少年/青年漫画

僕のヒーローアカデミアネタバレ278話!あらすじ感想!

アニメも大人気「僕のヒーローアカデミア」。

ギガントマキアが動き出したヒーローたちはどうなる

こちらでは「僕のヒーローアカデミア 278話」のストーリーをご紹介します。
ネタバレを含みますのでご注意ください。

<前話 全話一覧 次話>

僕のヒーローアカデミアが無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大45%のポイント還元を行っています!

読めば読むほど「僕のヒーローアカデミア」がお得に読めちゃいますよ♪

僕のヒーローアカデミア278話のあらすじネタバレ

僕のヒーローアカデミア第278話「ディザスターウォーカー」のあらすじをお伝えします。

ギガントマキアの背に乗っているのは!?

前線から少し離れたところで、地面に刺していたイヤホンが外れるほど驚いていました。

ヤバい!!

戻ってきたインターン生たちが心配しています。

包囲網が突破されたという連絡も入りました。

めちゃデカイのが向かってくると伝える耳郎。

プロヒーローたちは、インターン生たちにその場で待機するように告げると、前線の方に向かって行きました。

インターン生の表情は不安そうで、ヒーローが集結しているのにどうして状況が悪くなっているんだろうと困惑しています。

大きな音がしていました。

ギガントマキアを食い止めなけばと必死のMt.レディ。

ギガントマキアの背には荼毘たちが乗っています。

死柄木が起きたからギガントマキアが動いているのではないかと考えている荼毘。

それ以外に動くわけがないからです。

しかも予定よりも早く・・・

リ・デストロを守らなくてはいけないから降ろせ。

荼毘はまだ自分たちに気づいていないから、静かにするように注意します。

セメントスが何が起きても自分の仕事に命を賭けろと叫ぶと同時に、地下からはリ・デストロが地面を突き破って飛び出してきました。

実に不愉快!と機嫌が悪そう!

ギガントマキアが起動したということは、死柄木の「不完全な起床」を意味していことに気がついていました。

ヒーローたちが一体何をしたのかと激怒しています。

そして解放戦士たちに、ギガントマキアに続いてここから革命を始めようと呼びかけました。

ミッドナイトの決断と八百万

シンリンの背に載せられたミッドナイトは、Mt.レディを励まします。

しかし鼻血が出てしまうまで頑張っていますが、いとも簡単にギガントマキアに放り投げられました。

ミッドナイトはシンリンによそ見をしないでと注意すると、たぶん蛇腔が失敗した。

もしギガントマキアが街へ下りてしまったら未曽有の大災害になってしまう・・・力では止まらないから、私を奴の顔まで連れてってとお願いしました。

その時シンリンカムイに炎が飛んできます。

ミッドナイトは声をかけられ、ギガントマキアの背にヴィラン連合が乗っていることに気がつきました。

ギガントマキアの顔に辿りつく前に、あっけなく地面に落とされてしまったミッドナイト。

しかし自分の個性では止めることができないことに気がつき、不甲斐無いと落ち込みますがクリェティに連絡を取ります。

耳郎の音と障子の目で状況は把握していました。

そこで法律違反になってしまうけれど、力押しではだれにも止められないから眠らせたい・・・麻酔で眠らせるからというミッドナイト。

八百万は良いリーダーになりそうだと話していたことを思い出しました。

ヒーローに麻酔を渡して、その場を離れるようにと言い、判断にゆだねると告げると通信が途切れます。

リーダー八百万の指示で雄英生は・・・!?

先生と何度も呼びかけても何の答えもありません。

皆不安になり、今の通信はなんだ・・・なんで先生がやらないんだと皆に動揺が走ります。

八百万はどちらにしても逃げろと言ったミッドナイトの言葉に、麻酔を出そうと決めました。

法律違反になってしまいますが、他にできることはありません。

イヤホンジャックとテンタクルにも指示を出します。

音の一から距離とここまでの到達時間を・・・巨人の大きさを・・・目算でいいので伝えてほしい。

みんなも動く準備をして・・・マッドマンの力も貸してほしいお願いします。

もう10秒もかからないと言うイヤホンジャック!

しかしその時イヤホンジャックは減速したことに気がつきました。

Mt.レディが男に縋るなんて中学以来だちくしょうがぁあ!と叫びながら引きずられています。

減速はしたけれども、少しだけだと叫ぶイヤホンジャック。

ギガントマキアの大きさは約25mだからMt.レディより大きいとテンタクルは言います。

テンタクルからサイズを聞くと、ギガントマキアを眠らせる量の麻酔を出しながら・・・敵に背を向けるヒーローになれと・・・教わったことはございませんと宣言しました。

私は戦うと八百万が言うと、みんな立ち上がって言うな野暮だと・・・。

コスを着て外に出たら、俺たちはヒーローなんだ!!

ここで迎え撃つと八百万はギガントマキアを待ち受けることに決めました。

僕のヒーローアカデミア第278話「ディザスターウォーカー」のあらすじをネタバレでお伝えしました。

ギガントマキアを止めることができないと判断したミッドナイト。

法律違反とわかっていても・・・。

<前話 全話一覧 次話>

僕のヒーローアカデミアをお得に読む方法

僕のヒーローアカデミアを今すぐお得に読みたいなら「まんが王国」が一番おすすめ!

まんが王国 毎日最大45%ポイント還元!会員限定無料マンガも沢山あるのでおすすめです!
U-NEXT 初めての加入で31日間月額無料+600円分のトライアルポイントがもらえ、僕のヒーローアカデミアがいますぐ無料で読めます
FODプレミアム 初めての加入+Amazonアカウント登録で、最大1300円分のポイントがトライアル期間中にもらえます。ポイントをためて僕のヒーローアカデミアが無料で読めます。
music.jp 30日間無料+600円分のトライアルポイントで僕のヒーローアカデミアがいますぐ無料で読めます。


有料会員に登録すると即日最大3000ポイント追加付与!!

毎日最大45%ポイント還元を実施しているので読めば読むほどお得になっちゃうんです!!

会員限定で読める無料漫画が沢山あるのも嬉しいポイント◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

おすすめのマンガアプリTOP3

1位.マンガUP!
スクエニの人気漫画が毎日8話無料!
 「薬屋のひとりごと」
「とある魔術の禁書目録」
「妖狐×僕SS」

2位.マンガMee
集英社の女子向けマンガが自分のペースで読める♫
 「君に届け」
「アオハライド」
「初めて恋をした日に読む話」

3.サンデーうぇぶり

国民的名作からオリジナル作まで幅広く楽しめる

 「名探偵コナン」
「犬夜叉」
「ジンメン」

278話を読んだ感想

僕のヒーローアカデミア第278話「ディザスターウォーカー」の感想をお伝えします。

ギガントマキアは誰かに攻撃しているわけではありませんでした。

ただひたすら死柄木の元に行きたいだけなのです。

しかし大きさが大きさなので、周りが迷惑するわけで・・・・。

しかも死柄木とは絶対に合流させたくありません。

ここはどうにか阻止しなくてはならないのです。

Mt.レディのおかげで少し減速したギガントマキア。

おかげでインターン生たちは間に合いそうです。

それにしても想像以上に大きい、ギガントマキア・・・もしもここで攻撃されたらどうなってしまうのでしょうか。

気がつかれないうちに薬を摂取させて眠らせ、ギガントマキアが死柄木のもとに行かないようにしなくてはいけません。

インターン生たちの中に、何か効果のある個性を持っている者はいるのでしょうか。

先生たちはもう満身創痍です。

ギガントマキアの背にヴィランが乗っていることを生徒たちは知っているのでしょうか?

インターン生のことを心配して待機命令を出していた先生たち。

しかし生徒たちは立派に成長していました。

ミッドナイトに指示され、八百万は麻酔を準備しました。

自分たちの意志で、ギガントマキアのことを調べます。

そして避難をするように言われた指示を破ってここで迎え撃つことにしました。

麻酔は準備できたものの、果たしてギガントマキアに効くのか、量は足りるのかまだわからないことがたくさんです。

しかし市民を助けるためにはヒーローとしてやらなくてはいけないのです。

怪我無く無事に任務を終えてほしいと思います。

<前話 全話一覧 次話>

僕のヒーローアカデミアが無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大45%のポイント還元を行っています!

読めば読むほど「僕のヒーローアカデミア」がお得に読めちゃいますよ♪

僕のヒーローアカデミアネタバレ278話!まとめ

こちらでは「僕のヒーローアカデミア 278話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・

  • 僕のヒーローアカデミア 278話のまとめ

    ヒーローたちが集結しているのにも関わらず、状況は悪化している。

  • ギガントマキアは死柄木が起きたことによって動き出したのか?
  • ミッドナイトは自分ではギガントマキアを止める事は出来ないと思い、法律違反でも麻酔を使おうかと思っている。

麻酔はうまくかかるのでしょうか?