に大事に守ってホントの自分みたいなもの信じてるの?

いろんな人と関わって、どんどん自分を変えていくものでしょ!?

 

世田介はどうして俺が作りたいものと違う方向に行かせたがるんですか?と言いますが、そのままじゃ君、何者にもなれないよ!?

 

世田介は何者かになる権利はあっても、義務はない・・・と思います。

そう言われたら先生たちも何も言えませんが、先生方はみんな君たちの力になりたいんです。

 

猫屋敷の話すことは世田介の思想には会わなかったかもしれませんが・・・ウサギに好かれていたんですね。

 

アートはコミュニケーションだと思うという先生・・・ひとりごとのような作品があってもいい・・・でも人に伝わるとあなたのその感覚や、思想も伝わります。

 

猫屋敷先生の作品はサービス精神旺盛です・・・世田介とやっていることは正反対ですが、遠いからこそ学べることもありますよ。

世田介もそうかもしれませんねというのでした。




佐伯先生の絵画教室でバイト・・・!?

こうして1年生の進級制作展は終わりました。

世田介が岡本にこないだのTシャツを買わせてほしいと・・・。

 

寂しそうにしていた八虎に、世田介がうさぎの絵をあげると持ってきました。

渋谷に行かなかったら学校辞めてたかも・・・いややめた方がよかったかもしれないけれど・・・そうじゃなくてありがとと言って・・・。

 

冬休みになり、見に行った学部生と大学院生の卒業制作展はすごかった・・・数年後、自分がこうなれてるのか今はイメージできない。

 

自分の進級制作が終わって妙に肩に抜けて、ずっと感じていた焦燥感みたいなものはなくなっていた。

だけどまた新しい焦燥感が生まれてくる・・・それはお金がないということ。

 

バイトでもするかと絵画教室に電話をしてみると・・・その声の矢口はもしかして八虎さん?・・・佐伯先生の教室でした。

 

 

ブルーピリオド 第 42話「絵は噓をつかない」のあらすじをネタバレでお伝えしました。

ずっとお金がないと言っていた八虎・・・バイトしようと思った先が佐伯先生の教室でした。

八虎は採用されるでしょうか?

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法
【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

ブルーピリオドをお得に読む方法をご紹介!

「ブルーピリオド」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


42話を読んだ感想

ブルーピリオド 第 42話「絵は噓をつかない」の感想をお伝えします。

絵画科油画科1年・進級制作展・公開講評が終わりました。

緊張していた八虎ですが、思っていたよりも、すごく褒められなくても清々しかったようです。

 

小野冴夏もテレビで見た時とは違う人のようで、八虎への講評は好意的なものでした。

きっと描きたいと思った八虎は、2年生になるとまた違ったことをするようになるのではないでしょうか。

佐伯先生に教室でバイトするなら、勉強になることもたくさんあるはずです。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法




<スポンサーリンク>

ブルーピリオドネタバレ42話!まとめ

こちらでは「ブルーピリオド 42話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっと42話をまとめると・・

ブルーピリオド 42話のまとめ
  • 絵画科油画科1年・進級制作展・公開講評が始まった。
  • 八虎は自分にちゃんと向き合ってあげると、意外と褒められなくても清々しい気持ちになるんだと思った。
  • 佐伯先生の教室でバイトをする?

バイトするのでしょうか!?