少年/青年漫画

僕のヒーローアカデミアネタバレ277話!あらすじ感想!

アニメも大人気「僕のヒーローアカデミア」。

デクはどう戦う死柄木を止めることは出来るのか

こちらでは「僕のヒーローアカデミア 277話」のストーリーをご紹介します。
ネタバレを含みますのでご注意ください。

<前話 全話一覧 次話>

僕のヒーローアカデミアが無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大45%のポイント還元を行っています!

読めば読むほど「僕のヒーローアカデミア」がお得に読めちゃいますよ♪

僕のヒーローアカデミア277話のあらすじネタバレ

僕のヒーローアカデミア第277話「誰だよ」のあらすじをお伝えします。

イレイザーヘッドはマニュアルの助けを借りてドライアイの手当てをしてもらいながら個性を発動しています。

デクと爆豪はグラントリノに助けられていましたが、イレイザーヘッドの姿を見ていてもたってもいられずに飛び出してきてしまいました。

個性を使うことができないなら自分たちも!

デクは死柄木から離れることができましたが、イレイザーヘッドを助けようと戻ってきます。

デクは最悪のことを考えてから行動しなさいと言われていましたが、死柄木が現在個性を使うことができないことをわかって飛び出しました。

自分たちも戦力になれるはずだと。

デクは冷静でした。

ヒーローたちは脳無ハイエンドが何体も解放されていしまったので、そちらに集中しなくてはいけなくなり、他のヒーローたちは集まることができず・・・死柄木にまで回らなくなっています。

もしも抹消が解けてしまって死柄木に「崩壊」を起こされてしまったらどうしようと心配するデク。

デクが考える最悪なこととは・・・

デクが最悪なことを考えてと言われて考えてみたのですが、一番最悪なのは守ってくれたイレイザーヘッド(相澤先生)を失うことが最悪なことだと判断したのです。

デクの言葉を聞いて、イレイザーヘッドは昔授業でデクの力ではヒーローにはなれないと言った時のことを思いだしました。

デクはしっかりと死柄木を抑えています。

爆豪が攻撃態勢に入ったので。死柄木からいったん離れることにしました。

そこに爆豪がAPマシンガンで真正面から死柄木を攻撃します。

しかし爆豪の攻撃は、死柄木には全然効果はないようです。

エアフォースを使って死柄木を抑えようとしますが、死柄木にはエアフォースも何の効果もなく、爆轟のそのまま正面に移動していきました。

デクは引っ張られて行ってしまいます。

エンデヴァーも駆けつけて・・・

死柄木は爆豪には興味がないと話した時、爆豪の背後からはエンデヴァーが現れます。

そして死柄木を殴りました。

轟も来ているのかとエンデヴァーに尋ねられ、デクは爆豪と二人だけで来たことを伝えます。

死柄木はエンデヴァーの強烈な攻撃で吹き飛ばされてしまいましたが、しっかりと着地すると、デクを攫ってしまおうと決めました。

デクと爆豪がいることについては、仕方がないとあきらめるエンデヴァー。

そして二人に指令を出すことにします。

爆豪にはイレイザーヘッドのサポートを・・・デクには護衛をそれぞれ指示しました。

イレイザーヘッドの個性が発動されていれば、死柄木の力は本来の死柄木の肉体のみの力だけです。

オール・フォー・ワンの声に死柄木は

その時死柄木の脳内に、誰かの声が聞こえてきました。

その声はワン・フォー・オールの力を手に入れろというオール・フォー・ワンの声でした。

一瞬死柄木の顔に誰かが乗り移ったかのように見えました。

私の者になれ・・・・。

デクと死柄木はその言葉は何なんだろうと思いました。

脳内の声に逆らおうと抗う死柄木。

育ててくれたことは、とても感謝しているけれど俺の力なんだ。

あなたみたいにはならないし、あなた以上になりたい。

だから黙っていてほしい。

グラントリノが死柄木に攻撃を仕掛けます!

死柄木に向かって志村の気持ちをこれ以上踏みにじってはいけないと言い聞かせました。

「誰だよ」

爆豪が空から攻撃を仕掛けます。

グラントリノは囮でした。

そして今度はエンデヴァーが、さらに攻撃を・・・。

デクたちが戦っている場所から離れたところでは、ついにギガントマキアが現れました。

Mt.レディがギガントマキアがまっすぐに進もうとするところを食い止めます。

「がんばれ!」「絶対にひくな!」

「いわれなくも、いかせないから!」

僕のヒーローアカデミア第277話「誰だよ」のあらすじをネタバレでお伝えしました。

ついに現れたギガントマキア・・・何とか食い止めることができるのでしょうか。

<前話 全話一覧 次話>

僕のヒーローアカデミアをお得に読む方法

僕のヒーローアカデミアを今すぐお得に読みたいなら「まんが王国」が一番おすすめ!

まんが王国 毎日最大45%ポイント還元!会員限定無料マンガも沢山あるのでおすすめです!
U-NEXT 初めての加入で31日間月額無料+600円分のトライアルポイントがもらえ、僕のヒーローアカデミアがいますぐ無料で読めます
FODプレミアム 初めての加入+Amazonアカウント登録で、最大1300円分のポイントがトライアル期間中にもらえます。ポイントをためて僕のヒーローアカデミアが無料で読めます。
music.jp 30日間無料+600円分のトライアルポイントで僕のヒーローアカデミアがいますぐ無料で読めます。

本日まんが王国に登録すると1冊50%割引クーポンが今すぐもらえます!
有料会員に登録するとさらに即日最大3000ポイント追加付与!!

毎日最大45%ポイント還元を実施しているので読めば読むほどお得になっちゃうんです!!

会員限定で読める無料漫画が沢山あるのも嬉しいポイント◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

おすすめのマンガアプリTOP3

1位.マンガUP!
スクエニの人気漫画が毎日8話無料!
 「薬屋のひとりごと」
「とある魔術の禁書目録」
「妖狐×僕SS」

2位.マンガMee
集英社の女子向けマンガが自分のペースで読める♫
 「君に届け」
「アオハライド」
「初めて恋をした日に読む話」

3.サンデーうぇぶり

国民的名作からオリジナル作まで幅広く楽しめる

 「名探偵コナン」
「犬夜叉」
「ジンメン」

277話を読んだ感想

僕のヒーローアカデミア第277話「誰だよ」の感想をお伝えします。

デクと爆豪が考える最悪が、イレイザーヘッドをなくしてしまうことなのだと。

まだ教えたいことがたくさんあると話していました。

先生に教えられて、とっさにこんな判断もできるようになったのです。

この時だけはマニュアルの個性が必要なかったかもしれませんね。

死柄木とデクが二人とも疑問に思うことがありました。

死柄木の中にいるオール・フォー・ワン。

デクの中にいるワン・フォー・オールとは全く違う性格のようです。

オール・フォー・ワンは我が強いみたいです。

死柄木は、誰かのためではなく自分の意思に従って動いているのに・・・。

オール・フォー・ワンを超える存在になりたいと思っているのかもしれません。

グラントリノも志村菜奈の気持ちを踏みにじるな、と伝えています。

オールマイトたちをこれ以上苦しめないようにとも・・・。

死柄木は勝ったも同然だと思いデクの方に向かいましたが、デクが爆豪の囮だと気がついたときどう思ったのでしょう。

もう興味のないと言った相手に、反対に攻撃されてしまうのです。

きっとプライドは傷ついてしまったのでしょうね。

相澤先生の抹消のおかげで、死柄木と対峙し・・・みんなの連携ですこしずつ相手を追い詰めているような気がしています。

どんなに強くてもたった一人では限界があるということでしょうか。

本当は何人もの個性を持っているはずですが、今は抹消されているので何人分あっても同じことです。

しかし博士が満を持して作成した死柄木が簡単にやられるはずもありません。

何か新たなものを出してくるのではないでしょうか。

死柄木はオール・フォー・ワンの声に抗っています。

このまま抗い続けると、何かあったりするのでしょうか。

思い通りに動きたくても、何らかの報いがあるのかもしれません。

一方ギガントマキアが山荘で動き出しました。

Mt.レディが立ちはだかります。

大きさで対抗するには、この方法しかありません。

ほかのヒーローにはもうできることがないのでしょうか。

ギガントマキアは死柄木の元に向かっているのですよね。

辿りつくまでに、ヒーローたちに破壊してほしいと思います。

<前話 全話一覧 次話>

僕のヒーローアカデミアが無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大45%のポイント還元を行っています!

読めば読むほど「僕のヒーローアカデミア」がお得に読めちゃいますよ♪

僕のヒーローアカデミアネタバレ277話!まとめ

こちらでは「僕のヒーローアカデミア 277話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・

僕のヒーローアカデミア 277話のまとめ
  • デクはイレイザーヘッドを失ってしまうことが「最悪な事」だと考える。
  • 爆豪が効かない死柄木・・エンデヴァー乃攻撃では吹き飛ぶが、しっかりと着地して見せる。
  • 死柄木は頭の中に響く声に逆らおうとする。

ギガントマキアはどんなどんな展開を見せてくれるのでしょうか?